会社の上司や同僚、親、友人へ!結婚報告のタイミング・伝え方

結婚するときに会社への報告をどのようにすればいいのかご存知でしょうか。結婚というのはおめでたい反面、結婚式に出席してもらったりスピーチをお願いしたりとさまざまなことで相手に迷惑をかけることになります。ですので、どのようなタイミングで伝えるのかというのはとても重要です。

仕事で忙しいタイミングに報告するのは以ての外。なるべく迷惑にならないときにお願いするのが相手としてもこちらとしても都合が良いです。また、どのような手段で伝えるのかというのもとても重要です。手紙で報告するのか口頭で報告するのか、はたまたメールなのか手段はさまざまです。

その相手にあった方法で伝えましょう。ぜひ、これからのお話を聞いて会社側が気持ちよく受け入れられるようにすることが肝要です。

結婚を会社に報告する

結婚を会社の上司に報告する場合、上司にとって気になるのは今後の業務予定について差し障りがあるかどうかという事です。特に女性の場合、結婚や妊娠後も働くつもりがあるかどうか、相手の仕事の都合によっては転勤が不可となる場合もありますので今後の人事計画を策定する上で必要な情報なのできちんと伝えておくといいでしょう。

また、結婚式に上司を呼ぶ場合についてはあらかじめスケジュールを空けておいて貰わないといけないのでなるべく事前に伝えておくこと、スピーチを頼みたい場合には相手のプロフィールも伝えておかなければなりません。上司を結婚式に呼ばない場合は身内だけで式を行うのでと伝えるといいでしょう。最近はこのような親族だけでの式は増えているので上司も驚きません。

同僚や友人にはSNSで一斉に報告をすると相手は結婚式に呼ばれるのかどうかスケジュールが立てられなくて困惑します。きちんと電話をして個別に確認する事が望ましいです。同僚友人全員を呼ぶのでなければあまり大っぴらにはしないで欲しいという事を付け加えるとトラブルを避けられます。

同僚や友人達を呼ばない場合も身内だけで式を行う事を伝えておけば問題ありません。式に呼ばなくても二次会に来て欲しい人達にはその意向をはっきりと伝えてなるべく早いうちから予定を伝えておくと失礼にならずに済みます、

結婚の報告は会社にいつすれば良いのか?

会社勤めをしている人なら結婚が決まれば当然会社に報告をしなければなりませんが、職場に報告するタイミングはいつなのか迷う方も多いでしょう。

もちろん結婚は人生の中でも最も重大と言って良い出来事なので、自分の都合で決めるのは当然の権利ですが、だからと言って会社に迷惑をかける訳にもいきません。ましてや寿退社となれば引継ぎなど重要な作業も必要になってくるので、タイミングは重要ですが、一般的には最低でも3ヶ月から4ヶ月前までには報告する必要があると言われています。

ただ、職場や自分が担当している業務内容によってはさらに期間を早めて伝える必要もあるので、自分の仕事内容などをよく考えてタイミングを計るようにしてください。

さらに一つの職場でも自分と関わりの深い人もいれば、深くない人もいるのでその関係性によっても報告のタイミングや順番は異なります。例えば、真っ先に伝える必要があるのが直属の上司で、その人に伝えるタイミングを結婚の3ヶ月前から4ヶ月前にすると良いでしょう。

次に指示によっては上長へ伝える必要が出てきます。場合によっては直属の上司が行う場合もあるので、それは会社の規則や上司との相談で決まります。また、職場に一斉報告する場合もあれば、先輩から順番に伝えていく方法もあります。

社会人としての常識が問われる結婚報告

結婚は個人的なことだから会社には関係無い、と思う人もいるかもしれませんが、社員の結婚は周囲の人に何らかの影響を与えることが多いものです。扶養関係など事務的な手続きが必要な場合も多いものですし、新婚旅行に出かける際も長期休暇になるため他の社員にしわ寄せがいくことも考えられます。

そのため結婚が正式に決まれば早めに会社に報告するようにしましょう。少なくとも結婚式の三、四か月前には報告しておく方が無難です。そして重要なのがその順序になります。親しい同僚に先に言ってしまい直属の上司が風の噂で知る、というパターンは一番避けたいところです。

そうなれば上司の心中は穏やかではなくなることもありますので、必ず上司に一番最初に報告しましょう。その後指示があれば更に上長や職場への一斉報告を行い、最後に同僚へとなります。

