低刺激でしっかり落とせる!敏感肌向けクレンジングの選び方

女性は、毎日、ファンデーションやアイメイク、口紅などのメイクをしてから仕事などに出かける人が多いのではないでしょうか。ただ敏感肌の方の場合、刺激が強いクレンジング剤でメイクを落とすと、肌に大きなダメージを与えることになります。その結果、乾燥や湿疹や肌荒れなどのトラブルが生じやすくなります。

つまり、敏感肌の方がきれいな肌をキープするにはクレンジング剤選びに気をつける必要があるというわけです。しかし、ドラッグストアにはたくさんの種類のクレンジングが販売されているので、どのような基準で敏感肌の方は選べばいいのか戸惑ってしまいがちです。そこで、ここからは低刺激なのにしっかりとメイクを落とせる敏感肌向けのクレンジングの選び方について紹介します。

敏感肌の症状

敏感肌という言葉をよく耳にする人もいるでしょう。しかしどの様な症状があるのかよく知らないという人もいるのではないでしょうか。敏感肌は他人ごとで自分には関係ないと考えている人もいるでしょう。しかしこれは間違ったスキンケアを続ける事で、誰でもなる可能性があります。

敏感肌は、化粧品や紫外線など外部の刺激に弱いという事です。一般の人が使う化粧品でも赤くなってほてってしまったり、かぶれてしまうことがあります。痛みや痒みが出たりする事もあります。この様な症状になってしまうと、使える化粧品も限られてきてしまいます。敏感肌の人が特に気を付けなければならないのは、クレンジングです。

洗浄力が強くて添加物が入っている商品は、症状を悪化させてしまう危険があるので注意が必要です。添加物に入っているアルコールは肌に刺激になります。特に気を付けなければならないのは合成界面活性剤です。合成界面活性剤は台所用洗剤にも使われている成分です。

これを使い続ける事により、肌がカサカサになってしまう場合があるので注意が必要です。洗浄力の強すぎるクレンジングを力を入れて使用する事で、バリア機能が破壊されて症状が酷くなってしまう危険があるのです。

敏感肌は大変

敏感肌の場合、ありとあらゆるところで肌の問題が生じてしまい生活に支障が生まれることもあります。ちょっとこすっただけでも赤みが出てしまうという事もありますし、空気が乾燥してくると粉吹きや皮むけなどが日常的に生じてきます。花粉などのアレルギー症状が肌に出るという事もあり、様々なことが刺激となって襲い掛かってくるのです。

こうしたことから肌荒れを起こすと、そこから色素沈着という形でシミのように色が残ってしまうことになります。長い時間をかけないと消えることはなく、ちょっとしたことが長い苦しみへとつながってしまいます。その間にも次々と肌トラブルは起こりますから気が休まる暇がないのです。

少しでも悩みを軽減していくために毎日のスキンケアを慎重に行っていきましょう。特に刺激となるものをしっかり取り除くクレンジングには気を使っていきたいものです。

しっかり洗い流そうとして強い洗浄力のものを使うとそれだけ肌に負担がかかりトラブルに繋がってしまいます。そのため、肌に負担をかけない工夫が必要になります。やるべきことや考えるべきことは多いですが、自分の置かれた状況に合わせて最も美しい自分づくりに挑戦していきましょう。

遺伝が原因ではない敏感肌

元々肌質は丈夫だったという方も、年齢を重ねると肌質がデリケートになり敏感肌になってしまったという方も少なくありません。それは遺伝が原因ではなく、毎日のスキンケアの方法が間違っていることで肌トラブルを自分で起こしてしまっている可能性があります。

まず年齢を重ねると肌質は大きく変化しやすくなり、肌のターンオーバー機能が正常に行われなくなったり、体のホルモンバランスが崩れやすくなることで、肌質が敏感になってします。特に老化によって肌の古い角質や皮脂が排出されにくくなると、肌のゴワつきやくすみが目立つようになり、メイクのりが悪くなったり乾燥が目立ちやすくなります。

