女性にとって嬉しい味方!ヘルシー食材の豆腐で健康的にダイエット

日本の伝統食材である豆腐は、カロリーが低いのに良質なタンパク質を含みます。ダイエットに効果的であることで知られていますが、ごはんの代わりにするという豆腐ダイエットにすることで、無理なく痩せることができます。

女性の味方!豆腐の成分イソフラボン

豆腐は大豆から作られていますが、豆腐にはイソフラボンという成分が豊富に入っています。イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをすることで知られています。女性ホルモンは年齢を重ねるごとに分泌が減っていきますが、イソフラボンを体内に入れることで、お肌の新陳代謝を活発にしたり、女性らしい体付きにするなどの効果があります。

生理を周期的に行わせたり、自立心毛を安定化するなど、女性の味方といっていい成分でしょう。豆腐はもちろん、醤油や納豆、油揚、きなこ、味噌など、大豆製品に多く含まれているので、意識して食べるようにしましょう。ダイエット中はホルモンバランスが崩れることがあるので、イソフラボンはとても大切です。

いつどのぐらい食べるの?豆腐ダイエットのやり方

豆腐ダイエットは、どのように行うのでしょうか。それは、ごはん、パン、麺類などの主食を豆腐に変えるだけという手軽なものです。ごはんは炭水化物で、糖質に分類されます。糖質はカロリーが高いという特徴がありますが、豆腐にすることでカロリーを抑えることができます。

三食のごはんを豆腐に置き換えることで、150キロカロリーも減少させることができ、摂取カロリーを大幅に減らすことができます。また、豆腐ダイエットでごはんを食べないでいるということは、糖質制限ダイエットも同時に行っているということです。体の中から痩せやすい体質にすることができ、きちんと食べられるダイエットなので空腹に耐えられないということもありません。

お昼に豆腐は抵抗がある…夜だけでもいいの?

職場や出掛けているお昼に、豆腐を食べることに抵抗を感じる人もいるでしょう。豆腐ダイエットは三食行うことで、より効果を発揮しますが、難しいようであれば、朝だけや、朝と夜だけといった使い方もできます。

一食置き換えるか、二食置き換えるかは、自分のライフスタイルに合わせるようにしましょう。無理に三食を豆腐にしてしまうと長続きせず、効果を感じることがないまま終わってしまうこともあります。特に夜は、食べた後にカロリーを消費しないので、豆腐ダイエットにおすすめの時間帯です。

外食の際は無理に行う必要はありませんが、自宅にいる際の夕食は豆腐ダイエットにしてもいいでしょう。ごはんを豆腐に置き換えるだけで、おかずはいつも通り食べて構いません。

手間はかかるけど効果大!高野豆腐

高野豆腐は、豆腐を凍らせて水分を絞った豆腐のことです。乾燥した食品なので、豆腐よりも小さいのに満足感を得られるという特徴があります。水に入れて水分を吸わせるという手間はかかりますが、その分効果は高く、豆腐ダイエットの際にはぜひ取り入れたい食品です。

高野豆腐にもイソフラボンは多く含まれていますし、鉄分やビタミン、カルシウムなど日頃不足しがちな栄養素が豊富です。豆腐ダイエットと同様に、ごはんを高野豆腐に置き換えるだけで、おかずは普通に食べることができます。

高野豆腐は、豆腐のようにそのまま食べることが難しいので、味噌汁に入れたり、煮物にするなどしましょう。味の変化が楽しめ、腹持ちが良いのでダイエットに効果的です。

本当に痩せられるの?その理由とは?

