唐辛子に含まれるカプサイシンでダイエット!運動も合わせて効果アップ

理想的な体型になるために様々なダイエット法がありますが、いま注目されているのが唐辛子の辛味成分である「カプサイシン」を使ったダイエット法です。辛いものを食べると体温が上昇し発汗作用が良くなるということは多くの人が経験していることでしょう。確かに、痩せるような気がしますよね。

唐辛子に含まれている「カプサイシン」を摂取すると、脂肪分解酵素リパーゼが活性化され中性脂肪を分解させる効果があるのです。さらにここに適度な有酸素運動を行うことによって効果的に脂肪を燃焼させることができます。辛い食べ物が大好きな人にとっては嬉しいダイエット法ではないでしょうか。また冷え性の人にもカプサイシンを摂取することで体が温まるのでおすすめです。

唐辛子で脂肪を燃焼しやすくする

体内の脂肪を燃焼させるためには有酸素運動が有効です。一般的に有酸素運動は開始してから20分ほど経たないと脂肪が燃焼し始めないと言われています。この20分というのは血液中の糖分を使い切った後に、脂肪を糖分に変えて消費し始めるまでの時間のことです。

しかし、唐辛子の辛味成分であるカプサイシンを摂取することでこの時間を短くすることが出来ます。唐辛子を使った料理を食べると体が熱くなって汗が出たりしますが、これがカプサイシンを摂取した効果です。

この時に体内で起こっていることが、アドレナリンというホルモンの分泌です。アドレナリンが分泌されることで、体温が上がり、新陳代謝が活発になります。そのため血液中の糖分を消費しやすくなります。また、アドレナリンはリパーゼという脂肪分解酵素の活性化と分泌の促進の効果もあります。

リパーゼは、肝臓などの体内に蓄えられた脂肪を分解して糖分にし、血液中に流す機能があります。つまり、血液中の糖分の消費と、脂肪を燃焼できる糖分に変えるという2つの脂肪燃焼までの過程にかかる時間を短くする効果が得られます。このように唐辛子のカプサイシンを摂取することで体内の脂肪を燃焼しやすい状態にすることができます。

カプサイシンダイエットの魅力

近年では、運動不足や高カロリーの食事などによって肥満に悩んでいる女性たちが年々増えてきています。とにかく簡単に短期間でダイエットがしたいと望んでいる人々の間で、大きな関心を寄せられているのがカプサイシンダイエットです。

唐辛子に含まれている辛味成分のカプサイシンは脂肪を燃焼する効果が高いため、初めて挑戦する人も安心して始めることが可能といえます。そして、カプサイシンを摂取した後に有酸素運動を加えることによって、より一層効率的に痩せることも夢ではありません。

カプサイシンの脂肪を分解する働きと、有酸素運動の脂肪を燃焼する役割の相乗効果によって、短期間で引き締まったスリムなプロポーションを手に入れることに結びついているのです。さらに、アドレナリンが分泌されることで体温が上昇して汗をかきやすくなり新陳代謝が活発になります。

運動をしながら健康的に痩せたい女性たちにとって、このカプサイシンダイエットは非常に頼り甲斐のある手段として熱狂的な支持を集めているのです。このように、体の中から温めて汗をかくことによってバランス良く全身痩せすることができると高い評価を誇っています。これからも、その口コミによる人気は高まっていきます。

燃焼力を上げたい人はカプサイシンを

脂肪燃焼力が低くて困っている、最近は身体がよく冷える、といった方にとってカプサイシンダイエットは最適です。代謝が人並み以上に高ければ、たくさん食べても太ることはありません。大食いを売りにする芸能人は、意外にもスリム体型の人が多いはずです。たくさん食べても燃焼させれば問題ないので、燃焼力が弱くなったと感じたら唐辛子を食生活に取り入れてみましょう。

唐辛子の辛味成分のカプサイシンは代謝促進・発汗に役立ちます。糖質や脂肪をよく摂る方はもちろん、発汗量が少ない方にもおすすめです。汗をあまりかかない人は、体内に老廃物を溜め込みやすいと考えてください。汗をかかないのに体臭が強くなったり、少し食べただけで体重に反映する体質になったりします。

