内臓脂肪を落とすには?効果的な運動・筋トレ・食事法を知って賢くダイエット

通常のダイエットと比べて、効果的に脂肪を燃焼する方法を意識したダイエットをしないと、内臓脂肪は非常に落ちにくいです。今回は効果的な運動・筋トレ・食事法をあらかじめ知っておくことで、時間と手間を上手にやりくりして内臓脂肪の燃焼に専念できます。

集中して取り組むことがダイエットにはとても大切です。時間をかけていては人間誰しも堕落してしまいます。体がその環境に慣れてしまうので、特に頑固な内臓脂肪は落ちるどころか高止まりしてしまいます。

成果が得られなければそのうちダイエットに対するモチベーションもがくっと下がってしまうので、なるべく短期間で体重と内臓脂肪を落とすという強い意気込みをもって望むことが重要です。

効果的なスポーツその1

内臓脂肪を落とすのに効果的な運動はテニスです。基本的に頑固な脂肪を落とすのに必要なのは、全身運動です。ピンポイントで脂肪燃焼する方法もありますが、それだけに集中して取り組まなければならず、楽しみの点でどうしても長続きしません。

ダイエットをすると聞くと嫌悪感を抱く人が多いですが、スポーツをするのであれば、良いリフレッシュになりますので、心身共に正常な状態が保てます。リフレッシュできるスポーツは全身運動になります。

程よく体の各部分を動かすので、疲れにくく長時間運動ができます。かけた時間の分だけ脂肪を燃焼します。また、テニスは有酸素運動なので血液の流れが良くなり、全身にくまなく栄養素を届けられます。

適度な量の栄養素を各器官に届けることができるので、日々の食事で栄養を取り過ぎる可能性が少なくなります。おすすめはシングルスですが、運動するのに慣れていない人はダブルスから始めましょう。最低でも4人必要なので、テニスを通してダイエット仲間ができるのは非常に心強いです。

一人だと甘えてしまいがちですが、同じ目的を持っている人と一緒に目標を立てることで、ダイエットが長続きしやすいです。

効果的なスポーツその2

次におすすめのスポーツは野球です。人数を集めるのに苦労しますが、野球は日本で最もポピュラーなスポーツなので、道を歩けば誰でもやっています。メンバーを募るのもダイエットの一つのモチベーションたり得ます。

野球の良い点はずっと同じ運動をせずに済むので飽きずに長時間楽しめるという点です。攻撃の際はボールを打って走ります。防御では飛んでくるボールをキャッチして点を守ります。めまぐるしく場面が変わるので、集中しておかないとあっという間に終わってしまいます。

トレーニングとしてはバッティングセンターとキャッチボールが良いでしょう。野球の良い点はグローブさえあればバットやボールは誰かが持っている可能性が高いので、初期投資を抑えることができる点です。

他のスポーツ、例えばテニスだとシューズとラケットを最低でも揃えなければならず特にラケットはかなり高いです。部活やサークルでずっとやっている人にとっては必要不可欠な出費ですが、一から始める人にとってはやる気が続くかも問題ですし、続かなければお金をどぶに捨てることになります。

まずはキャッチボールを行い野球の面白さを味わいましょう。後は一心不乱に運動すれば自ずと体内脂肪は抑えられます。

効果的なスポーツその3

次におすすめするスポーツは卓球です。卓球も野球同様、初期投資費用が極力抑えられます。一見、腕だけのスポーツと思いがちですが、本格的な卓球はそんなレベルではありません。たえずコートの周りを細かいステップで動き回らないと一ポイントを取ることさえも難しいスポーツです。

一方で動く範囲はおおよそ分かりますので、けがをする恐れがそれほどありません。いったんけがをしてしまうとダイエットをするモチベーションが下がるだけでなく、満足いく行動が出来ない事から一日中家にいることになります。

そうならないように運動ダイエットは特にけがに注意をしなければなりません。卓球は他にもメリットがあり、有酸素運動なので頑固な体内脂肪が落ちやすいだけでなく、老若男女誰でも楽しめる人気のあるスポーツです。

家族間交流ができるので、運動しながら家族との会話が楽しめるのは一石二鳥です。雨が降っても基本的には体育館などに卓球台が備え付けられていますので、天気に左右されることなくスポーツに専念できる点がメリットです。

ダイエットはどんなものでも毎日行わないと十分な脂肪燃焼にはつながりません。少しずつでも続けることで効果が現れます。

効果的なスポーツその4

ジョギングに関してジョギングシューズを買えばいつでも好きなときにできるのがメリットです。シューズは多少高くてもけがをしにくい丈夫な物を買いましょう。

他のスポーツだと人数集めやその場所に行かなければならないといった手間と時間が掛かりますが、ジョギングはコースさえ決めればすぐに始められるので、ダイエットに対するモチベーションを下げずに脂肪燃焼ができます。

