始める前に知っておきたいスクワットダイエットを成功させる方法

室内で運動して効果的にダイエットしたいと考えている人も多いでしょう。スクワットダイエットが非常に注目を浴びているのですが、始める前に効果的なスクワットの方法を知っておくことがとても大切になります。スクワットは太ももの筋肉を鍛えるトレーニングになるのですが、体の中で一番大きな筋肉になるため、この筋肉を使うとエネルギーを一番使うことになるのです。

スクワットをする場合には、なるべく全身の筋肉を使うことをイメージすることが大切になります。そうすると、太ももの筋肉だけでなく全身の筋肉をまんべんなく鍛えることができるからです。トレーニングするときには、スピードは重要ではなく、ゆっくりと筋肉を動かすことが大切です。

スクワットダイエットで気軽に痩せる

スクワットダイエットをすることで、気軽に痩せられますのでチャレンジしてみてください。とは言っても、闇雲にスクワットをするだけでは駄目でやり方や期間に注意をしてください。スクワットをすると、脚はもちろんのこと、お腹や全身の脂肪を燃やせられます。ちょっとした時間でダイエットができるため、すぐあきらめるのではなくしばらくの間続けることが大切です。

脂肪がなくなるだけでなく、筋肉がついてくれることも嬉しい効果です。太ももや脚、腕、背中の筋肉が発達していきます。スクワットをしてみると分かるのですが、意外と体力を使う運動です。だからこそ、脂肪の燃焼効果が高い運動として知られています。部分的に痩せるのではなく、身体全体を細くしたい人におすすめです。

見た目がスッキリとなって、理想のプロポーションが手に入るでしょう。これまでにどんなダイエットをしても成功しなかった人こそ、スクワットダイエットに挑戦してみてください。ただし、筋肉がムキムキにならないようにします。

太ももに筋肉が付きすぎてしまうとスタイルが悪くなってしまう恐れがあります。ほどほどに運動をするようにしましょう。手を前にまっすぐ伸ばすのが正しいやりかたです。

下半身を効果的に引き締めたい人にオススメ

スクワットダイエットは、全身の筋肉をバランスよく鍛えながら脂肪をスムーズに落とせる方法なので口コミが気になっている人も多いのではないでしょうか。大殿筋や大腿四頭筋、下腿三頭筋を効率良く鍛えることができるので、お尻や太腿を引き締めたい人にオススメの方法です。

15回くらいスクワットすると腹筋500回に相当すると言われているので、ウェストの引き締めや下腹のでっぱりを解消したい人にぴったりですよ。スクワットダイエットを実際に実践した人の口コミを見ると、食事制限は特にしていないけど毎日テレビを観ながらするだけで体重が落ちたと言う人が多いです。

体重が減って太もももが細くなり、腰まわりがスッキリ引き締まって体のラインに自信が持てるようになったという感想が沢山見受けられます。やり方はいたってシンプルで、毎日スクワットをするだけで次第に太ももやふくらはぎに筋肉がついてきて下半身が引き締まっていくと口コミでは評価されています。

また実践者によると、始めて数日が経つとバランス感覚が身に付き、姿勢も心なしか良くなったという意見もあるので期待できる効果は色々ありそうですね。スクワットダイエットの口コミからわかるのは、下半身痩せに最適であるということです。この方法は上体を支える脚や臀部の筋肉を効率よく鍛えることができるので、下半身を引き締めたい人にオススメです。

スクワットはできるだけゆっくりと行う

スクワットのことを、単に上体を起こしたまま膝を屈伸するだけのトレーニングと捉えている人がいますが、それは間違いです。正しい方法をマスターした上で行わないと効果が出ないばかりか、膝や腰、ふくらはぎなどを傷める可能性もあります。まず立って、両足を肩の幅に開き、両腕は前方向に水平になるまでまっすぐに伸ばします。

