仕事や家事で忙しい人でもできる!1日5分だけ続けるダイエットとは

ダイエットには一定時間をかけて行う有酸素運動が必要とされていましたが、最近は僅か5分で行えるダイエット方法が提案され、注目を集めています。忙しい方でも行いやすく、それでいて効果の面でも優秀な方法がいくつかあります。

5分寝るだけ!骨盤枕ダイエットでおなか痩せ

短い時間でできるダイエットとして注目を集めているのが骨盤枕ダイエットです。枕という名前が付いているので夜寝ている時のダイエットと勘違いされることもありますが、実際には1日に5分ごろ寝するだけという画期的な方法となっています。

骨盤の形が崩れていると全身の筋肉を動かしづらくなり、普段の生活でカロリーを消費しにくくなる要因となります。逆に骨盤枕で骨盤を矯正することができれば、普段の立ったり歩いたりする動作で消費するカロリーが増えるので高い効果に繋がります。

昨今では骨盤ダイエットについて書かれた本に骨盤枕が付録となっているケースもあり、骨盤枕ダイエットが行いやすい環境であるため、多くの方にお勧めできます。

骨盤枕ダイエットってどうやってやるの?

骨盤枕ダイエットでは仰向けが基本となります。仰向けに寝る際にはおへその真裏に位置するところに骨盤枕を置きます。足の向きが重要であり、左右の親指を付けます。その足の形を保った状態で手は上に伸ばして小指同士を付けます。

その体勢を5分間続けます。足と手をそれぞれ付けて寝ているだけではありますが、意外と負荷が大きくなかなかハードです。しかし、ハードな代わりに5分しか行わなくて良いのでその点は大きなメリットです。骨盤枕はバスタオルビニール紐などで結ぶことで自作することも可能です。

しかし、1000円程度支払えば骨盤枕は簡単に手に入れられるので、基本的には購入した方が手っ取り早く、効果も現れやすいと言えます。

あなどれない!骨盤の開きは体形に影響力大!

骨盤枕は骨盤を矯正するための道具ですが、これにより全身へと大きな効果がもたらされます。骨盤が広がっているとその骨格に沿って贅肉が付いていきます。それだけではなく、骨盤の広がりによって内臓が下がってくると脂肪燃焼も鈍くなってしまいます。

逆に骨盤をしっかりと締めることができると、贅肉を落とすことや脂肪燃焼効率を高めることに繋がります。他にもお尻やバストの向きを整えたり、美脚になったりするといった効果が見込めます。

骨盤は上半身と下半身を繋ぐ存在であるため、広い影響を及ぼしているということです。骨盤を矯正することは肋骨や股関節を調整することにも繋がり、運動機能を上昇させて日頃の動作を円滑に行うことを可能にします。

1日5分!ふくらはぎを細くして魅力的な足に

ふくらはぎは体のシルエットを決める重要な部分です。ふくらはぎダイエットにお勧めなのが「かかとの上げ下ろし運動」です。この運動ではかかとを浮かせた背伸びの状態からかかとを下ろしつつ、下ろし切らないうちに再びあげる動作を繰り返します。

一度もかかとを地面に付けないことがポイントです。大きな動作ではないものの、意外と負荷が大きく10回くらい行うだけでも効果的です。10回を1セットとして、毎日3セット程度行うのがお勧めです。

3セット行っても5分くらいで済むため、忙しい方にもうってつけです。仕事や家事の合間に行うこともでき、時間の短さに加えて、特にスペースが必要でないところも大きなメリットになっています。

ふくらはぎを細くするには歩き方が重要!

