人間の体内の60%は水分!水や白湯を飲んで痩せるダイエット法とは

色々なダイエット方法のある中で非常にシンプルな方法と言えば水を飲むダイエットです。水は体の中に60パーセントもある物で必要不可欠なものですがそれがどのように痩せることに直結するのか、どう飲めばいいのかを紹介します。

半分以上は水!人間の体に水が必要な理由とは

体の中の半分以上が水でできていますがなぜそれほどまで沢山水分が必要なのでしょうか。水は汗となり体の温度を調節する役割をしています、さらに老廃物を運ぶ役割もしてくれるのです。

人は生きていれば汗もかきますし息をしたときに水蒸気が体の外に出ます、また尿をするだけでも大幅に水分が失われてしまいますのでそれを補うために常に水が必要になるのです。

食べ物を3日くらい食べなくても生きていけますが水を何日も飲まなければ生きていけないのはそのためです。水分が汗などで出てしまうとのどが渇いて水分を取り入れるように体がサインを出しますし、多く取り入れすぎた水分は尿として外に排出され、常に体に取っ手適量になるように調節されているのです。

水を飲むだけで美しくなる?水のパワーについて

水を飲むだけでなぜ美しくなるのでしょうか。水を飲むことによって腸の運動が活発化しますし便秘に解消になります。便が排出されることで老廃物が外に出ますしむくみや肌荒れを防ぐ要因になるのです。さらに水は髪の毛に取っても必要なものでもしも水分が不足してしまうと髪の毛がパサパサになってしまいます。

これは水分は紫外線をガードする役割を持ってるからでありガードが失った毛はツヤもなく美しさを損ないます。お肌に取っても水は必要で、水分が少ないとお肌が乾燥し、しみやシワの要因になるのです。

ですので美しくなりたい方は水太りしたくないと避けるのではなくむしろしっかりと取るようにしてください。水は人間や動物にとって大きなパワーを持っています。

お湯を冷ますだけ!白湯ダイエットとその効果

水を飲むだけダイエットというのはただ普通の水を飲むだけではありません。一度沸騰させてさませた採油を飲みます。やかんで沸騰させた水でなければいけませんが、これだけでもうれしい効果を発揮してくれます。

一度沸騰させることによって水の中に含まれている成分を凝縮させることができます、それを飲むことによって沢山の水を飲んだときと同じような効果を体感できるのです。具体的には便秘を解消したり、体を温めて新陳代謝をアップさせることで基礎代謝を高め痩せやすい体を作ります。

実際に芸能人やモデルでも実践している方が多く成功している方もたくさんいらっしゃいます。水道水でもできるのでお金がかからないダイエット方法です、今すぐにでも実践してみましょう。

白湯を飲むタイミングと適切な量は?

白湯はどのタイミングで飲むといいのでしょうか。お勧めは朝起きた時です、朝起きてすぐに水分を取ることによって腸が刺激され便通を促します、これで老廃物を体の外に出し美容やダイエット効果を得られるのです。

さらに温かいお湯ですので体が温まりますし新陳代謝もアップします。冬場に飲むのもいいでしょう。適量は大体150cc程度です、大体普通のマグカップでしたら半分くらいの量になります。あまり飲みすぎるとむくみの原因になりますのでこれくらいの量が適量でしょう。

食後すぐに飲むのは避けてください。胃に負担がかかりすぎるので消化が悪くなります。もしも食後に飲む場合は食後30分以上経過してから飲むようにしてください。

何故飲むだけでデトックス効果があるのか

白湯を飲むだけでなぜデトックスになるのか疑問に思われるかもしれませんが全ては体を温めることに関係します。白湯は大体40度から50度くらいのお湯で飲むのが一般的ですがこれで体が継続的にポカポカします、そうすれば発汗もしますし新陳代謝が促され体の中の老廃物も汗と一緒に出るのです。サウナなどに行くのと同じような効果が期待できます。

また水分を多く摂取すれば便通も良くなります。実は排便もデトックスの1つなのです、便が貯まっている方は毒素が体の中にたまっているのと同じことですので白湯で毒素を排出し、体の中からきれいにしましょう。

現代人は色々な食品添加物を口の中から入れています、これらも毒素となり体に悪い影響をもたします、デトックスは今の人に取って必要不可欠なものなのです。

お茶と白湯どちらもカロリーゼロなのに何が違うの?

