内臓脂肪を減らしてくれるおすすめサプリを紹介!自分にあったサプリの種類とは?

内臓脂肪を減らしてくれるおすすめサプリの紹介をします。ダイエットに欠かせないのは内臓脂肪を減らすことです。どうやってへらすことができるのでしょうか。

そこで登場するのがサプリメントです。自分に合ったサプリを使うことで簡単に減らすことができます。まず最初に内臓脂肪と皮下脂肪の違いや、内臓脂肪をつけてしまうNG習慣はどんなことなのかを徹底解説します。

その後、内臓脂肪を落とすサプリの種類を脂肪燃焼型・糖質カットと脂質カット・食欲を抑える・腸内環境を整えるの四種類について、わかりやすく説明していこうと思います。そして最後におすすめサプリを7種類ご紹介します。これであなたもダイエットを効率よくしましょう。

内臓脂肪を減らすためには時間がかかります

脂肪といえばダイエットの敵というイメージが強いのですが、脂肪は本来私たちにとって必要で欠かせない成分です。脂肪にはエネルギーを蓄える働きや体温を維持する働き、さらに外的刺激から体を保護する働きなどがあります。

脂肪は主に内臓脂肪と皮下脂肪の2種類に分けることができます。内臓脂肪は主に身体の深い部分や内臓の隙間などに溜まる脂肪のことであり、男性に多くみられる脂肪のタイプになります。内臓脂肪は脂分の多い食べ物の摂取や、食べる量そのものが多すぎる場合に貯まりやすくなります。

内臓脂肪は外見上あまり目立たないため、いわゆる隠れ肥満の原因となっていることが多いようです。内臓脂肪は時間をかけて蓄積されるため、減らすのにも時間がかかります。焦らずに食生活の改善などにじっくりと取り組んでみてください。

皮下脂肪は主に身体の浅い部分に溜まる脂肪のことであり、女性に多くみられる脂肪のタイプになります。皮下脂肪には女性ホルモンが強く影響しており、妊娠時の赤ちゃんを守るために女性は皮下脂肪が溜まりやすいのです。

ダイエットなどにより比較的減らしやすいことが、皮下脂肪の特徴になります。特に有酸素運動や腹筋運動などが効果的ですから、日々の運動に積極的に取り組んでみましょう。

マイナスになる行動

内臓脂肪をつけないためにも、毎日の生活習慣は重要なポイントです。ダイエットのために、カロリーの摂取量を減らしている方は多いですがたんぱく質が不足すると筋肉が減って脂肪燃焼効果が下がるので注意しましょう。

体を締めつける下着をつけている方も、血流が悪くなり代謝が落ちてきます。内臓脂肪を減らすためには、代謝がいい体を作ることが一番です。体が冷えても、血液の循環が悪くなり代謝が落ちてきます。冷たいドリンクの飲みすぎや、甘いものの食べ過ぎは体を冷やします。

夏のエアコンの温度も、外気温と比べて低すぎると冷え性の原因になるので注意が必要です。食事制限を頑張っても、睡眠時間が少なかったり夜遅くまで起きているのもNGです。寝ているときは体の疲れを修復する時間で、老廃物を外に出しやすくなります。

次の日に疲れが残っていては、体を動かすこともつらいですし筋肉も増えていきません。睡眠不足になるとお腹が減るホルモンが大量に出るので、甘いものを食べ過ぎたり脂っこいものが好きになったりします。

短期間でがんばろうと思っている方も、長続きしないので失敗するケースが多いです。ジョギングやヨガをスタートするのはいいことですが、最初は少しずつ実践していくことが大切です。

脂肪燃焼系は体脂肪を落とすのに役立つ

脂肪燃焼系のサプリは内臓脂肪を落としてくれるので、中年太り対策として重宝します。カプサイシンは代表的な成分で、基礎代謝を上げるメリットがあります。発汗を促してデトックスもできるので、有害ミネラルを排出するためにも役立つでしょう。

L-カルニチンも脂肪燃焼に最適で、リパーゼ酵素の生成を活発にして痩せられる体質に変えてくれます。α-リポ酸はスムーズな糖質燃焼に役立ち、体脂肪として蓄積されるのを予防します。

