原因がわかれば楽やせ可能!ふくらはぎの筋肉太りを解消する方法

ふくらはぎが細くならないのは、筋肉太りだから仕方がないと思っていませんか?ですが原因を調べてみると、本当に筋肉太りの方もいれば異なる理由が存在している方もいます。そのためふくらはぎを細くしたいと考えているなら、太くなっている原因を調べるようにしましょう。

実際にふくらはぎが太い原因を把握すると、実は楽に痩せることが可能です。細くするのは無理だと思っている筋肉太りであっても、簡単に解消する方法が存在しています。楽に実践できる方法があるからこそ、最初に原因を把握して痩せられるようにすることが大切です。

また簡単な方法といっても、やり方が異なると逆効果になるケースもあります。ふくらはぎを細くしたいときには、正しいやり方を把握しておきましょう。

ふくらはぎが太い原因を知る

ふくらはぎの筋肉は、走ったりつま先立ちをするだけでなく、歩くだけでも使用されるため筋肉がつきやすい性質があります。そのため、運動をしている人はもちろん、日常生活の中で自然に行う動作の中で鍛えられてしまうため、筋肉太りが起きやすいのが特徴です。

しかし、ふくらはぎが太い原因は筋肉太りだけにありません。筋肉にはポンプ作用があり、血管が筋肉の動きで圧迫と弛緩を繰り返すことで、ポンプのように血液が送り出されます。

そのため、ふくらはぎの筋肉が少なくなれば血液の流れが滞り、老廃物や水分がきちんと排出されずむくんでしまったり、脚が太くなることもあります。さらに、筋肉によって太いと考えていたふくらはぎが、脂肪とむくみによるものだったケースも少なくありません。

使用されない筋肉は脂肪に変換されるため、筋肉の間に霜降りのように脂肪ができてしまいます。筋肉と脂肪がしっかり入り組んでいるため、触れても硬く筋肉かどうかの判断が難しいのも特徴です。ふくらはぎが太いが硬くない場合、老廃物が溜まってむくみが生じていることが多く見られます。

自分の脚が太い原因を把握することで、それぞれ適切な対処やケアで脚痩せを目指すことが可能です。

ふくらはぎに疲労物質を溜め込まない事が重要

普段から長距離を歩いているので、ふくらはぎに筋肉が十分についていると考えている人でも、実際には筋肉が大して付いていない場合もあります。足に触れると硬い状態であったとしても、それは疲労物質が溜まっているせいで足が硬くなっているだけで、筋肉量が不足している事も珍しくありません。

十分に足を鍛える事ができていると勘違いして、運動量を減らしてしまう事にならないように、定期的に足をマッサージして疲労物質を取り除く事を推奨します。足の疲労感が無くなった途端に、足の筋肉の少なさに気付ける場合もあり、運動を始める良いきっかけになると考えてください。

関節の歪みが起きている人も注意が必要で、足が硬くなっているように思えても、姿勢の悪さが原因で一部の筋肉しか鍛えられていない可能性もあります。足の筋肉を全体的に鍛える事ができていないと、自然に消費するカロリーを増やすのも難しいですし、脚力を十分に鍛える事も難しくなりかねません。

自宅にいる時やデスクワークをやっている時に、正しい姿勢で座る事を心がけていれば、関節の歪みを予防する事も可能です。効率的に筋肉を鍛えるためにも、関節を守りながら運動を続ける事が重要だと考えてください。

ふくらはぎに通っている筋肉の構造

ふくらはぎだけ筋肉が沢山ついていたら、足が太く見えてしまいます。そこでダイエットを効果的に行うためには、ふくらはぎの筋肉太りの原因や構造を知っておく必要があります。ふくらはぎには下腿三頭筋というものがあり、それは腓腹筋とヒラメ筋によって構成されています。

下腿三頭筋は足首の動きをつかさどる大事な筋肉ですから、継続的な運動やストレッチをすることが欠かせません。腓腹筋もまた2つの筋肉から構成されていて、股関節側である内側と外側から成り立っていて、膝の裏からかかとまでつながっています。

