婚約指輪のお返しを贈ろう!半返しの定番品やオススメ品公開

大好きな彼から婚約指輪をいただいたら、まず考えるのがお返しをどうするかということです。「何を贈ればいいのかわからない」と言った人もいるのではないでしょうか。

もしかすると、「婚約指輪にお返しが必要なの」と驚いている人もいるかもしれません。近年では結納をしない場合が多く、結納の代わりに婚約指輪のお返しをする女性が増えています。婚約指輪のお返しは「半返し」が一般的と言われていますが、相場や平均金額も気になります。

ここでは、金額の目安は?品物は何がいいの?贈るタイミングは?などについて紹介していきます。一般的なお返しの品を紹介していますので、参考にしていただければと思います。マナーをしっかり守って、彼や彼のご家族に失礼のないように気を付けましょう。

婚約指輪のお返しって必要なの?

婚約指輪を贈られたら、そのお返しをするマナーが日本にはあります。でも絶対にしなければマナー違反になる、というわけでもないのです。婚約指輪を渡す習慣は欧米から伝わっています。欧米には勿論、お返しという習慣自体ありません。なぜなら、婚約指輪は祖母の形見や母親から譲り受けたものを婚約者に渡す、代々受け継がれたものを贈る習慣だからです。

お返しをするかどうか、それはこれからの生活を共に送っていく相手と良く話し合うことも大切かもしれません。実際になにも返さなかった方の割合は6割に上っています。結婚してから生活に資金は必要になります。そのために貯蓄して置くことも選択肢として取って置くべきですし、記念の品としてお返しをすることもひとつでしょう。

もしお返しをするならば、金額としては婚約指輪の半額くらいを考えて下さい。男性が貰って嬉しいと人気となっているのは、時計や財布・スーツ・ネクタイピン・カフスボタン・鞄などがあります。ありきたりな品物では不満な女性は、男性の趣味に凝った品物や二人で楽しめる旅行をプレゼントする場合もあるようです。

相手に渡す時期としては、互いの家族が顔を合わせる結納のタイミングがベストでしょう。

一般的な金額から考えてみましょう

婚約指輪をもらったお礼にお返しをしようと思うのであれば、金額面も考えなくてはなりませんが、一般的な金額でおくる事です。あまりにも一般的な金額から外れてしまうと、相手の両親や周囲からも常識がないと思われてもいけません。相手も自分も恥ずかしい思いをしない為には、一般的な金額を選択する事です。

婚約指輪のお返しとして送る金額は、もらった指輪の金額の半返しが一般的ですので、それ以上でもそれ以下にもならないように心がけなくてはなりません。もらった婚約指輪よりも高価な物を渡してしまうのはあまりにも非常識と思われてもいけませんし、少なすぎるのも問題です。

相手が喜ぶだろうと考えて高価な物をおくればいいというものでもありませんので、高価すぎるものをおくるのはよくありません。婚約指輪の値段がわからない場合には、いくらくらいのものを用意すればいいのか困ります。

もしもわからない場合には、一般的な婚約指輪の購入価格が30万円前後多いですので、その半額程度の金額として、15万円程度で考えてみるといいでしょう。お返しの金額を失敗して相手に不快な気持ちにさせない為には、常識的な金額を考えて送るようにしなくてはなりません。

婚約指輪の半額程度のお返しが基本

婚約指輪のお返しに男性に品物をプレゼントする場合、いくら位のものにすればいいのか分からないという人もいるのではないでしょうか。様々な品物がありますが、金額は基本的に反返しとされています。つまり、頂いた金額の半額分の品物をお返しにすれば大丈夫です。

50万円の婚約指輪を頂いたら、25万円程度の品物をお返しとすることになります。30万円であれば15万円程度のもの、20万円であれば10万円程度のものになります。ただし、あまり高額な婚約指輪をもらってしまった場合には、お返しが大変になってしまいます。

100万円以上もする場合には50万円以上も返さなければいけないことになります。今後の生活を考えると大きい金額なので、事前に婚約指輪をどうするのかについて話し合っておく必要があります。金額が高い場合には、半返しではなく3割や2割程度の金額に抑えても大丈夫です。

また、婚約指輪のお返しとして、現金にする場合もあります。現金は使い勝手が良いので、記念に残る品物よりも今後の生活を重視するというカップルが選ぶことが多いようです。品物をプレゼントするという形ではなく、新婚旅行の代金を負担したり、新居に必要な電化製品などを購入するような場合もあります。

婚約指輪へのお返しの品物はどんなものが良い?

