女性も男性も要チェック!結婚式の親族の服装について

結婚式は二人の新たな門出を祝福する場であるため、服装に関してはどの立場で出席する場合も慎重に選ぶ方が多いです。家族に相談する事も対策の一つですが、引っ越しなどで遠方からの出席となるケースも多いです。また、両親がインターネットを使用しない場合は、説明が電話などでは難しい事もあります。

そのため、自分で調べてその場に合う礼装で行くことが望ましいです。友人であれば、その時の流行のドレス等を調べて着用できますが、親族の結婚式であれば何を着用するのが正解かわからない方がたくさんいます。それを解消するためにわかりやすく説明します。親族としてどの立場で参列するかでも礼装は若干異なるため、こちらを読んで参考にしてみて下さい。

結婚式で親族の服装は何が違うのか

結婚式にお呼ばれして、一番最初に悩むのは服装ではないでしょうか。せっかくのお祝いの席なので、女性は特に素敵なドレスを着たいですね。しかし親族の場合ドレスコードは、一般参列者とは少し違ってくるので注意が必要です。

結婚式のドレスと言えば、華やかなカラーのドレスにショールやボレロを羽織るのが一般的ですね。しかしそれは、あくまで友人や会社の同僚にお呼ばれした、おもてなしされる側のものです。親族になると、ゲストをおもてなしする側になります。そのため、華やか過ぎるものは控えるのがマナーです。

ドレスの色は、少し控えめなものにしてください。基本はおもてなしをする側なので、ゲストよりは目立たないフォーマルなものを選ぶ必要があります。羽織ものはボレロやショールではなく、ジャケットを選ぶと良いでしょう。アクセサリーも、あまり華美なものは控えてください。

男性の場合、お洒落なスーツは控え礼服を着用しましょう。カラフルなネクタイも素敵ですが、親族の場合は白のお祝い用のネクタイを締めてください。結婚式の主役は新郎新婦であり、披露宴は列席者に感謝の気持ちを込めておもてなしをする場です。新郎新婦のために、しっかりとおもてなしの気持ちを持って参列しましょう。

結婚式の服装は立場で選ぶ

結婚式に着ていく服は昔に比べて自由になりつつありますが、それでも伝統を大事にしていたり、礼儀を大事にしている人はいるので、誰が見てもおかしいと思われないような服装をしていくことが大切です。

また、結婚式では自分が既婚か未婚かによっても着る服というのが異なってきます。男性の親族であれば既婚でも見込んでも変わらないですが、女性の場合は既婚であれば振袖は着れないものです。まだ若い年齢で、既婚の人が着る留袖を着たくないという人であれば訪問着にしても良いですが、それよりは色留袖を選んだほうが良いです。

留袖は一般的には黒ですが、今はそうした若い人の留袖として、色の留袖もあります。着物は色や柄が華やかなもののほうが見栄えがしますが、既婚であればあまり華やかさを表に出さないほうが良いこともあります。親族であればなおさらでしょう。

未婚であれば振袖やパーティードレス、既婚であれば留袖か控えめなパーティードレスが好ましいものです。自分の立場で着る物を変える必要があるので、相手の親族の着る物も意識しながら選んでいくと良いです。結婚式は相手のこともあるので、自分が良いと思っても趣味に走らず、失礼にならないものを選択するようにしましょう。

結婚式にのぞむ親族の服装

結婚式において新郎新婦の親族はゲストをお迎えする側に立ちます。新郎新婦は格式高い正礼装、ご両親も格式高い留袖やモーニングを着用します。そんななかお迎えするはずの親族が礼を失した服装をしていると、新郎新婦の友人や会社関係の方も違和感を感じてしまい気まずい雰囲気になってしまいます。

独身の新郎新婦の姉妹や親戚なら振袖が華やかです。振袖は未婚女性の正礼装となります。大振袖は花嫁も着ることができるので中振袖か小振袖にしましょう。未婚女性でも振袖を着るのに抵抗のある世代なら、色留袖を選びましょう。色留袖とは、地色が黒以外の留袖のことです。

未婚でも既婚でも着ることができます。ただしこの場合は着付けの際に、華やかでフォーマル感のある変わり結びをオーダーしたほうがいいです。既婚の姉妹や親戚なら黒留袖を選びます。既婚女性の正礼装であり、媒酌人夫人や花婿花嫁の母もみな黒留袖を着ます。

ただ挙式には列席しない親族や、黒留袖を着るには少し若すぎる世代なら色留袖も選択肢に入れましょう。宮中では黒は喪の色とされているため、色留袖が用いられています。叙勲などで宮中に参内する場合は色留袖を着用するのが慣例になっています。

結婚式に出席する際の正礼装とは?

