低価格なのに高保湿!プチプラの化粧水の選び方や活用術

綺麗になりたいという事でいくらメイクに力を入れても、ベースとなる肌が綺麗でなくてはうまくいきません。そこでスキンケアにも力を入れていく必要があります。特に水分補給はしっかり行っていきましょう。乾燥がひどくなるとシミやしわが発生しやすくなりますし、肌荒れにもつながりやすくなります。十分に水分補給をすることができる化粧水を選びましょう。

様々な価格帯のものがありますが、毎日使う事を考えるとオススメはお手頃価格のプチプラ化粧水です。低価格でも保湿力がしっかりあるものもあります。化粧水はプチプラでたっぷり使い、他の高級アイテムと合わせて効果を狙っていくという事もできるでしょう。ぜひ選び方や活用法についてチェックしておきたいものです。

進化する、プチプラの化粧水の特徴

一昔前は、プチプラの化粧水は安かろう悪かろうなものがあったことは否定できません。しかし、最近ではプチプラの化粧品は化粧水を含めてかなり進化しており、高級なブランドの製品と同等の効果が期待できたり新しい美容成分が入っているものも少なくありません。

プチプラ化粧水の良いところとしては、価格が安いため惜しみなく使うことが出来る点にありますが、安いだけでなく成分的にも美容効果が高いものが増えてきていますので、コストパフォーマンスに優れた製品と言えるでしょう。

以前はプチプラの製品には高級な美容商品に含まれているような希少な成分は含まれていないものが多い傾向にありましたが、最近はヒアルロン酸やコラーゲン、ビタミンC誘導体といった高級な化粧水に配合されているものが数百円の製品にも配合されているため、効果を実感することが出来ます。

プチプラの化粧水は手ごろで効果を実感できる上にドラッグストアやスーパーなどで手軽に購入することが出来る点も支持されています。年々進化を遂げているため、高級な美容商品と併用しているユーザーも少なくありません。量を気にせずに使うことが出来るのに美肌効果が高い点が人気の理由と言えるでしょう。

プチプラ化粧水

プチプラ化粧水は余分な成分が入っていません。プチプラなのでたくさんの成分を入れることが値段的にも難しいのです。高い化粧水の方がお肌にいいんじゃないかと思っておられる方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。確かに高いものはたくさんの成分が入っているのでお肌の小さなトラブルにも効果があるかもしれません。

ですが高い化粧水を使えばいいというものではなく、成分が一番大事です。安くてもしっかり必要な成分が入っていれば大丈夫です。なのでプチプラ化粧水はとてもおすすめです。厳選された成分しか入っていないのでお肌にとっていらない成分や必要順位の低い成分がはいっていません。

たくさん成分が入っていても、大事なのはどれくらい入っているかという量です。種類はたくさん入っているのに1つ1つが少量ずつだと意味があまりありません。お値段もリーズナブルに上に余分な成分が入っていないというのはとてもいいと思います。

金銭的に余裕がない学生さんにもおすすめです。プチプラだからといって候補から外さずに一度考えてみてはいかがでしょうか。プチプラなら値段にとらわれずにたくさん使うこともできますし化粧水をよく使う方にはもってこいだと思います。

メリットもあるプチプラ化粧水

大切な肌のケアのために使うのであれば出来るだけ品質が良いものをと思い、高価なものを選ばれる方も多いのではないでしょうか。しかしプチプラでも質の良いものはたくさんありますし、逆に大きなメリットが生まれることもあるのです。安く入手することができることで、お金の心配をせずにケアをすることができるということが挙げられます。

学生さんなどはお小遣いも限られていますから、ついついメイク用品などを中心にそろえてしまい、化粧水などのケアアイテムには手が伸びにくいものです。しかしプチプラなら購入しやすくスキンケアへのハードルも低くなるということがメリットです。