婚約指輪のお返しに、いつも身に着けられる腕時計をプレゼントするのもいいですね。腕時計はムーブメントの種類に違いがあります。まず、クォーツ式ムーブメント。クォーツとは電池を動力として動く時計を言います。1秒間に数万回の振動数を実現する水晶振動を用いています。

次に、自動巻きムーブメント。時計を着用した時に腕の動きに合わせてムーブメントに内蔵されているローターが回転し、それが歯車類に伝達することでゼンマイが自動的に巻き上げられ動く仕組みのことをいいます。文字盤や裏蓋などに「Automatic(オートマティック)」と書かれています。

そして、手巻き式ムーブメント。時計を動かす動力であるゼンマイを手動で巻き上げる機構をもったムーブメントを言います。また、ベルトにも様々な種類があります。ベルトの種類は大まかに「革ベルト」「ステンレススティールベルト」「ラバーベルト」「ナイロンベルト」「プラスティック」などがあります。

文字盤にも色々な種類があるので、どういった時に使うことが多いか、予算なども合わせて選ぶといいですね。腕時計にはたくさん種類がありますが、シンプルなものだと飽きることなく長く身に着けられるのではないでしょうか。

末永く使えるお返しがベスト

婚約指輪のお返しに彼に贈るプレゼントとして定番の一つであるお財布。毎日肌身離さず持ち歩いてもらえるので、婚約指輪と同じく結婚の約束をした記念の品にぴったりです。

しかしファッションとしての側面も持つお財布は、選び方を間違えてしまうと彼をがっかりさせてしまったり、本当は気に入らないのに使わないと申し訳ないなどと気を遣わせてしまうことにもなりかねません。ではどのように選べば彼に本当に喜んでもらえるのでしょうか。まずは彼が普段お財布をどのように持ち歩いているのか思い出してみてください。

ズボンのポケットに入れる方、ジャケットなどの内ポケットに入れる方、バッグに入れて持ち歩く方と様々だと思います。この持ち歩き方によって使いやすいお財布のタイプが変わってしまうのでとても重要なポイントです。

例えばズボンのポケットに入れて持ち歩きたい彼に大きな長財布をプレゼントしてしまうとポケットに入りきらずに不便な想いをさせてしまうというようにです。次に素材選びです。結婚を控えた大人の男性ですからおすすめは本革です。

一言で革と言ってもずっしりとした高級感を漂わせるものから、職人さんの手のぬくもりを感じるような優しい風合いのものまで様々ですので、彼の普段のファッションの好みや考え方に合わせて長く使ってもらえるお財布を選びましょう。

お返しに「スーツ」が人気の理由

婚約指輪のお返しにはどのようなものが喜ばれるでしょうか。人気商品の上位にランクインするものには、腕時計や財布、スーツなどです。これらの共通点としては、日常生活で使うものということです。せっかくプレゼントするのであれば、実用的なものを高級品でという考えが伺えます。確かに、毎日使うものが高級品だと気分が上がります。予算の目安は、婚約指輪の三分の一程度です。

スーツがお返しの品として人気の理由はいくつかありますが、予算内で充分に納得できるものが購入できるというのもあるでしょう。社会人としてスーツを必需品としている人は多いですし、その中の何着かを高級品にするだけで、何かと便利で重宝します。また高級スーツに身を包めば、仕事のやる気も違ってくるという意見も聞かれます。

またスーツは仕事のときだけでなく、両親の顔合わせのときや結納のときなどにも着てもらえるという理由もあります。結婚することによって、今までは他人だったふたりがこれから家族となって生活していくわけです。

女性にとっても男性にとっても、結婚は大きな決断です。そんなけじめの日となるこれらの機会に、新調した素敵なスーツを着てもらうのは贈る側としてもとても嬉しいものです。

いつも身に付られる「ネクタイピン」もおすすめ

婚約指輪のお返しの習慣はどの程度浸透しているのでしょうか。最近の傾向としては、そもそも婚約指輪を贈る人の割合も減っており、結婚指輪人だけという人も多いようです。結婚前後は、結婚式や新婚旅行を始め、新生活の準備など本当にお金が掛かります。少しでも節約したいという堅実なカップルが増えているのでしょう。

婚約指輪をいただいた女性がお返しをする割合は約3割という調査結果が出ています。お返しは必ずしなければならないものではありませんが、気遣いとして何かプレゼントをしたいものです。定番の人気プレゼントと言えば、腕時計や財布などが挙げられます。また、ネクタイピンもいつも上位にランクインする人気商品です。