親族の結婚式に出席する際、お家柄には関係なく、基本的にゲストを迎える側であるという意識での衣装選定が必要です。こういった行事には、正礼装と準礼装のどちらかでの出席か一般的です。新郎または新婦との関係性では、普通両親であれば正礼装が適切です。正礼装は、和装と洋装どちらもありますが、男性親は洋装で女性親は和装を選ぶ場合が多いです。

具体的には、男性の洋装であればモーニングまたはタキシードに黒ネクタイとされています。しかし、最近ではタキシードが多くなっています。女性は、モーニングあるいはイブニングドレスです。和装であれば、男性は紋付羽織袴(黒紋付五つ紋、黒羽二重五つ紋)です。女性は既婚者なら黒留袖、未婚者なら色留袖で共に五つ紋または振袖が正礼装です。

振袖を選択する場合には、主役よりも色を抑えたものあるいは袖の短いものにするのがマナーです。なお、未婚女性については和装洋装どちらも見受けられます。振袖であれば、成人式のものを選択しやすいのですが、色や袖のマナーが守れているかは重要なポイントとなります。せっかくの振袖がマナー違反となり主役の立場をや常識ある親族として振る舞えるようにしなければなりません

親族の結婚式の装い

基本は「ゲストを迎える側」

親族の結婚式での服装として、基本的には新郎新婦側としてゲストを迎える側としての意識を持った服装である事が前提です。その際、正礼装と準礼装のどちらを選択するかということがあります。

正礼装とは最も格式高い装いとされ、一番近い新郎新婦の両親は、正礼装を選択するのが一般的です。その他の親族は、正礼装を簡略化した準礼装でも良いでしょう。また、既婚者であるか未婚者であるかでその装いも変わってきます。

正礼装と準礼装の基本は?

和装の正礼装は、男性は紋付羽織(黒紋付五つ紋または羽織二重五つ紋)と白足袋、雪駄です。女性は、既婚者であれば黒留袖五つ紋、未婚者は色留袖五つ紋か振袖です。洋装であれば、男性はモーニングタキシードと黒ネクタイで女性は、ドレスです。

準礼装であれば、男性はダブルスーツで白やシルバーのネクタイ、女性ならフォーマルワンピースか和装または訪問着です。色味を抑えて品格が出るようなものならゲストに失礼はありません。

また、訪問着は、未婚期間問わず着ることが出来ますし、胸元模様など配慮して親族らしい装いのものを選べば問題はありません。兄弟や従兄弟または叔父や叔母など、両親以外はこちらを選ぶことが最近では多くなっています。

結婚式での正しい親族の服装とは

結婚式は、ゲストで呼ばれた人であればパーティードレスやスーツ、着物など基本的に花嫁の衣装とかぶらないものであればOKですが、親族であればちゃんとマナーを守ったものでないといけません。新郎新婦の兄弟・姉妹が着るべき礼装についても調べておくと良いです。新郎新婦の兄弟であればスーツが無難です。

あまりにもきらびやかなスーツは新郎より目立ってしまうのでいけませんが、黒の無難なスーツか、お洒落なビジネススーツでも良いです。ポケットのハンカチなどでお洒落さを出しても良いでしょう。そして姉妹が着るべき礼装は、未婚であれば振袖、既婚であれば留袖が好ましいです。まだ若い年齢であれば留袖の柄を華やかなものにしたり、色留袖にして華やかさを出しても良いです。

ですが教会式やパーティ式などのカジュアルな式であれば、着物でなくても、スーツやパーティードレスでも大丈夫です。また、日本で行う式ではなく外国で行う式であれば民族衣装も礼服となるので、現地で調達するというのも良いです。

人気のハワイ挙式であれば礼服はムウムウというワンピースなので、新郎新婦の兄弟・姉妹が着るべき礼装もムウムウやアロハシャツが好ましいということになります。

結婚式の親族の服装について知ろう

新郎新婦の祖父・祖母が着るべき礼装に決まりはないですが、好ましいのはやはり留袖やスーツといった礼服です。祖父はスーツ、祖母は留袖であれば失礼になりません。ですが結婚式に参列する祖父・祖母というのは高齢で車いすで参加するようなこともありますから、無理をせずに着やすい服を着れば良いということもあります。