中年太りは食事量を適正量にしても痩せるのは難しいですが、これは痩せるためには適正量未満に抑える必要があるからです。これ以上太らないレベルまで食事を抑えても、現状維持にしかなりません。

すでに溜まった脂肪を落とすにはさらなる食事制限が必要で、これには相当なストレスを伴うでしょう。ストレスを溜めずに痩せるためには、カプサイシンダイエットで代謝を促進していく方法が最適です。代謝が上がれば食べて痩せられる体質に変わるので、ダイエットが今より楽になるはずです。

カプサイシンダイエットの方法

カプサイシンでダイエットを行うやり方としては、まず有酸素運動を行う前に含有量の多いトウガラシを使った食事や、サプリメントで補うという方法が挙げられます。

カプサイシンは脂肪の燃焼効率を高めると言われている成分です。有酸素運動を行う前に摂取しておくと、運動との相乗効果によって、さらに脂肪が燃えやすくなります。より効率的に脂肪を燃やしたいのであれば、有酸素運動前に補っておきましょう。

摂取するタイミングとしては有酸素運動を行う約30分から2時間前がおすすめです。30分から2時間前に摂取しておけばちょうど、有酸素運動をするタイミングでカプサイシンの脂肪燃焼効果を得られます。

ただ運動を行う前だと胃が空っぽの状態で、カプサイシンを補う事になってしまうかもしれません。胃腸が弱いという人が空腹時に摂取すると、刺激によって胃痛を感じる事があるようです。胃腸が弱いという人は食事中や食後に、補うようにしましょう。

空腹時を避ければカプサイシンによる刺激が抑えられ、胃の痛みや不快感といった症状を予防できます。食後に摂るという場合、すぐに運動をしてしまうと身体に負担がかかるので、1時間から2時間程度時間を空けて動くようにしましょう。

キムチがおすすめ

カプサイシンを摂取するには、カプサイシンが含まれている唐辛子を使った料理を食べる方法があります。唐辛子は韓国料理や中華料理、イタリア料理など幅広く使われており、スパイシーな辛みが人気の食材です。唐辛子を使った代表的な料理には、チゲ鍋やペペロンチーノ、キムチなどがあります。

一味唐辛子や七味唐辛子にも含まれているので、うどんや蕎麦にかけるという人も多いのではないでしょうか。それからチリペッパーやタバスコ、豆板醤といった調味料にも唐辛子が使われています。手軽に食事でカプサイシンを摂取したいなら、ご飯のお供やおつまみになるキムチがおすすめです。

キムチは発酵食品なので、カプサイシンだけではなく乳酸菌も豊富に含まれています。キムチの乳酸菌は酸に強く、生きたまま腸まで到達することができます。乳酸菌は腸内の善玉菌を増やす働きがあるので、腸内環境を良くして便秘を解消してくれます。そのためデトックス効果も期待でき、ダイエットに効果的です。

また、チゲ鍋は身体を温めてくれる食べ物なので、寒い冬の時期などに人気があります。血液やリンパの流れを良くし、体のめぐりも良くしてくれるので冷え性を改善する効果も期待できます。

カプサイシンはサプリメントで摂るのがベスト

カプサイシンは唐辛子に含まれるダイエット成分ですが、刺激性があるので摂り過ぎには注意してください。辛いものが好きで大量に食べていると、胃痛や下痢を引き起こすことがあります。自分にとって好物でも身体はそうは思っていないことが多いのです。そこでカプサイシンの摂取方法としてサプリメントの活用をおすすめします。

サプリは胃腸に刺激を与えない程度に調整されているので、目安量・飲むタイミングを守っていれば問題はありません。一度に大量に摂るよりも、食事の回数に合わせて摂るのが得策と言えます。例えば1日3粒が目安量なら、それぞれの食事ごとに1粒飲むわけです。

