健康的に痩せるには継続すること!ダイエットを続けるためのコツ

ダイエットの鉄則は続けることです。短期間で痩せる方法もありますが、リバウンドのリスクが高くなり、あまり推奨はされないやり方と言えます。地道にこつこつと続けていくことが健康的で理想的な痩せ方であり、そして続けるためのコツを押さえておくことが成功の秘訣なのです。

ダイエットを続けるのって難しい!それって何が原因?

ダイエットに取り組んだものの失敗に終わってしまうケースは多いです。その原因を理解することで成功への道が見えてくることでしょう。続かない理由の一つに、辛いダイエット方法を選んでしまうからです。辛いダイエットは効果も大きい傾向がありますが、その分、強く気持ちを持たないと継続することは難しくなります。

鉄の意志で続けられる人ならまだしも、心が負けやすい人はそうしたダイエットは回避した方が失敗をしにくいです。楽しくできないのも続かない理由の一つです。ダイエットは楽しいものではないというイメージも強いですが、しかしながら自身に合ったやり方を見つけられれば楽しさも見い出せます。

少しでもダイエットへのイメージを良くして心の負担を小さくすることも大事ですので、どのようなやり方を選ぶかで結果も左右されるのです。

どうして痩せたいのか目標をしっかり持とう!

やる気を持ち続けるには、確固たる目標を持つことが大切です。何となく痩せたいという漠然とした考えですと、止める時にも大した負い目がありませんので簡単に諦めてしまいます。自身の中できちんと目標を持っておけばそれがゴールとなり、人はゴールが見えている方が頑張れる生き物でもありますから、目標を設定してそこへ向かって努力できるようにすることが大切なのです。

なお目標を決めたら紙に書いて貼っておくなどすると良いでしょう。気持ちの中だけに目標を留めてしまうと、吹けば消し飛ぶような軽いものになってしまいがちです。しっかりとした決意表明をするという意味でも、そして諦めそうになった時に決意を思い出すためにも、見えやすいところに掲示しておくと気持ちの支えになります。

その目標無理がない?現実味がある目標設定をしよう

目標を立てる際には、無理のある内容になってしまわないようにしなければいけません。大きな目標の方がやる気も出てきそうなイメージですが、しかしながらゴールが遠いと挫折をする可能性も高まってしまいます。

例えば、1ヶ月でマイナス20キロを実現するなど、通常では到底難しいと思えるような目標設定ですと、現実味がなくそこへなかなか近づけない状況にもストレスを感じるようになります。目標はやる気を持たせるための存在にすることが大切であり、挫折感を覚えさせてしまうような内容は良いとは言えません。

それにも関わらず、そうした無謀な目標になっているケースは多いのです。ダイエットを成功するには現実味がある目標を持ち、そして着実にゴールに近づいている喜びを感じられるようにすることが大切ですので、本当に達成できる内容なのか考えながら設定した方が良いでしょう。

ダイエット経験を無駄にしない!失敗した原因って何?

ダイエットに失敗をしてしまった場合、その原因を見直して次に生かすことが大事です。繰り返し同じ失敗をしてしまうと挫折経験ばかりが積み重なり、ダイエットへの成功イメージも持ちにくくなってしまいます。

失敗する原因は様々ですが、多いのは根本的な意志が続かないからです。気持ちで負けてしまうことで妥協してしまい、半端な結果に終わってしまうケースが目立ちます。そして継続ができないのは目標を持っていない、あるいは目標の設定が良くないこともありますから、志を見直してみることが必要です。

食欲を我慢できないのもありがちな失敗原因です。人間が持つ本能的な要素ですので、我慢をすることは簡単ではありません。食事内容をコントロールをすることは大切ではあるものの、無理のある内容ですと失敗をしやすいですから、極端に負担の大きな制限をしたりせず、またダイエット食品を上手に使うといった工夫も必要と言えます。

どれか一つだけ頑張るのをやめよう!ダイエットはバランスが大事

巷には沢山のダイエット方法がありますが、どれか一つに集中するのは良くありません。常に同じダイエット方法に取り組むのは簡単ではなく、次第に辛く感じられたり飽きてしまったりと失敗をしやすいです。

例えば食事制限のみに集中したダイエット方法が採られることもありますが、ずっと制限がかかった状態はストレスも大きく負担にもなってしまいやすいです。ダイエットはできるだけ負担を小さくすることも必要ですので、バランスを意識した取り組み方が大切と言えるでしょう。

