今日から始めるアンチエイジング!効果的な化粧水11選

「最近なんだか肌のくすみやシミが気になる」「肌のハリがなくなってきた」「しわやたるみが増えてきた」など年齢とともに肌悩みは膨らむ一方です。できることなら、いつまでも若々しい肌でいたいのが女性の願望ですよね。しかし、「もう年だから仕方ない」とその肌悩み諦めていませんか?

諦めかけている方、まだ諦めるには早いです!効果的なアンチエイジングケアでその悩みを解決します。そろそろエイジングケアを初めて見ようかなと思っているあなたも、今使っている化粧水に物足りなさを感じているあなたも必見!アンチエイジングにおすすめな化粧水をご紹介。

これで今日からあなたも、年齢に負けない若々しい肌で輝く自分に変わりましょう。

アンチエイジングを始める年齢

アンチエイジングというと女性なら誰でも気になるのではないでしょうか。気にはなっていても、いつから始めればいいのか具体的にわからない方も多いと思います。一般的には25歳がお肌の曲がり角と言われ、25歳を過ぎる頃からお肌の老化が始まります。

とは言え、25歳前後ですとそれは目に見えるものではありませんので、実際に老化が始まっていてもまだまだ大丈夫と思ってしまうことも多々あります。またその老化の現象や始まる年齢は人それぞれです。25歳より前から老化が始まる方もいれば、40歳を過ぎてもきれいなお肌を保っている方もいます。

また若い頃から紫外線をたくさん浴びている方は老化が始まるのが早いです。目安としてはエイジングケアを始める年齢は30歳前後です。ポイントは目に見えなくても老化は始まっているということです。エイジングケアを始めるのに早すぎるということはありません。

早ければ早いほど、お肌を若いままの状態に保てますので、自分ではまだ早いかなと思ってもエイジングケアに興味をお持ちでしたら始めることをお勧めします。なぜならエイジングサインが出てからではケアをすることが難しいからです。出来るだけ進行を遅らせる、エイジングを予防するといった気持ちでエイジングケアを始めて見ましょう。

エイジングトラブルの種類

年齢を重ねる事で起こる「エイジングトラブル」で、様々な肌トラブルが起こります。特に注意したいのが「光老化」です。紫外線によるダメージでお肌の老化が一気に進むと言われています。

光老化では紫外線によってお肌のハリを保つ成分が壊されてしまうため、シワやたるみに繋がります。また多くの方がご存じのように、紫外線はシミを引き起こす大きな要因です。

光老化の他にエイジングトラブルとして挙げられるものには、「乾燥」があります。加齢によりお肌の潤い成分が減少し、小じわができやすくなるのが特徴です。紫外線や生活習慣の乱れによって細胞が「酸化」する事もエイジングトラブルを引き起こす原因の1つです。

最近は「糖化」によるエイジングトラブルが注目されています。体内でタンパク質と糖質が結合する事で老化が促進され、肌のくすみ感やシワ・たるみの原因となるのが糖化の特徴です。

あまり聞きなれない言葉ですが「ひはく化」も、エイジングトラブルと言われています。女性ホルモンが減少するひはく化により、コラーゲンの生成量が低下してシワやたるみが出来やすくなる症状です。

このように年齢を重ねて起こりうるお肌の老化には色々なタイプがあります。それぞれのタイプに合わせて適切なアンチエイジングケアを行いましょう。

化粧水の選び方をチェック

エイジングケアに使用する化粧水の選び方としては、肌の悩み別に選ぶ事をおすすめします。アンチエイジング効果が期待できる化粧水に配合されている美容成分は様々です。悩んでいるエイジングサインに合った美容成分が含まれているかと確認すれば、より自分に合った化粧水をチョイスできます。

シミ・くすみが気になる人の場合は、美白効果の高いビタミンC誘導体配合の商品を選びましょう。また「美白」「医薬部外品(薬用)」と記載されているかもチェックします。

毛穴の開きやゆるみが気になる人にも、ビタミンC誘導体入りの商品がおすすめです。加齢による毛穴のゆるみ・開きは肌がたるむ事で起こります。ですので肌のハリ感をアップする、コラーゲン配合の商品を選ぶのも良いでしょう。

