婚約の定義や証、順序など方法を徹底解説

日常の様々な場面で耳にする「婚約」という言葉。婚約発表や婚約会見など各種メディアで目にすることも多く、身近なワードです。しかし、婚約とはどういった状態のことを指す言葉なのか、しっかりと理解して使っているかと言われるとそうでない方も多いでしょう。

一般的にイメージされる定番どころは、プロポーズであったり結婚の約束であったり主に口頭でのやり取りです。言い換えてみれば、これは単なるお互いの口約束とも言え、はっきりとしません。はたしてこれが正式なものなのか、その他具体的な行動や期間、書類の作成や法的な定義など成立の要件に何が必要なのかといった疑問が出てきます。

そこで、婚約の定義や、手続きの流れ等について詳しく見ていきます。

婚約の定義や証明

婚約とは将来的に結婚する事を約束する事で法律的には婚姻の予約とされています。その為どちらか一方が正当な理由がなく破棄した場合は損害賠償請求が認められる可能性があります。証明になるのは第三者の立ち合いと証明となる物を作る事です。第三者の立ち合いとは結納や婚約式などがこれにあたります。

結納とは日本の習慣として行われている婚約の方法で、二人だけでなく両方の家の同士の結びつきを意識した習慣です。結納の時には両家の親族が出席して現金や縁起物を贈り合うのが一般的です。婚約式は親族だけでなく親しい友人や知人も招いて行われます。

証明する物として主な物は指輪を作って相手に贈る事や通知状を親しい友人や知人に向けて送る事です。指輪に関しては結婚指輪と違って二人でペア指輪を作るのではなく、男性から女性に贈るのが一般的です。しかし明確なルールが存在する訳ではないので、指輪でなくネックレスなどに置き換えたり二人で使える記念品に置き換える事もあります。

内縁関係とは明確に違いがって内縁の場合は共に生活しているものの正式に婚姻関係にある訳ではない状態です。一方で婚約はまだ婚姻関係になくても近い将来結婚する事を前提として約束です。

婚約と内縁は何が違うのか?

似たような意味を示す言葉で婚約と内縁と言う言葉がありますが、実は明確な定義が存在しています。そもそも婚約とは男女が夫婦になることを誠実に約束することを意味していて、婚約が解消されない限り2人に約束に基づいて婚姻届けの提出をして法律上の夫婦となります。

一方で内縁とは結婚の意志を持って共同生活を送っている男女のことで、一般的には結婚を前提に同棲をしている場合が内縁に当たります。ただし、内縁に近い関係にあっても婚約関係にあるとみなされる場合もあって、婚約をしている男女が同棲をしているケースも珍しくありません。

そして、たとえ同棲をしていた場合でも結婚の意志を持って夫婦としての共同生活がある実体がなければ、それは内縁関係とは呼ぶことができません。このように結婚を約束している男女が同棲をしていても、夫婦としての意識があっての共同生活なのか、夫婦としての意識がない共同生活なのかによって定義が変わるということです。

また、男女双方の間においても意識の違いがあることもあって、結婚を約束している最中の同棲と内縁とでは違い、明確に区別できるものではありません。尚、内縁の解消時には離婚と同じく財産分与請求も認められていて、不当な内縁解消であれば損害賠償請求をすることも認められています。

これから婚約を考えているなら

プロポーズを受けたら今度は両家へ挨拶と様々な段取りを踏んでいきますが、婚約はいつするのだろうと考えるのではないでしょうか。

婚約はいずれ二人が結婚をすると約束することなので、解消されなければ時期が整えば夫婦になります。もう一つ、内縁という言葉も気になると思いますが、こちらは結婚する意志を持った上で共同生活をしている男女とされます。どちらとも第三者からの判別は難しいことも多く、当人同士の間でも男女の意識の差もあるので注意しておきたいものです。

口約束だけだと不安になることもあるでしょうから、目に見える形にすることでお互いの気持ちを再確認することもできますし、周囲にも知ってもらうことができます。例えば結納もその一つですし、パーティーやちょっとした会を設ける事もあります。婚約指輪や通知状を用意して証明とするのも一つの形として知ってもらえる機会を作ることが出来ます。

結婚の準備も大変ですから、婚約に関してどこまできっちり行うのかはカップルによっても異なります。幸せな結婚ができるように二人で事前にじっくりと相談しておくことも大切ですが、両家の意向なども尊重しながら段取りよく進めていくようにしましょう。