コエンザイムQ10は心肺機能を高めることで全身への血流量をアップさせ、細胞単位で燃焼力を高めていくのです。これらのサプリは単体よりも複合的に摂取するのが好ましいです。内臓脂肪は比較的落とすのが簡単なので、食事制限と運動によるダイエットにサプリを併用すれば完璧でしょう。

皮下脂肪は落とすのが難しくなりますが、内臓脂肪と比べて成人病にはあまり影響しません。ただし皮下脂肪は体型を崩す要因となりますし、燃焼させないとセルライトが付着しやすいです。身体のリンパのめぐりをよくすることが対策になるので、脂肪燃焼系のサプリを飲んでサラサラ体質を目指してください。

サラサラを維持すれば細胞にたくさんの酸素を供給し、燃焼できる体質に変わっていきます。

内臓脂肪のサプリを選ぶ

ダイエットをしていても、うまく痩せられなくて困ったという経験をしたことがある人は少なくないのではないでしょうか。痩せない時に食事のコントロールをしていても、うまくいかなくて痩せるモチベーションを失いかけて困っているという人もいるものです。

そのような時には、サプリを試してみるという方法があります。巷に販売されているサプリには様々なものがあるのですが、内臓脂肪にしっかりと働きかけてくれるものも販売されています。種類には様々なものがあるために、自分の用途に合ったものを選ぶことが非常に大事になります。

例えば、食事をする時に、食事の中に含まれる糖質や脂質が気になる場合には、糖質や脂質をカットしてくれるようなサプリを選ぶようにすると良いです。

そのようなサプリを摂取していると、食べ物の中に含まれている糖質や脂質を軽減してくれることが期待できるために、体内に内臓脂肪をたくさん蓄積せずに済むようになるのです。

糖質や脂質をカットしてくれるようなサプリを飲む時には、それだけに頼らずに、きちんと食事のバランスを考えておくことも欠かせません。食事をきちんと取ることも、健康的に痩せる上では欠かすことができないからです。

内臓脂肪を落とすサプリと機能

ダイエットをしたいと思っているのにも関わらず、うまく計画を実行できずに困ってしまうという人は少なくないのではないでしょうか。そのような時には、うまく取り組むことができない原因をしっかりと調べて把握しておくことが欠かせません。

原因がわからなければ、改善する方法が見つけにくくなるからです。ダイエットに困難を感じた時に、食欲を抑えられずに困ってしまうという人は多くいます。そのような時には、一人で悩み続ける必要はありません。

というのも、食欲を抑えるためのサプリを利用することができるからです。そのようなサプリを飲むと、食欲を抑えられるようになるため食べ過ぎを事前に防ぐことができるようになります。ダイエットをしている時に、食べすぎてしまうことは厳禁です。

というのも、たくさんの量を食べてしまうことによって、体重が増加してしまうからです。または、体内に脂肪がたっぷりと蓄積してしまう可能性もあるのです。

体内に脂肪が蓄積された時には、内臓脂肪を落とすためのサプリを利用することも可能です。そのようなサプリは内臓脂肪にしっかりと働きかけるため、内臓脂肪が減少していくことが期待できるのです。自分の用途に合ったサプリを選ぶと良いです。

内臓脂肪には腸内環境を整えるサプリ

ダイエットに効果的なサプリは数多く存在しているが、その種類は豊富でそれぞれに異なる特徴があるので自分に合ったものを選ばなければ意味がありません。そんなダイエットサプリの中でも腸内環境を整えることでダイエット効果を促すものがあります。

そもそも、太っている人の中には腸内環境が乱れていることで太りやすく痩せにくい人がいます。そのタイプの人はいくら食事や運動をしても効率良く痩せることができないので、まずは腸内環境を整える必要があります。

そんな腸内環境を整えるダイエットサプリとしては様々な成分が存在しないるが、多くの人が知っている成分としてはビフィズス菌や乳酸菌があります。これは良くヨーグルトにも含まれる成分で、どちらも腸内にもともと存在する善玉菌の一種です。