さらに安く入手することができるため、量を気にせずにたっぷり使うことができるという事も挙げられます。特に化粧水は肌への水分補給という点からたっぷり使うと効果的ですが、高価な化粧水の場合にはそのお値段を考えると少しずつ使いたくなってしまいます。そうすると本来の効果が出にくいという事もあるのです。

その点たくさん使ってもお財布に優しいプチプラ化粧水なら遠慮なく使うことができます。顔はもちろんですが体の保湿にも利用することができるのです。こうしたメリットを生かして日常のスキンケアに利用していきましょう。

乾燥肌に効く成分は「セラミド」など

乾燥肌は、肌のうるおいや油分が足りていないために起こります。そのため乾燥肌の改善には、次のような「高保湿」成分が配合されているプチプラ化粧水を選ぶことが大切です。

セラミド

数ある保湿成分のなかでも最も効果が期待できるのがセラミドです。角質層にある「細胞間脂質」と呼ばれる水分保持機能をもった成分の中心をなしているのがこの「セラミド」です。保湿には欠かせない成分ですので、できるだけ高配合されている化粧水を選ぶとよいでしょう。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は真皮中の細胞間に存在し、水分保持機能があります。また低刺激で副作用もほとんどないため、敏感肌の方などでも利用しやすい成分です。

コラーゲン

体内で生産されるたんぱく質のひとつがコラーゲンです。コラーゲンには肌の弾力性・ハリを保つ働きがあります。弾力性が失われてしまうと、肌は乾燥しやすくなってしまうので、乾燥肌の方はとくに重視してほしい成分です。

アミノ酸

化粧品の成分として使われるアミノ酸は、水に溶けやすい性質を持っているため、化粧水と相性のとても良い成分になっています。アミノ酸には水分を吸着する特性があるため、肌にうるおいをもたらしてくれます。

ニキビに効果的成分

ニキビをより早くより効果的に治すためには、ニキビ用のケア化粧品がおすすめです。なぜなら、一般的な化粧品は、保湿や美白、エイジングケアを重視しているためニキビに効く成分はあまり含まれていません。ニキビには、ニキビの原因菌の殺菌作用を働かせ、炎症を抑える効果、毛穴の引き締めなどに効く成分が必要です。

ニキビに有効な成分は、ビタミンC誘導体です。ビタミンCには、ニキビの炎症を防ぐ抗酸化作用やメラニン産生を抑制する効果があり、ニキビの他にもニキビ跡の予防、改善に有効です。しかしビタミンCは熱や酸素に弱いためその弱点をカバーするために開発されたのがビタミンC誘導体となるわけです。

イオウという成分も有効です。これは、石油の精製過程で生じる成分です。ニキビの原因菌といえば、あなたもご存知のとおりアクネ菌です。その繁殖を防ぎ殺菌するのがイオウに含まれる成分です。これには、殺菌と同時に角質を柔らかくする作用があるので、ニキビの炎症を抑える働きがあります。

サリチル酸という成分にはイオウと同じ効果が見られますが、ピーリング作用がプラスされます。グリチルリチン酸ジカリウムは甘草の根から採れる天然植物成分のため安全で、ニキビの悪化を防ぐ抗炎症作用が有効です。

毛穴を引き締めるにはビタミンC誘導体が良い

プチプラ化粧水でも毛穴をしっかり引き締めることはできます。その成分は「ビタミンC誘導体」です。不安定なビタミンCを安定させて、肌に届けやすくしたものです。ビタミンC誘導体と言えば、一般的にシミや美白に効果的な作用をもたらすものとして知られていますが、実はとても万能な成分なのです。

ビタミンC誘導体は、他にもニキビやニキビ跡の予防、コラーゲン生成などまだまだ色んな作用がありますが、中でも「毛穴の引き締め効果」は注目すべき作用です。ビタミンC誘導体の毛穴への効果は穏やかな皮脂抑制作用や皮脂の酸化予防、そして毛穴の赤みを鎮めたり毛穴の黒ずみや角柱にも効果的です。

