医療脱毛はアフターケアが大事!痛みや肌トラブルの解決策は?

医療脱毛を受ければ、脱毛が完全に終了するわけではありません。受けた後のアフターケアがとても重要なのはご存知でしょうか?医療脱毛中の痛みやかゆみ、自己処理の仕方や肌トラブルについての情報をまとめました。

医療脱毛を受けたその後のケア

医療脱毛を受けたその後のケアも大事です。医療脱毛でレーザーの照射を行った皮膚は熱を持っています。施術の際に冷却を行っていますが、施術後にも熱を感じる場合は帰宅してからも冷却を行います。医療脱毛を行った後に皮膚が熱を持ったままになっていると炎症の原因になるため、その後の対応としては皮膚を温めないようにします。

当日はシャワーを利用できますが熱いお湯は避け、タオルなどで擦ったりしないようにします。入浴は翌日以降からにします。また、激しい運動も体温が上昇するので翌日以降にします。施術直後は皮膚が弱くなっているため、施術部位がジーンズのような硬めの衣服に擦れると炎症を起こすので注意します。

また、皮膚が水分を失っており、紫外線にも弱くなっています。そのため、保湿ケアと紫外線対策が必要です。紫外線対策は脱毛期間中は継続して行わなければなりません。医療脱毛を行っても、すぐに毛が抜けたりはしないので自然に抜けるのを待ちます。

自己処理で毛抜きを使うと毛周期が狂ってしまうので、カミソリなどで剃ります。このとき、シェービングクリームを使用するなどして皮膚を傷付けないようにします。肌荒れが起きていると、医療脱毛を利用できなくなることがあります。

医療脱毛直後のケアについて

医療脱毛直後の肌は、レーザーの照射により敏感になっているため、ケアが大切になります。レーザー照射により肌は軽い炎症状態になっており、肌も乾燥気味です。腫れや痛みが伴うことは少なく、軽く日焼けした程度のほてりのため、2時間から3時間程度で終わります。医療脱毛直後は、保湿が必要ですが、赤みがあるうちは避け、赤みが引いてから保湿用ローションを塗布します。

医療脱毛の施術を受けた当日でもシャワーを浴びることはできます。ただし、敏感になっている肌にダメージを与えないようにするためにお湯の温度は、ぬるめに設定します。体を洗う際にもタオルでゴシゴシとこすらずに、柔らかいタオルや手を使ってそっと洗ったほうが肌に負担をかけずにすみます。

肌が敏感になっているため、紫外線の影響を受けやすくなっています。そのため、外出する際には、施術を受けた部分が隠れるような服装を選んだり、日焼け止めを塗ったり対策をとる必要があります。

肌は1週間程度で通常の状態へと戻りますが、毛が生え揃ってから次回の施術を受けることになります。施術を受ける期間中は、脱毛効果を最大限にだすためにも、常に保湿を行い、日焼けをしないように意識しながら生活する必要があります。

医療脱毛の効果を手に入れ肌トラブルを起こさないためのアフターケア

医療脱毛を受け、肌トラブルを回避し安全に綺麗にキレイになるためには、アフターケアが重要になります。医療脱毛は、回数を重ねることで脱毛効果が得られるため肌の状態を整えておくことは、次回の施術の効果にもつながります。医療脱毛の施術を受けた当日のアフターケアは、紫外線対策や肌を冷やす、保湿することです。

特に、施術直後の肌は敏感になっているため、紫外線の影響を受けやすい状態になっています。中でも、UVAには、コラーゲン繊維を破壊したり、メラノサイトを刺激してメラニンを大量に作り出させる作用があるため、シワやたるみ、シミ、ソバカスなどの原因になります。

そのため、肌に直接日光が当たらないような服装にしたり、日焼け止めを塗るなどの対策を行う必要があります。レーザーを照射することで、皮膚の表面が乾燥し、赤みを帯びたり少し腫れることがあります。このああ言には、冷たいタオルや保冷剤を使ってクールダウンを行います。