そして踵から膝裏の三分の一ほどの高さにかけて存在しているのがヒラメ筋で、腓腹筋と繋がっている、名前の通り平べったい筋肉です。足の表面から見えるのは腓腹筋になりますから、ふくらはぎがぽこんと出た状態になっているのは腓腹筋だけを鍛えすぎている可能性があります。

腓腹筋だけでなく、ヒラメ筋も同じように鍛えることによって、瞬発力と持久力を備えることができますし、足への負担を軽くすることが可能です。ヒラメ筋を鍛えることで、いわゆるインナーマッスルのような状態になるので、見た目は足がほっそりとしているのにしっかり筋肉をつけることが可能になります。

ふくらはぎの筋肉太りの判断基準

近年では、多くの人が足の太さや形の悪さに深刻に悩んでいます。特に、以前スポーツをやっていた人の中には、筋肉がふくらはぎ全体についてしまったことによって見た目が悪くて恥ずかしいと感じている人も少なくありません。

そのような時には、自分のふくらはぎのサイズが本当に太りすぎているのかをしっかりと見つめなおしてみることが肝心といえます。一般的にふくらはぎの適性となるサイズは、全体的なパーツのバランスの良さで決まります。

体が痩せ型の人なのに足だけが突出して太いとバランスが悪く見えてしまいますので、ある程度のサイズダウンが求められるのです。その場合には、適度なストレッチやエクササイズを駆使してダイエットを行うと効果的に痩せることにつながります。

理想的なふくらはぎのサイズは、その人の身長に0.2をかけたもので導き出すことができるのです。それよりも大幅に足が太い場合には、努力を重ねて無理のない範囲内で筋肉トレーニングを実施すると効率的に引き締まった足を手に入れることに近づきます。

このように、見た目の良い綺麗な下半身を叶えるためには、適性サイズを把握した上で客観的に自らの理想のサイズを知ることが重要なのです。

ふくらはぎが太くなる原因

全体的に太っているわけではないのに、ふくらはぎだけが太いという悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。ふくらはぎが太くなる原因はいくつかありますが、まず考えられるのが浮腫みやセルライトです。

ふくらはぎを30秒くらいつまんで指のあとがつくようなら浮腫んでいるという証拠です。また両手でふくらはぎのお肉をつまんでみて脂肪がデコボコとするようならそれはセルライトです。ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれている部分ですが、長時間同じ姿勢で座っている時間が多かったり、運動不足によって浮腫みが生じます。

本来ならば筋肉の収縮によって作用するポンプ機能が低下してしまうので、リンパの流れが滞ったり血の巡りが悪くなります。骨盤のゆがみが原因で太くなっていることもあります。骨盤が歪むと顔も歪んでしまうことになりますし、いろんな症状を引き起こしてしまいます。

骨盤の歪みは自分で矯正することができないので、専門家に矯正してもらうのが用でしょう。また筋肉によって太くなることもありますが、これは姿勢が悪かったり普段からアンバランスな歩き方をしていると太くなってしまいます。

本来ならつかなくても良い場所に筋肉がついてしまうので、姿勢を正して歩くように心掛けることが大切です。

ふくらはぎを細くする

水分太りのふくらはぎはむくみを解消してあげればすっきりしやすく、他の症状よりも結果が出やすいです。水分代謝が悪くなっている方の場合、水分の摂り方に注意が必要です。飲んだ水が排出されなければ、むくみの原因になってしまいます。

冷たすぎない水を少しずつこまめに摂るようにすることや、コーヒーや紅茶などのカフェインの入った飲み物や糖分たっぷりのジュースばかりを飲まないようにする方が良いです。

カフェインは利尿作用がありますが、飲み過ぎると水分不足になりかえって水分を溜め込んでしまいやすくなり、砂糖は水分を溜め込む性質を持っています。水分の摂り方に気をつけながら、足を動かして血流を良くしてむくまないように対策しましょう。