毎日取り組むのはもちろんのことですが、少しずつ距離を伸ばすようにしましょう。これにより内臓脂肪の燃焼を達成できるどころかスタミナがつくので、病気になりにくい健康な体を手に入れられます。ただ走るのではなく腕の振りを意識すると上半身も一緒にやせられます。

ジョギングは他のスポーツに比べて筋肉がつきやすいので、脂肪を落とした箇所は筋肉へとなります。このため、太りにくい体になるので、いろんなダイエットをする必要が無くこれ一つでかなりの効果が見込めます。

デメリットとしては同じコースをいつもは知っていてはモチベーションが下がりますので、コースを定期的に変えたり、坂を上るなどのいつもとは違うスパイスを入れることでより楽しい運動になります。

効果的なスポーツその5

運動することに慣れていない人がすぐに運動をしようとすると、けがをする恐れがあります。十分気をつけていてもふとした瞬間に躓くなどどこで起こるか分からないので、体を一定レベルまで慣らしておきましょう。

効果的な運動がその場ジョギングです。ジョギングシューズさえ買えば自宅でできるのでジョギングよりもさらに手間と時間を抑えられます。急に用事ができたときでも自宅にいるのですぐに対応できるのがその場ジョギングの最大のメリットです。

注意点としてジョギングシューズは買っておくのが良いです。なぜならその場ジョギングとは言え足への振動は通常のものと同じくらいかかります。より負担を少なくして長時間運動するためにも必要です。

その場ジョギングのデメリットは景色が変わらない点です。モチベーションを防ぐには音楽を聴いたりしてリフレッシュするのも良いでしょう。自宅にVRがある人はもってこいのスポーツです。まるで走っているかのような景色が楽しめます。

これがあれば通常は知ることができない会社の中や、僻地など世界中を冒険できるので楽しみながら脂肪を燃焼することができます。雨風に影響されずに取り組めるのもおすすめです。

効果的なスポーツその6

次におすすめするのはハイキングです。見た目以上にハードなスポーツです。全身を使った有酸素運動なので脂肪燃焼にはかなり有効な運動です。登る度に景色が変わるので、運動するのが嫌いな人でも気分がすぐ紛れます。

山の上は空気が澄んでいるので、日々の仕事で時間を追われている人でも良いリフレッシュができます。山登りは想像以上に過酷ですぐカロリーを消費するため、高カロリーな食べ物を摂取しても十分脂肪燃焼できます。

これまでのダイエットで食事制限をした人にとっては、そのような我慢をする必要が無いので、毎日続けやすいです。山登りまでの道中のドライブも良い気分転換になりますし、小旅行のような余暇を楽しめます。

ダイエットは如何に長く続けるかがポイントになりますので、モチベーションが下がりにくいおすすめなスポーツと言えます。登り切ったときに達成感を味わえるのもメリットです。他のスポーツの場合、人との争いに勝たなければなりませんが、山登りは自分との戦いなので、争いごとが苦手な人でも登り切った瞬間に達成感を味わえます。

また一緒に登る山登り友達もできるので自分の趣味としてもおすすめ出来るスポーツです。

効果的なスポーツその7

手っ取り早く内臓脂肪を落とすためにはバドミントンがいいでしょう。他のスポーツと比べて運動量が段違いに多いので、短期間で理想の体型を手に入れたければおすすめできるスポーツです。あまりに激しい運動なので、初心者や運動を長年やっていない人は、けがをする恐れが大いにありますのでおすすめはできません。

運動するのに慣れた人が頑固な内臓脂肪を落とすのに効果的なダイエットを探しているのであれば一番におすすめ出来る運動になります。ただシャトルを追うだけではなく、相手のコートに返すと共に次にどこに打ってくるのかを予測した上で自信のポジションを変えていかなければなりません。

たえず足が動いているのはもちろんのこと、頭を使うスポーツです。仕事とは違う頭を使うので、リフレッシュできますし爽快感があります。また技も多いのでバドミントンを続ければ続けるほど上達する自分に酔いしれることができます。

身につけると飛躍的に技術が向上するテクニックが多いので、オンリーワンのオリジナリティあふれた運動ができる点も飽きずに毎日できるメリットと言えます。室内で行うので雨風を心配せずに専念できるのもメリットです。

効果的なスポーツその8

効果的なスポーツの紹介の最後は水泳です。水の中で運動をするので疲れにくく長時間ダイエットに取り組むことができます。全身を使った有酸素運動なので、効率良く脂肪を燃焼できます。筋肉がつきやすいスポーツなので、リバウンドしにくいのがメリットです。