ですから食事制限をするにしても、食事だけでのダイエットの成功を目指すのではなく、同時に運動やダイエット食品の活用なども織り交ぜ、総合的に取り組むようにするのです。

忙しい毎日の中に手軽な運動を組み入れてみよう

ダイエットのためだけに特別な時間を作るのも良いのですが、ダイエットをするために時間を調整するのは、時にストレスの原因になってしまいます。そのようなストレスを作らないためには、毎日の生活の中に運動を取り入れる工夫をするのが有効です。

例えば通学・通勤をする際に車やバスなどを利用している場合、徒歩や自転車に移動手段を代えてみるのも良いでしょう。一駅分などでも良いので移動内容を変えてみることで運動を生活に取り入れることができ、ダイエットによる負担も小さくなります。

その他にもエレベーターは使わずに階段を利用する、買い物袋を持つ時にも二の腕を意識してみる、料理をする時にスクワットや踵の上げ下げをする運動を行うなど、ダイエットに繋げられるシーンは日常に沢山あるのです。

まわりの人も巻き込んで協力してもらっちゃおう

ダイエットは自分自身との戦いでもあるため、一人で孤独に実践されることが多いです。しかし一人で取り組んでいる場合、怠けてしまうのも簡単です。成功するためには簡単には怠けられないようにすることが大切ですが、そのためにもまわりの人に協力をしてもらうのが効果的と言えるでしょう。

まわりの人にダイエットをしていることを告げて監視の目になってもらうことや、ダイエットをしたい人を見つけて一緒に励まし合うという方法もあります。一人だけではない状況を作り出すことによってダイエットへの気持ちを切らしにくくなり、成功率もアップさせることができます。

たったこれだけでダイエットに取り組む姿勢は違ってくるものですので、協力者探しに取り組んでみるのも良いでしょう。

あの人に負けない!ライバルがいればモチベーションアップに

人が頑張れるシチュエーションと言えば、ライバルが存在する時です。ライバルがいることによって、その人には負けたくないという闘争心に火を付けることができるものであり、そうした気持ちが何よりの原動力になることがあります。

ライバルを探す際にはできるだけ身近な人が良いと言えます。例えばネットでダイエットブログをやっているような人をライバルに設定することもできますが、身近ではない人ですとライバル意識も低くなってしまいがちです。

近場でお互いの変化を実感できるような相手の方が刺激になるものですので、家族や友人、会社の同僚など、ダイエット仲間を見つけてライバルになってもらうのが良いと言えます。そして相手にもライバル宣言をして決意表面をすることでモチベーションもより高められることでしょう。

頑張った自分へのご褒美を用意しておこう

頑張って痩せることができたら、その結果自体が自身へのご褒美になってくれるとも言えますが、しかしながらもっと分かりやすい形で用意しておくとより励みになることでしょう。ご褒美としての存在があることで目標となり頑張る気持ちも強く持てるようになります。

ご褒美を設定する際にはコツがありますが、まず頻度を多くしないことです。すぐにご褒美に辿り着けるようですと特別感がありませんので失敗もしやすくなってしまいます。まわりの人にご褒美に協力してもらうのもポイントです。

自ら設定したご褒美ですと境界線が緩くなってしまうこともあり、甘えが生まれてしまう可能性も否定できません。きちんと目標を達成した時だけに与えられることもやる気を維持するコツですから、協力者の管理の下でダイエットに取り組むのも良いでしょう。

性格は人それぞれ!自分に合ったダイエット方法をみつけよう

ダイエット方法を選ぶ時には人気の高さや効果の有無などが参考にされることがあります。ただ、どのようなダイエット方法を選んだとしても、続けることができなければ意味がありません。大事なのは自身の性格に合っているものを選ぶことであり、評判が良いからなどの理由で選んでしまうのは良くありません。

性格はひとそれぞれですので、まず自身はどういった性格で、どのようなダイエット方法を希望しているのか整理してみることが大切です。性質や考え方を考慮してみることでピッタリのダイエット方法も選びやすくなります。

なお、すでにダイエットに失敗経験がある場合、それもきちんと踏まえるようにしましょう。失敗経験を次に生かすようにしないと、また同じ結果に終わってしまいかねません。