飲むタイミングは指定がない場合は食後と考えておくとよいです。ギムネマや桑の葉などの糖質を抑制するサプリの場合は食前に指定されたものが多いですが、カプサイシンは刺激があることから食後が推奨されています。辛いものや酸っぱいものなどは、空腹時に摂ると胃がキリキリすることがあります。

そのため胃が内容物で満たされた食後に飲むのが好ましいわけです。食後は胃腸が活発になることから、栄養素の吸収率もアップします。サプリメントのパッケージ記載の飲み方は、あくまで一般的なものです。朝食・昼食の摂取カロリーは低くて、夕食はたくさん食べるという方は夕食後に1日分のカプサイシンサプリを摂るのもありです。

カプサイシンは脂肪を燃やしてくれる

内側から燃焼力を引き出してくれるカプサイシンは、安くて入手しやすいダイエット素材です。専用サプリを利用してもいいですし、業務用の粉末唐辛子をオブラートに包んで飲むのもありです。代謝促進・発汗作用によって、全身を温めながら脂肪燃焼を促進してくれます。加齢が原因で痩せない人に最適で、食後に飲むことで胃腸への負担を抑えられます。

胃腸が弱いと唐辛子によって消化器官の不調を招くことがあるので、少量から始めてみるのがいいです。運動と併用すると効果が倍増するので、有酸素運動を毎日行いましょう。脂肪を蓄えないためには食事制限が効果的ですが、すでに蓄積している脂肪を落とすには運動が必要になります。

運動なしで適正体重まで落とすことは可能ですが、多くの時間がかかるので効率が悪いです。短期間で大幅減量をする方法は身体に負担となりますが、時間がかかりすぎる方法も挫折しやすいです。カプサイシンダイエットは運動との併用を基本とし、食前にウォーキングやジョギングをすることをおすすめします。

軽く汗ばむ程度の運動でもよいので、週に3~4日以上は行いたいものです。忙しいと毎日行うのは大変なので、無理のないペースまで減らしてもよいです。ただし減らしすぎると運動が面倒になってしまうので、頻度を減らしすぎないことも大切でしょう。

ダイエットに効果的なカプサイシンも痔には注意が必要

カプサイシンと言えばトウガラシに含まれる辛み成分ですが、辛いものを食べると体が熱くなることからも分かるように、代謝をアップして脂肪燃焼させることができるのでダイエットに効果的と言われています。それもあって最近ではカプサイシンダイエットが密かに流行しつつありますが、中には合わない人もいるので注意してください。

そもそもトウガラシを食べ過ぎると痔になると言った話を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。実はトウガラシに含まれるカプサイシンは消化する過程では分解されません。その為、当然のように便から排出されますが、その際に皮膚や粘膜を破壊して痛みが伴ったり、それを繰り返していると最終的には痔になる恐れがあります。

また、辛いものを食べると肛門の血管が収縮して血液の流れが悪くなるので、そのことからも痔になりやすくなることが分かっています。

もちろん、トウガラシと痔の関係性はハッキリと証明されている訳ではないし、辛いものを良く食べる東南アジアや韓国の人がみんな痔になっている訳でもありません。ですので、日本人の中でも沢山のトウガラシを食べても平気という人もいれば少しの量でも駄目という人もいるので、自分の体とよく向き合って実践するようにしてください。

過剰摂取に注意が必要

カプサイシンという成分は大量に摂取してしまうと、健康を害してしまう恐れがあるので注意が必要です。長期間にわたり大量摂取してしまうと、アドレナリンが過剰に放出されると言われています。脳に影響を与えてしまうと聞くと、かなり不安に感じる方もいるのではないでしょうか。

カプサイシンの大量摂取による脳の影響は、アドレナリンの過剰放出だけではありません。脳細胞が壊れてしまったり、うつや不眠といった精神障害に繋がる危険性もあります。また免疫細胞の働きが弱まり、ガンの発生率がアップするのも過剰摂取で起こる被害です。

辛いものを食べると胃が悪くなると良く聞きますが、カプサイシンは胃潰瘍の持病がある場合だと症状が悪化するという報告もされています。このように取り過ぎによって起こる弊害は様々です。大量摂取を避けてカプサイシンを上手く、ダイエットに活用する事をおすすめします。