室内プールで泳げば天候に関係なく毎日続けられるのでモチベーションが保ちやすいです。仕事終わりに良いリフレッシュになるのもポイントです。他のスポーツの場合陸の上で行うので、仕事が終わってから運動する気持ちが中々起こりません。

水泳なら水の中なので環境ががらりと変わることからやる気が出やすいです。おすすめの泳ぎ方ですが、最も効果的なのは平泳ぎです。一見一番楽そうに見えるのですが、丁寧な平泳ぎを極めると何時間でも泳いでいられます。

泳ぎの中で最も負担がかからないので、長時間集中して運動にいそしむことができます。全身にバランス良く筋肉がつくので服を着ていてもシルエットがかっこよくなります。猫背気味だった人でも水泳を続けることで正しい姿勢になります。

堂々とした姿勢を保ち仕事をするので周りからは羨望のまなざしで見られることでしょう。ダイエットのモチベーションはさらに上がります。

おすすめの筋トレその1

筋トレは自宅ですぐに行えるので、手間や時間をかけずに取り組めます。初期費用も全く掛からないので、金欠の人にもおすすめです。色々なものがありますが、中でもおすすめなのが腹筋です。

機械の補助を使って腹筋を鍛えるものも有りますが、表面上しか効果が無いので、やはり頑固な内臓脂肪を落としたいと考えている人にとっては、自力で筋トレすることをおすすめします。最初は30回を2セット行います。

時間は朝ご飯を食べる前と夜お風呂に入る前に行います。時間を分けて取り組むことで体の休息時間を設けます。筋トレにより筋肉を一定量傷つけるので、その回復を待つ意味でも効果的です。回復期間を設けないとつってしまう恐れがあります。

一回つると癖になってしまい腹筋したくなくなるので、気をつけましょう。慣れてきたらだんだん数を増やしていきます。気をつけるのが朝ご飯を食べた後に行うと、気持ちが悪くなるので必ず前に行います。

夜は夕ご飯を食べてからお風呂に入るまでに時間があるのでこの時に行いますが、お風呂から出たらすぐにストレッチを行います。筋トレとストレッチをセットで行うことにより、理想の体型を手に入れましょう。

おすすめの筋トレその2

次におすすめする筋トレはバランスボールです。これにより体幹を鍛えられます。使い方さえ間違えなければけがをせずに筋トレができます。体を鍛えるだけでなく、関節を柔らかくする効果がありますので、それに伴い体が柔らかくなり、よりけがをしにくい体になります。

他のスポーツの場合上半身や下半身だけしか脂肪を燃焼し無いものが多いですが、これならやせたい場所にバランスボールを当ててストレッチを行うことで、部分やせの効果を得られます。自分がやせたい場所を選んで筋トレができるので、まるでエステに通っているかのような効果を得られます。

初期投資がバランスボールの購入のみのため、エステと比べると驚くほど安くダイエットに取り組めます。注意すべき点はバランスボールを使った筋トレに関してレベルに応じたものをしましょう。

バランスボールの扱いに慣れていない人はなるべく大きなボールを購入し、より体に負担が掛からないようにします。大きさが大きければその分衝撃も和らぎます。慣れてきたらだんだん小さくして脂肪燃焼効果がより見込めるエクササイズをします。

あらかじめ動画を見てどのように行うと最も効果が得られるのか確認するのも良いでしょう。

おすすめの食事法その1

まずおすすめするのが1日2食ダイエットです。これは朝食と昼食を取って夕食を抜くものです。食事に関して特に制限は無いので、好きなものを食べられます。カロリーが高いものでも仕事中は少なからずカロリーを消費するので、脂肪としての蓄積量はしれています。

ただし、夕食後は寝るだけなのでカロリーを必要以上消費することなく睡眠へと移ります。眠っている間は動くことがないので、脂肪が蓄積されやすいです。最初はお腹がすくのを我慢しなければなりませんが、水や野菜ジュース等の飲み物ならば摂取しても良いのでそれほど難しくはありません。

ずっと起きているとお腹がすいてくるので早く寝るようになり、朝はお腹がすいているので早く起きます。結果的に朝型の生活スタイルになるので、健康にも良い食事法になります。ダイエットをするとやせますが、健康な体になるとは限りません。

それに伴うストレスをいかに抑えるかが大切です。1ヶ月もすれば体が慣れてくるのでそれまでは夕食に飲み会に誘われても、ダイエット中として断りましょう。1日2食が出来るようになれば昼食を抜いて朝食と夕食の1日2食ダイエットに変えられるので適度な付き合いを壊すことがありません。

