基本の食事回数!一日三食はダイエットになる?それとも太る?

ダイエットで確実に痩せるためには、食事の量を減らす必要があります。そのため、プチ断食を行う人も多いですが、それでは栄養が偏る危険があるという意見もあります。

ダイエット中は1日3食しっかりと食べるほうがいいのか、それとも食事回数を減らしても良いのか。これには、さまざまな要因が関連してきます。

ダイエットの基本は1日に3食?

私達の食生活は、朝昼晩の1日3食が基本となっています。ですので、まずはこの3食の食事バランスを良くすることからダイエットをはじめるのがおすすめです。そうすることで、通常の食生活との違いが少なくなるので、ダイエット中のストレスを小さくすることが期待できます。

ダイエット中のストレスが少なくなれば、ダイエットを長く続けていくことができます。その結果、ダイエット効果を高めることができるのがメリットです。

さらに、1回の食事では補え切れなかった栄養も、ほかの食事で得ることができるので、健康的に痩せることができるというメリットもあります。1回の食事でカロリーオーバーしてしまっても、ほかの食事のカロリーで挽回できるのも特徴です。

食事回数を減らすと太るの?

1日3食から2食に減らすとダイエット効果が高まるどころか、逆に太るとよく言われています。これは、1回の食事から次の食事までの時間が長くなることが原因だと考えられます。食事と食事の間隔が長くなると、それだけ空腹感が強くなります。

その結果、知らないうちに食事の量が多くなることが考えられます。さらに、食べるスピードも早くなり、結果としていっぱい食べることへと繋がるので注意が必要です。空腹期間が長くなると、私達の体は飢餓状態だと錯覚することがあります。

そのため、次の食事で得た栄養を、通常時よりも積極的に体に蓄えようと働くこともあります。これらにより、1日3回の食事よりも、2回の食事のほうが太ると考えられています。

摂取カロリーが低いだけでは痩せない

ダイエットで痩せるためには、食事による摂取カロリーを減らし、消費カロリーとの差を大きくする必要があります。ですが、ただ単に食事の量を減らして摂取カロリーを落としても、なかなか痩せないこともあるので注意が必要です。

しっかりと食事の量を減らしているのに、ダイエット効果が少ないという人は、基礎代謝が低下していることが考えられます。これは、筋肉の量が少ないため、消化や体温の維持、呼吸などで使われるカロリーが少なくなっていることが原因です。

このような痩せにくい体質は、筋肉トレーニングをしていくことで改善することができます。ダイエット期間中になりやすい便秘や肌の不調も、筋肉トレーニングで基礎代謝を高めればケアすることができるので、おすすめです。

食事の回数はダイエットとは関係がない

ダイエットと食事は、切っても切れない深い関係があります。食事を意識して摂取カロリーを抑えれば、消費カロリーとの差を大きくすることができるので、ダイエット効果を高めることができます。ですが、単純に食事の回数を減らすだけでは、トータルの摂取カロリーを減らすことが難しくなります。

これは、食事と食事の間が長く空くことで、ストレスを感じることが理由の1つです。私達の体は強いストレスがかかると、食欲が増すという特徴があるので気をつけましょう。これを防ぐためには、逆に食事の回数を増やすという方法があります。

1回の食事の量を減らす代わりに食事回数を多くすることで、ストレスを弱めることができます。ストレスが少ないので、リバウンドしにくいのも魅力です。

栄養の偏りをなくす!1日3食のススメ

1日2食のダイエットは、1回の食事量が多くなりやすいというデメリットがあります。そのため、胃腸にかかる負担も大きくなるので注意が必要です。さらに、1日に2回しか食事をすることができないので、ついつい自分の好きな物ばかり食べてしまいがちです。

その結果、栄養バランスを崩しやすいので気を付けましょう。それをカバーするためには、食事は1日3回を基本にするのがおすすめです。1回の食事の栄養バランスが偏っていても、ほかの2回でカバーすることができるからです。