白湯は元々水ですので沸騰させてもカロリーゼロであることは間違いありません。一方お茶も種類によってはカロリーがゼロになります。ダイエットに使うならどちらでもいいのではと思われるかもしれませんがお茶と白湯と何が違うのでしょうか。

お茶はポリフェノールやカテキンなど色々ないい要素が含まれていますがそれが体の中に入ると消化のために胃腸に負担をかけてしまいます。それに対し白湯はこのような成分がありませんので胃に負担をかけることはなく体に対して優しいのです。

またお茶の中には体を冷やしてしまうものもあります。白湯は適温であれば体を温めてくれますので冷え性の方にはちょうどいいのです。カロリーがゼロならどちらでもいいという考えは捨てましょう。

お湯を沸かすのが面倒!簡単な白湯の作り方

白湯を作るのは実はとても簡単です。やかんに水を入れますがそのまま火にかけて沸騰させてください。沸騰してから火をとめず10分はそのまま放置しましょう、そしてマグカップにお湯を入れて40度か50度くらいになるまで冷まします。

これが面倒な方は電気ポットで作るのもいいでしょう、普通にボタンを押して沸かして冷ますだけです。電子レンジでする方法もあります。こちらの場合はマグカップに水を入れて一分から三分くらい加熱するだけです。

面倒な場合はこれらの方法もありますが一応火にかけることで効果がアップしますので日曜日など余裕のある日はできるだけやかんに火をかけて白湯を作るようにしてください。子供に作らせる場合は安全面から電気ポットや電子レンジにしたほうがいいでしょう。

成功のポイントは効率的に摂取すること

白湯のダイエットの成功のポイントは効果的に摂取することです。せっかく沸かして作った白湯でも完全に冷めてしまうと意味がありませんので冷えにくい容器にそそぐようにしてください。最近では魔法瓶のような構造になっているタンブラーもありますのでそれもおすすめです。

また一日に飲む量は大体一リットルくらいにしましょう。あまり飲みすぎるとむくみの要因になりますし尿が近くなります。そして飲む時は一気に沢山飲むのではなく少しずつ飲むようにしてください。一気に飲んでしまいますと胃に負担がかかってしまいます。

あまり熱すぎるお湯を飲んでしまいますと胃やのどに負担がかかるので避けましょう。効果的に飲むことによって美容やダイエット効果を得られます。

白湯を飲むときに気をつけなければならないこととは

白湯を飲む時に注意するべきはその適量です。水は沢山飲んでも外に排出されるだけなので問題はないように思われますが実は血液が薄くなるなどの問題が出てきます。体に必要な成分も外に一緒に出てしまうので注意してください。

また一日に飲む量は一リットル程度ですがこれを短時間に飲まないようにしてください。大体五回以上に分けて飲めばいいでしょう。一度にたくさん飲んでも余計な物が外に出るだけですし逆効果の方が大きくなります。

お湯は結構すぐに冷めてしまいますので適温を逃さないのも大事でしょう。ゆっくりと飲みすぎて冷めているようならもう一度沸かして飲むのもおすすめです。一度やかんで沸かしたものなら二度目は電子レンジでもいいでしょう。

水だけじゃない?飲むだけでダイエットできる飲み物

水の他にも飲むだけでダイエットができる飲み物があります。例えば青汁などがそうでしょう。青汁は野菜不足を補うために飲むということで有名ですが実はダイエットにも使えます。青汁そのものはカロリーは低いですし朝食などを置き換えることでかなりカロリーダウン出来ます。

しかも普段不足しがちな栄養素を補うこともできるのです。またビタミンもたくさん取れるのでお肌が荒れている方にもいいでしょう。ただこれも一日に摂取できる量が決まっていますので必要以上に飲まないようにしてください。

他にも色々な飲み物でダイエットができますが人によって向き不向きがありますので一度試してから本格的にするかどうか決めてください。好みに合わないものは避けましょう。