婚約の証として行われる形式について

婚約はお互いが結婚の口約束をすることであり、結婚のように書類を提出する必要はなく、お互いが将来の伴侶となる約束をした時点でそれは成立します。但し、カップルが結婚の約束をした証や周囲にそれを伝える意味合いで行う儀式的なものがあります。必ずしも行う必要はありませんが、一つの区切りとしてそれを実施することも多いです。

一般的によく行われる形式としては、結納・婚約指環・婚約パーティー・婚約式などがあります。結納は、カップルの両家が祝宴などを開催し結納金や結納品を交換し合うもので、家同士の結びつきを祝う伝統的な方法です。婚約指輪に関しては男性から女性に贈り、女性の側はそのお返しとして指輪以外のものを男性に渡すのが一般的です。

しかし最近では、女性の側からも男性に指環を渡す場合もあり、お互いが指環を用意してそれを交換し合うこともあります。指輪をつけることによって周囲に自分たちが結婚を誓い合った仲であることを伝える意味合いもあります。

式やパーティーは、親しい友人や知人に対してお互いが結婚の約束をしたことを伝え祝福してもらうためのものですが、式が儀式的な色合いが強いことに対し、パーティーの方はより日常的な雰囲気の中で行われる場合が多いです。

結納は地域によりさまざまです

婚約をしたら一般的には結納を行うことになりますが、結納は地域ごとの風習やしきたりが根強いもので、両家の価値観の違いが非常に出やすいものです。どちらに合わせるのか、どれくらいのお金をかけるのかをよく話し合い、納得のいくまで調整をする必要があるでしょう。

結納が大きく分けると関東式と関西式に分かれます。関東式の場合には男女の立場が同格扱いとなりますが、関西式では男性から女性に結納金を送ります。関東式の結納の進め方としては、男女が同格と見なしそれぞれが結納品を用意します。

お互いの結納品を同時に取り交わし、結納金については女性が男性からもらう分の半額にあたる物品を返す半返しの習慣が根強いといえます。関西式の場合には男性側だけが女性に結納品を送り、女性側はその場で受け書を渡します。その場で結納品は送りませんが、女性は日を改めてもらった金額の1割程度の金額を返礼として持参します。

そのほかの地域の特色としては東海は結納も立派で反物や酒樽などが扱われます。四国は結納金が全国的に見ても高額で、中国地方には特徴的な結納品があります。九州地方は関西式に準じますが、結納が終わった後にご近所や親戚に結納品をお披露目するお茶開きという風習がある地域もあります。

若者の間で人気がある婚約式って何?

結婚する前に婚約するという言葉をよく使いますが、具体的に何なのかと改めて問われると答えられない人も多いのではないでしょうか。入籍と違って書類を提出するなどの手続きは必要ないので、明確な定義がわかりにくいですよね。

法律ではどうなっているのかと言うと成立条件などの条文は特にないのですが、どのような時に成立するかの通例が明記されています。男女2人が将来夫婦になろうとお互いに誓って合意した時に成立するとされています。

結納は日本独自の文化ですが海外にはそれに似た婚約式があり、家族や友人など内輪のみで行う行事として一般的に浸透しているものです。元々はキリスト教の儀式だったのですが、最近は日本でも流行っていてホテルや会場で行う人が増えています。

最近の若者が結納をしなくなった背景には、費用を節約したい思いや家制度への関心の薄さが挙げられます。その点婚約式はシンプルで費用がかからず、教会で神父さんの前で誓うだけで婚約をしたことを家族や友人に報告するだけです。

婚約を内輪でお祝いするのが目的なので、花嫁もドレスを用意する必要がありません。食事や余興もないので面倒な準備も必要なく、それでいて式としてお披露目できる手軽なスタイルが若い世代に受けているのですね。

婚約パーティーでお祝いをする

結婚のスタイルはカップルの数だけ形があります。また、婚約のスタイルもそのカップルによって変わってきます。結婚をしようという言葉だけで婚約とするカップルもありますし、きちんと結納を交わさなければいけないと考えるカップルもいらっしゃいます。最近では国際結婚をする方も増えていますが、欧米では婚約式を行うことが一般的です。

キリスト教を信仰するご家庭ではきちんと教会へ行って結婚の前に婚約式を行わなければならないと考えているご家庭も多いものです。その後でパーティーを行うのが婚約パーティーになります。欧米の映画などでもよく出てきますが、カップルが住むお家など会場は広くない場合が多く、招待をされる方も新郎と新婦のごく近いご友人やご親族になります。

