健康維持にパントテン酸カルシウム!女性の美容にも効果的な理由

パントテン酸カルシウムは、人間が生きて行くためには大切な必須栄養素で、これが不足すると、見た目の健康は勿論、体にもよくありません。

このパントテン酸カルシウムの効能と、女性の美容に欠かせない理由を見てみましょう。

そもそもパントテン酸カルシウムってなに?

パントテン酸カルシウムと言えば、聞いたことはあるという方も多いかもしれません。これは、カルシウムと付いていますがミネラルではなく、人間にとって重要な栄養素であるビタミンB-5と呼ばれていた成分になります。

人間が生命を保ったり、活動していく上では糖分や脂肪分、タンパク質を代謝し、エネルギーに変えることは欠かせませんが、この、代謝をサポートするのに重要な役割を持つのが、このパントテン酸カルシウムです。

人体にとって、欠かせないといえるコエンザイムAの構成要素の一つとしても有名です。皮膚を健康にするために役立ってくれる面もあり、欠乏すると、色々なトラブルに繋がるので、しっかりと摂取していきたい栄養素と言えます。

パントテン酸カルシウムが多く含まれる食品

パントテン酸を多く含む食品としては、鶏や豚、牛のレバーがあげられます。特に鶏のレバーでは、50gを食べるだけで、一日では充分な量を摂取することが可能になります。

他にも、納豆や卵、たらこなどに多く含まれており、栄養バランスをきちんと考えた食事を摂っていけば、日常的な食事からもある程度は摂取しやすくなっています。食事が偏っているという方や、ダイエット中で肉を避けていたりする場合には、摂取量が減少しているかもしれません。

カフェインが含まれる珈琲や紅茶を飲んだり、アルコールを楽しんでいるという場合には、パントテン酸カルシウムが消費される量も多いので、そういう場合には、しっかりと摂取していくことも考えておきたいものです。

パントテン酸カルシウムを摂取するとどんな効果や効能が?

パントテン酸カルシウムは髪を美しくしたり、肌の健康を守ってくれたりと、美容をサポートする成分として、注目を集めています。頭皮を正常な状態に保ち、また、毛母細胞を活性化させる働きがあるため、育毛を促進する効果が見込まれています。

このため、多くの育毛剤などで利用されているので、その期待度の高さが感じられます。また、肌のコンディションを整えるために、ニキビ対策としても用いられることも多いです。

パントテン酸カルシウムには脂の代謝を助けてくれる働きがあるので、皮脂が原因のニキビに悩んでいるという場合には嬉しい成分でしょう。授乳中や妊娠している場合に多く使われる栄養素なので、赤ちゃんをしっかり育て、お母さんお健康を守るためには、積極的に摂取を考えてみましょう。

パントテン酸カルシウムに副作用や注意することはあるの?

パントテン酸カルシウムは人体にとって重要な栄養素でもあるわけですから、これを摂取したとしても副作用が起きる心配は余りありません。重篤な症状が現れる場合は、まず、無いと言っていいでしょう。

どちらかと言えば、パントテン酸カルシウムをサプリで摂取する時に、含まれている他の成分に過剰反応したりするケースの方が、心配になるかもしれません。ただし、パントテン酸カルシウムには、全く副作用のリスクがないかと言えば、そうでもないので注意が必要です。

副作用として現れることがあるのは、軽い腹痛や下痢と言った、消化器官の不調が症状となります。これらの症状が現れたり、他にも気になったことが起これば、摂取量を減らしてみたり、薬剤師に相談してみると良いでしょう。

パントテン酸カルシウムの過剰摂取と不足した場合

パントテン酸カルシウムは水溶性ビタミンとなります。水溶性ビタミンは、汗や尿として簡単に排泄される部類ですから、過剰に摂取した分が蓄積されたりする心配はないですから、多少多めに摂ってしまったとしても心配はありません。

一度に大量摂取した場合も、気分が悪くなったりする場合があるという報告に留まるようです。ただし、長期的に見ると、体に負担をかけてしまったりといった可能性が考えられるので、過剰摂取を続けるのは避けたほうが良いでしょう。

不足した場合にはパントテン酸欠乏症として、免疫力が下がったり、手足がしびれたり、ストレスに弱くなってしまうと言った症状が現れます。他にも、栄養が上手く代謝されないので血糖値が下がりすぎたりと言ったリスクも有ります。