このとき腕は、手の甲を上になる向きです。次にできるだけゆっくりと腰を落としていきます。太ももが床と平行になる位置まで腰を落とすのがベストですが、慣れるまではその位置を目指しながらできるところまで落とせば大丈夫です。腰が一番深い位置まできたら、その姿勢を3秒程度維持します。その姿勢からまたできるだけゆっくりと最初のポジションに戻していきます。

この一連の動きを往復15回で1セットとして、3セット行うのが基本です。スタイルアップのためのスクワットというと、毎日続けなければ効果がないと考えがちですが、このスクワットは毎日ではなく2〜3日に1回行うのが効果的です。

毎日行うことは悪いことではありませんが、人によっては過度な運動となって筋肉が付きすぎたり、脚の筋肉を傷めたりすることがあります。また、毎日続けなければという強迫観念がつらくなって、結局やらなくなることにもなりかねません。楽しくできるペースで続けていくことが大切です。

スクワットでは腹式呼吸が重要です

スクワットを行う場合は腹式呼吸が適しています。腹式呼吸のほうが酸素をより多く取り込むことができますので、多大のエネルギーが求められる筋トレに際しては非常に有効とされているのです。また腹式呼吸はリラックス効果ももたらしてくれます。ですから、筋肉の緊張を緩和して運動量を高める効果も期待できるのです。ポイントとしては、2点あります。

まずは、力を入れて筋肉が収縮するときは、息を吐く、というものです。そして、あまり力を入れないで筋肉が伸びるときは息を吸います。息を吐くときは口からです。吸うときは鼻からというのも忘れてはならない大事なポイントです。深い呼吸をすることによって、体内に酸素を取り込めるというのが大きなプラスとなります。

スタンバイポーズをとったときは、まずは鼻から大きく息を吸い込みます。腹筋を意識しながら、お腹で深く呼吸するイメージを持つのがコツです。スクワットに限ったことではありませんが、筋トレに際しては正しい呼吸法もすることが非常に大事になってくるのです。

スクワットで腹式呼吸の基本が身についたら、ほかのトレーニングにも応用がききます。力が必要とされるときは吐く、ゆるめるときに吸うというタイミングを体に覚えさせることが大事です。

気軽にできるスクワットの消費カロリー

スクワットをダイエットとして取り組むメリットとしては、カロリーを消費しながら筋肉も鍛えることが出来るという点があるでしょう。実際にスクワットに取り組んだ時の消費カロリーは、体重にもよりますが、1回あたり0.5キロカロリー程度となります。かなりの回数をこなすことが出来れば、それなりに効果を期待することが出来ます。

回数も100回程度行うことが出来れば、それなりのカロリー消費となります。何よりも自宅ですぐにできるので、ちょっとした空いている時間にスクワットをすることで筋力強化とエネルギー消費を同時にすることが出来、ランニングよりも気軽に行うことが出来ます。

また、足や体の筋肉を鍛えることが出来るので、他のダイエットの運動を行った時の消費エネルギーをアップさせることができるでしょう。ジョギングなどと組み合わせると効率的にカロリーを消費することが出来、同時に筋力強化も行うことが可能です。

有酸素運動を中心としたダイエット中は、筋力が落ちてしまうこともあるので、スクワットを組みあわせることは効果が高いといえます。また、足やふともも、お尻などを引き締めることが出来るので、痩せた時にきれいな見た目となるでしょう。

スクワットのやりすぎに注意

理想的なスクワットの回数は1日50回がオススメです。女性の場合、足を細くする目的やお腹の脂肪を取る目的でスクワットを行う方がいますが本来は筋肉を付ける運動のため、運動量を増やせば増やすほど足に筋肉が付き、見た目が太くなってしまう場合があります。適切な回数である50回を守り、それ以上の筋トレを増やすのは控えましょう。

