女性には嬉しい効果がいっぱい!豆乳ダイエットで内側からキレイに

体重を減らして健康的にダイエットをしたいという人に人気がある豆乳ダイエットは、栄養が豊富で体に良い豆乳を、毎日飲むだけで効果を実感でき、健康的に痩せることが期待できる簡単な方法として注目されています。

豆乳に含まれている成分とは

豆乳は、大豆を絞ったときに出る水分で、たんぱく質が豊富なことで知られています。豆の味がするため、飲みにくいというイメージがある人もいますが、好きという人も多く、牛乳代わりに飲んでいるという人も多い飲み物です。

豆乳には、脂肪の吸収を抑える働きの大豆サポニンという成分が含まれているため、ダイエット効果があると言われています。また、女性にうれしいイソフラボンや便秘を解消する効果が期待できるオリゴ糖や食物繊維も含まれています。

他にも体の調子を整えるビタミンEやビタミンB群、カリウムやマグネシウムなど、豆乳に含まれている成分は大変多く、美容や健康に良いので、ダイエットの時に積極的に摂取したい飲み物です。

豆乳ダイエットに期待できる効果

健康的に痩せたい人や女性らしくしなやかで美しいボディラインにあこがれている人、リバウンドを繰り返してしまった経験がある人におすすめの豆乳ダイエットは、豆乳を飲むだけでダイエット効果と美容効果を期待することができるダイエットとして注目されています。

豆乳に含まれている大豆サポニンは、血中の余分な脂肪を排出しやすくする効果や脂肪の吸収を抑える効果、便を柔らかくしてお通じを良くする効果などが期待できます。抗酸化作用もあると言われており、動脈硬化の予防やアンチエイジングにも効果を期待することができます。

また、オリゴ糖と食物繊維が便通を良くするため、下腹部がすっきりしたり、食前に飲むことで満腹感を得やすくなり食べすぎを防ぐことも期待できる効果です。

豆乳ダイエットのやり方について

様々なダイエットを試してきたけれども、続かないことが多い人や無理なダイエットで体や肌の調子が悪くなったことがある人、生活習慣病の予防や対策をしたい人などに人気がある豆乳ダイエットは、やり方がとても簡単です。

食事の前に、豆乳をコップに一杯飲むだけで、厳しい食事制限をしたり、激しい運動をする必要がないので、誰でも簡単に始めることができ、続けやすいことが人気の理由です。食事の前に飲むだけで、満腹感を得られるので、食べすぎを防ぐことができます。

コップ一杯の豆乳を飲んだ後には、普段通りの食事をするだけなので、ストレスを感じることなく、気軽に続けることができるところが魅力です。脂肪の吸収を抑えるなどの効果を高めたいときには、濃度が高い無調整豆乳を飲むとよいでしょう。

どんな豆乳を選んだらいいの?

豆乳ダイエットをする場合に、豆乳が好きという人は、無調整を選ぶことがおすすめです。無調整豆乳は、大豆のみで作られており、大豆の栄養が丸ごと入っていることが特徴です。ダイエット効果が高いので、豆乳が苦手な人は、大豆特有のくせや青臭さが気になる場合もあります。

豆乳が苦手な人や飲むのが初めての人は、大豆の栄養が含まれており、砂糖や植物油などを加えて飲みやすくしている調整豆乳から始めるとよいでしょう。調整豆乳もさらに飲みやすいのが、豆乳飲料です。

最近は様々なフレーバーがあり、人気がありますが、ダイエット効果は低めです。無調整豆乳や調整豆乳に自分でいろいろな食材と組み合わせて作った方が、添加物が入っておらず、栄養もたっぷり接種できるのでおすすめです。

豆乳を飲むタイミングはいつ?