毛穴の開きをキュッと引き締めて目立ちにくくしてくれるのは、ビタミンC誘導体が得意とする作用です。また、ニキビが治った後の部分の毛穴は開いてしまっていますので、ビタミンC誘導体を使うことで毛穴を落ち着かせることもできます。

このような優秀なビタミンC誘導体は高価な化粧水に使われていることもありますが、プチプラ化粧水にも使われています。やはり続けてこそビタミンC誘導体の効果が発揮されるので、毛穴の引き締めを目指すならリピートしやすい価格のプチプラ化粧水を選んで毎日使うことをおすすめします。

シミやそばかすには美白有効成分がよく効く

プチプラ化粧水は安い価格で購入することが出来る上に高保湿なのでとても人気があり多くの人が利用していますが、特にシミやそばかすに効くと言う点に大きな特徴があります。シミやそばかすに悩んでいる人の中にはどのように治せば良いか分からず苦労している人が沢山いますが、プチプラ化粧水を使うことによりその悩みを解消することが出来るので評判はとても良いです。

このシミやそばかすに効く成分にはどのようなものがあるのかと言えば、先ず真っ先に挙げることが出来るのがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体はシミやそばかすに効く成分として有名なので多くの化粧水に含まれていますが、特にプチプラ化粧水には多く含まれています。

またプラセンタエキスにもシミやそばかすに効く成分が多く含まれていますが、こういった成分の特徴としてはメラニンの生成を抑える美白有効成分である点を挙げることができます。美白有効成分がシミやそばかすに効く成分なので、ビタミンC誘導体やプラセンタエキスが多く配合されているものはそれだけ効果があると言えます。

ただプチプラ化粧水と一言で言っても種類は豊富にありますし含まれている美白有効成分の量も商品によって違うので、購入する際にはこの点に十分に注意する必要があります。

ヒアルロン酸分子の大きさは要確認です

ヒアルロン酸という成分は、肌が潤いを保つためには必要不可欠なものです。肌の弾力を担う部分で、コラーゲンが網目状に張り巡らされたその間を埋めるのがヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は主に活躍する部分にある細胞によって生まれますが、もし不足していると肌が乾燥したりたるみの原因となります。

それを補うかのように、ほとんどの化粧水には保湿目的のヒアルロン酸が配合されています。化粧水に含まれるヒアルロン酸は、使用すると肌を通り抜けて弾力を担う層まで届くイメージを持たれがちですが、肌の表面はバリア機能によって守られているため、表面から与えられる場合では大きすぎて通り抜けることができません。

例外として分子をより細かくしたナノ化という製法がありますが、低コストであるはずのプチプラ化粧水に施されているかどうかは要確認です。特殊な加工をしていないプチプラ化粧水に含まれるヒアルロン酸の場合は、肌の表面近くで潤いを保ち、バリアをはじめとする様々な機能をサポートする役割のものと考えた方が良いでしょう。

表面に塗布するだけでも人の肌が逃しがちな水分を留めることはできるので効果がないわけではなく、弾力やハリには直接繋がりませんが、本来の潤い効果は期待できるものです。

プチプラ化粧水で重視したいセラミド

体に限らず、全身の保湿ケアに使用することができるプチプラ化粧水は、多くの女性に人気のスキンケア化粧品として支持されていますが、やはりプチプラだと配合されている保湿成分や美容成分が不足してしまい、美容ケアには物足りないのではと不安に感じている方は少なくありません。

そんな方がプチプラ化粧水を購入する際に注目して欲しい成分が、セラミドを配合しているかという部分です。セラミドは肌の細胞と細胞の間を満たすように存在する「細胞間脂質」と呼ばれる成分の一つで、肌の潤いを保つために必要不可欠となっています。

また外部刺激から肌を守るために必要なバリア機能を支える成分なので、毎日のスキンケアで肌に不足しがちなセラミドを補給させる事が重要になってきます。ただ注意をしなくてはいけないのが、セラミドには天然セラミドや植物セラミドなど複数の種類がありますが、ヒト型セラミドが配合されている化粧水を利用することが重要です。