古い角質が邪魔をしても、どんなに高価な美容化粧品を利用してスキンケアをしても、肌内部までに美容成分が浸透していかないので、肌の乾燥が進行して肌荒れを引き起こしてしまいます。

そのためクレンジングや洗顔を行う際に、メイク汚れだけではなく古い角質も一緒に除去することができるタイプを活用することで、肌に負担をかけずに綺麗に汚れを落とすことが可能です。クレンジングも敏感肌でも使用できる低刺激タイプを利用すると、肌を保護しながらケアを行うことが出来ます。

マイルドな洗浄力の敏感肌向けクレンジング剤

敏感肌の人は、洗浄力が強すぎないクレンジング剤を選ぶのがポイントです。クレンジング剤は洗浄力が強くメイクや毛穴の汚れを落とすことが出来るものが重宝されていますが、敏感肌の人にとっては必ずしもそれは良い面だけではありません。

敏感肌の人は肌のバリア機能が低下しがちですので洗浄力がマイルドなものを選び肌に必要なうるおいを損なわず、汚れだけを落とすことが出来るタイプを選びましょう。

敏感肌向けのクレンジング剤で適しているのはうるおい成分が配合されているもので、洗浄成分も美容成分が配合されているタイプを選ぶのが良いと考えられます。洗うたびに肌が潤うと感じる位マイルドで美容成分が配合された製品ならクレンジングをしてもつっぱり感を覚えず快適にメイクを落とせます。

最近人気なのがダブルクレンジングがいらないタイプで、一度のメイク落としで洗顔まで完了させてしまうことが出来るため、忙しい時や疲れているときにも最適です。

一度のメイク落としで洗顔まで済ませることが出来るという事はその分洗顔の時に肌の角質層を傷つける心配もなくなりますので、敏感肌の人には最適の方法と言えます。添加物が配合されていないタイプも肌が敏感な人に適しています。

敏感肌におすすめのミルクやクリームタイプ

敏感肌の方はクレンジングを利用すると肌の乾燥や肌荒れなどが起こりやすい特徴があるので、メイクオフ時の肌の負担を最小限に抑えるためにはリキッドやローションなどの拭き取りタイプを利用するよりも、ミルクタイプやクリームタイプ、バームタイプを選ぶことをおすすめします。

特にサラッとした使用感のミルクタイプは、保湿効果の高いクレンジングになれていない方でも扱いやすく、メイク汚れにも簡単になじませることができるメリットがあるので適度に潤いを与えたい場合に効果的です。メイクオフに合わせて顔のマッサージを行いたいという方は、クリームタイプをおすすめします。

クリームタイプはコールドクリームと呼ばれるボトルにたっぷりクリームが入った商品が数多く販売されているので、毎回メイク落としをする際に手のひらにたっぷりクリームを出して、顔全体になじませ優しくクルクルマッサージを行うだけで、メイク汚れを落とすだけではなく顔全体の血行を改善することが出来ます。

またミルクタイプやクリームタイプは顔を洗い流した後も、適度な潤いが肌に残るので洗顔後に急速に肌が乾燥する状態を防ぐことが出来ます。その為保湿を行い肌質改善を行いたい方にも向いています。

肌に優しいクレンジング方法

敏感肌という方はオイルタイプとクリームタイプ、2つのクレンジング剤を使い分ける方法で、メイクを落とすのがおすすめです。ウォータープルーフのマスカラや、落ち難いリップはまずオイルタイプで落とします。

オイルタイプは洗浄力が高いので、落ち難いメイクもキレイにクレンジングできるのが特徴です。ポイントメイクと一緒にベースメイクもオイルタイプで落とせば良いのでは?と、感じる方もいるかもしれません。

洗浄力が高いオイルタイプで顔全体を洗ってしまうと、敏感肌という方の場合には刺激となり、乾燥などの肌トラブルを起こしてしまうケースがあります。ですので落ち難いメイクだけオイルタイプでクレンジングするようにしましょう。