デスクワークなどでずっと座りっぱなしや、立ちっぱなしなど同じ姿勢で動かない時間が長時間続くと血流が悪くなりむくみます。そうなってしまわないように、デスクワークの方は足首を回したり座りながらできる足のストレッチをしたり、たまに立ち上がって歩き回ったりすると良いです。

立ち仕事の方も立ちながらできるストレッチを行うなどして、少しでも血行が良くなるように意識してください。それを継続する事で筋肉太りに見えてしまうむくみを解消する事ができます。

セルライトは燃焼させるのが難しい

ふくらはぎの大きさに悩んでダイエットを頑張って、体重を減らす事には成功しても、ふくらはぎの見た目が変化しない場合もあります。それは足にセルライトという脂肪の塊ができているせいで、ダイエットを続けても脂肪の塊が燃焼しない事もあるためです。

セルライトを自力で燃焼させるのは難しいために、エステサロンを頼って脂肪の塊を減らしてもらっている人も珍しくありません。自力でセルライトを除去しながら、筋肉太りを改善したいと考えているのであれば、入浴中に足をマッサージしてみる事をおすすめします。

体温が高くなっている状態であれば、脂肪の塊のセルライトも柔らかくなっているために、痩身効果のあるマッサージの効果も体感しやすいです。ただし力を込めてマッサージを繰り返すだけでは、燃焼効果を実感できない場合もあります。

脂肪の塊を手で優しく包み込むようなイメージで、セルライトを温めながらマッサージを繰り返していくと筋肉太りも改善しやすいです。まずはエステサロンなどに通って、痩身効果のあるマッサージのやり方を参考にしてみる事もおすすめできます。

プロのエステティシャンのハンドテクニックは、すぐに真似するのは難しいのですが、参考になるテクニックは沢山あります。

ふくらはぎが筋肉太りした時

痩せるために、ダイエットをしたり運動に励んでいるという人は少なくないのではないでしょうか。自分のペースでダイエットに取り組んでいると、少しずつ体重が減ったり見た目が変化していくことがあります。

しかし、人によっては体のパーツが痩せなくて困っているという人もいるのです。例えば、ダイエットをしている時にふくらはぎの筋肉太りが気になるという人がいます。

ふくらはぎの筋肉太りに関しては、必要以上に筋肉がついてしまったために足が太く見えてしまうようになってしまうのです。太く見られたくないと思う人は、悩んでしまう原因ともなるのです。そのような時には、運動の方法を工夫することが欠かせません。

例えば、足を鍛える運動をしている時に、思っているよりもふくらはぎに筋肉がついてしまい、筋肉太りを経験してしまう人がいます。そのような問題を避けるためには、足に筋肉をつけられるような運動を避けた方が賢明です。

例えば、自転車に乗ってエクササイズをすると、ふくらはぎを鍛えてしまうようになります。一方で、ふくらはぎの運動はストレッチのみにとどめておくと、あまり筋肉太りに悩まされることがありません。ストレッチだけでも十分に体に良い影響を与えられます。

マッサージでふくらはぎを細くするには

ふくらはぎの脂肪太りや筋肉太りを改善するのに最も効果的なのは、マッサージです。また、単純にマッサージをするだけでは効果が薄いため、より効果的にふくらはぎの筋肉を落とすのに有効なのがクリームを使うことです。

まず、マッサージ方法ですが、これには何かこれといった方法があるわけではなくとにかく筋肉で凝り固まったり、脂肪がついていたりする足を、ほぐすようにマッサージします。これによって血流の循環がよくなって代謝がアップしたり、老廃物がでていったりといった効能が期待できます。

このときに一緒に使った方がいいクリームがバンビウォーターです。バンビウォーターとは高い保温効果によるカサカサ肌の対策や、超温感による冷え性の対策、また脂肪の燃焼効果や効果の即効性が期待できる点などいいことがたくさんあります。

以上のように、マッサージは太った足を細くする際には単純にふくらはぎの血行が良くなるようにマッサージをすればよく、その時にバンビウォーターというクリームを使ってあげれば、冷え性やカサカサ肌などの女性の悩む症状の改善にもつながります。