しかし、乱れた食生活や生活習慣などによって腸内環境は悪くなり、善玉菌が不足してしまいます。また、ヨーグルトなどで頑張ってビフィズス菌や乳酸菌を摂取しても腸に届く前に胃酸の関係で死滅してしまうことも多いので、サプリに含まれる他の成分でビフィズス菌や乳酸菌を守りながら腸内へと届ける必要があります。

もしも太っていてなかなか思うように痩せない人、さらには日頃から便秘や軟便でお悩みの人は腸内環境が乱れていることでダイエットが上手くいかないのかもしれないので、ぜひ腸内環境を整えるダイエットサプリを試してください。

ニーズに合わせたサプリの探し方

自分のニーズに合わないサプリを飲んでも、痩せることは難しいでしょう。燃焼力が低下している、カロリーを摂り過ぎている、腸内環境が崩れている、などの原因によって最適なサプリは違ってきます。

ニーズに合ったサプリを探すためには、なぜ自分が肥満になったのか原因を明確にすることが大切です。例えば暴飲暴食が原因で太っているなら、食欲を抑えることが必要になってきます。食べ過ぎてしまう人は食べることが最大の楽しみになっているため、食べながら痩せられる脂肪燃焼系や糖質・脂質カット系のサプリがおすすめです。

内臓脂肪が溜まってくるとメタボのリスクを高め、三大成人病の原因となります。健康に長生きをするためにも内臓脂肪対策は若いころから行ってください。例えば20代と比べて30代になって体重が5kg増えたなら、それは体脂肪と考えてよいです。

体脂肪の中でも内臓脂肪は落としやすく、ダイエットをすれば最初に落ちていきます。食欲が抑えられない人は食欲抑制系、腸内バランスが悪化している人は腸内環境改善系のサプリがおすすめです。具体的にどのような肥満タイプに適しているのか確認してから商品選びをしてください。

ある程度の減量ができれば、自然と食は細くなっていくはずです。

脂肪を燃焼させるサプリでダイエットを促進

ダイエットしようというきっかけとなるのが体重をみてこれはやばいと思うかお腹の肉やウエスト周りを見て判断される方が多いですが、悲しい事に加齢とともに代謝する力が落ちていきますので食事制限をしてもなかなか痩せにくくなり、またリバウンドしやすくなってしまいます。

そこでダイエットを行う際には効率的に痩せられ、内臓脂肪をとるアイテムをうまく活用したいものです。そこでサプリメントがおすすめですが、今回はダイエット系のブログでも多くの人が効果ありと取り上げている脂肪を減らすのに効果的なその名もシボヘールについてとりあげます。

お腹の脂肪にアプローチしますのでBMIが25以上の方におすすめです。最も特徴的なポイントは葛の花由来成分のイソフラボンを使用しているところです。葛は昔から秋の七草として親しまれてきた草で乾燥させる事で薬としても使われてきました。

この成分が燃焼されるのを防いでくれるのです。通常燃焼しきれずにいるエネルギーは肝臓で中性脂肪へと変わり、結果として体脂肪となってしまいますので嬉しい機能です。

分解され脂肪酸となった体脂肪は褐色脂肪細胞によって燃焼されますが、葛の花由来のイソフラボンはこの褐色脂肪細胞の働きを側でサポートし燃焼しやすくするのです。まるで燃焼材のような存在です。

内臓脂肪に悩んでいる人におすすめのサプリ

すっぽんもろみ酢は、単にダイエット効果が期待できるというだけではなく、一度付いてしまうと中々取れない内臓脂肪もしっかり落とせるという魅力の商品です。これまでの累計販売数は75万袋を超えており、しかも購入した人の内の97.5%がリピートしている信頼度の高いサプリメントです。

一袋に何と60匹分の国産すっぽん(熊本県産)を配合しており、黒酢の312倍のアミノ酸を含んでいます。なお、すっぽんもろみ酢が内臓脂肪に対して有効性を発揮するのは、このアミノ酸の作用によるものです。特に、必須アミノ酸のリジンとBCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)には基礎代謝量を高めるという働きがあるので、カロリー消費をアップさせます。

このために、水泳やウォーキングなどの有酸素運動を組み合わせると、さらに効果が高まります。

ちなみに、すっぽんもろみ酢には潤い成分のコラーゲンや骨や歯の健康を維持するカルシウム、抗酸化作用があるビタミンE、髪の毛や爪を美しくする亜鉛などの女性にとって嬉しい効果を期待できる様々な有効成分が配合されています。

