即ダイエット!短期間で痩せれるダイエット方法まとめ

ダイエットをして即その効果を実感することができる方法があるといいのにと思う人はたくさんいます。実はダイエットには即効性が高い方法などもあるので、その方法に思い切って挑戦してみるというのもいいかもしれないです。

短期間で痩せたい!即効性の高いダイエットは?

短期間で即効性のあるダイエットはいろいろとあります。たとえば、炭水化物抜きダイエットは1週間で4キロも体重を落とすことができたという人もいますし、野菜ジュースダイエットは3日間で2キロ減ったという人もいます。

ほかにもグレープフルーツダイエット、7時以降は食べないダイエットなど、自分の生活リズムややりやすい方法などを考えて行うことができるものがあります。一時期流行ったダイエット方法などもたくさんありますが、即効性が高いものは極端なものも多いので、健康などに気をつけながら期間を決めて行うことが大切です。

無理をして痩せても健康に影響があっては意味がないので即効性はあっても体調が悪くなったときなどはすぐに中止するようにします。

食事制限が一番カロリーが減る?

食事制限はダイエットをするときにとても効果があるといわれています。なのでダイエット中は食事制限を行う人もたくさんいますが、カロリーを消費するのは運動と食事制限のどちらがいいのかわからないという人も多いです。

食事制限が一番カロリーが減るような気もしますが、やはり運動をしたほうが体を動かしておなかがすぐのでカロリーを消費する気がします。それぞれにダイエットに効果があるので一概にはいえないのですが、やはりカロリーを減らすのなら食事制限が効果的だといえます。

運動をしても人によってはなかなかカロリーを消費することができない場合もあります。なので、食事制限をすることで体に余計なものを取り入れないようにして、現在体にあるカロリーを消費させようとすることができるので食事制限が一番カロリーが減るということです。

ヨーグルトを温めるだけ!ホットヨーグルトダイエット

ホットヨーグルトダイエットとは、ヨーグルトを温めて食べるだけというダイエット方法です。ただし、熱くしすぎると乳酸菌によくないので人肌程度にしておく必要があります。

ヨーグルトを温めることでどんな影響があるのかというと、ひとつは内臓温度を下げない、乳酸菌の働きを活発にする、カルシウムの吸収量が増えるというものがあるといいます。ホットヨーグルトダイエットのやり方は、ヨーグルトをレンジで30秒から40秒ほど温めるだけなので続けやすいといえます。

いつ食べるのがいいのかというと、便秘解消が目的なら夜、ダイエットが目的なら朝がいいということです。食べる量は一度に100グラム程度からはじめて調節をしてみるといいです。

週末だけ!ローフードでダイエット

ローフードダイエットとは、週末だけ行うだけで2週間で痩せることができるダイエット方法です。ローフードとは加熱していない生の食材のことです。人は食べ物を消化、吸収、解毒するときに酵素を使っていますが、普段の食事では47度以上の熱を与えると酵素がほとんどなくなってしまっているといいます。

ローフードダイエットは過熱していない食材を食べることで体内で酵素を作り出すエネルギーを最小限に抑えるという方法です。抑える分のエネルギーを代謝アップやデトックスに使って痩せることができるということです。

やり方は簡単で、週末の3食を生のものだけ食べるという方法です。ローフードダイエットのいいところは、生の食材ならカロリーを気にせずにお腹いっぱい食べてもいい、ということです。ダイエット中の最大の敵である空腹によるストレスを回避することが可能です。

平日は難しいけれど週末プチ断食

プチ断食もダイエットには効果があるといわれています。平日は難しくても週末の1日、もしくは2日間だけを断食するだけで痩せることができます。人は普段食事をすることで胃や内臓を常に動かしています。それらを断食させることで休憩させると同時に余計な脂肪を消費させるという方法です。

やり方は簡単で、お水や消化のよいものだけを食べる、という方法もありますし、最近はファスティングダイエットでプチ断食を行うという人もいます。

お味噌汁のお味噌を溶かしたものだけを飲むというプチ断食の方法もありますし、いろいろなやり方があります。平日は働かなければいけないので食事はしっかりと3食食べて、週末だけプチ断食ダイエットをするという人もたくさんいます。

トマト入りスープで脂肪燃焼!

