体を動かして健康的に痩せよう!加圧トレーニングのメリット・デメリット

効率的かつ健康的に体重を落とす事が出来るダイエット方法として、加圧トレーニングがここ数年で注目を集めています。加圧トレーニングという言葉は聞いた事があるが、実際どのような効果があるか知らない方も多い事でしょう。そんな方のためにこのページでは、通常のトレーニングと加圧トレーニングの違いについて説明しています。

また、加圧トレーニングのメリットとデメリットについても紹介しているので、参考にしてみてはいかがでしょうか。加圧トレーニングでしっかり効果を出すために重要なポイントは、良いトレーナーに指導してもらう事です。個人でトレーニングしても良いですが、出来れば信頼出来るジムを見つけて指導を受けましょう。

加圧トレーニングのメリット

健康や美容維持、向上のため、ダイエットのために多くの人が運動を日常生活に取り入れている現代、特に人気があるのがジムです。普段の生活の中では運動を続ける環境がなかなか見つからないことや、何をどのように運動していけばよいのかわからない場合にはジムといった運動に適した環境、サポートしてくれるトレーナーがいることなどで前向きに運動を継続していけるからです。

そしてそのジムでの運動の中でもより効果が大きく注目を集めているのが加圧トレーニングです。加圧トレーニングは腕や脚の付け根に専用のベルトを締めて血流を制限して運動する方法です。血流が制限されることで筋肉を低酸素化し、それによって基礎代謝に影響しやすい筋肉を刺激することが出来るのです。筋肉の発達により脂肪が減少し体全体が引き締まっていきます。

また血流が促進されることで新陳代謝率が上がります。更に加圧トレーニングをすることで成長ホルモンが多く分泌されることにつながり、それが美容面でも大きな効果を生みます。肌のハリやつやを取り戻し、肌の生まれ変わりを促進させることで若々しい肌作りができるようになるのです。このようにこのトレーニング方法によって美容面、健康面においてとても大きな効果を生んでいるのです。

加圧トレーニングの効果

加圧トレーニングとは専用のベルトを用いて腕や脚のつけ根を締め付けることで加圧し血流量が制限された状態で行うトレーニングのことで、締め付けた部位が赤くなったり血管が浮かび上がってきたり、しびれをもたらしたりと普段経験することのできない人体の現象が起こります。

それでも加圧トレーニングは体にとって得られる効果が大きいため人気を集めているのです。加圧トレーニングにより血管の加圧と除圧がくり返されることで血管の弾力がよみがえるとともに血流流も豊富になります。そのため新陳代謝も活発になり肩こりや冷え性が改善させるのです。

また成長ホルモンの分泌が促されることでダイエット効果や筋肉の修復が早まるため回復力が促進されます。さらには多量の成長ホルモンは脂肪のつきにくい体にしてくれるとともに、肌のハリやツヤを取り戻してくれるのです。加圧トレーニングは少ない負荷で高い筋力アップ効果を得られるのでたとえ短い時間でも十分です。

なによりもケガの心配が少ないため性別や年齢を問わず始められるのもメリットです。ただし加圧トレーニングは通常の運動力学とは異なるため、正しいトレーニング方法やセット数を考慮して行う必要があります。

加圧トレーニングは普通の運動と何が違うのか

通常のトレーニングと聞いて連想するのは、フィットネスマシンやランニングマシンで走ったり全身を鍛えたりするなど、自分一人で個々のペースに合わせて体を動かすというスタイルです。

これに対して加圧トレーニングは、自分の目的や悩みに合わせてトレーニング内容が考案され、専属トレーナーがついて一対一でトレーニングを行うため、通常のトレーニングとは形式が全く異なります。加圧トレーニングの特徴とも言える最大の違いは、圧力ベルトを腕や足に巻いて血流を圧迫させた状態でトレーニングを行うことです。

ベルト巻かれた状態では、通常のトレーニングに比べて体に与える影響が異なり、成長ホルモンがたくさん分泌されるという仕組みになります。長時間行うと危険性を伴うこともあるためトレーニング時間は制限されており、一回のトレーニングはたったの25分程度で終了させつつ効果を最大限に引き出すという特徴があります。

自分でランニングマシンなどを使って体を鍛えようとすると一時間以上続ける場合がほとんどですが、加圧トレーニングはそれに比べると時間短縮になるという点ではかなりのメリットと言えるでしょう。加圧トレーニングがいつもの運動と異なる点を理解した上で、是非実践してみましょう。

運動の消費カロリー

痩せるために必要な運動量について、まず1キロ体重を減少させることを目標とした場合、必要なカロリー消費は7,000カロリーとなっています。摂取したカロリーが7,000カロリーをオーバーした場合は1キロ体重を落とすことができないということになります。