エイジングサインとして悩む人が多い、シワやたるみ・ほうれい線対策としてはハリ感アップに効果的なビタミンC誘導体にコラーゲンを配合しているか確認します。この他の成分としておすすめなのが、ヒアルロン酸・セラミドといった保湿成分です。

乾燥が進み化粧ノリが悪いと感じる人も、これらの保湿成分配合の化粧水によるスキンケアが有効です。そして毎日、使い続けられる価格帯かどうかという点も、化粧水選びの大きなポイントとなります。

アンチエイジングにおすすめ化粧水

アンチエイジングのケアは、今とても注目されています。いつまでも若々しい肌でいるためには、有効成分がしっかり入っているスキンケアアイテムを使っていく事をお勧めします。特に今人気があるのがフジフィルムから出ているアスタリフトのモイストローションです。赤い化粧水という事で特徴があります。

見た目が赤くてびっくりされる方も多いのですが、老化現象に対応できるアスタキサンチンという成分が配合されているため、赤い色をしています。この赤い色こそ効果があるのです。

フジフィルムはカメラのブランドというイメージが多いと思いますが、実は化粧品の研究も盛んに行われいて、特にナノレベルでの研究が進んでいるため、それをお肌に浸透させるという事で有効活用されています。アスタリフトはそのほかにも導入美容ジェルや乳液やクリームもありますので、ライン使いをすることでさらに効果がアップします。

もちろん保湿も行っていく事が出来ますが、美白効果も高いので、保湿と美白と両方アプローチしていく事が出来ます。さらに、美白というラインも出ていますので、シミケアをより行いたい場合には、そちらを使っていくと良いでしょう。お肌に合った化粧水を選ぶことがアンチエイジングの第一歩です。

アンチエイジングに効果のある化粧水を使う

歳と共にシミやシワが増えてきて肌の衰えを感じている人もいることでしょう。アンチエイジングに効果的な化粧水を探している人もいますが、いろんなメーカーから販売されているのでどれが効果があるのかわからないという人もいます。

いろいろ購入して試してみるといいですが、そんな時間もお金もない人にはアンチエイジングに効果的な化粧水、エトヴォスのバイタライジングローションがおすすめです。高保湿なシンプル処方のスキンケアで肌にハリを与えてくれます。

肌のハリや弾力を保つには幹細胞の存在が重要ですが、年齢を重ねるにつれてこの幹細胞はどんどん減少してしまいます。幹細胞が減少をすると肌の生まれ変わる能力が低下してしまい、やがてシワやたるみといった老化現象が現れてしまいます。

エトヴォスのバイタライジングローションは、幹細胞エキスが配合された化粧水なのでアンチエイジングのケアにぴったりです。利用者もキメが細かくなったとか年齢線が目立たなくなったという意見が多いです。

アンチエイジングケアの化粧水をつける時は、ハンドプレスでつけることや洗顔後にすぐにつけることです。メーカーの定めた化粧水の使用量を守り正しくスキンケアをすると、よりアンチエイジングの効果が現れます。

アンチエイジングのための化粧水

今、アンチエイジングのケアを心がけている方はふえています。いつまでも若々しい肌でいたい、美魔女になりたいという女性も多いですし、普段のスキンケアで使う化粧水から美容液、乳液やクリームなどのスキンケアアイテムを選んでいく事で、より入念なケアができます。

エイジングケアで一番重要なのはとにかく保湿です。年齢とともにお肌のコラーゲンが減少して、保湿力が低下してしまいます。コラーゲンはお肌の細胞をつなぎとめる役割がありますので、どうしても化粧水なども浸透しづらくなります。コラーゲンが配合されている化粧品を選んでいきましょう。

アンチエイジングの化粧水でおすすめなのがファンケルのアクティブコンディショニングExです。多くの方の口コミで、お肌の状態が良くなって、ハリや弾力が出てきたという事があげられています。