毎日の積み重ねで慣れてきて、もっと体を動かせると思っても現状維持が良いでしょう。適切な数を守れていても、筋トレ方法を間違えてしまっては足を太くする原因にも繋がるため注意しましょう。
慣れるまでは一度に50回を行うのではなく、1日15回などの少ない回数からでも大丈夫です。

今まで運動を取り入れていなかった場合、いきなりスクワットを始めて膝や腰を痛めてしまうことがあるので、少ない数から開始し、徐々に朝昼夜の3回に分けたり、休憩をしながら続けていくのも良い方法です。

本来、スクワットは1回でも充分に負荷の掛かる筋トレであり、1回1回を意識して行うことが大切です。少しずつ余裕が出てきて物足りなさを感じた場合にはダンベルを手に持って負荷を掛けながら、今まで通りの回数でスクワットをすると筋トレ効果が高まります。

効果が出るまで個人差が大きい

スクワットを始めてすぐに効果が出ると思っていたけれど、なかなか実感できないので辞めてしまうという人は少なからずいるものです。どのダイエットにも共通することですが、効果が現れる期間には個人差があります。

すぐに効果が出たと感じる人もいる一方で、しばらく経ってから効果が現れたということも多いのです。元々の筋肉量や体質などもありますし、正しいやり方できちんと行えていたかなども影響してしまいます。また、スクワットダイエットの場合、効果が目に見えて現れるわけではありません。

体重を減らすことを目的にしているなら数字で把握することができますが、スクワットダイエットはあくまでも理想のボディに近づけることを目的としています。太ももに筋肉がつけば脂肪が少なくなってスリムになりますが、脂肪よりも筋肉の方が重いので体重自体はそれほど変わらないことも多いのです。

スクワットダイエットを実際に行って人の中には、1週間から2週間程度で効果を実感したという人もいます。そのため早ければ1週間で効果が現れますが、人によっては1ヶ月経っても効果が感じられないということもあります。それ以上続けても効果が見られない場合には、もしかしたら体に合っていないのかもしれません。

スクワットのメリット

スクワットの最も大きなメリットは、特別な場所も特別な器具も必要なく、自分自身の体重と身体の動きを利用してトレーニングができるということです。効果なトレーニング機器やウェアを購入して形から入ってやる気を引き出すというタイプの人もいますが、長続きしなかったり思ったような効果を感じなかったりして、ムダになってしまう可能性もあります。

その点、スクワットであれば特に事前の準備も必要がなく初期投資がゼロ円で済みます。トレーニングに必要な時間も空いているスペースがあればどこでも好きな時に始められますし、きつさを感じてきたらやめることもできます。時間的な融通がきくという点もメリットとして挙げられるでしょう。

マンションなどの集合住宅でも大きな音がしないために適しています。トレーニング機器は音がして気が引けるという人も、静かなトレーニングが可能なスクワットであれば周囲に気兼ねなく行うことができます。

そして効果についても満足のいくものが得られると言えます。太ももであったりおなかであったりと、気になる部分を引き締めてメリハリのある身体に鍛え上げていくことができます。スクワットの効果を得るためには継続的なトレーニングが重要ですので無理のない範囲で行いましょう。

スクワットはここに注意

スクワットを行ってダイエットをしたいとき、正しい姿勢で行わないと怪我をする危険があります。この筋トレは身体への負荷が大きく、特に膝への負担は相当なものです。痩せたいからと無理をすれば、傷めてしまうリスクが高くなります。もしも膝に痛みが出た時には、すぐに止めて様子をみてください。

またダイエットするならば、スクワットを毎日行わないと効果が出ないと思うかもしれません。ですが続けて連日行って仕舞うと筋肉が付きすぎたり、運動に慣れていない場合には身体が疲れて転倒などの怪我が考えられます。このダイエット方法は毎日行う必要はないので、2日から3日の休みを置いて筋肉を回復させてから再開しましょう。