特に今は晩婚の時代ですから、若い祖父や祖母であれば良いですが、そうでない場合は祖父にはスーツ、祖母には体に負担にならないワンピースなどで良い場合が多いです。祖父や祖母であってもデニムやカジュアルすぎる服は良くないですが、カジュアル形式の式であれば、周囲も軽い軽装であることがあるので、ちょっとお洒落なシャツも良いです。

どういった形式の式に参加するかによっても服装は変わってくるでしょう。また、礼服を持っていない祖母であれば、綺麗なショールを普段着の上に羽織っていっても良いです。

ショールやアクセサリーでお祝いの服にすることができますから、祖母に着る物によって負担をかけないようにすることが大事です。また、ウエストを締め付けない礼服を選ぶことも大事です。ウエストは締め付けないタイプのロングスカートもおすすめです。

親族の服装は時代によって変わる

結婚式に新郎新婦のおじやおばが着るべき礼装というのは時代と共に変わるものです。昔に比べて結婚式も形式にとらわれなくなってきていますから、そうしたおじやおばが着る礼装というのも形式どおりではなくても良いということが多いものです。

昔であれば訪問着が一般的でしたが、おじもおばもまだまだ若い年代であれば、お洒落なパステルカラーの訪問着も良いです。また、振袖をアレンジして作られたお洒落な若いイメージの訪問着も結婚式であればおすすめです。おじはスーツが良いですし、スーツも黒が一般的です。

また、おばはパーティードレスでも良いですが、おばという立場であればドレスも派手なものは避けましょう。着物であれば多少派手な柄でも良いですが、ドレスは露出が多かったりあまりにも派手だと目立ってしまいます。自分が目立たず、けれど式には華を飾れるようにすると良いです。

おじやおばということで参加するのであれば目立たないようにすることが大事ですから、礼服もそのように配慮しましょう。そしておじやおばであればまた同じ親族の式に出ることも考えられますから、前に利用した礼服などは着ないようにし新しいものをレンタルして着るというのも良いです。

結婚式で着ていく服は周囲の目も気にしよう

結婚式に招待されると何を着ていこうか迷うものです。普段華やかな服装をしないような女性であれば、結婚式に招待されたことによって華やかな衣装を着れることにもなるので、楽しみにもなるでしょう。ですがそれは友達や知り合いといった人に限ったことで、親族であれば新郎新婦の迷惑にならないように人の目をある程度気にしなければいけないこともあるものです。

ですからいとこ・その他親族であれば誰が見ても失礼にならないような着物を選ぶのも良いです。着物は年齢を問いませんし、会場が華やぐので喜ばれます。振袖は独身の親族しか着ることができませんが、訪問着であれば誰でも着ることができるのでおすすめです。

また、いとこやあまり近くない親戚であればパーティードレスでも良いですが、肌を露出しないようにもしましょう。肌が露出するタイプであれば、ショールで隠せるようにすることで配慮をすると良いです。ノースリーブのものなども、必ずジャケットや羽織り物を用意しましょう。

また、親族であればあまりにも丈の短いスカートのワンピース、スーツなども避けるようにすると良いです。ひざ下であれば上品にも見えるので、ちょうど良い礼服として利用できます。

子供の礼服はお金をかけなくても出来る

結婚式に着ていく礼服は、大人であればどういったものを着れば良いか今までの経験などで分かっているようなことも多いですが、悩むのが子供です。子供もまだとても小さい年齢であれば途中で騒いでしまうようなこともあるので連れて行かないほうが良いこともありますが、小学生くらいの年齢であれば連れて行っても大丈夫なことが多いです。

ですから子供も招待されたような時は、それなりの礼服を用意しましょう。子供の礼服は卒園式や入園式の時に着るような服でも良いですが、そういったスーツ系のものがないのであれば、紺や黒のニット、または上着を用意したり、ワンピースを着させるようにしましょう。

黒や紺系の無地の服は高価なものでなくてもしっかりして見えますし、礼服に最適です。また、女の子であればワンピースで十分です。夏に着るような部屋着っぽいワンピースはNGですが、春物であればワンピースとカーディガンで十分です。

また、スカートであればレースのシャツを合わせるようにすれば結婚式に着ていく服として場違いになりません。フレアスカートやプリーツスカートなど、上品に見える物を選択すると良いです。子供の礼服はお金をかけなくても用意することができるものです。