口コミ評判の良いものを使えば、満足度が高かったりより効果も感じやすいというメリットもあります。さまざまな化粧水が出ていますので、お肌に合ったものや求める効果に応じて選んでいくと良いでしょう。

ファンケルはライン使いすることも出来ます。洗顔から始まり化粧水や美容液、乳液やクリームまでトータルでそろえるのもよいでしょう。

POLAのB.Aローションがお勧めの理由

ポーラはエイジングケアアイテムを数多く取り揃えているメーカーですが、ポーラのブランドの一つにB.Aがあるのをご存知でしょうか。B.Aブランドの中には保湿効果を期待する事が可能なB.Aローションがあり、このローションを使うと肌馴染みをアップさせる事が出来ます。

モイストボリューム浸透処方を配合しているので、肌と一体化するような馴染みがある、ふっくらとしたボリューム感を持つ肌に導いてくれます。使用感は肌馴染みが良い事、しっとりしているし、ベタベタしないなどのテクスチャーを持つ化粧水、さらっとしているのにも関わらず保湿力が高いと感じる人が多いのが特徴です。

乾燥肌は水分が不足している事で生じる肌のトラブルです。冬時期は乾燥しやすい季節などからも、冷たい風に当たるだけで肌がカサカサの状態になってしまうなど悩みを抱えている女性も多いのではないでしょうか。保湿はエイジングケアにはとても重要な要素、肌年齢を若くするためにも保湿力をしっかりと持つ化粧水を選ぶ必要があるわけです。

ちなみに、ポーラのB.Aローションは洗顔やマッサージ、パックの後に適量を取り、顔全体に馴染ませます。乾燥やハリがない部分は重ねて塗ると効果的、手の平を温めてあげてから、両頬を包むようにしてローションを密着させます。額と顎もしっかりと包み込んで保湿成分を浸透させましょう。

ストレスをケアしてくれるアンチエイジング化粧水

「DECENCIA アヤナスローションコンセントレート」はアンチエイジングを目的としてスキンケアを行いたい人におすすめの化粧水です。

この化粧水は敏感肌用ですが、年齢を重ねると多くの人がストレスや疲れによって肌が敏感になってしまうことが多いので、肌をいたわりながらキレイにしようとするDECENCIA アヤナスローションコンセントレートはエイジングケアにぴったりだと言えるでしょう。

DECENCIA アヤナスローションコンセントレートには、通常のセラミドの4倍もの浸透力を持つセラミドナノスフィアが配合されており、肌をしっかりと保湿してくれます。

また、ストレスが多いと肌荒れを起こしてしまい、肌のバリア機能が低下して結果的に肌からハリや弾力が失われて老けてしまうことがありますが、この化粧水にはストレスに負けない肌に導くためのパルマリンやジンセンX、ビルベリー葉エキスが含まれており、アンチエイジングに役立ちます。

その他にも、炎症を抑える効果が期待できるコウキエキスやコラーゲンの産生を助けるCVアルギネートといった成分が肌を健やかに保ちますし、シミ対策としてはメラニンの生成を抑制するローズマリーエキスが入っており、透明感のある肌を目指したい人にもおすすめできる化粧水と言えます。

ちふれ化粧水のコクしっとりタイプの保湿成分は?

ちふれ化粧品から販売が行われている化粧水の一つにコクしっとりタイプと呼ぶケアアイテムがありますが、アンチエイジングにお勧めです。アンチエイジングにお勧めの理由の一つに、コクしっとりタイプには7つの保湿成分を配合している点があります。

保湿は肌を正常な状態に維持するためには必要不可欠な存在、乾燥肌で肌がカサカサになるのは保湿力が低下しているから、適度な水分を与えてあげる事でカサカサの状態からツルツルの状態に変える事が出来ます。また、シワは皮膚の水分が減る事で生じるなどからも、しっかりと保湿を行える化粧品がアンチエイジングに最適です。

ちふれ化粧品のコクしっとりタイプはとろみを持つ化粧水で、無香料タイプなので香りが苦手な人にもお勧めと言えましょう。ちなみに、こちらの化粧品に含まれている保湿成分は、人の皮膚内に元々存在しているヒアルロン酸を初め様々な保湿成分が利用してあります。