また多く摂りすぎると死亡するケースもあるようです。致死量はとなる量は人の、体重1kgあたり60mgから75mgとされています。トウガラシで換算した場合、体重50kgの人だと500本から625本の量を食べると致死量となります。致死量となる量を食べるのはほぼ不可能ですが、摂りすぎないように注意しましょう。

カプサイシンの摂取には効果が認められていない

唐辛子を摂取することで、ダイエットに効果があるということは現在ではまだ理論上のことでしかありません。

唐辛子に含まれるカプサイシンがアドレナリンの分泌を促進し、その結果脂肪が燃焼しやすくなるというのは、それぞれの事象が関連するから繋げて考えられていることです。カプサイシンの摂取で起こる事、アドレナリンが多く分泌されることで起こる事、脂肪が燃焼しやすいとはどういう事かはそれぞれ別の状態で、すべてが続いて起こったかどうかということは試験で確かめられていません。

国立健康・栄養研究所という国の研究所のwebサイト内にはカプサイシンに関連する国内外の研究をまとめたページがあります。この中では成人を対象とした試験では明確な効果が得られたという研究はないとされています。

また、通常の食事からの摂取では問題ないけれど、過剰に摂取すると胃腸への悪影響が出る恐れがあるとされています。カプサイシンは催涙スプレーなどにも使われる成分なので、目や鼻の粘膜に触れると危険なので、粉末状のものを扱うときも注意が必要です。

このように現状ではカプサイシンを摂取するだけで、脂肪が燃焼するという効果が医学的には認められていない状況です。

カプサイシンで安全にダイエットするには

唐辛子の辛味成分のカプサイシンを使用したダイエットは、脂肪燃焼を促進できる方法です。体脂肪が落ちなくて悩んでいる方に最適ですが、胃が活発になって食欲を増進してしまう可能性がありますから、食べすぎに注意しつつ運動も取り入れましょう。

食事制限と運動は併用するのが好ましく、これはすべてのダイエットの基本と言えます。運動なしで脂肪を落とそうと考えても、長期を要することになるでしょう。体重の減り方が遅いとモチベーションが減退してくるので、減量という結果を得るためにも運動はしてください。運動をするタイミングは食前が好ましく、食後に行うよりも体脂肪を効果的に燃やすことが可能です。

カプサイシンダイエットの注意点にはカプサイシンの過剰摂取もあります。摂りすぎは胃腸への刺激となり、胃痛や下痢を招くこともあります。最初は少量から摂取をして、胃腸の調子を見ながら調整していくのがいいです。

空腹時に摂取すると胃壁に刺激となるため、食後に飲むのがおすすめです。一味唐辛子や唐辛子パウダーをオブラートに包んで飲むのもよいですが、手軽に摂取するならサプリが最適でしょう。サプリなら辛さを感じる心配がなく、継続しやすいので挫折を避けられます。

カプサイシンダイエットには多くのメリットがある

唐辛子を食べたときには、大量の発汗を実感できるはずです。発汗が増えるのは代謝が活性化している証拠で、脂肪燃焼を促進してくれます。唐辛子に含まれる辛味成分のカプサイシンを使用すれば、カロリーの燃焼効率を上げて体脂肪の蓄積を予防できます。今までと同じ食事内容なら、代謝が上がる分だけ痩せやすくなるでしょう。

カプサイシンダイエットのメリットは、無理な食事制限・運動が不要なことです。もちろんカロリーを抑えて適度な運動を加えれば痩せやすくなりますが、無理な方法は継続が難しいので結果的に失敗します。

カプサイシンダイエットは誰でも気軽に始められるので、労力を抑えて痩せたい方におすすめです。昔は根性で痩せるのが定説でしたが、現在はプロの視点からも楽をしたほうが痩せることがわかっています。ダイエットには停滞期が存在するため、その時期をうまく乗り切るためにも楽な方法が適しているわけです。

カプサイシンは辛いので大量に摂ると胃壁や腸を刺激しますが、少量ならまったく問題はありません。副作用のリスクがないので、毎日食後に少量ずつ摂取しましょう。食事の香辛料として適量を使用するのも、代謝を上げるコツです。中年太りの原因は代謝不良から生じるので、代謝を正常にするためにも唐辛子を積極的に食べてください。

カプサイシンダイエットにデメリットはある?