これらの成分によるメリットをしっかりと享受できるので、見た目を損なうことなく綺麗に痩せることが出来ます。

内臓脂肪サプリは食事改善・運動と併用を

内臓脂肪が多くて悩んでいる人におすすめしたいのがスリムフォーで、葛の花由来のイソフラボンを配合した機能性表示食品となっています。皮下脂肪を減らすためにも役立つので、体脂肪全般に悩んでいる人におすすめです。

体脂肪を放置しておくとセルライトが発生し、皮膚表面がデコボコしてくるケースがあります。特に女性はセルライトが発生しやすいので、内臓脂肪からしっかりと落としていきましょう。

スリムフォーは体重・BMI、お腹周りのぜい肉が気になっている人におすすめです。ぜい肉が増えてしまうと運動をするのが辛くなるので、特にお腹周りの脂肪には注意してください。綺麗に痩せるコツは食事のバランスを改善し、無理のない運動をすることにあります。

もちろんサプリを飲むだけでも効果的ですが、ダイエットで大切なのはバランスです。目安量は1日4粒、カロリーは3kcalしかないので太ることはありません。飲み方に関する記載はないので、好きな時間に飲んでもかまいません。

ただし数回に分けて飲むよりも、一度にまとめて4粒飲んだほうが機能性は高くなります。ダイエットサプリは目安量を一度で飲むことで本来の機能性を発揮できるように調整されたものが多いです。ちょっと重たい食事のときに飲むようにすれば、効率よく体脂肪を減らせるでしょう。

ラクトフェリンで体内を綺麗にしダイエット効果

ラクトフェリンとは母乳や血液に多く存在する多機能タンパク質の事で、涙や鼻水などにも存在します。ヒト以外にも牛やヤギなどの哺乳類にも含まれているものの最も多く存在しているのはヒトの母乳です。

さて、その大きな特長は免疫力を高めて色々な病気の元となる細菌やウィルスから体をガードすることですが、母乳に多く含まれてるという事は免疫のない赤ちゃんにとって重要な成分だという事です。ラクトフェリンはその母乳に含まれる天然由来成分のため信頼性が高く研究開発も活発に進められているのです。

そのラクトフェリンが体に存在する事で我々は病気になりにくい訳ですが、これは免疫細胞を活性化するナチュラルキラー細胞との関係性があります。ナチュラルキラー細胞は体内で異常細胞を見つけては増殖を防ぎ死滅においやります。

しかしこの細胞そのものの数が減ったり働きが弱くなってしまうと免疫が低下し病気にかかりやすくなります。しかしラクトフェリンはナチュラルキラーの働きを活性化させる効果があり、その司令塔とでも呼ぶに相応しい存在なのです。

それ以外にも悪玉菌の働きを抑制やピロリ菌の抑制に効果的です。特にピロリ菌は生命力が大変強く除去するのが大変ですが、ラクトフェリンによってピロリ菌の活性抑制効果に期待できます。その結果体内を綺麗にし、健康でいられやすくするためダイエットにも効果があるという訳です。

内臓脂肪は大人のカロリミットで落とそう

大人のカロリミットは内臓脂肪を落としたい方におすすめのサプリです。糖と脂肪の吸収を抑える、脂肪の代謝を高める機能性があり、1日1回飲むだけで代謝のよい体質に変えてくれます。カロリミットをさらにパワーアップさせた内容で、40歳からの中年太りに悩んでいる人におすすめです。

高カロリー食の前に4粒を飲むことで、ダイエットをサポートしてくれるのです。何をしても痩せない人は代謝に問題があることが多いので、代謝を活発にすることを考えましょう。

大人のカロリミットを飲むことで、食べても太りにくい体質になります。無理な食事制限をすることなく減量ができるので、食事制限が苦手な人におすすめします。痩せるためには食べる量を減らすのが一番ですが、数あるダイエットの中でも一番ストレスが溜まるはずです。

ストレスを溜めないためには、楽に続けられる方法が理想です。楽だと効果が出ないと思うかもしれませんが、ダイエットは継続が何より大切となります。継続は力なりという言葉は、勉強や仕事だけでなくダイエットにも当てはまります。