また、酵素などでヒアルロン酸を分解した加水分解ヒアルロン酸、シソ科の多年草植物の一つ、黄金花の根から抽出したオウゴンエキス、他にもマグワ根皮エキスやオタネニンジン根エキスなどの植物由来の保湿成分、クララエキスや加水分解酵母などが含まれています。

肌に良い成分を厳選して配合

アンチエイジング効果が高いスキンケアアイテムには、極潤α化粧水があります。肌に良い成分だけを厳選して配合しており、エイジングケアにこだわったスキンケアシリーズです。

極潤α化粧水には、低分子化されたエラスチンが配合されています。エラスチンとは元々、肌に存在している成分で弾力を生み出すコラーゲンとコラーゲンを繋ぐ役割を担っています。エラスチンが減少してしまうと肌のハリが失われ、たるみが生じるようになります。エラスチンを肌に与えることで、ハリのある肌を作ることができます。

また、低分子化されているので肌に浸透しやすいのが特徴です。それから極潤α化粧水には、ヒアルロン酸クロスポリマーNaという肌の上でネットを形成して潤いを与える成分も配合されています。肌の基礎となる角質細胞に働きかけ潤いを閉じ込めることで、肌の深い部分から弾むような肌を作り出します。

極潤α化粧水は肌と同じ弱酸性なので、肌に優しく刺激を与えることがありません。香料や着色料、アルコール、鉱物油などの肌に刺激を与える成分も配合されていないので、安心して使用することができます。コストパフォーマンスが良い化粧水で、ドラッグストアなどにも市販されています。

ビーグレンQuSomeローションは保湿力がすごい

肌も年齢と共に老化してゆきます。そこでアンチエイジングにおすすめなのがビーグレンQuSomeローションです。そのような化粧水かといいますと、とにかく付けた途端に潤いを感じることができます。その理由としましては肌の水分調整を行うセラミドが配合されているからです。角質一つ一つ丁寧にサポートしてゆきます。

17時間も配合された美容成分が肌の中でキープされるので、長時間潤いが続くのです。また、最新型のビタミンC誘導体が配合されているので、肌のくすみをとって透明感ある肌に導きます。ビタミンCには美白効果や毛穴の引き締めもサポートしてくれるのです。ビーグレンQuSomeローションは肌に潤いを与えながら、引き締め効果があるのでリフトアップにも望めます。

潤いを与えることで目じりのしわや口元のほうれい線を薄くしてゆきますし、たるみを防止することもできます。つけ心地もしっとりしているのですがベトベトしません。スーッと肌に馴染みながら、長時間手に肌が吸い付くような柔らかい肌を実感できます。

肌が潤いを持つことで、肌艶がよくなるだけでなくメイクのノリもよくなり、メイク崩れもしなくなります。肌が乾燥していないので、余分な皮脂がでないのでメイクも崩れにくいのです。

アンチエイジング効果を期待できる化粧水の概要

SKIIフェイシャルトリートメントエッセンスは、多数のビューティーアワードを受賞している名品で、35年以上もの期間多くの人に愛用されてきた歴史を持っています。90%以上をPitera yeast(Galactomyces培養液)で構成しており、アミノ酸やビタミン、ミネラルなどの59種類を超える有用成分を豊富に含んでいるのが特徴です。

なお、SKIIフェイシャルトリートメントエッセンスは、マックスファクターが展開しているエイジングケアブランドのロングセラー商品ということもあり、加齢により起こりやすくなるトラブルを事前に防ぐアンチエイジングという点を重視しています。具体的には、主成分Pitera yeastの中に含まれているEGF(Epidermal Growth Factor)という上皮成長因子の強力な作用により肌を若返らせるのです。

ちなみに、このEGFは有効性が強すぎるということから純粋な成分として化粧水に配合することは出来ません。SKIIフェイシャルトリートメントエッセンスでは、Galactomyces培養液という日本酒を作る酵母エキスを用いることにより、結果的に強力な有効成分を含有することになっているのです。

