モテ肌になろう!夏・冬・花粉の季節にオススメのクリームとは?

夏は乾燥しないからといってクリームでのスキンケアを怠ってはいませんか?夏も冬も肌にストレスがたまる原因が様々存在します。さらに、花粉の季節にもトラブルの要因はたくさんあります。

肌に花粉が付着すると、その部分にアレルギー反応が起こり、かゆみや肌荒れが起きてしまいます。今回は季節でクリームを使い分けることについて、花粉症の方におすすめなクリームについて、体調によって使い分けるクリームについてまとめました。

クリームを季節ごとに使い分ける必要について

日ごろのスキンケアの中で、クリームが大きな比重を占めている女性は多いでしょう。しかし気に入った商品だからといって、一年中同じ商品を使うものは考え物です。季節によって、空気の乾燥度合いや紫外線の強さなどは異なってきます。したがってスキンケアで用いるクリームは、季節ごとで使い分けるのがオススメです。

たとえば春から夏にかけては紫外線が強くなる時期です。アロエなど紫外線によって起こりがちな皮膚の炎症を抑える成分が入ったものや、美白成分が多く含まれたものがオススメです。汗をかいてもべたつきにくいような軽いものを使うと、特に気温の高い真夏に快適に使うことができます。

この季節は湿度が比較的高めなので、乾燥対策よりも汗をかきがちなときでも使いやすい軽めのクリームを選ぶのがコツとなります。逆に秋から冬といった空気が乾燥する季節には保湿力の高いクリームがおすすめです。この頃は湿度が低い分、肌の乾燥が進みがちになります。

肌の乾燥はしみやシワなどあらゆる肌トラブルの原因になりがちです。この時期は逆に使用感が重いクリームを使ってもべたつく可能性は低くなります。むしろこうした保湿力のある製品を使用し、肌の潤いをキープするのがオススメです。

夏用のクリームでトラブルを防ぐ

夏には、夏用のクリームを使ってケアを行ってみるとよいでしょう。夏になると、気温や湿度が上昇してくるため、汗をかきやすくなってきたり皮脂の分泌も過剰になってきます。この状態で、油分の多いクリームを使うことにより、皮脂のバランスが崩れてしまいニキビの発生を呼び込んでしまうのです。

暑い季節には、油分の多いクリームではなく水分を多く含んでいるクリームを使ってケアをおこなってみるとよいでしょう。水分をたっぷりと含んでいるクリームをお肌に使うことにより、夏の乾燥肌を改善できるようになるのです。夏は、肌の表面に脂が分泌されやすくなってきますが、汗をかきやすい状況になるため水分不足も深刻になってしまいます。

この時、水分をお肌に与えることにより、肌の乾燥を解消することが出来たり、コンディションが良くなることでシミの発生を予防できるようになるのです。肌のためには、水分を多く含んでいる化粧品でケアを行うと効果的になるのですが、肌のべたつきが気になるときには、オールインワンを使ってケアを行ってみるとよいでしょう。オールインワンには、様々な栄養分が配合されているだけではなく、水分も多く含まれているためケアとして最適になります。

日焼け止め効果のあるクリーム

クリームを使う時に、日焼けの問題も気になってきます。化粧品を使った後に日焼け止めを塗らないと、紫外線による影響を防止することはできませんが、改めてアイテムを使わないといけないと時間がない時に大変になってくるでしょう。肌のケアだけではなく、紫外線対策も同時に行いたいときには、日焼け止め効果のあるクリームを使ってみるとよいでしょう。

クリームの中には、紫外線を防御する効果の高い成分を配合しているものもあり、肌ケアを行いながら気軽に紫外線からお肌を守れるようになっているのです。便利なアイテムを使うことで、日焼け止めを塗ることなく外出することが出来ますので、ノーメイクで過ごしたいときにも最適になってきます。

また、紫外線防御効果のあるクリームを使うことにより、化粧を行う時の下地代わりにすることもできます。簡単な化粧を行う時に、クリームを塗ってから化粧することで、紫外線があたった時のお肌への影響について心配することなく過ごせる様になるのです。

肌に出来るシミやくすみが気になった時には、使う化粧品の特徴や成分によって選んでみると、普段のケアで紫外線対策を行えるようになってきます。シミができやすい方は、成分に注目してみるとよいでしょう。

UVの危険性と日焼け止めクリームの効果

春は紫外線の急増する時期です。しかし、まだ肌寒い日も多く、夏のような強い日差しではないため、つい油断して紫外線対策を怠ってしまう人が多い時期でもあります。紫外線の種類は波長によって、大きく2種類に分かれます。UVBは肌表面にダメージを与える波長で、日焼けをして肌が黒くなるのはこの影響によるものです。