ごはんを豆腐に置き換えるだけで、肉などは普通に食べているのに本当に痩せられるのか不安に感じるかもしれません。しかし、ごはん1杯は200キロカロリーですが、豆腐は1丁で150キロカロリーです。

これだけで、カロリーを減らすことができます。さらに、ごはんを食べないことで糖質制限ダイエットの効果も同時に期待できます。また、ダイエット中は筋肉量が低下することがあります。豆腐には筋肉の元になるタンパク質が豊富に含まれていて筋肉を作り、代謝を上げながらダイエットすることができます。

さらに、豆腐には脂肪を燃焼する効果や、便秘を解消する効果もあります。豆腐というのは、非常にダイエットに向いた食品であることが分かります。

なかなか痩せない!豆腐ダイエットの失敗原因

実は、豆腐ダイエットというのは失敗してしまうという人が多いダイエット法です。その理由は、頑張り過ぎてしまうというものです。三食を全て豆腐ダイエットにするだけでなく、豆腐しか口にしないという人もいますが、これは栄養が偏ってしまいます。

必ずおかずと一緒に食べるようにして、栄養のバランスを考えましょう。なかなか痩せないからと、食べる量を減らす人もいますが、代謝が減ってしまい、痩せにくくなってしまいます。効果が出るまでには時間がかかるということを知っておきましょう。

また、豆腐に飽きてしまい、脂っこいものをたくさん食べることで、豆腐ダイエットに失敗してしまうという人もいます。失敗する原因は、頑張りすぎることと、飽きてしまうことが大きな理由です。

成功の秘訣は豆腐の仕組みを知ること

豆腐ダイエットを成功させるには、豆腐の仕組みを知っておきましょう。豆腐は、水に浸した大豆をくだき、熱したものに、にがりなどの凝固剤を入れることで作られます。作っている間に豆乳になり、豆乳から水に溶けないおからを取り除くことで、いつも食べている豆腐になります。

液体だった豆乳を加熱することで、タンパク質が変性し、固まると言う働きを利用しています。大豆に含まれているアミノ酸が化学変化することで、豆腐というたんぱく質の塊になります。

ごはんよりも含まれている糖質は10%ほどで、豆腐の主成分はタンパク質です。豆腐の水にとけない成分は、おからになるので、やわらかい独特の食感を生み出しています。このことを知っていると、タンパク質が豊富に含まれる理由が分かります。

リバウンドしたくない!気を付けることとは

せっかく豆腐ダイエットをして痩せるのなら、一時的に体重が減るのではなく、リバウンドせずにその状態を保ちたいと考えるでしょう。豆腐ダイエットをしていると、身体の中にイソフラボンなどの豆腐に含まれている成分が多く入っている状態になります。

理想通りの体重になったからといって、すぐにいつも通りの食生活に戻してはいけません。豆腐は意識して食べるようにして、ごはんやパンなどの食べる量にも気を付けましょう。いつも通りの食生活に戻すと、すぐにリバウンドしてしまいます。

豆腐ダイエットの間のように、毎日食べ続ける必要はありませんが、きなこを使ったお菓子など、イソフラボンは体内に入れるようにすると効果を維持できます。

味に飽きないために豆腐のおススメレシピ

豆腐はそのまま冷ややっことしても食べることができますが、毎日では飽きてしまいます。手軽に味を変えるためには、薬味を変えるといいでしょう。醤油だけでなく、ポン酢、オリーブオイルと塩といった組み合わせもいいでしょう。

また、水をよく切った豆腐を使えば、お米の代わりに使ってチャーハンを作ることも可能です。豆腐は崩れやすいので、水を切ることがポイントです。豆腐に片栗粉を加えて、キャベツなどを入れればお好み焼を作ることもできます。

味に飽きないように変化を作ることで、毎日豆腐を食べ続けることができます。薄く切ってトマトなどの上に置いて、チーズのように使うこともできます。ひき肉と混ぜる豆腐ハンバーグもカロリーが低くおすすめです。

ダイエット以外の嬉しい効果も

豆腐ダイエットには、痩せるだけでなく、その他にも嬉しい効果があります。それは、豆腐に含まれるイソフラボンにより、美肌になれるという点です。さらに、イソフラボンには女性らしい体にする働きがあります。

ただ体重が減るのではなく、女性らしいボディラインを維持しながら痩せられるというのは、他のダイエットにはない特徴と言えるでしょう。豆腐には便秘を解消する働きもあります。食べ応えがないと感じるかもしれませんが、継続的に食べることで、毎朝のお通じが変わっていきます。

排泄がうまくいくと、身体の中に余計な老廃物をため込まなくなるので、痩せやすくなり、ニキビなどの肌トラブルを防ぐこともでき、ダイエット以外にも効果を発揮します。