次にクリームなど肌に優しいタイプのクレンジングで洗ってきます。この時、TゾーンからUゾーンの順に全体のメイクと優しく、そして素早く馴染ませるのがコツです。

クレンジング剤が肌に乗っている状態が長ければ長い程、肌にとっては負担となります。敏感肌の方がメイクを落とす場合、すすぐまでの時間を40秒以内にしましょう。最後はひと肌程度のぬるま湯で、優しく洗い流します。この時に多少ぬるつきを感じても、次の洗顔でキレイに落とせるので洗い過ぎないようにするのもコツです。

敏感肌でも正しいクレンジング方法でメイクオフ!

メイクを落とすときは顔全体をゴシゴシしがちですが、ゴシゴシこすってしまうと肌の皮膚に刺激を与えてしまい良くありません。肌トラブルの原因にもなりかねないので注意が必要です。普通肌であっても敏感肌であってもメイクをするのは同じですし、濃いアイメイクや重ねづけしたマスカラは肌質に関係ありません。

それでもしっかりメイクを落としたいときは、肌に刺激の少ないクレンジングを使うのと、メイクの落とし方にポイントがあります。敏感肌の人は特に、アイメイクや濃いメイクなどのポイントメイクを先に落とすようにしましょう。

ポイントメイクなどは、オイルを使うなど洗浄力の高いものですばやく落とすと肌への負担が軽減されます。ポイントメイクなどを先に落とすことによって、クレンジングを顔全体につけている時間も短くなります。長い時間クレンジング剤が顔についていると、肌へ負担がかかってしまいます。

目安は40秒以内が理想とされていて、洗い流すときはぬるま湯で流すのが良いです。冷水や熱湯では肌への刺激が強いので、人肌程度のぬるま湯ですすぐようにしましょう。

ポイントメイクはオイルなどの洗浄力の高いクレンジング、顔全体はクリームなどのやさしいクレンジングで使い分けるとさらに効果的です。使い分けることによって、肌への負担を少なくしっかりメイクを落とすことができるようになります。

優秀なプチプラコスメを使おう

敏感肌だから、クレンジングはお金をかけないといけないと思っていませんか。決してそういうことはありません。最近のプチプラコスメはとても優秀なので、近所のドラッグストアなどで購入してみませんか。

詰め替え用も出ているワンコイン以下で買えるものもあります。ポイントは、肌に負担がかかる成分が入っていないことです。プチプラであっても無香料、無着色など肌に優しい敏感肌でも使えるクレンジングがたくさんあります。このように、肌に負担をかける成分が入っていないことをパッケージで確かめてみましょう。

自然由来成分を使っていることも少なくありません。これなら敏感肌でも肌荒れすることなく使えます。もともと保湿効果がある油を使っていることもあり、メイクを落とした後もつっぱらなくて済むでしょう。

ジェルタイプの人気が高まっていますが、美容成分でメイクを落とすからです。ほとんど美容成分でできているために、洗った後に肌がつっぱるどころかしっとりとするかもしれません。適度な洗浄力ですし、必要な皮脂を落としすぎることもありません。プチプラとは言え、十分メイクを落としてくれますし、肌に優しいクレンジングがありますから、安心して敏感肌の人も使えます。

ファンデーション選びから工夫しよう

敏感肌の方はなるべく刺激を避けたほうが賢明です。刺激を避けるためには、ファンデーション選びから工夫をしましょう。ファンデーションそのものの刺激も肌には負担をかけますが、ファンデーションを落とすために使用するクレンジングの刺激も敏感肌の方にとっては危険だからです。

敏感肌でも問題なく使用できる低刺激のファンデーションから自分に合っているものを慎重に選びましょう。肌と相性が良いことはもちろんのこと、なるべく洗浄力の低い、マイルドなクレンジングで落とせるようなファンデーションを選んでおくと安心です。