一方でUVAは肌の奥の真皮にまで到達するため、真皮にあるハリ・弾力に関わるコラーゲン・エラスチンを破壊してしまいます。UVBが8月がピークになるのに対し、UVAは5月にピークを迎えます。そのため、春こそ紫外線対策をしっかり行う必要があります。毎年暖かくなると、ドラッグストアなどの店頭では日焼け止めクリームがずらりと並び、新商品のテレビコマーシャルも良く目にするようになります。

日焼け止めクリームを選ぶ時は、SPFとPAの数値を確認し、普段使いをするものと海や山などのレジャー用で使い分けると便利です。最近の日焼け止めクリームは昔に比べて格段に進化しており、感触が良く、白くならずに塗りやすいものが増えています。

またオーガニック成分で作られたものや、赤ちゃんが安心して使用出来るものもあり、肌が敏感な方でも使用しやすく、選択肢も広がっています。

冬用のクリームについて

季節や年齢を問わず肌トラブルの悩みを抱えている方も少なくありません。例えば、敏感肌や乾燥肌の悩みを一年中抱えてしまい大きな悩みとなってしまっている方もいるほどです。そんな方に敏感肌や乾燥肌の肌トラブルを早期に改善する方法として最もおすすめなのが、保湿クリームを使用することです。

保湿力が抜群な冬用のクリームを使用することで多くのメリットがあります。油分をたっぷりと肌に与えることで化粧水で与えた水分を逃すことなく十分に肌に潤いを与えることも可能です。また、肌のバリア機能が弱ってしまい肌が炎症してしまったり荒れてしまうなのどのトラブルを回避することもできるでしょう。

さらに現在、気軽に手に入れられる冬用の保湿クリームは、保湿成分を高濃度に配合しているものがほとんどです。敏感肌や乾燥肌の原因ともなってしまっているバリア機能を回復し、さらにセラミドなどで油分だけでなく保湿成分を十分に補うことができる点もメリットと言えるでしょう。

また、毎日のお手入れでクリームを使用することで肌触りが柔らかくすることができたり肌に栄養を与えることができるなどの点もおすすめできる理由です。ハリや弾力を与えたり美白成分、抗炎症成分など肌の悩みに合わせて自分にぴったりのものを選ぶといいでしょう。

花粉症の方にはクリームがおすすめ

花粉症の症状はくしゃみや目のかゆみだけではありません。人によっては皮膚アレルギーが出てしまうこともあるのです。お肌が敏感になり顔が真っ赤になる方もいます。程度には差があるものの花粉の時期にアレルギーを抑制したいなら顔にクリームを塗るのもいいでしょう。クリームをつけることによって顔に直接花粉がつくのを防いでくれます、つまりバリアになるのです。

マスクをしたり眼鏡をするのも方法ですがこれに加えてクリームもつけるとより安心できます。ただクリームの効果は永遠ではありませんので顔を洗った後はまた付け直すようにするといいでしょう。予防をするのには最適です。女性のみならず男性でも花粉による皮膚アレルギーに悩まされる方がいますので男性もメンズ専用のものを使ってください。

注意点ですがつける時には必ず自宅でつけるようにしてください。もうすでに外に出てアレルギーが出ている状態でつけてしまいますとただ花粉を封じ込めるだけになりますし防御する効果がありません。できるだけ顔がキレイな状態でつけるのがおすすめです。女性の場合ですと下地や日焼け止めの役割もあるクリームをつけるのがいいでしょう。この上からファンデーションを付けますとより効果的です

体調によってクリームを使い分ける

肌に使うクリームは、一種類のものだけを使うことで、お肌に起こるトラブルを防止できるようになってきます。いくつものクリームを使うことで、お肌に効果的に働きかけることが難しくなる上、様々な成分を使うことでお肌が反応しやすくなってしまうのです。基本的には、一種類のクリームだけを使うことで、お肌を安定させることが出来るでしょう。

ただし、体調によっていつも使っている商品を使うことで肌荒れしやすくなってしまうこともあるのです。体調が崩れたときでも、安心してクリームを使いたいときには、肌荒れしたときでも使うことが出来る商品を購入してみるとよいでしょう。体の状態が不安定になっている時にも使うことが出来るクリームを見つけておくことで、肌荒れしてしまうリスクを防止しやすくなるのです。

一つの化粧品だけではなく、二種類の化粧品を購入しておくことにより、肌や体の状態に合わせてケアを行うことが出来、痛みや痒みを感じることもなくなるでしょう。体調が不安定になった時に使う化粧品については、敏感肌用のものを選ぶことで、刺激を感じることなく使えるようになってきます。敏感肌用のものは、刺激的な成分が少なくなっているため、肌荒れを起こすことなく使えるようになるでしょう。