スクワットの回数に関してダイエットを期待するなら、1日に50回は必要になります。注意するべきことは、1度に50回やろうとしないことでしょう。1セット15回程度を上限に、3回くらいに分けて行うことが大切となります。またスクワットは筋肉を付ける運動なので、やればやるほど筋肉が大きく太くなります。

細い足を期待していた場合には、理想とかけ離れてしまいます。さらにこの運動は消費カロリーが少ないので、ダイエットを実感できるのも個々の差が出てしまいます。自分にあっている方法かどうか、まずは考えてみるべきでしょう。

脚やせに役立つスクワット

多くの女性が足の太さやむくみに深刻な問題を抱えて苦しんでいます。なんとかして細くスラリとした美脚を手に入れたいと望んでいる人が急速に増加してきているのです。そんな悩みを短期間で解決してくれると選ばれているのが、定期的なエクササイズやストレッチといえます。

さまざまな種類がありますが、それらの中でもやり方が簡単でいつでも手軽にできるスクワットは、非常に高い信頼を得ているのです。スクワットはしっかりと正しく行うことによって、太ももやふくらはぎ、足首はもちろん、ヒップにも大きな効果を期待できます。筋力を適度につけて引き締まったバランスの良い美脚を叶えることにつながっているのです。

その他のダイエット法の中にも、脚やせに効くエクササイズはあります。例えば、普段の生活において爪先立ちをしながら歯磨きをしたり洗い物をするなどの工夫を凝らすことによって、キュッと引き締まった細い足首を実感できるのです。

寝転がって足を高く上げてキープするだけでも、太ももやふくらはぎに負荷をかけて痩せることも可能です。それらと比較してみても、スクワットエクササイズは即効性の高いダイエット方法といえます。このように、脚やせを目指すならスクワットが安心です。

スクワットの動き

スクワットの運動に取り組んでいる時に、取り組みの結果が気になるという人は多いのではないでしょうか。しっかりと運動をしていると、体の様々な部分に良い影響を与えることができるようになります。特に、お尻や太ももを始めとして、お腹の周りにもしっかりと筋力がつくようになります。

スクワットで足を曲げる時には、じっくりと時間をかけることが必要不可欠です。というのも、時間をかけずに軽く動いていると、体に負荷をかけることが難しくなってしまうからです。体に負荷がかからない状態でスクワットを行っていても、あまり効果を感じられるようにはならないのです。

慣れない時にはきつさを感じていても、継続していれば体にも筋肉がつくようになり、動きも軽やかになることが珍しくありません。お尻に筋肉がつくようになると、たるんでいた部分が若返るような印象になることもあるのです。それから、たるみがちで脂肪が蓄積していた太ももも、しっかりと引き締まっていくようになります。

体全体の筋肉の量が増えていくと、インナーマッスルも鍛えられるようになるために、お腹の脂肪も減って引き締まるようになるのです。時間がかかることもありますが、しっかりとスクワットをしていると効果を感じられる可能性が高くあります。

スクワットで筋肉も鍛えられる

太ももや腹筋、お尻の筋肉などを効果的に鍛えることが出来るのもスクワットの特徴です。ダイエットを行うためにスクワットを始めた人の多くが、筋肉トレーニングの効果を実感しているというケースも多く、結果として疲れにくい身体や体力の増強につなげることができます。

そのために日常生活における歩行がスムーズになるなど、身体全体のバランスが改善して、体力面できわめて快適な生活を送ることも可能となります。基礎代謝量も筋肉の量に応じて増えていきますので、自然にカロリーを消費する燃焼体質に変化して、常に痩せやすい身体になっていくという効果も得られます。主に下半身の筋力が鍛えられることで、スポーツ時の怪我の防止効果もあります。

スクワットで鍛えた筋肉は、自分の体の重量を利用した自然な形でのトレーニングとなりますので、身体のラインを形成することで、美しく引き締まったシルエットとなります。

そのためにダイエットで痩せたという印象ではなく、健康的に引き締めが進んだというイメージを与えることができます。きわめてスタイリッシュな姿を実現することが可能ですので、継続的なスクワットトレーニングは美を追い求めたいという方にもおすすめの方法です。