そのためには、朝昼晩と食事の雰囲気を変えることがポイントになってきます。朝にパンやヨーグルト、フルーツを食べたなら、昼と晩には魚や肉などのタンパク質を補うのがおすすめです。

1日に必要なエネルギーの量は?エネルギー量を意識しよう

ダイエットで食事制限をする場合は、適切な摂取カロリーに注目するようにしましょう。自分の適正カロリーを知っておけば、その範囲内で甘いものや油ものを食べることができるからです。

適切な摂取カロリーは、年齢や身長、性別や1日の運動量によって大きく変わってきます。ですが、成人女性の場合は約1800kcalから2200kcaが目安になります。これを3食に分けるので、1回の食事は600kcakから730kcalほどが適正カロリーになってきます。

食事の回数を1日3回にすると、1回の食事をカロリーオーバーをしても、他の2回の食事で調整することができます。さらに、食事と食事の間隔が短くなるので、空腹を感じにくいこともメリットです。

糖質制限は逆に食欲が増加するって本当?

ダイエットの定番になっているものに、糖質制限ダイエットがあります。この糖質制限ダイエットは、糖質の高いご飯やパン、ラーメンやパスタなどの炭水化物を食べないようにするダイエットになります。炭水化物は、肉や魚、野菜と比べるとカロリーが高いという特徴があります。

そのため、糖質を食べないようにするだけで、ダイエット効果を得ることが期待できます。けれど、極端に糖質をカットしてしまうと、体に強いストレスがかかってしまいます。その結果、コルチゾールというストレスホルモンの分泌が盛んになる可能性があります。

コルチゾールには血糖値を高める性質に加え、食欲を促進するという働きがあります。これにより、リバウンドやドカ食いを招く危険性があるので、急激な糖質カットには注意が必要です。

炭水化物は必須!お米6割おかず4割のバランスを目指そう

糖質カットダイエットの対象となる炭水化物には、ご飯やパン、うどんやパスタなどの主食が多くなります。これらをすべてカットすると、食事の満足感が減ってストレスを感じやすくなるだけでなく、栄養バランスが乱れるというデメリットがあります。

炭水化物は三大栄養素の1つで、体のエネルギー源になるという重要な役目があります。ですので、むやみにカットするのではなく、適量を食べることを心がけましょう。食事をする時は、ご飯などの炭水化物を6割、おかずを4割にすることで、栄養バランスを整えることができあます。

バランスの良い食事を行えば、血糖値の上昇を緩やかにできるうえに、基礎代謝のアップも期待することができるのでおすすめです。

1日3食ダイエットの効果とは

ダイエットにチャレンジしようと思ったら、まずは今の自分の食生活を見直すことが大切になります。自分では食べていないと思っていても、おやつや夜食などで食事回数か4回や5回になっていることがあります。

さらに、コーヒーや紅茶などの飲み物でカロリーを摂取していることもあるので注意が必要です。食事回数を見直し、3回に改善することで、1日トータルの摂取カロリーを少なくすることができます。さらに、太りにくい時間帯に食事を終わらせることもできるので、ダイエット効果を高めることも期待できます。

1日3回の食事は、しっかりと噛んで食べることを意識すると、アゴの筋肉を鍛えることができます。これにより、フェイスラインをシャープにすることが可能です。

栄養バランスが重要!バランスよく食べよう

ダイエット中の食事はカロリー量だけではなく、栄養のバランスにも注目してみましょう。そうすることで体の調子を整えることができるので、健康的に体重を落とすことができます。ダイエットをしていると、便秘になることが多くあります。

これは食べる量が減ってしまうことと、脂肪と共に筋肉量が少なくなり、基礎代謝が低下してしまったことが考えられます。これを防ぐために、食物繊維を意識して食べることが大切です。こんにゃくや海藻類は食物繊維が豊富なうえ、低カロリーという特徴があります。

そのため、たくさん食べることができるので、便秘の改善におすすめです。ダイエットというと、炭水化物や脂質をカットすることが多くなりますが、これらは三大栄養素で体に重要な成分でもあります。ですので、すべてカットするのではなく、適量を食べることが大切になってきます。