大人のカロリミットには6種類の栄養素が含まれており、脂肪代謝を促進してくれるのです。通常のカロリミットに含まれていない成分にブラックジンジャー由来のペンタメトキシフラボンがあります。

内臓脂肪を落とす効果が期待できるサプリの概要

コレステ生活は、商品のネーミングが示している通りに総コレステロールやLDLコレステロールを下げる機能を消費者庁に届け出て受理された機能性表示食品で、Procyanidinsという有効成分が配合されています。この成分は、コレステロールの吸収や胆汁酸の再吸収を抑制すして体外へ排出するという作用を発揮します。

これにより血液中のコレステロールが低下するという仕組みで、臨床試験を実施したところ偽薬との間に顕著な差異があることが判明しています。

なお、コレステ生活は純然たるダイエットサプリではないので、体重や脂肪に対して直接的に作用するわけではありません。しかし、主成分として配合されているProcyanidinsには脂質の代謝促進や肥満及び脂肪の蓄積を抑制する効果があることが報告されています。

ちなみに、Procyanidinsがどのようにしてこのような効果をもたらすのかについては、現時点では作用機序は十分に解明されていませんが、消化管内における何らかのレセプターに作用し、分子機構を変化させることで末梢組織の代謝調節を制御すると推測されています。

つまり、内臓脂肪を減少させる効果を期待できるということで、中年以降の生活習慣病全般に不安を感じている人におすすめできる内容です。

内臓脂肪を落とす人気のサプリの概要

メタバリアSは、内臓脂肪を落とすなどの様々なダイエット効果を期待できるということから人気を集めており、累計販売数は何と500万個を突破するという人気の商品です。特に、ご飯やパン、ラーメンなどの糖質を多く含んでいる食品を良く食べるという人にはおすすめです。

何故なら、サラシア由来のサラシノールが糖を分解する酵素の活性を阻害するためです。これにより、食後の血糖値の上昇が抑えられることでインシュリンの分泌が低下し、部位を問わず脂肪がつきにくい状態となります。

さらに、小腸内で吸収されなかった糖は大腸でビフィズス菌の餌となるので、善玉菌が増殖します。すると、腸内環境が改善してらせん運動が活性化されるので、不要な老廃物をスッキリと排出できるようになります。

このようにメタバリアSは、糖の吸収から整腸に至るまで連続的にアプローチすることで、健康的な食生活をサポートするのが特長です。

なお、「糖の吸収を抑える」・「腸内環境を整える」の2つの機能性に関しては消費者庁に届け出ており、パッケージに表示されています。ちなみに、この組み合わせの機能性を持つサプリは日本で初めてであり、メタバリアS特有の内容となっています。

内臓脂肪サプリもほどほどに

内臓脂肪は体に蓄積した脂肪が皮膚の下ではなく内臓に付着している状態です。この状態を放置すると付着した脂肪がどんどん肥大化していき、内臓周りの血管を圧迫し動脈硬化などの生活習慣病を引き起こします。

そのためおなか回りが膨らんで見えるときや、健康診断の血液検査で脂肪分が多く含まれていると出た時には内臓脂肪を疑う必要があります。その内臓脂肪ですが脂肪であることに変わりないので消費することが可能です。

そこで消費を促すことを目的として消費量が増えているのが内臓脂肪を燃やすサプリメントです。このサプリメントはショウガやトウガラシを中心に血行促進効果のある様々な漢方薬から抽出した成分をサプリメントに凝縮したものです。

このサプリメントを定期的に服用することによって、脂肪が徐々に柔らかくなり消費しやすくなります。しかし注意しなければならないのはあくまでサプリは補助であり、大量にとると体に負荷がかかるだけでなく体が薬効に慣れてしまって半減してしまいます。

そこで行ってほしいのが食事と運動です。食事は野菜を中心に少量の肉と炭水化物でバランスを取り、その後乳酸菌のヨーグルトや果物でビタミンミネラルを摂取します。そして運動は内臓脂肪の場合には、筋肉を鍛える運動よりも脂肪を消費するウォーキングやサイクリングなどの有酸素運動を重視して30分を目安に行うとよいです。