洗浄力の高いクレンジングでないと落とせないファンデーションよりも、マイルドな洗浄力のクレンジングで簡単に落とせるもののほうが肌に負担をかけずに済みます。ファンデーションは場面によって使い分けが可能ですから、しっかりメイクをしたい時に使用する物と軽いメイクをしたい時に使用する物など複数用意するというのもおすすめの方法です。

クレンジングの回数が多くなればなるほど肌には負担がかかりますので、普段使いのファンデーションは肌に合っていて、かつ負担をかけずに落とせるタイプのファンデーションを選んでおくと安心です。

敏感肌はクレンジングで簡単に落とせるメイクをする

敏感肌は肌のキメが乱れてしまっている状態です。目には見えない細かな隙間ができている状態で、そこから肌に必要な水分が蒸発してしまったり外部からの刺激を受けやすくなっています。そしてその細かな隙間にはメイクで使用するファンデーションも入り込んでいってしまいます。

特にリキッドタイプやクリームタイプのファンデーションはそのなめらかさから肌への密着度が高いという特徴もあり、キメが乱れた肌の細かな隙間にも入ってしまいます。するとメイクをしている状態の時は影響が少ないのですが、クレンジングで取り除く時に問題となってしまうのです。

肌の隙間に入り込んだファンデーションは洗浄力の強いクレンジングを使用しなければ、きれいに落としきることが難しくなってしまいます。ですが敏感肌には洗浄力の強いクレンジングは刺激が強く、症状が悪化してしまう原因にもなります。

ですが洗浄力の弱いクレンジングを使用するとしっかりとファンデーションを落とすことができなくなり、肌に汚れが残る状態になってしまいます。敏感肌を改善していくにはできるだけ肌を清潔に保つことも重要なため、できるだけ洗浄力の弱いクレンジングで落とせるメイク道具を選択しましょう。

敏感肌におすすめのミネラルファンデーション

敏感肌の方にとって、メイク用品に含まれているケミカル成分は肌に負担となってしまうことが多いですし、油分を多く含まれているファンデーションを落とす際には、通常の洗顔料だけでは汚れが落としきれないので専用のクレンジングを利用することが必要となります。

クレンジングには界面活性剤などの洗浄力の高い成分が配合されているので、敏感肌に使用すると肌荒れや乾燥などの肌トラブルを引き起こす危険があります。そこで安心してメイクを行う方法として、敏感肌の方におすすめしたいのがミネラルファンデーションを利用する方法です。

ミネラルファンデーションは通常のファンデーションとは異なり、油分を一切配合していない特徴があり主に酸化亜鉛、酸化チタン、マイカ、酸化鉄、シリカなど、4~6種類の成分のみで作られている特徴があります。そのため肌に載せるだけで肌表面の皮脂にファンデーションが混ざり、密着するのでよりナチュラルな肌質に仕上がります。

またメイクオフをする際には、クレンジング化粧品を利用する必要がなく、通常の洗顔料や洗顔石鹸だけでスルッと汚れを落とすことができるので、肌に負担をかけずにメイクを落とすことが可能となり肌を健やかに保ちます。

敏感肌はルースファンデーションがおすすめ

敏感肌の人はファンデーションもこだわって選びましょう。おすすめしたいのは、ルースファンデーションです。粉状になっており、油分が少ないので肌にあまり負担にならなくて済みます。なるべく油分が少ないファンデーションを選ぶことがポイントです。油分が少なければ石鹸でも落とせます。逆に油分が多くなるとクレンジングを使わなくてはなりません。

界面活性剤やシリコン、そして油分など肌に負担をかけたり、洗浄力の高いクレンジングが必要なファンデーションは避けましょう。敏感肌ならば、なるべく皮脂を残したいので洗浄力の高いクレンジングを使わないで済むように、ルースファンデーションでしかもミネラルファンデーションを選ぶと肌に優しいので安心して使えます。

しかも、かえって使い方が楽に感じるでしょう。ブラシに適量を取って、肌に乗せていくだけです。ムラなく付けられますし、肌に力を入れて付けることもないので肌への負担がとても小さいです。気になるところには重ね付けしても構いません。

