妊娠中の青汁は成分に注意を払おう

妊娠中に手軽に野菜の栄養素を摂取する方法として、青汁を取り入れる人も多いかと思います。

妊娠中でも飲むことができる青汁が最近人気ですが、これまで飲んでいたものを引き続き飲みたいといったり、気になるものがあるという場合には、成分をしっかりチェックして飲むようにしましょう。

青汁はなんのために飲むのか

青汁は現代人の野菜不足を補うために、手軽に利用できる飲料として今とても人気があります。食生活の欧米化が進み、現代人は野菜を摂取する機会が減りました。野菜にはたくさんのビタミンやミネラル、食物繊維などが含まれているため、私たちの健康も美容も整えてくれます。

その野菜を摂取する機会が減ったということは美容にも健康にも必要な栄養素が不足しているということです。しかも青汁は野菜そのものを絞った汁であることからダイレクトに野菜の栄養素を摂取することができます。

普段の食生活の栄養を補うために、便秘解消のために、また妊娠中の栄養補給のために、青汁は様々なシーンで私たちの栄養不足解消のために力を発揮してくれます。

青汁自体は妊娠中に飲んでも問題ない

青汁を妊娠中に飲んでも大丈夫かなと心配する人も多いかと思います。青汁は成分的に栄養素が豊富でも、濃すぎて刺激が強そうなイメージがあります。ですが、そもそも青汁自体は葉物野菜を絞ったものなので妊娠中に飲んでも問題はありません。

ただ、飲みやすさを求めてカフェインを多く含んだお茶が配合されていたり、食品添加物を多く含むもの、糖分を多く配合しているものがあるのでパッケージの成分表をしっかりチェックしてから購入する必要があります。

もしも青汁を飲むことで心配や不安があるのであれば、医師に相談して飲んでもいいか確認をとってから飲むようにしましょう。そうすることで安心して飲むことができますし、気を付けることがあれば助言を受けることができます。

栄養不足になりがちな妊婦には青汁が強い味方となる

妊娠中は妊娠する前に比べてよりたくさんの種類の栄養を沢山摂取しなければなりません。母体だけでなく、お腹の赤ちゃんの分の栄養も補給しなければならないので、どうしても栄養不足になりがちです。なので、青汁はそういった妊婦さんの栄養補給に一役かってくれます。

特にビタミンや葉酸、鉄分やマグネシウム、カルシウム、葉酸といった栄養素がバランスよく摂取することができるので、普段野菜を積極的に摂取したいと思ってもなかなか叶わないといった人にはお勧めです。

特に最近では妊婦さん用の葉酸も作られており、妊娠中に摂取したい成分に加えて、乳酸菌やオリゴ糖などを配合したものも多くあります。なので、そういった妊婦さん専用の青汁を選択するのも一つの方法です。

妊娠中に摂ってはいけないビタミンAは動物性のもの

妊娠中に摂取しすぎると奇形や流産のリスクが高くなるため、ビタミンAの摂取に気を付けなければならないと言われますが、実はビタミンAは動物性のものと植物性のものに分類することができます。

動物性のビタミンAは主に動物性の肝に含まれています。これは摂取しすぎてしまっても尿から排泄されないため、体内に蓄積されてしまいます。一方で植物性のビタミンAは緑黄色野菜に含まれています。

こちらは摂取しすぎると尿から排泄されたり、抗酸化作用の物質として使われたりするため、過剰摂取した際の副作用というのはありません。特に青汁の主成分として使用されるモロヘイヤや明日葉などに多く含まれています。

なので青汁を飲む差うにビタミンAの摂取過剰については心配しなくても大丈夫です。むしろビタミンAは摂取過剰だけでなく不足しても発育不良などの心配もあるため適度にしっかり摂取しましょう。

青汁には妊娠中に摂りたい葉酸も多く含まれている

青汁には葉酸も多く含まれています。葉酸は妊娠中を通して非常に重要な役割を果たしています。特に妊娠初期の神経や脊髄、脳といった重要な体の部分が形成される際に、盛んに細胞分裂をしてどんどん胎児は大きくなっていきます。

その時に細胞をミスなくコピーして増やすのに必要なのが葉酸なのです。なので葉酸が足りないと、無脳症や二分脊椎といった神経管閉鎖障害の発症リスクが高くなってしまうのです。