さらに、これに加えて新陳代謝促進作用があるAHAも微量ながら含んでいるので、複合的なアプローチにより若さをキープします。

ヒフミド・エッセンスローション!?ケアに最適

アンチエイジングは年齢に関係なく、早ければ早いほど年を取った時に差が現れると言われています。そろそろケアをしようと思った時がアンチエイジングのスタート時期とも言えましょう。アンチエイジングの中では洗顔や保湿などが重要なポイントになって来るため、化粧水を選ぶ時には保湿効果が期待出来るアイテムを選ぶ事がお勧めです。

小林製薬のケアアイテムの一つにヒフミド・エッセンスローションがありますが、この化粧水は肌に潤いを与えてくれる、肌のハリを目覚めさせる効果を期待出来ると言われています。また、このケアアイテムには3種類のヒト型セラミドが配合されているのが特徴です。

セラミドは肌の角質層内にある細胞同士の隙間でスポンジのように水分や脂分を溜めている細胞間脂質、肌や毛髪の潤いに欠かせない働きをするのが特徴です。肌の角質層は角質細胞が何層にも重なり合っていますが、細胞間脂質の約半分の量を占めているのがセラミドです。

セラミドが減少すると肌荒れが生じやすくなる、乾燥肌などにもなりやすいと言われており、アンチエイジングに必須とされる保湿が重要と言われる理由が明確になるのではないでしょうか。ちなみに、ヒフミド・エッセンスローションの口コミの中には使い始めて3週間前後で肌のハリを感じられるようになる人が多くいます。

アンチエイジングにおすすめの化粧品

今注目されているアンチエイジングですが、有効成分として配合されているものを選んでいく事が重要です。特におすすめなのは、オルビスのモイストアップローションです。オルビスはほとんどのアイテムがオイルフリーという事で、油分が入っていません。それでいてしっかりと保湿することができますし、ぐんぐん浸透していく効果が期待できます。

年齢肌にも対応したいなら、保湿効果の高い成分でできている化粧水を使っていく事は有効です。しわの大きな原因とも言われている乾燥は、保湿成分が多く含まれている化粧品を使っていく事でしっかりとうるおいを与えていく事が出来るでしょう。もちろん肌に合った物を使うことが重要ですが、オルビスは添加物があまりはいっていないので、お肌が弱い方でも安心です。

鉱物油系の物でアレルギー反応を起こしてしまう方も、これなら大丈夫という事で使っている方も多いですし、口コミ評判をみても効果が高い化粧品ですので安心して使っていく事が出来ます。

通販でも手軽に手に入れる事が出来ますし、お店ではポイントもたまりますので、カードを作ればお得にポイントをためていく事も出来ます。もちろんネットでもポイントはたまります。

ケアを始めるタイミング

アンチエイジングケアを行うタイミングには、早すぎるという事がありません。若々しさ維持するために行うケアという事もあり、40代・50代になってから始めるのがベストなのでは?と、感じる方もいるでしょう。ですがお肌が変化していくタイミングは人それぞれです。年齢に関係なく自覚症状を感じたら、出来るだけ早くにお手入れすると良いでしょう。

例えばシミやくすみが目立ってきたと感じる方であれば、20代でも美白ケアを始めるのがおすすめします。ほうれい線や目尻の小じわといったシワが気になる場合も、早めにアンチエイジングケアを行うのがおすすめです。シミやくすみ・シワなどあきらかに年齢を感じさせるお肌のトラブルが現れた場合、アンチエイジングケアを行う分かりやすいやすい目安となります。

ただ、このような年齢肌だけでなく肌が乾燥しやすくなった、毛穴が開くといった一見すると年齢肌とは関係ないように思われる肌トラブルも、アンチエイジングケアを始めるタイミングです。アンチエイジングケアは始めたからといって、すぐに効果が現れるものではありません。

場合によっては長期間にわたりケアを必要とします、だからこそケアを始めるタイミングに早すぎるという事はなく、逆にできるだけ早く行うと年齢に負けない若々しいお肌をキープできます。