ですから、足を細くしたいあらゆる女性にこの方法はおすすめできるものだと思います。

かたい筋肉太りのふくらはぎに効果的なストレッチ

ふくらはぎが太いことがコンプレックスという人は多く、脚やせしようとしてウォーキングをしている人も多いのではないでしょうか。ただかちかちに硬い筋肉質なふくらはぎは間違えた方法だとかえって逆効果になることもありますから、正しい方法を知っておく必要があります。

ふくらはぎの筋肉は脂肪と老廃物で霜降り状になっていますから、この脂肪や老廃物を排出することが何よりも大事です。こういった筋肉質のふくはらぎは運動をしてもある程度にまでしか細くできませんからストレッチやマッサージを行ってしっかりと筋肉をほぐすことが大切です。

かちかちのふくらはぎはもともと表層筋肉がつきやすく体が硬い傾向にあります。そのため頻繁にストレッチを行い乳酸を体にため込まないことがポイントとなります。効果的なストレッチは仰向けになって足裏にタオルをひっかけ、タオルをひっかけた方の足を天井に向かってゆっくりと持ち上げていきます。

次に膝をのばしたまま体勢を3~5分程度キープし反対側も同様に行います。このストレッチを行うことで筋肉をほぐすことができむくみ対策にもなります。ふくらはぎは食事制限を行っても細くすることはできませんから、運動やマッサージ・ストレッチを行うようにしましょう。

美しいふくらはぎを手にいれるエクササイズ

スポーツを一生懸命取り組んできた方ならいざ知らず、普通の生活をする女性が少しのエクササイズで筋肉太りをしてしまうことはありません。筋肉太りをしてしまった場合には『極力筋肉を使わないように生活する』など特殊なダイエット方法が適応されますが、一般的な生活の方であれば、適度に筋肉を刺激した方がふくらはぎが美しく整います。

大切なのはふくらはぎのポンプ作用を刺激し、余分な水分や老廃物を体幹へと押し戻すことです。

つまり、一番効率よく簡単に取り組めるエクササイズは、とにかくよく歩くこと。この時、ハイヒールだとなかなか長い距離を歩くことは難しくフォームも崩れがちなので、なるべくフラットな靴やスニーカーなどを着用すると良いでしょう。

普段よりも大股で歩くように意識すると、自然とふくらはぎや足の裏側をしっかりと使って歩く形になるので、エクササイズ効果が得られやすいためおすすめです。また、運動が好きな方であれば軽いジョギングやランニング、縄跳びといった『跳躍運動』を含むエクササイズを取り入れると、より効果的です。

ジャンプを取り入れた運動は、ウォーキングなど飛び跳ねない運動に比べ負荷が3倍になると言われていますので、その分ふくらはぎもしっかりと刺激され、適度な筋肉をつけることが出来ます。

ふくらはぎと骨盤の関わり

ふくらはぎを細くするためには、血流や体液の流れを正常に戻し、その状態をキープすることが大切になってきます。そういう視点で考えた時、正しい姿勢で生活することは非常に重要です。間違った姿勢で暮らしていると骨や筋肉が歪み、不自然な形で凝り固まってしまうため血流が悪くなりがちです。

特に体の中心である骨盤付近に歪みがあると、全身の血流が悪くなってしまうので要注意です。腰付近で血が滞ってしまうと、必然的に重力により足元に体液が集まり、むくみやだるさの原因になってしまいます。

ふくらはぎが太くなる大きな要因の一つにむくみがあることは周知のことですが、その事態が骨盤の歪みからも引き起こされてしまうのです。解消法としては、正しい姿勢で暮らすこと、骨盤周辺の筋肉をほぐすために腰回し運動やストレッチを取り入れることが効果的です。

こまめに動かすだけでも、骨が本来の位置に戻ろうとする作用が働き、骨盤が整います。あまりに凝り固まってしまった時や人の手を借りたい時には、骨盤矯正のマッサージや整体を利用すると良いでしょう。