また、乾燥は、肌トラブルを引き起こす原因になるため、ローションやクリームなどを使ってしっかりと保湿を行います。他にも、医療脱毛のレーザーは、毛根に含まれているメラニン色素に反応するようになっているため、毛抜きで自己処理をしないように注意が必要です。

無期限保証がついた医療脱毛の効果とアフターケアについて。

無期限保証がついた医療脱毛は、永久脱毛をしてみたいといった方にはたいへん安心のシステムですね。医療脱毛はクリニックなど病院でしか行うことの出来ない医療行為で、医療用レーザーや医療用の針(ニードル)を用いた方法があります。最近ではレーザー脱毛が主流になっており、広範囲を一度に施術できるのでたいへん効果的に脱毛が行えます。

痛みもニードル脱毛とは異なり、パチンとゴムで弾かれた程度で我慢ができる範囲ですのでたいへん人気が高いのです。価格や期間も、一本一本ムダ毛を処理するニードル脱毛に比べて、一度に広範囲にレーザーを照射できるので安く早くすむ場合がほとんどです。クリニックではレーザーの出力の高いものが使用できるので効果が高い上に、無期限保証が付いているので永久脱毛が完了するまで安心して通うことができます。

レーザー脱毛は、火傷などの後遺症が少ない安全な脱毛法ですが、万が一、赤みなどの肌トラブルが起こった場合でも病院なら医療行為が可能ですので、炎症を抑える効果のある内服薬や外用薬が処方されるので安心ですね。永久脱毛はアフターケアをしっかりと行ってくれるクリニックで医療脱毛されるのが一番おすすめですよ。

医療脱毛にまつわる情報~アフターケアと毛周期~

美容皮膚科などで受けられる医療脱毛は、現在レーザーでの施術がポピュラーとなっています。レーザー脱毛は黒い色に反応する、特殊なレーザーを肌に照射し、そのレーザーの熱により無駄毛を脱毛する脱毛法です。レーザーは黒い色に吸収されるので、毛根部分に熱が集まります。

すると、その熱により毛根から無駄毛を、脱毛する事が出来るのです。またレーザーはエネルギーが大きい為、体毛を作り出す組織自体を、破壊する事が可能です。壊された組織は、2度と再生する事は無い為、レーザーでの医療脱毛は永久脱毛の効果も期待出来ます。ただ、レーザーで医療脱毛を行う際、知っておきたい情報もあります。

まず、レーザー脱毛は1回の施術で、全ての無駄毛を脱毛する事が出来ません。施術を繰り返し行う事で、少しずつ脱毛していくのです。この時、毛周期と言われる体毛の成長サイクルに合わせ、施術を行うとよりスムーズに、脱毛出来ます。

毛周期には成長期・退行期、休止期とあり、レーザー脱毛の場合、成長期にある無駄毛しか、脱毛する事は出来ません。また、施術後はしっかりアフターケアする事も大切です。日焼けをしないよう日焼け止めを塗る、肌を保湿するといったアフターケアを行いましょう。

医療脱毛によるかゆみについて

医療脱毛をおこなうことで、かゆみが伴うことがあります。医療脱毛は、エステなどとは異なり、照射の威力の強いレーザーを利用しています。これによって、最少の施術回数で脱毛を完了させることができます。医療機関でおこなわれるレーザー脱毛の特徴は、黒色に反応する性質を利用していますので、肌が色黒の方の場合になりますと、低温火傷を起こしたような症状を作ることがあります。

火傷が快方に向かうにつれて出来上がる、治りかけのかさぶたのようなかゆみが、施術後につきまといます。毛周期に合わせて、二三ヶ月おきに医療脱毛に通うことになりますが、次の施術までにはかゆみも引いています。また、医療機関のレーザー脱毛は、毛根の細胞組織に働きかけて、細胞そのものを破壊します。

そのため、毛穴に沿って、毛膿炎のような症状を作ることもあります。毛抜きを施したようなニキビ状の突起になりますので、平らに落ち着くまでは、かゆみがつきまとうことがあります。