ヒト型セラミドは浸透しやすく特に保湿効果が高い特徴があり、低刺激性なので敏感肌の方でも安心して利用できるメリットがあります。プチプラの化粧水でも保湿に特化したタイプは、ヒト型セラミドをはじめ複数の保湿成分が配合されているので、しっかり潤いを補給することが出来ます。

コラーゲン入り化粧水のメリット

化粧水にはたくさんの種類があり、メーカーや商品によっても含まれている成分が全然違います。例えばコラーゲン入りやビタミン配合などの化粧水はわくドラッグストアでも目にしますが、プチプラながらも非常に効果が高く優秀なアイテムが多いです。特にコラーゲン配合の化粧水はどの年代の女性にと人気ですが、肌の潤い成分を補給し若々しく保つことが可能です。

コラーゲンは食べ物からも摂取することは可能ですが、口からの補給では肌の内側まで成分を届けることはできません。以前はコラーゲン鍋などもトレンドになりましたか、食べ物からの摂取によって肌を改善させることは出来ないという結論が証明されました。そのため化粧水を始めとするケアアイテムで補給する必要があります。

肌全体のキメを整えたり、もちっとした触り心地にしてくれるので多くの人に愛用されています。さらに、コラーゲンそのものはリーズナブルではないもののコラーゲン配合の化粧水はお手頃な価格のものが多く、2000円以下でも十分人気の商品を買うことが出来ます、そこも人気の理由の一つです。

いつまでもプルプルとした触り心地の、若々しい肌でいたいという人には一番おすすめのプチプラアイテムです。

ビタミンC誘導体の効果

お手頃価格なプチプラ化粧水の中にも、それぞれ特徴やさまざまな効果を目的としたものがあります。肌を白くする効果を期待するものとして、ビタミンC誘導体が含まれている化粧水も数多くあります。ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを肌に浸透しやすくが得られやすい状態にしたもののことです。

具体的にはいくつかの種類があり、さらに水溶性のものと油溶性のもの、またはその両方の特徴を持っているなど違いがあります。化粧水に利用される場合には水溶性のものが多く、油溶性のものはクリームなどに利用されることが多いと言えます。ビタミンC誘導体は肌を白くするだけではなく、シミの予防やアンチエイジング、透明感のある肌といった幅広い効果が期待できます。

さまざまな効果が期待できる成分となりますが、販売されている商品によってその濃度が異なっています。必ずしも濃度が濃い方がよいというわけではなく、また濃度の高さによっては、肌質によっては刺激が強くなってしまう場合もあるため自分の肌を見ながら選ぶことも大切です。

プチプラコスメでビタミンC誘導体が含まれる化粧水の購入を考えられる場合には、含まれているビタミンC誘導体の種類と濃度といった部分を確認して、自分の肌に合うものかを考えて購入するとよいでしょう。

プチプラの化粧水はコットンパックにおすすめ

コットンパックはたっぷりの化粧水をコットンに含ませて使用しますが、ここでどれだけ量を気にせずに使えるかで効果の出方にも差が出てきてしまいます。少量の化粧水でコットンパックをすれば肌が十分に潤わず、パック中に乾燥してしまうこともあります。そのため惜しむことなくたっぷり使いやすいプチプラの化粧水が大活躍するのです。

使い方は簡単でコットンがひたひたになるまで化粧水を浸み込ませ、それを肌の上に数分置いておきます。肌が十分に潤いを感じたらコットンを外し、乳液やクリームで整えていきます。コットンパックのメリットは乾燥が気になる箇所や重点的にケアをしたい部分にだけ、手軽にパックをすることができる点です。

目元や口元、頬など気になる箇所にコットンを置くだけでいいのでいつものスキンケアにプラスしやすいメリットもあります。プチプラの化粧水を使えば毎日でも使いやすいですし、量を気にすることなくたっぷり使用できます。