施術により骨盤の位置を正しく整えてもらった後は、なるべくその状態をキープできるよう、正しい姿勢を心がけるようにしましょう。足を組んだり左右非対称の姿勢を長時間取ることは、骨盤にとって大きな負担となるので避けましょう。

むくみとセルライトを解消するサプリメントを選ぶ

ふくらはぎを細くしたいのならばむくみとセルライトを改善しなければならないので、サプリメントを選ぶ時は有効成分をチェックします。むくみ解消に効果があるのはカリウムやシトルリン、クマリンなどです。

カリウムは不要な塩分を排出することで水分が溜まるのを防ぎ、シトルリンとクマリンは血行を良くして水分の排出を促進します。カリウムは野菜や果物からも摂取できますが、水に溶ける性質から調理過程で損なわれやすい栄養素です。

シトルリンはスイカ、クマリンは桜の葉やパセリに多く含まれています。どちらも食べ物だけで摂取するのが難しいのでサプリメントを使うことで、ふくらはぎを効率良く細くできます。セルライトは脂肪燃焼成分が効果的で、L-カルニチンやカプサイシンが入っているサプリメントを選びます。

L-カルニチンはダイエットサプリでは定番の成分で脂肪酸をエネルギーに変えることで蓄積したセルライトを分解します。カプサイシンはアドレナリンの分泌量を増やし、体脂肪の分解を促します。体の巡りを良くするので冷え性改善にも効果があります。

インターネット販売で商品を選ぶ時は良い成分が入っていてクチコミがそれほど悪くないものだと後悔しにくいです。

脂肪溶解注射にかかる費用

ふくらはぎは太股とは異なり骨格・筋肉・皮下脂肪の占める割合が違い、ふくらはぎが太いからといって必ずしも皮下脂肪の要素が大きいとはいえません。もし太さの原因が筋肉であればボトックス注射をすることでふくらはぎを細くしていくことができますが、脂肪が原因の場合はボトックス注射を打っても効果は期待できません。

ふくらはぎに皮下脂肪がたくさんついている場合は、脂肪溶解注射が効果的です。皮下脂肪で太くなる原因は体重の問題がありますが、どんなにダイエットを行ってもふくらはぎを細くすることは困難です。

脂肪溶解注射は注射で脂肪を溶かして体外へと排出させる方法で、これまでのメスを使って皮膚を切開し皮下脂肪を取り除く脂肪吸引とは異なりメスを使用しませんから痛みも少なく傷跡も残らないということで近年世界中で愛されている治療法です。

脂肪溶解注射は筋肉太りのタイプではなく皮下脂肪がついてぽちゃぽちゃしている・セルライトができている人におすすめの方法で、効率的に部分痩せを実現できるため日本でも取り扱っているクリニックも増えています。

脂肪溶解注射はクリニックによって価格も異なりますが、1本1万~3万円というのが相場となっています。

太いふくらはぎをカバーするコーデ術

ふくらはぎが太いことにコンプレックスを持っていると、細身のパンツを穿くことに抵抗を感じるという人も多いようです。しかし、色やデザインにこだわることにより、好みのファッションを楽しむことが出来るようになります。

まず、ポイントとしては、脚に密着するものは、黒や寒色系を用いるようにしましょう。黒や寒色系は脚を引き締めて見せてくれます。

そして、パンツを選ぶ時には、サイズの大きいタイプは余計に脚を太く見せてしまう原因となりますので、季節にもよりますが足首の見える短めの丈のパンツを選ぶようにしましょう。足首を見せることにより、脚全体を細く見せる効果を期待することが出来ます。

縦のラインの入ったデザインのものを選ぶことやジャケットと合わせることで目の錯覚により脚長効果を演出することが出来ます。ショートパンツのコーデについては、素足よりもトレンカを選ぶようにしましょう。

トレンカは足先が見えますし、生地が足の甲まで伸びますので膝下を長く見せる効果があります。女性らしいファッションとして、スカートがありますがスカート丈は膝が隠れる程度の長さを選ぶようにしましょう。裾幅が広がるフレアスカートは、脚を細く見せる事が出来ます。