スクワットは、若手から年配芸能人まで人気

スクワットは、注目をされているダイエット方法の1つで、そのダイエットに取り組んでいる芸能人は少なくありません。例えば、熊田曜子さん。彼女は子供を出産したにも関わらず、グラビアの第一線で活躍を続けるなど、そのスタイルには定評があります。彼女が産後にも取り組んだというのが、スクワットなのです。産後の全身痩せにも、効果的であることがわかります。

また道端アンジェリカさんや菜々緒を始めモデルの多くが取り組んでいるのもこのスクワット。モデルというのは、そのスタイルが重要。細すぎる足も太すぎる足も、ファッションを表現する場合の妨げになります。魅力的なスタイルであるからこそ、ファッションをより際立たせることができるというものです。そのためモデルの多くが実践しているのが、このスクワットという方法です。

また年配の芸能人で言えば、吉永小百合さんや黒柳徹子さんといった人が取り組んでいます。この方たちはダイエットというよりも、足の筋力の維持や体力の維持という目的で行っているようです。テレビや舞台というのは、とても体力が必要ですし、体調を壊すわけにはいきません。そのため、スクワットを日常的に習慣として行っているのです。

スクワットと一緒に上半身も鍛える

スクワットダイエットは太ももやふくらはぎ等の下半身を中心に、ウエストや背筋まで効果のあるダイエット法です。ですが、やはり他の上半身中心のダイエット法に比べると上半身への効果は薄まります。スクワットダイエットばかりやっていると、下半身だけ筋肉が付いたアンバランスな体型になる恐れもあります。

特にダンベル等を持ちながらやるなら別ですが、腕は全く使わないので鍛えられません。ですのでバランスを重視するなら上半身も鍛えられる運動も一緒に行う事をお勧めします。上半身、特に腕等を鍛えるダイエット法と言えば腕立て伏せが一般的ですが、運動に慣れていない女性が急に腕立て伏せを始めても中々難しい所があります。

まずは簡単な方法として、四つん這いの状態から腕立てをする方法があります。うつ伏せに寝転がり、手を床についた状態で背筋運動をするイメージです。きちんと腕を上げ下げして行うとしっかりと筋力を使うので、これだけでも中々の運動量になります。

二の腕や胸筋はもちろんの事、スクワットダイエットだけでは効果の薄い背筋にも効果が期待できます。大分筋力が付いて慣れてきたら下半身を爪先だけで支える従来の腕立て方に変えるのも良いでしょう。

体一つで簡単にできるスクワットダイエット

スクワットダイエットは他のダイエットのように道具を使ったり、場所を広く取る必要もありません。自分が座る分に必要なくらいのスペースがあれば簡単にできてしまうダイエット法です。料理をしている時やテレビを観ている時思い付いたらさっとできます。もちろん仕事場での休憩時間や旅先等、場所を選ばずできるのも便利なポイントです。

そしてその手軽さの割にふくらはぎや太ももと言った足のパーツはもちろんの事、お腹や背筋等全身痩せに効果があると言う点も嬉しい所です。スクワット一回と腹筋百回はほぼ同じ運動量なので、スクワットの方がはるかに効率的にダイエット効果が期待できるのです。

またただ痩せていくだけではなく、筋肉も適度に付いていくので引き締まったボディを実現する事ができます。ただやりすぎてしまうと筋肉太りになったり、肉離れを起こしてしまうので注意が必要です。スクワットダイエットをする上での注意点は足は肩幅程度に開く事、腰を下ろす時にできれば太ももは地面と水平な状態になるまで下ろす点です。

そして可能ならその状態を約3秒間キープします。段々と筋力が付いていけばこのキープ時間も増えて行くので効果の目安にもなります。毎回どれくらいの感覚でキープできるか記録をするのも良いでしょう。