トマト入りスープを大量に作ってそれを食べて食事制限をする、というダイエット方法もあります。脂肪燃焼ダイエットスープとして作られるスープはトマトの缶詰をうまく使って作ったスープです。脂肪燃焼をすることができるスープとして病院ではじめは作られたそうです。このスープを1週間だけ食べることで痩せることができるといいます。

作り方もトマトの缶詰やセロリ、にんじん、タマネギなど体によい影響のあるものばかりを使います。1週間ずっとスープを食べるのですが、果物、お肉、お魚、芋など決まった日にスープと一緒に食べるという決まりがあり、それ以外はスープだけを口にするというダイエットです。

体のなかの余計な脂肪を燃焼することができるのと同時に、胃や内臓を休めて元気にすることができます。

どうやって空腹を我慢するかその方法とは?

ダイエット中は食事制限や運動をすることでおなかがすいてしまうことが多いです。そんなときにどうやって空腹を我慢しているのかというと、いろいろな方法を行っている人が多いです。お水を飲む、炭酸水を飲む、氷を食べるなど水分を摂取して空腹を紛らわすという人が多いといえます。

また、ガムを噛んだり、飴を食べるなど、噛むという行為で空腹を感じないようにすることもできます。食事のときによく噛むことで空腹を感じないようになるということなので食事のときに一口に噛む回数を増やすといいです。

空腹を我慢することができなくなったときは、果物などカロリーができるだけ低いものや便秘解消にもよいヨーグルトなどを少しだけ食べるというのもいいということです。

短期間で痩せるのにはデメリットも

ダイエットで短期間で痩せることができると嬉しいものですが、実は短期間で痩せるからこそデメリットのことも知っておく必要があります。

短期間で痩せることができるダイエット方法は効果を早く感じることができますが、その分そのダイエットをやめるとリバウンドする可能性が高いといいます。極端に食事制限をすると体が栄養を欲するので普通の食事に戻したときに摂取した栄養を体に溜め込もうとしてしまうので、ダイエットをする前よりも太ってしまうことがあります。

また、極端なダイエットをすることで女性の場合は生理不順や貧血などの症状を感じる場合もあるので、短期間のダイエットではなく健康的な方法で行うことが大切です。短期間でストレスをためながらダイエットをすると肌荒れやニキビなどもできてしまうのできれいになるよりもやつれてしまうこともあるのでおすすめはできないです。

リバウンドしやすい体になる日常生活に支障も?

先にも書いたように、短期間でのダイエットは体にあまりよい影響を与えることがないといいます。急激に食事を摂取しなくなったり激しい運動をすることで体に負担がかかってしまい、日常に戻った途端にリバウンドしたり、貧血になったり、体の調子が悪くなるなどいろいろなことが起こります。

日常生活では仕事に集中できなくなったり、イライラしてしまったり、肌荒れやニキビ、生理不順になってしまうといった女性には大きな影響などもあるので気をつける必要があるということです。

きついダイエットは健康的に痩せることはできず、見た目にもやつれてしまう場合があるといいます。きれいになるためにダイエットをしているのにかえって不健康な見た目になってしまった、ということになりかねないのでよくないです。

健康のために、即効ダイエットは本当に必要な時だけにしよう!

ダイエットをすることで健康できれいな体になりたいということではじめたダイエットで不健康、ニキビや吹き出物だらけでやつれた見た目などになってしまっては本末転倒です。そのようなことがないように、即効性のあるダイエットは本当に必要な場合だけ行うようにすることが大切です。

即効性があるダイエットをしたときは、ダイエットの後にその体重などをキープするために不健康な方法で痩せようとする人もいますが、それではよくないです。ダイエットの目的を果たしたら、その後は少しずつ普段の食事などに戻すのがいいのですが、まだダイエットをしたい、という人もいます。

そのようなときは、運動を取り入れると健康的に痩せることができますし、肌がきれいになったり見た目もきれいになることができるために長期でのダイエットを無理せずに行うといいです。