歩くということは人間が日常的に行っている動作ですが、立派な運動の1つでもあります。歩き方を工夫すればふくらはぎのダイエットにもなります。まず歩くときに膝を曲げないことが大切です。膝を曲げないで歩くと違和感が生まれ、歩きにくい感覚にはなりますがその分ふくらはぎに負荷をかけることができます。

かかとから着地することもポイントの1つです。出来るだけ歩幅を大きくした方が一歩あたりの負荷が大きくなります。膝を曲げずに一歩を踏み出すと、自ずと股関節から足を動かすようになります。

これらの動作はいずれもふくらはぎの筋肉を伸ばすことに繋がっており、何気ない一歩一歩でふくらはぎを引き締めることができます。最初は違和感があってもだんだんと慣れてきます。

ふくらはぎマッサージで巡りを改善しよう

ふくらはぎの脂肪をいくら落としても何らかの形で浮腫んでしまっている場合には、足が細く見えないので注意が必要です。そのため、ふくらはぎダイエットの際には浮腫みの解消も同時に行うのがお勧めです。

ふくらはぎの浮腫みを取るためにはリンパマッサージが有効です。くるぶしの下からアキレス腱に沿って軽く揉み、次に足首から膝まで揉んでいきます。その後両手で足首を掴み、足首から膝までさすり上げます。最後は膝裏にあるリンパ節を軽く揉めばOKです。

ふくらはぎのマッサージと言っても足首から膝に至るまで広範囲にわたってほぐすことが重要となります。お風呂上がりは筋肉が柔らかくなっているのでふくらはぎマッサージを行うタイミングにはぴったりです。

寝る前5分のストレッチ!ダイエット効果の高い方法って?

浮腫みが最も発生しやすいのは朝起きた瞬間です。つまり、寝ている最中に浮腫んでしまっているということです。そこで寝る前の5分を活用してストレッチを行うのがお勧めです。仰向けになった状態から両足を天井に向かって伸ばします。

その状態から足首を30秒ほど前後左右に動かしていきます。その後、腰を立たせるように足を突き出せばOKです。このストレッチを行うことで足から心臓への血流を改善します。

立った状態では足から心臓へと血流を送ることは重力に逆行しますが、この体勢ならば足から心臓まで血流を送りやすくなるということです。一旦、血流の改善しておくとある程度は持続するので、寝る前にストレッチを行うことには大きな意味があります。

ダイエットのために寝る前5分のストレッチメニュー

ダイエットを行う際のストレッチはリンパの流れを健全することを意識して行います。具体的なメニューとしては股関節を伸ばしたり、ヒップや脇腹をほぐしたりする内容をお勧めします。股関節を伸ばすにはまず左足を半あぐら、右足を後ろに伸ばした体勢を取ります。

次に右の膝を曲げながら右手の肘を手の甲の部分にかけた状態で前に倒していきます。あとは左手を前について背中を伸ばせばOKです。このストレッチでは背中を伸ばした状態を数秒ほど維持する必要があります。

その際、息を止めないように意識的に呼吸を行うことが重要となります。一通り終わったら逆の足も同様に行っていきます。回数に何回でも良いですが、2、3回ほどがお勧めです。

ストレッチで痩せるの?ダイエットに役立てる方法

ストレッチは筋肉を伸ばす行為なのでダイエットと直接的に関係がないと思われがちです。確かにストレッチによって消費されるカロリーは極めて微細なものであり、サイクリングやランニングなどとは比較になりません。しかし、ストレッチには血流やリンパを改善する効果があるため、体全体の液体の流れを良くすることができます。

血流やリンパには体の節々まで酸素や栄養を行き渡らせる役割があります。体の節々まで様々な成分が送られることにより、カロリーの消費が円滑になっていきます。血液やリンパの流れが良くなっている状態だと、エネルギーが適切に消費されやすくなります。また、老廃物が排出されやすくなるので浮腫み解消にも繋がります。

ストレッチに役立てよう!おすすめのグッズ

ストレッチは体だけでも行うことができますが、グッズがあるとより効率的になります。よく購入されているグッズとしてはローラーやチューブ、ボールなどがあります。ストレッチの中にはグッズを使わないとできないものや、グッズを使用することで効果を高められるものがあります。

良さそうなグッズを買ってからそれを活かせるストレッチを探すようでは本末転倒であり、基本的にはストレッチの内容を決めて必要に応じてグッズを選ぶことをお勧めします。

順番としてはまず自分の痩せたい部分を考え、次にどんなストレッチを行うのか決めて、その後に必要なグッズを購入するという流れになります。いくら人気のグッズでも自分の行いたいストレッチと噛み合わなければ効果的でないことを覚えておきましょう。