おすすめの食事法その2

次に紹介するのが青汁ダイエットです。青汁を飲むタイミングは各食事前になります。これによりお腹を必要最低限の栄養素で満たす状態から食事が始まります。結果的に通常の食事よりも少ない量でも十分満腹感を得られます。

その分カロリーを抑えられるので内臓脂肪を落とすことに成功するのです。昔から行われているダイエットですが、デメリットとして青汁の苦さが挙げられます。食事前に飲むのであまりにも苦かったりまずかったりすると毎日進んで行おうとは思えません。

しかし、近年青汁の味に研究が重ねられており、野菜を多用しない方法で作っている会社が増えたため、味を選べば苦みを感じることなく飲めます。特におすすめなのが大葉を用いた青汁とフルーツ青汁です。

どちらも効果を得られるのはもちろんのこと美味しく飲めるので、ダイエットにもってこいの青汁です。また、青汁は食物繊維が多く含まれているのでお通じの出が良くなります。毎回必要以上の栄養を体外へ排出するので、脂肪として溜まる恐れがありません。

体内環境も合わせて良くなるので健康体になります。値段も一杯100円程度なので誰でもすぐに取り組みやすい食事法であるといえます。

おすすめの食事法その3

おすすめの食事法ですが、ファスティングダイエットです。これは飲み物だけで一日を過ごすというものですが、成功すると胃その物の大きさを小さい状態にできます。手術で強制的に胃の一部を摘出する物がありますが、非常に高い費用がつきます。

このダイエットなら同様の効果が得られてなおかつ一定期間固形物を体内に入れないように我慢するだけなので非常にリーズなるブルな食事法と言えます。ダイエットのやり方ですが、準備期間とファスティング期間と回復期間をそれぞれ設けます。

準備期間はファスティングに慣れるための助走と言えます。回復期間はお粥などを食べて当初から小さくなった胃に対して過度な負担をかけないようにする調整です。だいたい1週間をダイエットのサイクルにすると分かりやすいです。

ファスティング期間は休日に行うようにします。これは平日に行うと通常よりも栄養とカロリーが無い状態なので、すぐに体力を消費してしまい満足いく仕事ができない恐れがあります。休日であれば動く必要がそれほど無いので、自宅でゲームや読書をして過ごせます。

全く食べられないわけでなく水や野菜ジュース、青汁などは飲んでも良いので、慣れてきたらそれほど負担②ならずやせられるダイエットです。

おすすめの食事法その4

置き換えダイエットです。通常エネルギーになる肉や魚は美味しいですが、その分得る栄養とカロリーは非常に高いです。賢くダイエットをするためには似たような食感や味を出せる食べ物に肉と魚を置き換えるようにします。

肉の場合、ハンバーグなどが手軽に作れますが、この時に混ぜる物を肉の代わりに豆腐にします。豆腐は炒めることで水分が抜けて肉のような食感を味わえます。上にかけるたれにも一工夫します。大根おろしに大葉を巻いて和風にすることで、全体のカロリーを抑えられます。

魚の場合は、鶏肉のささみをムニエルにして上にかけるたれを醤油ベースの濃い口にすることで、焼き魚に近い味や食感を楽しめます。こつとしてはささみを焼く前に切り込みを入れておくことで食感が魚に近くなります。

このダイエットのポイントは味を落とすことなく食事ができる点です。ダイエットはいかに我慢して行うかというところに重点が置かれており、続けるというところに対して疎かになっているものが多くあります。

置き換えダイエットは食材に工夫する一手間を加えるだけでいいので、さほど我慢する必要がありません。味を極端に落とすことがないので、モチベーションを保ちながらダイエットを続けられるのです。

おすすめのおやつについて

ダイエットをしているさなかでも食べる楽しみは極力失わないようにするのがモチベーションを保てるこつです。中でも最もおすすめできるおやつはプロテインです。

運動をしないとタンパク質でできているプロテインはダイエットに逆効果でないかと思われる人もいますが、食事そのものでタンパク質を十分取れていることが意外に少ないです。このため、思っているよりも楽にプロテインを飲めます。

プロテインを飲むことで満腹感が得られます。また、通常のおやつに比べてカロリーが少ないので、ダイエットの効果としても効果的です。食事を摂る回数を減らすことで体内に必要最低限の栄養しか残らないため、内臓脂肪を落とせるのです。

最近は飲みやすいように味付きのものが多く売られています。フルーツ味のプロテインは美容にも効果があるので、肌荒れが気になる冬の季節にはおすすめ出来ます。ただダイエットをするだけでなく、いずれ綺麗になりたいのなら一石二鳥の食べ物です。

体内脂肪をより燃焼したければ、カプサイシンが多くあるプロテインを摂取するよう心がけます。3食好きなものが食べられるので、普通のダイエットと比べると続けやすいダイエットです。