7,000カロリーを消費するには、食事量を減少させるもしくは運動をする必要があります。体重が60キロの人が一か月で体重を1キロ減少させるダイエット計画を立てた場合、一日で消費する必要があるカロリーは約230カロリーです。

一日に230カロリーを消費するために必要な運動量は、ゆっくりの速度でのウォーキングでは1時間30分の実施、速足でのウォーキングでは約1時間の実施、ジョギングでは約25分間での実施、自転車の運転では約1時間程度の実施、水泳のクロールをする場合は約11分間の実施、ヨガでは約1時間の実施、水中ウォーキングでは約1時間の実施が必要になります。

たった1キロ体重を落とすために多大な時間と労力が必要になることがわかります。勿論、個々の性別や体重、健康状態によって消費カロリーは異なりますので、運動でカロリーを消費する場合はご自身の体についてよく知った上での実施が重要です。

加圧トレーニングの費用

適正な圧力をかけて血のめぐる動きを制限して鍛えることは、一般的に販売されている加圧シャツや加圧スパッツ、コンプレッションタイツなどの着用によっても実現することが可能です。数千円から1万円台で購入することができます。

さらに効果的な鍛え方を実践したいという方にとっては専門のトレーニングジムに通いながら、専門的な知識を有しているプロにアドバイスをしてもらうことがおすすめです。プロのトレーナーに付いてもらい加圧トレーニングを実践することで、より効果的なダイエットを進めていくことが出来るでしょう。

気になるのはどのような部分を鍛えてダイエットするのかにより、価格が異なるのではないか、ジムでのトレーニングは費用が高いのではという点です。もちろん自己流で加圧タイツなどを着用してトレーニングを行うと用品代金で済みますが、トレーニングジムでは会費を支払って指導を受けることとなります。

効果という観点では、やはりプロのアドバイスが参考になりますし、モチベーションの維持にも繋がりますので1回あたり数千円という金額が出せるという方であれば、ジムがお勧めと言えるでしょう。鍛える部分によって大きな値段の違いはありませんが、複数箇所や全身を鍛えたいというケースではトレーナーに相談することもおすすめです。

加圧トレーニングはジムで行うのが効果的

加圧トレーニングは専用の器具を四肢の付け根につけて圧を加えることで少ない回数でも筋肉を鍛えられるトレーニングで、一時期日本でも流行したトレーニング方法です。

もちろん、今現在でも行われているトレーニング方法ですが、専用の器具さえ用意できれば自宅でも行うことは可能です。しかし、加圧トレーニングはジムで実践した方が良い点が沢山あります。

そもそも、専用の器具を使うと説明しましたがジムに行けば専用の器具を持っていなくても加圧トレーニングを行うことができます。また、正し使い方もトレーナーが丁寧に教えてくれるので安全に使うことができます。

そして何より正しい使い方をすることで正しい効果を得ることが可能となるので、効果という点においても自宅で行うよりもトレーナーの指導の下で行えるジムの方がメリットが多いです。

また、自宅で行った場合には間違ったやり方で体を痛める恐れがあるが、その心配も不要になるしダイエット効果を得る為に効率的なやり方も一から指導してもらえるので便利でしょう。

特に今まで加圧トレーニングの経験がない方は必ずジムで行うようにしてください。そうしないと貧血で倒れてしまったり、細胞を壊死させてしまう可能性もあります。

加圧トレーニングで効果が現れるまでの期間

どんなトレーニングでも即効性のあるものは少なく、それなりの期間をかけて行わなければ効果が現れることはありません。それは効果が高いとされる加圧トレーニングでも同様で、それを知らなければ効果が現れる前に止めてしまう恐れがあります。

加圧トレーニングの効果が現れるまでには最低でも2ヶ月は必要と言われています。これはプロのインストラクターの間でも言われていることなので、仮にジムに通って実践すると「まずは2ヶ月」や「とりあえず2ヶ月」などと言われるでしょう。

2ヶ月と聞くと意外と長く感じるかと思うが、それが理由から一部のネットユーザーなどからは加圧トレーニングは効果がないなどとも呼ばれています。

その理由は2ヶ月という期間が必要だからで、これは加圧トレーニングに限ったことはありませんが、短期間で変化が現れると考えると諦めの原因にもなるので、このことを理解しておきましょう。

ただし、継続していても毎回の回数が少なければ、やはり一定の変化は出なくなるので適切な回数を行うことも大切です。インストラクターによると週に2回30分ずつ必要だということなので、これぐらいの回数で最低でも2ヶ月は継続してトレーニングを続けてください。