唐辛子を食べすぎると胃がキリキリすることがありますが、これはカプサイシンの刺激が胃壁にダメージを与えてしまうからです。口内炎や胃炎・胃潰瘍などのリスクを高めますから、適量を摂るようにしてください。胃腸の強さは人によって異なりますが、胃に不快感を覚える量は摂りすぎです。以前より下痢が増えたと感じる場合も摂りすぎているので、量を減らして様子を見てみましょう。

痩せるために無理をして身体を壊していては本末転倒です。気合いで頑張ろうとしても、人間の身体は内側から悲鳴をあげます。成功率の高いダイエットとは、日常習慣の一部として気楽に継続できる方法です。

唐辛子を含んだ食べ物は食欲を増進するので、暴飲暴食を招きやすいのもデメリットと言えます。カプサイシンで脂肪燃焼を促進しても、それ以上に食べていれば痩せることはできません。食事制限のコツは食事量を変えずに、カロリーを減らしていくことにあります。

食べる量を減らすとストレスになるので、低カロリー食材をうまく活用してください。カプサイシンダイエットを始めてから、全般的に食事メニューが高カロリーになるケースは少なくありません。今までよりもカロリー摂取が増えないように注意しながらカプサイシンダイエットを続けてください。

カプサイシンに副作用はない

カプサイシンは食品に含まれる成分のため副作用は認められていません。市販のカプサイシンサプリはすべて健康食品で、効果・効能・副作用などの記載はないでしょう。ただしカプサイシンには大量摂取により刺激・毒性などがあるため、過剰摂取は避けてください。サプリなら目安量の範囲で摂取していれば問題ありませんが、食品から摂取する場合は注意しましょう。

ダイエットに用いる場合は胃がキリキリしない程度に抑える必要があります。胃が痛いと感じるなら辛味成分による刺激なので、摂取量を減らしたり摂取するタイミングを食後にするなどの工夫が必要です。刺激性は辛味による性質であり、これは副作用とは異なります。そもそも香辛料は大量に食べるものではなく、調理の風味を引き出すために使用されるものです。

食べたあとは大量の発汗を生じますが、これは問題ありません。発汗はダイエットを促進してくれるので、冷え性体質の方は唐辛子を毎日適量食べるとよいでしょう。一味・七味唐辛子などの香辛料として使用する場合は、食欲を増進する点に注意してください。

暴飲暴食をしてカロリー摂取が増えれば、体重増加を招くこともありえます。カプサイシンダイエットに副作用はありませんが、やり方を間違うと逆効果になるので注意です。

カプサイシンダイエットは運動と併用しよう

普段の食生活に唐辛子を追加するだけのカプサイシンダイエットは無理なく痩せられると評判です。食事やサプリで摂取するだけで、代謝を上げて痩せやすい体質に変えられます。大量摂取をすると胃腸に刺激を与えますから、自分にとっての適量を見つけることが大切です。注意したい点は唐辛子の食欲促進作用により、暴飲暴食を招いてしまうことです。

以前より摂取カロリーが増えたと感じたら、意識して抑える必要があるでしょう。正しい方法で実践すれば、カプサイシンダイエットで健康を害することはありません。食品成分のため副作用はなく、毎日摂取しても問題はないのです。

カプサイシンダイエットの効果を高めるためには、運動も合わせるのがおすすめです。運動により基礎代謝が活発になって、体脂肪をより効率的に燃やせるようになります。体脂肪は30代~40代あたりから蓄積しやすくなるので、代謝を維持することがダイエットのポイントとなります。

あまり食べていないのに体重が増加する場合は、ほぼ間違いなく代謝に問題があると言えます。運動は簡単なメニューで問題ないので、毎日少しずつ行いましょう。運動は血流量を増加させて、細胞を活発的にするメリットもあるのです。