豆乳ダイエットをするときに大切なのが、豆乳を飲むタイミングです。ダイエットのために豆乳を飲む場合には、食前に飲むことがおすすめです。

満腹感を得やすく、食べすぎを防ぐ効果が期待できるので、食事の30分前に飲み、空腹感がおさまったところで食事をはじめ、おなかがいっぱいになる前に食事を終わることで、摂取カロリーを抑えることができます。

また、毎食前に飲むのがつらいという場合には、夕食を食べすぎる傾向がある人は夕食前に、夕食は軽く済ませているという人の場合は、朝食前に飲むことがおすすめです。朝食前に飲むことで、効率よく大豆の栄養を摂取することができ、便秘解消にも役立つため、気になるおなかをすっきりとさせることができます。

タンパク質が豊富!きなこ豆乳ダイエット

おもちにつけたり、和風のスイーツにかかっていたりすることが多く、普段は食べる機会が少ない人が多いきなこですが、きなこは、大豆を粉にしたものなので、良質なたんぱく質や脂質、食物繊維やミネラルにビタミンと、体に必要な栄養素がたくさん含まれています。

豆乳も大豆からできているため、効率よく栄養を摂取することができ、ダイエットにもなるのでおすすめです。コップ一杯の豆乳に大さじ2のきなこを入れて、かき混ぜます。はちみつを少量加えると飲みやすくなります。

きなこと豆乳に加えて、蜂蜜にも便秘解消効果が期待できるので、便秘が気になる人や便秘による肌荒れ対策をしたい人におすすめなのが、きなこ豆乳ダイエットなのです。

満腹感を得られる!バナナ豆乳ダイエット

豆乳が苦手な人でも、バナナの甘さとおいしさで、飲みやすくなるため人気があるのが、バナナ豆乳ダイエットです。バナナは、見た目よりもカロリーが低く、満腹感を得やすい食品です。豆乳も、体の中でゆっくりと吸収され、分解されるので腹持ちがよく、ダイエットに適しています。

バナナと豆乳を組み合わせることで、体に必要な栄養素やエネルギーを高め、空腹感を感じにくくなるため、ダイエットに向いている組み合わせです。

便秘解消の効果も高く、食物繊維やオリゴ糖など、便通を良くする成分がたっぷりと含まれているので、朝食代わりに飲むことで、便通を促したり、夕食前に飲むことで、満腹感を与え、暴食を防ぐことができます。味が良く、続けやすいことも人気のポイントです。

若返り効果も!?青汁豆乳ダイエット

昔と比べると、味が良くなったと言われていますが、独特の青臭さが気になって飲みにくいという人も多い青汁は、野菜の栄養素が豊富に含まれているため、ダイエットの時に手軽に栄養を補給することができる便利な飲み物です。

青汁と豆乳を合わせることで、青汁の青臭さがマイルドになり、抹茶ラテのような風味を楽しむことができるので、大変飲みやすくなります。

青汁には、食物繊維やビタミン、ミネラルなど肌に良い栄養が豊富に含まれており、豆乳にもアンチエイジング効果があるレシチンが含まれているため、青汁豆乳ダイエットをすると、血流促進や細胞の活性化を促し、若返り効果が期待できるという訳です。

青汁は豆乳に溶けにくい場合があるので、少量の水に溶かしてから豆乳を加えることがおいしく飲むためのコツです。

ポリフェノールで美しく!ココア豆乳ダイエット

女性らしい美しさを目指している人にはココア豆乳ダイエットがおすすめです。ココアには、抗酸化作用と言って、細胞などの酸化を防ぎ、アンチエイジングになるポリフェノールが含まれています。

他にも、ビタミンB群や食物繊維、ミネラルなどが豊富に含まれているので、ダイエットをしているときに不足しがちな栄養素を補ってくれる働きがあります。ココアを飲むときには、お湯や牛乳に溶かしている人が多いのですが、ダイエットの時には、少量のお湯でココアを溶かした後に、豆乳を加えるとおいしく飲むことができます。

ココアの香りと風味を楽しむことができるので、豆乳が飲みにくいという人でもおいしく飲むことができ、疲労回復やストレス解消効果も期待できます。

豆乳ダイエットで気をつけること

豆乳ダイエットは、食事制限がつらいという人でも、満腹感を得やすく、栄養もしっかり摂取することができるので、ストレスを感じることなく、自然に体重を減少させることができるところが人気のダイエットです。

豆乳を食前に飲むことで、満腹感を得られるのですが、豆乳自体にもカロリーがあるため、たくさん飲みすぎると逆効果になる可能性があります。一日の摂取量を200ml~300ml程度になるように調整し、飲みすぎないように気をつけながら、毎日続けることをおすすめします。

また、味が好みではないからと言って、砂糖などをいれたり、ジュースで割ったりすると糖質が多くなってしまうので気をつけましょう。豆乳ダイエットの時には、バランスの良い食事を控えめにとることを心がけることも大切です。