加圧トレーニングではなぜ成長ホルモンが分泌されるか

成長ホルモンは身長を伸ばしたり筋肉の発達、さらに女性にとって嬉しい美肌効果やバストアップ効果など、体を形成させていく上で欠かせないホルモンです。加圧トレーニングでは、専用のベルトを腕や太ももの付け根に巻いて血流の動脈側を程良く制限することで、腕と脚に血液がたくさん滞留し、普段は使わない毛細血管へ血液が流れるようになります。このはたらきがいわゆる酸素不足の状態を作り、疲労物質である乳酸が分泌されるようになります。

乳酸が高まった状態になると、筋肉の受動体が刺激されて脳下垂体から成長ホルモンの分泌が活発化される状態になっていきます。急激に増加した成長ホルモンは血液を通じて体中を巡り、脂肪燃焼効果を高めます。それだけではなく、体の組織を形成するために様々な役割を果たすようになります。

そして成長ホルモンはトレーニング後、およそ15分後に量がピークに達するため、トレーニング直後は急に食事を摂ると吸収しやすくなり、脂肪を蓄えやすい状態になってしまいます。トレーニングが終わってから2時間程度間隔を空けて食事をするようにしましょう。これが、加圧トレーニングによって成長ホルモンがが分泌されるようになる過程です。

加圧トレーニングてどんな効果が期待できるか

加圧トレーニングを始める人の目的は人それぞれですが、その効果はたくさんあり、美容にも健康にも良いため老若男女問わず多くの人が生活に取り入れています。加圧トレーニングはベルトを締めて血液の流れを圧迫させることで、負荷の高い無酸素運動を行っていることになり、血中の乳酸の量が急激に増加します。

すると成長ホルモンが増加し、男性は身長が伸びたり筋肉がつきやすくなります。女性はエストロゲンの分泌が活発になり、髪にツヤが出たり肌か綺麗になるなどのアンチエイジング効果、さらに嬉しいバストアップ効果も期待できます。加圧トレーニングを続けていると全身の血液の巡りが良くなるため、新陳代謝が促されて痩せやすい体質となり、ダイエットのための基盤作りができます。

今までダイエットに失敗してきた人はまず加圧をして体質改善することをお勧めします。代謝が良くなることでその他にも傷が治りやすい体質になったり、便秘が改善されるなどの体にとって嬉しい効果はたくさんあります。もちろんパーソナルトレーニングのため、個々の目的や体質に合わせてカスタマイズされたトレーニングを実施でき、たった週一回でもより効率よく効果的に体を鍛えることができるところが魅力です。

加圧トレーニングはこんな人に向いている

加圧トレーニングは短時間でも長時間運動した時と同じような負荷を体に掛けることが出来ることから、トレーニングの時間を取ることが出来ないという人に向いている方法です。また、一人ひとりの目的に合わせてトレーニング時間やメニューをトレーナーと話し合いながら決めることが出来るので、自分でトレーニングメニューを決めることが難しいという人にも向いています。

加圧トレーニングは元々筋肉を大きくすることを目的のトレーニングですので、筋肉を鍛えたいという人や筋肉を鍛えることにより体を引き締めたいという人におすすめです。筋肉を鍛えるトレーニングというと、男性が行うものというイメージがありますが、女性も筋肉を鍛えることにより、細いだけではなくメリハリのある体を手に入れることが出来ます。

筋肉が鍛えられることで、基礎代謝量がアップしますので、太りにくく痩せやすい体になります。さらに、加圧トレーニングを行うことにより、血流改善効果も期待することが出来るので、肩こりや冷え性などの血流が悪くなることにより起こる様々な不調を緩和する事が出来るでしょう。

トレーニング効果については、早い人で1ヶ月ほど、遅い人でも3ヶ月ほどで実感することが出来るとされていますので、継続して行う事が出来る人に向いているトレーニングです。

加圧トレーニングによる多くのメリット

加圧トレーニングのメリットは、他の運動と比べて圧倒的に短時間と少ない回数で高い効果が期待できることから、普段忙しくて時間がない人でも続けられて、早めに効果を出せるというメリットが大きいです。

上肢制限のトレーニングが10分、そして下肢制限のトレーニングなら15分の合計でたった25分体をしっかり鍛えれば十分です。さらにパーソナルトレーニングという特性から、より強化したい体の部分や悩み、目的に合わせたトレーニングをさせてもらうことができ、回数を重ねるごとに体の機能が高まっていく様子を実感しやすく、時間を有意義に使うことができます。

どんなトレーニング内容にしても、体の新陳代謝が上がるため、ダイエットや美肌、疲れにくい体質作り、若返り効果など、一度にたくさんの効果を感じることができ、目的以外の体へのメリットもあります。自宅で自分で行うトレーニングだけではどうしても補えない、ホルモン活性化による健康への効果が多くのメリットを生み出し、日常生活にも良い影響が出てくるはずです。