もちろん、日本でも行うことは可能で、自宅に人を招くことに慣れていない日本ではホテルやレストランなどを借りて行うスタイルが人気です。一般的に結婚式の半年から1年前に行いますが、両家のご親族や友人を招きますので、パーティーの日取りは余裕を持っておくようにしましょう。

パーティーの中では、エンゲージリングを新婦に送る演出などがありますので、パーティーまでにはエンゲージリングを準備しておく必要があります。

婚約指輪はじっくり選ぶ

婚約指輪は二人でじっくりと選びたいと思いながらも、大半は女性が好む指輪を男性が納得した上で購入するケースが多いです。まずはどのように選ぶのかについては、結婚雑誌などで特集を組んで紹介するケースがあるため、それを見てから理想の指輪を探すケースが多いです。

また、購入方法はたくさんあるため、二人で購入方法について話し合う必要性もあります。既製品であれば、ジュエリー店で取り扱いしており、指輪を実際に試着する事ができるためバランスや付け心地などを確認して決める事ができます。セミオーダーも最近は利用するカップルが増えてきています。

自分たちの好きな石や素材を組み合わせて作る事ができるため、理想の指輪を作る事ができ、他の人と全く同じ指輪である確率は低くなるため、個性を大事にしたいカップルにも人気です。

オーダーメイドを選ぶカップルは、プロのデザイナーの方に依頼する事で頭の中で描いている理想の指輪を形にする事が可能になります。他の方法よりも時間は費やしますが、二人で考えて作る過程も楽しい思い出になると判断し、選択するカップルも多いです。それぞれにメリットもデメリットもある事から、優先順位を決めて選ぶ事が重要です。

証人になってもらえる婚約通知状とは

結婚する前にカップルが行うのが婚約ですが、きちんとした定義がわかりにくくどうしたら成立するのか分からない人も多いのではないでしょうか。結婚は婚姻届を提出して受理されることで成立する一方、婚約は基本的に口約束で成立するものなので曖昧な感じがあります。

口約束で成立するのでプロポーズをしてOKの返答がもらえれば成立するわけですが、はっきりと明確に結婚の意志をお互い把握することが大事です。将来結婚できたらいいとカップルの間で会話をすることはよくありますが、多くの人たちに婚約の証人になってもらう方法があります。

世間に広く事実を知らせ、多くの人たちに証人になってもらうのが婚約通知状です。欧米ではこの方法は既に周知されていますが、日本ではまだまだ知られていないですよね。通知状の作り方は特に規制はなく、本人同士で話し合って決めることができます。

ただ婚約した日付と挙式予定の時期は必ず書き添える必要があり、そこに仲人や立ち会い人の名前を入れておくとベターです。文面を二人の人柄や個性が光るような内容にすれば、受け取った側はきっと感動してくれるでしょう。

注意が必要なのはプライベートなことなので、通知状を出す相手は親戚や恩師、先輩や友人などある程度、限定することです。職場や仕事の仲間などあまり範囲を広げすぎると、はしゃぎすぎと誤解されかねませんよ。

婚約は考えてから相手に話す

婚約は相手がプロポーズをした後に了承し、婚約期間がスタートしますが、口約束でそれが破棄されたら慰謝料を要求すると言われるケースもあります。なお、第三者がその約束を聞いていたら証拠になる事もあるため、気軽に口にする事は避けた方が無難です。

また、どうしても訴えたいと思っても、確実な証拠がなく、言った言わないの繰り返しになるため成立しないケースが多いです。成立しているケースは結納をする、又は結婚指輪をもらうなどです。そのため、婚約した確約がほしい方は、指輪をもらうなどをしておくと良いでしょう。

しかしながら、口約束だけでもl成立するケースもあります。どうしても納得がいかない場合は弁護士の方に相談する事をおすすめします。破棄になってしまった際に、なぜ破棄になったかを確認する事が重要であり、理由次第では慰謝料を受け取る事ができるからです。

弁護士などに依頼する前に考えなければいけないことが復縁です。復縁したいと思う方は依頼をしない方が復縁に成功する可能性が広がります。このようにトラブルに発展しないためにも、口約束の婚約期間は長めにしないようにする事が大事です。婚約の証明などを必ず手に入れるようにしてください。