そして、葉酸は造血作用にも大きく関わっているため、葉酸が不足してしまうと母体が貧血になってしまったり、血液にのせて胎児へ酸素や栄養素を運搬するため、胎児へうまく栄養を届けることが出来ずに胎児の発育不良につながってしまうので葉酸不足は妊娠中は避けるべきです。

1杯飲むだけでも栄養を補ってくれる

青汁はコップ1杯飲むだけでも、ギュッと栄養が凝縮されているため、栄養をしっかり補うことができます。特に青汁に含まれる緑黄色野菜を摂取することで、手軽にビタミンやミネラル、食物繊維を補うことができます。

そして青汁は普段の食生活で補いきれない栄養素がバランスよく配合されているので、例えコップ1杯でも一日に必要な栄養を補うのに匹敵するだけの栄養素を摂取することができるのです。

どうしても青汁を製造する過程で加熱したりする必要があれば、野菜全ての栄養素を抽出することは難しいですが、それでも普段の食事に気を遣いながら青汁も摂取すれば効果的に野菜の栄養を摂取することができます。

なので毎日続けて飲むことが重要になりますし、長く続けることで健康にも美容にも効果が現れます。

カフェイン入りの青汁は避けよう

青汁を飲む際には、カフェイン入りのものはできるだけ避けた方がいいでしょう。カフェインを摂取しすぎることで、栄養の吸収が悪くなったり血流が悪くなるといった悪影響がありますので、赤ちゃんの成長の妨げにもなりやすいです。

また流産のリスクも高くなるため、これ以上は飲まない方がいいという基準値以上は摂取しない方がいいでしょう。特に青汁に関しては、苦くて青臭くて飲みにくい状態から抹茶や緑茶を配合して飲みやすくしたものも多くあります。

その青汁に含まれるカフェインが少なくても、カフェインは一日のトータル摂取量として換算するため、他の食べ物からも摂取する可能性があるのであれば、青汁はカフェインを含まないものを選ぶ方がいいでしょう。

果糖の少ないものを選ぼう

青汁を選択する際に、飲みやすさを求めるあまり、果物を多く含んで飲みやすくしたものを選択する人も多いかと思います。でも果物が多く配合された果糖が多いものはカロリーも多くなりますし、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症にもなりかねません。

また、果糖を摂取しすぎると胎盤が変異して胎児の成長が妨げられてしまいます。なのでできるだけ果糖の多いものは選ばないようにしましょう。どうしても青汁をそのまま飲むのは苦かったり飲みにくさを感じるという場合には、豆乳や牛乳で割ったり青汁を飲みやすくする工夫をするといいでしょう。

もちろん果物を摂取するメリットも多々あります。果物にはビタミンも沢山含まれていますし栄養は豊富です。なのでフルーツが配合されているものを選択する際にはできるだけ果糖の少ないものを選択しましょう。

妊娠中は特に安全性の高い青汁がおすすめ

妊娠中に青汁を摂取して栄養を補うのはいいのですが、青汁は原料や成分、製法、国産などにこだわるとそれなりに高額になります。

安い方が続けやすい、といった安易な考えで青汁を選択して購入すると、実はその原料が農薬残量の検査がされていなかったり、土壌汚染された土地で栽培された原料が使われていたりすることもあるので、そうなると母体だけでなく胎児にも悪影響です。

なので、安全性が高い商品かどうかというとこをしっかりチェックしてから青汁を飲むようにしましょう。特に国内で作られたものは、国の定める基準値をクリアしたものが多くあるのでおすすめです。

自分と赤ちゃんの安全を守るためにもしっかりどういった商品なのかを見定めることが重要です。

健康的な青汁も飲みすぎると逆効果に

ただ、いくら健康的と言っても青汁を飲み過ぎると逆効果で健康を損ねることになりかねません。青汁には食物繊維も多く含まれていますが、便通にいいといっても不溶性食物繊維を摂取しすぎると逆に便秘になってしまいます。逆に下痢や吐き気といった症状に悩まされることもあります。

また、ビタミン過剰摂取になりかねません。ビタミンKは摂取しすぎると溶血性貧血になる可能性もでてきます。一日に水代わりに何杯も飲んだりすることがなければ、問題なく飲むことはできますが、妊婦に限らず、青汁は飲み過ぎはよくありません。

せっかく身体にいいものなので、決められた用法と用量を守って、食事に栄養素をプラスするという形で摂取するといいでしょう。