ネクタイピンがお勧めの理由は、スーツと同じで、仕事中にいつも身につけていられるので嬉しいということなどです。また自分ではなかなか買わない高級品のネクタイピンは、記念品としての見栄えが良いのも人気の理由です。

婚約指輪のお返しとして、人気の商品はいずれも、日常生活で使える実用的なものという共通点があるようです。普段使うものが、高級品だと気分も上がります。新生活で使う家具や家電などの共有するものを贈る人も多くいます。

普段使いやすい「筆記具」

婚約指輪をいただいたお礼の品として、仕事でもプライベートでも使ってもらいやすいアイテムとして筆記具があります。

職種によってはビジネス用品でもあまり使わないというものを贈ってもあまり喜ばれないことにもなってしまいますが、筆記具であれば事務や営業の仕事をしている人であれば大活躍をすることになり、それ以外にも接客や製造の仕事という人であってもメモを取ったりスケジュール管理をしたりと使ってもらえる可能性が高くなります。

また、プライベートでも手帳といっしょに持ち歩いてもらったり自宅でも使ってもらえることになります。使い勝手がよく肌身はなさず使えるアイテムともなり、中のインクを交換すればずっと使用が可能です。高額な婚約指輪のお礼として用意する筆記具は、それなりの値段がするいい商品を選ぶことになってきます。

多くの人に選ばれているのが万年筆であり、自分では購入することはあまりない筆記具ともなるのでギフトとしては見栄えもするので役立ちます。しかし、万年筆は書くのに向きがあるため、長時間の書き物ではなくちょっとしたメモで頻繁に使う人にとっては使い勝手が悪いことにもなってしまいます。

そんな場合には、ボールペンタイプを選んでみるといいでしょう。ボールペンでもブランド品など高級感のあるものを選んでみると、特別なギフトにも引き立ちます。

お返しは心に残る思い出を

婚約指輪のお返しに何を贈ろうか考える時に、まず思いつくのは形に残るものだと思います。これから共に長い時間を過ごし、歳を重ねて手に取った時に結婚の約束をした時の幸せな気持ちを思い出せるようなプレゼントは、二人の生涯の宝物になるでしょう。

しかし婚約指輪のお返しはしなくていいと言ってくれる男性も多いと思います。けれども婚約指輪だけでなく、自分との結婚を決めてくれたことへの感謝の気持ちをどうしても形にして伝えたい。そんな時には彼に旅行を提案してみるのはいかがでしょうか。

物を渡すことと違い、二人で楽しめることなので彼も気兼ねなく受け取ってくれるのではないでしょうか。いつもの旅行よりも少し贅沢をして美味しいものを食べて、素敵なホテルや旅館に泊まって結婚前の二人の思い出を作るというプレゼントです。

いつか家族が増えた時にもう一度訪れることもできますし、これから先の様々な節目を彩る大切な場所になってくれるかもしれません。このように二人で行く旅行をプレゼントする他にも、今まで大切に育ててくれたご両親と水入らずの時間を過ごせる家族旅行を贈ることも、彼だけではなく彼のご両親との信頼関係を築ける素敵なプレゼントになるでしょう。

婚約指輪のお返しで最近人気のある「家電」

お付き合いしている彼から婚約指輪をいただくというのは、女性の人生のなかで一番のハイライトのひとつと言えるのではないでしょうか。最近は、結婚前後のお金がいろいろと掛かる時期に、婚約指輪までは必要ないという堅実な考え方をするカップルも増えているようで、結婚指輪だけで済ませてしまう人も半分近くいるそうです。

一昔前までは、お給料の三か月分なんて言われていましたが。やはり婚約指輪のような、気持ちをかたちにして表す慣わしというのは素敵ですので、いつまでも大切にしてもらいたいものです。

婚約指輪のお返しと言えば、腕時計や財布が定番です。毎日使うものに高級品を贈るというのは贈る側も受け取る側も嬉しいものです。それと同時に、最近の傾向としては、電化製品なども人気です。結婚を機に引越しをするカップルも多いですから、この機会にふたりで共有する必需品をというのも良いですね。

冷蔵庫や洗濯機、テレビなどの家電を新しくすると、新婚の新たな気分もますます盛り上がります。結婚式や新婚旅行の費用にプラスして掛かる、新生活のための費用ですから、お互いが納得したうえで、賢く上手に使う必要があります。婚約指輪のお返しは、その良い例ではないでしょうか。