女性の育毛に効果をもたらすパントテン酸カルシウム

パントテン酸カルシウムは、しっかりと美しい毛髪に育てるためには、有用な栄養素と言われています。育毛の仕組みとしては、毛根の細胞を活性化させたり、髪の成分合成を促進したりする点が挙げられており、結果的に、毛髪の育成が促進され、髪のボリュームアップにつながっていくわけです。

また、脱毛を防ぐ点でも効果が期待でき、今、生えている毛髪を守るという点でも、活躍してくれます。肌のコンディションを整えてくれる作用は、頭皮にとっても現れますから、毛髪しやすい頭皮を守るためにも役立ってくれるでしょう。

このパントテン酸カルシウムは、サプリや食べ物から摂取するだけでは無く、肌に塗って使うという方法で、直接、成分を届けるという利用方法もあります。

パントテン酸カルシウムが含まれている女性用育毛剤は?

女性用育毛剤でパントテン酸カルシウムを含んでいるものとしては、世界各国で定番となっている『パントガール』が国内的にも有名な製品となります。『パントガール』は女性を対象にして開発された専用の育毛剤で、内服するタイプの育毛剤です。

薄毛の悩みや抜け毛のトラブルを改善するためのもので、一日三回内服すれば、数ヶ月で効果が得られます。勿論、誰にでも発毛効果があるわけではありませんが、試験では7割程度の方に効果が見られたとされ、医療機関でも広く取扱があります。

この『パントガール』が対応しているのは、慢性休止期脱毛やびまん性の脱毛症などですから、入手の際には、医療機関に相談して、自身の脱毛の症状の原因を明らかにしておくことも、大切でしょう。

女性の美容とダイエットに嬉しいパントテン酸カルシウム

脂質や糖分、タンパク質といった栄養素を取りすぎていた結果、脂肪として蓄積されてしまいます。

その点で言うと、パントテン酸カルシウムは、そういった栄養素をしっかりと代謝させ、エネルギーに変える働きがありますので、エクササイズなどに併せて取り入れていけば、体脂肪が燃えやすい体質になり、ダイエット効果をサポートしてくれ、効率の良いダイエットに繋がると考えられます。

また、美容に関しては、コラーゲンの生成を助け、血行を改善し、ターンオーバーを正常にするよう、体に働きかけてくれます。

健康的にシェイプアップするサポートに加え、美肌に対しても嬉しい作用がありますから、若さと美しさを保つためにも、役立ってくる成分と言えるでしょう。

関節痛や生活習慣病予防にも!パントテン酸カルシウムで健康に

パントテン酸カルシウムは、関節痛や神経痛にも効果が見込まれており、医薬品にも用いられることがあります。病院で処方される薬にも採用されるわけですから、効果はそれだけ、期待されているのでしょう。

コラーゲンは関節痛に効果があるのは有名ですが、パントテン酸カルシウムには、そのコラーゲンの生成を助ける役割があるものですし、積極的に配合されることもあります。加えて、悪玉コレステロールを減らしてくれる効果もあるので、動脈硬化を防ぐことにも役立ってくれます。

悪玉コレステロールは、脂肪を蓄える作用があり、メタボ体質を悪化させてしまいますから、将来の生活習慣病に繋がるリスクがあります。この悪玉コレステロールを抑制できるので、パントテン酸カルシウム健康な生活を考える上では、大切な栄養素と考えられるでしょう。

パントテン酸カルシウムが含まれるサプリメントと摂取目安量

パントテン酸カルシウムを主体としているサプリでは、日本漢方の『プラスビタミンB5』があり、一粒あたり20mgの含有量で、120粒入り、240粒入りのラインアップがあります。国内の企業であるという点も、安心性が感じられます。

大手DHCの『マルチビタミン』は全体的にビタミンがバランス良く配合されており、パントテン酸も9.2mg含まれています。パントテン酸カルシウムの推奨摂取量は、男性で一日6mg、女性なら一日5mgです。

ただし、追加として、妊娠中の方は1mg、授乳中の方は4mgを多めに摂取することも推奨されています。パントテン酸カルシウム飲酒や喫煙によっても消耗されますから、そういった場合には、少し多めに補給するのも良いでしょう。