特に結婚後も同じ会社や職場で働こうと考えている場合は、その後も周囲の人々と良好な関係を保つためにも報告のタイミングと順序は大事にしなければいけません。そうでなければ一気に社会人としての常識をわきまえていない人、との烙印を押されかねず、今後の人生にも大きな影響を与えることも考えられますので注意が必要です。

会社で一番に報告する相手

一緒に働いている職場の人同士が結婚するのはよくある話ですが、いつまでも秘密にしておくわけにはいきませんので報告をしなくてはなりません。職場結婚の場合は、どちらかの配置転換が必要になる場合もありますので、早めに職場に伝える必要があります。

報告をする時には正しい順番で行わなくてはなりませんので、お互いの直属の上司に一番に報告をするようにしましょう。どちらか一方だけが先に報告をしてしまうと、聞いていない方の上司は驚く事になってもいけませんので同じ日に報告をする方がいいからです。

上司と話をする際に気をつけておかなくてはならないのは、誰と結婚することになるのかを伝え忘れてはならない事です。同じ職場の人と結婚する事を伝えていなければ、会社の手続き上でもいろいろややこしくなってもいけませんので、必ず伝える事です。

女性の場合は、今後仕事を続けていくのか、子供を産む意思があるのかなども伝えておいた方がいいですので、あらかじめ質問をされそうなことも考えておきましょう。その辺りについては会社も把握しておきたいはずですので、その時になって迷わない為にも、すぐに答えられるように結婚相手と今後について話し合っておく事です。

ベストな会社への結婚報告の仕方とは

同じ会社で働く仲間として、同僚の結婚は喜ばしいものです。報告をするのもされるのも、チーム全体を幸せなムードに包んでとても良い雰囲気になり、仕事をするうえでも非常に効果的なのではないでしょうか。では、いざそれを会社の上司や同僚に伝える時、どのようなタイミングでどういう風に伝えたら良いのでしょう。

結婚は個人的な事とは言え、職場に影響を与えるものなので、「わざわざ報告しなくても…。」とはいきません。例えば新婚旅行で長期休暇を取る際には、自分の担当業務を同僚に引き継いでおかなければならないはずです。そうすると、せめて3か月から4か月前までには、結婚報告をしておくことがベターです。

また、結婚に伴い転居したり配偶者を扶養に入れたり、福利厚生の手続きを取ったりと必要な事務手続きもたくさん出てきます。妊娠や出産のために休職・退職することもあるでしょう。職場結婚をしたカップルは、どちらかが異動する・転勤する・退職するなど、状況が変わることもあるので職場の規則を確認しておくと良いでしょう。

そして、社会人として押さえておきたいのが報告の順番です。優先順位は、まず直属の上司へ。次に、指示によっては上長へ。そして、指示によっては職場へ一斉に。職場の同僚・友人へは最後に伝えます。

嬉しさのあまり、つい仲の良い同僚や友人から先に話してしまうこともあるかと思いますが、上司は部下の動向を知る義務があるので、必ず先に伝えましょう。自分が報告するより前に上司の耳に入ってしまってメンツをつぶしてしまう…なんてことにならないように気を付けましょう。

苗字変更手続きは必要?

結婚に伴って苗字が変わる場合には、会社に結婚報告をする際に何か手続きが必要なのか、必要な場合にはどういった手続きをしなければいけないかを確認する必要があります。苗字が変わると印鑑なども変わりますし、変更しなければいけない書類などがあるかもしれません。

また、職場によっては旧姓のまま仕事をしても構わないとしているところもあります。同じ会社の他の支店やグループ企業などと普段からやり取りがある場合には、どういうタイミングで苗字が変わったことを知らせるかも確認しておかなければなりません。やり取りがある人に知らせずにいて、連絡が取れなかったという事態になってしまっては困ります。

それから顧客や取引先企業とやり取りがある場合も同様です。苗字が変わったことを知らせる必要があるのかやどういう形で報告するのかなどは、会社の方針や関係性の深さによって異なります。きちんとした形で報告するという場合もありますし、特にお知らせせずにやり取りが発生した時に苗字が変わったことだけを伝えるという場合もあります。

書類を送付する際に、新らしい姓に加えて旧姓を併記する人もいます。女性の方が姓が変わることが多いですが、婿入りなど男性が姓を変わる場合でも同じことが言えます。

結婚の会社への報告

結婚は人生において大変おめでたいイベントの一つです。しかしその報告を会社の同僚や友人などに、どのようなタイミングでどのようにしたらよいのかは、悩む人も多いと思います。軽々しくやっていいわけではないですし、かといってずっと言わないでおくわけにもいきません。とても難しい問題ですし、絶対的な正解はないのです。