メイク前にパックをすれば化粧のりも変わってきますし、冷やして使えば毛穴を引き締める効果も期待できます。コットンパックは応用しやすく色々な使い方ができるので、自分の好みに合わせて使い方を変えてみるのもおすすめです。

プチプラ化粧水で全身ボディケア

顔についてはしっかりスキンケアしているけれど、体については手が回らないという方も多いのではないでしょうか。専用のケアクリームなども出ていますが、わざわざそういった物を購入してまでケアするほどの必要性は感じにくいものです。そのためケアがおろそかになり、肌の衰えを感じてしまうという事もあります。

そこでお勧めなのがプチプラ化粧水で顔のスキンケアをすると同時に体についてもスキンケアを行ってしまうという方法です。入浴後などにたっぷりと化粧水をつけてお顔のケアをする方が多いでしょう。その際に体にも一緒に化粧水をつけてしまうのです。水分をしっかり補うことができますから乾燥が気になる時期などにもおすすめです。

化粧水でもお値段がお高いアイテムの場合は、費用がかかりすぎてなかなか全身に使うというわけにはいきませんから、プチプラだからこそできることといえます。安くて容量が多いものがほとんどなので、顔だけでは使いきれないというときに消費するのもおすすめです。

顔に使ってみてあわなかった場合なども捨てる前にボディケアに使うという方法もあります。ぜひプチプラ化粧水を使って前進綺麗な肌になれるようなケアをしていきましょう。

スプレー化粧水で乾燥予防

プチプラの化粧水は含まれている成分に高価なものと差がありますが、肌にうるおいを与える機能は十分です。ベタつきを感じることも少ないため、肌が乾燥していると感じた時や乾燥予防にも利用することができます。そういった使い方をする時は、お好みのスプレーボトルに詰め替えてスプレー化粧水にするのがおすすめです。

スプレータイプにすることで化粧水が霧状になって肌につくため、肌全体に水分を行き渡らせることができます。メイクをしている状態でも霧状で少量の水分なので化粧崩れを気にすることもありませんし、適度に保湿することで皮脂の分泌が抑えられテカりの予防効果もあります。

使い方としては乾燥が気になる時やメイク直しのタイミングで顔から数十センチ離してスプレー化粧水を振りかけます。その後に手のひらで肌に水分を浸み込ませていきます。部分的に使いたい時はコットンやティッシュペーパーにスプレーを吹きかけて、気になる箇所にあてていきます。

肌に油分が付着していると水分がはじいてしまうため、スプレーをかける前に軽く拭き取っておきましょう。冬など乾燥が気になる時は数時間おきに使用すると肌がしっとりと保湿され、粉吹きや肌のつっぱりを予防できます。

美容液併用で保湿効果をアップ

プチプラの化粧水を利用する際に、どうしても保湿効果が不足してしまったりアンチエイジング効果が少ないのがネックに感じている方は多く、肌に必要な美容成分をどうにか補給する方法はないかと考えている方におすすめなのが、美容液を併用する方法です。

美容液のタイプには様々あり、アンチエイジングに特化しているタイプから肌のコンディションを整える導入液タイプ、保湿に特化しているタイプがあるので、自分に不足している成分を補給するためにも美容液選びをすることが重要になります。

また肌の乾燥が気になるという方は、普段使用している化粧水が十分に肌に浸透していない可能性が高いので導入美容液を併用することで、通常よりも肌の角質層奥まで潤いが浸透しやすくなり、普段のスキンケアの質がグッとアップするメリットがあります。

少量でも顔全体に伸びるので、合わせて利用することで冬の時期などの乾燥が目立ちやすくなる季節も、潤いの続く美しい素肌を手に入れることが可能です。美容液を利用する場合は価格も高い商品が多いのでできるだけサンプルなどを利用してみて、肌に合っているか肌トラブルが起こらないかを確認してから購入することがおすすめです。