このように加圧トレーニングには体にとって健康と美容に関する多くのメリットがあり、個人が目指している理想の体を作り上げていくことができます。

加圧トレーニングを始める前の心意気

加圧トレーニングは、ベルトを腕や足に巻き血流を制限しながら行うため、手軽にできる分危険を伴う場合もあります。もちろんパーソナルなので常に指導者が見てくれているので安全性は高いですが、体に圧力がかかっている状態であることをしっかり意識してトレーニングをすることが大切です。

そのため単なるダイエットや筋肉量増加など一つのことだけを目的にしている人は加圧トレーニングに向いておらず、トレーニングをすることで体に生じる影響、メリット、危険性などをしっかり把握しながら自分の健康管理を行える人が向いていると言えるでしょう。

さらにグループレッスンなどとは異なり、加圧は常に専属トレーナーの管理下で体を動かします。そのため一瞬たりとも体を休めることなくストイックにトレーニングと向き合うことになります。当然その分、体に与える効果は絶大なものですが、真剣にトレーニングができない人は向いていないかもしれません。

何となく運動不足を解消したい人や気分転換などという目的ならば、加圧トレーニングではなく別の運動方法を選んだほうが良いでしょう。加圧トレーニングを始めるときは、まずは自分の気持ちに合わせてトレーニングに向いているかどうか見極めてみる必要があります。

デメリットもある加圧トレーニング

加圧トレーニングは筋肉を大きくするために開発されたトレーニング方法です。その為、トレーニングを行う目的によっては思ったような効果を得ることが出来ない可能性があります。特に、体を引き締めることを目的としている場合、運動強度が高過ぎると、逆効果となる可能性があります。

加圧トレーニングは血流を専用の器具を用いて制限した状態で行うトレーニングです。血流量が少ない人が行った場合には、貧血症状などが出る可能性があります。また、短時間で高い運動効果を得ることが出来るというメリットのあるトレーニング方法ですが、高齢の人や体力のない人が行った場合には健康を害する可能性があるというデメリットがあります。一人ひとりの目的や体質、体調を考慮した上でトレーニングを行う必要があるでしょう。

加圧トレーニングを行う時には、専門の知識・資格を有するトレーナーの指示に従って行います。トレーナーの指導能力やスキルはそれぞれ異なるため、相性の良いトレーナーに出会うことが出来なければ、トレーニングを継続して行うことが難しくなるかもしれません。トレーナーを探す時には、信頼することが出来る人を見つけるということが重要になるでしょう。

行う前に知っておきたい加圧トレーニングの注意点

ダイエットを目的として加圧トレーニングを行うという場合、脂肪燃焼効果を期待して空腹の状態で行うという人も少なくはありませんが、空腹の状態でトレーニングを行うと、体に負荷がかかりすぎてしまう可能性があります。その結果、貧血を起こしてしまうこともありますので、注意が必要です。

しかし、だからと言って満腹の状態でトレーニングを行うということも気分が悪くなってしまう事があります。トレーニングを行う前の食事は2時間前までには済ませておくようにしましょう。すぐにエネルギーとなるバナナなどを食べるようにしましょう。

加圧トレーニングは短時間で高い運動効果を得ることが出来るトレーニングです。体調が悪い状態では行わないようにしましょう。女性の場合、月経前後はホルモンバランスが変化しやすいため、高強度の運動を行うことで体調が優れないことがあります。そのため、月経前後のトレーニングは避けた方が良いでしょう。

加圧トレーニングを行うという場合には、専門のトレーナーの指示に従って行うようにします。自己流で行ってしまうと、危険な場合もありますので、自身の体調や目的を考慮した上で、トレーニングを行うということが重要です。

トレーナーとの相性も大切

加圧トレーニングを安全に行うためには、専門の知識・経験を持つトレーナーのもとでトレーニングを行う必要があります。自己流のトレーニングは健康を害する可能性がありますし、思ったような効果を得ることが出来ない可能性もあります。

では、どのようにして信頼することが出来るトレーナーと出会うことが出来るのかというと、いくつかの施設を体験するということです。加圧トレーニングの場合、マンツーマントレーニングを行う事が多いようです。これは、一人ひとりの状態に合わせてトレーニングを行う必要がある貯めです。施設を見学した時に、グループトレーニングを行っているようなところは避けた方が良いでしょう。

そして、トレーナーは専門の資格を持っていることを確かめるようにしましょう。有資格者であれば、認定証や顔写真入りのIDカードを所有しているはずです。人と人ですので、相性というものがあります。

人気のトレーナーでも、相性が悪ければトレーニングを行うことが苦痛になってしまうでしょう。そこで、実際にトレーニングを体験してみることをおすすめします。トレーニングのことだけではなく食事面やメンタル面でも気軽に相談をすることが出来るトレーナーを選ぶようにしましょう。