しかしいろいろなことをトータルでみて、ベストなタイミングは結婚直後もしくは一か月後くらいというのが妥当な線ではないでしょうか。直後であれば、一番ホットな時なので、みんなお祝いしてくれたりします。また一か月後であっても、少し落ち着いてきたタイミングで報告したことになるので、笑顔でおめでとうと言ってくれることでしょう。

逆にそれ以上時間が経過してしまうと、なぜそこまで言わなかったのかと思われる可能性が出てきてしまいます。中にはもう少し早く言ってくれてもよかったのではないかと気を悪くする人もいるかもしれません。

結婚のことでそういったトラブルになると、後が非常に面倒になります。そのあたりを考慮するとやはり、結婚したて、もしくは一か月後までの期間が無難であると考えられます。最適なタイミングで報告してみんなにお祝いしてもらいましょう。

結婚式に関することも報告

結婚をするからには、上司だけではなく親しい間柄の人達にも報告をしていかなくてはなりません。1人に報告をすればどんどん噂は広まっていくものですが、やはり自分の口から伝えるようにすることです。伝えなくてはならないのは、親しい友人や会社の同僚にも伝える必要がありますが、どのようなタイミングや内容を伝えればいいでしょうか。

結婚式を行う予定なのであれば、結婚式を行う3カ月から4カ月くらい前には連絡をしておくといいでしょう。式に来てもらいたいのであれば、相手に都合をつけて予定を開けておいてもらわなくてはなりませんので、早めに言っておかなくてはなりません。

あまりにもギリギリに伝えられても相手も困りますので、結婚報告のタイミングで式に来てもらいたい事もそれとなく聞いてみるといいでしょう。式の日取りが決まっていればその時に伝えてもいいですが、改めて招待状を渡して来てもらえるか意思確認をする事です。

まずは口頭で言うようにし、式に関する事はそこまで詳しく伝える必要はありませんので、とりあえず結婚報告だけでもいいでしょう。親しい友人グループがある場合には、同時期に報告をするようにしておけば、自分の口から言う事が出来ます。

会社関係者への結婚報告について

結婚が決まり、両親への挨拶も無事済んだら、次は職場の上司や同僚などの会社関係者や社外関係者へ結婚の報告をする必要が出てきます。社員の結婚はとてもおめでたい事ではありますが、少なからず会社関係者へ影響が出てきますのでスマートに対応できるように心がけが必要です。浮かれすぎて事後報告するということは避けましょう。

上司や同じ課員同士であれば直接口頭で伝えるべきですが、会社関係者全員に対して直接対面で報告するというのは現実的に難しいですよね。そういった場合はぜひビジネスメールを利用をおすすめします。ただしビジネスメールは簡単に送信できる一方、利用する場合は送り先に失礼のないよう、マナーを守り、丁寧にまた誤字脱字に気を付けて送信する必要があります。

またメールを利用する場合は送信相手の順位やタイミングも気を付けなくてはなりません。報告をする前に人づてに上司の耳に入ってしまうのは好ましくなく、必ず上司に報告してから課員へ送信するのが鉄則です。

また会社関係者に対しては、結婚後も仕事を続けるのか、結婚を機に退職するかという、今後の仕事に関して関する方向性も忘れずに伝えなければなりません。以上を踏まえビジネスメールを利用してみて下さいね。

結婚することを会社の上司に報告

結婚が決まったときに、いつ会社に報告するのか悩むことがあります。あまり早すぎて破談になったら社内で気まずい重いをすることもあります。目安としては結納が終わったら報告するとよいです。結婚することによって会社側もさまざま手続きをすることになりますので遅すぎて業務に迷惑をかけないことが大切です。

例えば、苗字が変わることによって、社会保険や厚生年金の氏名が変わりますし、給与振込み口座の名義変更や家族手当の手続きもあります。旧姓で仕事を続ける方も増えていますが、法律的には変更は夫か妻のどちらかの姓になるので注意が必要です。結婚することによって総務的な手続きが会社にとって必要になってきます。

あまり切羽詰ってから会社に報告すると、結婚後に仕事が混乱することがありますので結納が終わったあとに正式に会社に伝えるといいでしょう。そこで、問題なのがどなたにまず結婚の報告をするべきでしょうか。それは最初に直属の上司が正解です。

仕事が比較的落ち着いている時間帯に「少しお話がありますのでお時間よろしいでしょうか」とお願いします。時期はいつなのか、式に来ていただくのか、もし来ていただくのならその時にお願いするとよいです。住所や苗字が変わることもその時に伝えます。社会人として仕事に差し支えないように配慮するようにしましょう。