ただ、いずれのかゆみも、一過性の症状に過ぎず、時間の経過と共になくなっていきます。また、医療機関でおこなう脱毛処理であることから、肌トラブルのアフターケアは万全ですので、安心して臨むことができます。

医療脱毛の痛さはかなり軽減されています。

女性が行わなければならないムダ毛の処理、最近ではプロの脱毛がリーズナブルな施術料金で受けられるようになっており、何かと問題の多い自己処理から切り替え始めている方も増えているようです。プロの脱毛ケアというと、よく街中でも広告を見かけるエステサロンでの美容脱毛と、美容外科クリニックや美容皮膚科といった医療機関で行う医療脱毛とがありますが、両者にはそれぞれ違いがあります。

まずエステ脱毛では、痛みもほとんど感じられず、施術料金も安く抑えられるとは言われていますが、仕上がりのほうはというと、あくまでもムダ毛が目立たなくなるというだけで、お手入れには定期的に通い続けなければなりません。

一方医療脱毛は、痛さの面では不安視される方も多いですが、最新のレーザー機器は、かなり痛さが軽減されており、それほど苦痛を感じなくて済んだという声も多く上がっています。どうしても不安であれば、医療機関での施術なので、お薬を処方してもらえるため、医師に相談して見ましょう。

医療脱毛は、使用する脱毛機器の出力も高く、少ない回数でもかなり高い脱毛効果を上げることができるので、私たちが願う、永久脱毛も叶えてくれるので、処理が完了すればもう二度とムダ毛に悩まされることはなくなります。

医療脱毛の痛みについて

むだ毛の悩みがあると、肩や脚を出すファッションにためらいがあったり、むだ毛のことが気になって消極的になってしまったりすることがあります。また、肌の弱い人は、むだ毛の自己処理をすることで、肌が荒れて赤くなってしまったり、かさついてしまうこともあり、時には化膿してしまうこともあるので、悩みは深刻です。

むだ毛が気になっている人には、医療脱毛がおすすめです。医療脱毛では、光を使った、医療レーザー脱毛が人気があり、良く選ばれる主流の方法です。医療脱毛は、メラニン色素に反応するレーザー光を、脱毛したい部分に当てて、毛根の毛を作る働きがある毛母細胞を破壊します。

このときに、少し痛みが出ることがありますが、パチンとはじかれたような痛みで、麻酔クリームを塗ることで軽減できます。エステの脱毛は、照射のパワーが低いので、痛みが少ないのですが、その分、脱毛効果も低く、医療脱毛と比べると、脱毛の期間が長く、回数も多くなります。

医療脱毛のメリットは、脱毛効果の高さで、一回の施術で効果を実感できる人が多いのですが、他にも、光の美肌効果で、毛穴が引き締まり、ハリのある肌になったり、美白効果が期待できたりと、うれしいメリットがあります。

医療脱毛中の自己処理について

医療脱毛は完全に終了するまでには、1年以上かかるケースがあるため、その期間は自己処理を行う必要があります。医療脱毛中の自己処理では、できるだけ剃ることが推奨されます。医療脱毛は、レーザーを照射することで、毛を生える組織である毛乳頭や毛根を破壊することで、毛がはえてこなくなる仕組みです。

そのため、毛抜きで処理してしまうと、レーザーを照射しても毛根がないため、脱毛効果が得られなくなります。また、毛抜きで抜くことで、毛周期のサイクルが乱れてしまい、レーザーを照射して効果のある期間である毛周期の成長期と施術のタイミングがずれてしまうことがあります。

タイミングがずれると脱毛の効率が悪くなるだけでなく、脱毛が完了するまでの期間ものびてしまうことがあります。レーザーは、毛乳頭や毛根のメラニン色素に反応するようになっています。脱色するとメラニン色素が失われてしまうため、レーザーを照射しても脱毛効果が得られないケースがあります。

カミソリで自己処理をする場合には、剃る前に蒸しタオルなどで温め、毛穴を開かせてから剃るようにします。バスルームは細菌が入りやすい環境でもあるため、風呂上がりの方に剃るほうが安全です。自己処理後は、保湿を忘れないようにします。