ミネラルファンデーションは、治療後にすぐに使えるように開発されたので、敏感肌にぴったりです。刺激が少ないので、使い続けていても肌荒れなどを起こさなくて済むかもしれません。

敏感肌はクレンジング不要のファンデーション

敏感肌に向くクレンジングを選ぶことも必要ですが、改善するためにファンデーション選びも大切です。敏感肌はクレンジング不要で油分の少ないファンデーションを選ぶと良く、選びたいのはフェイスパウダーです。リキッドやクリームファンデーションなどは油分が多くカバー力がありますが、洗顔で落とすことができないため肌への負担も大きいです。

フェイスパウダーはファンデーションの種類のひとつですが、油分が少ないタイプでメイクの仕上げに使うことで肌を美しくみせることができます。役割には皮脂や汗を吸収して化粧崩れを防いだり、光を反射して肌をきれいにみせ、くすみなどを自然にカバーする効果もあります。

フェイスパウダーを使う際に気になるのはヨレや崩れ、テカリなどですが、フェイスパウダーの保湿成分に頼るのではなく、メイクをする前に保湿をしっかりすることで肌に潤いを与えて、潤いを閉じ込めるような感じでフェイスパウダーで包み込むことで、長時間ヨレることがなく、粉ふきやしわに粉が入り込むことを軽減することが期待できます。

敏感肌は化粧をすると水分を奪われがちになって、かゆみや肌トラブルにつながることがあるため、保湿成分が配合されていて、肌につけるだけで乾燥から防ぐことができるようなフェイスパウダーを選びます。

敏感肌のクレンジングの相性

敏感肌であるという人は、少なくないのではないでしょうか。敏感肌であるという人がクレンジング剤を購入する時に、悩みを感じることもしばしばあります。というのも、肌質に合わないものを使っていると、肌が荒れてしまうことになるからです。間違ったものを使用していると、肌が荒れてかゆみを感じてしまうということすらあるのです。

そのような問題を防ぐようにするためにも、買い物をする時にはきちんとクレンジング剤との相性を確認しておくことが重要になります。サンプル用品を使ってみると、自分の肌に合うかどうかを確認することができるようになります。サンプル用品を使って試してみた後に、気に入れば買うようにすると良いです。

しかし、敏感肌の人は時期によって肌質が変りやすくなることも珍しくありません。一度買った時には肌にあっていても、時間が経過した時に肌質に合わなくなっている可能性もあるのです。

もしも自分の肌質にクレンジング剤が合わなくなった時には、すぐに使用することをやめると良いです。そして、別のクレンジング剤を探し始めることが大切です。無理をして合わないものを使い続けていくよりも、合うものを探したほうが丁寧にケアできるからです。

症状が悪化したら医師に相談を

敏感肌の症状が悪化してしまった場合は、できるだけ早く医師に相談するようにしましょう。敏感な肌はとても不安定でデリケートです。いつものスキンケアをしていたのにも関わらず、肌がヒリヒリする・赤みが収まらない、強い痛みを感じる、吹き出物ができるといった症状が現れるケースも少なくありません。

症状が悪化してしまうと「スキンケアの方法が違うのかな?」・「使っている基礎化粧品やクレンジング剤が合わないのかも・・」と思い、色々と試してしまう方も多いようです。ただ敏感肌の症状が悪化している場合は、洗顔やスキンケアを控えてなるべく早く皮膚科に相談しましょう。色々なスキンケア方法や基礎化粧品を試した事で、かえって症状が悪くなってしまう場合もあるからです。

敏感肌の悪化による肌トラブルが長引けば長引くほど、色素沈着などの跡も残りやすくなってしまいます。症状が収まったとしても、跡が残ってしまったら元も子もありません。

皮膚科では症状に合わせて塗り薬など、適切な治療を行ってくれるので回復も早まります。肌トラブルくらいで病院に行くのは気が引けるという方もいるかもしれませんがこれ以上、状態を悪くしないためにも医師の診察を受けましょう。