嫌な角栓も黒ずみもすっきり解消!正しい毛穴ケア方法

いろいろな洗顔方法を試してみたけど、毛穴がきれいにならないために、見た目に自信がなくなっている人はいませんか?もしかしたら、それは正しいケアを行っていないだけではないでしょうか。毛穴ケアは自分にあった方法ときちんと順序を守ってケアすることが大切なのです。

洗顔方法が間違っているのか、保湿の方法が間違っているのか人それぞれです。毛穴の開きや詰まりやすさ、脂の分泌が違えば、年齢によってもケアの仕方も変わってきます。

若いころには効果があったけど、年齢が上がったからあきらめるしかないのかなと考える前に、使う化粧品を変えてみてはいかがでしょうか。また、清潔に保つこととケアするタイミングによっても効果が変わってきますよ。

毛穴トラブルが起こる原因

毛穴トラブルが起こる理由は人によって様々ですが、大きく分けて3つあります。ひとつは、皮脂の過剰分泌です。

必要以上に皮脂が分泌されていると、毛穴に汚れや古い角質がたまりやすくなります。アクネ菌が繁殖することでニキビもできやすくなるので洗顔で肌を清潔にしておくことが大切です。洗浄力が強いクレンジング剤や石鹸を使うと、皮脂を取りすぎてしまって肌が乾燥します。

肌が乾燥すると皮脂の分泌が多くなるので、できるだけ刺激の少ない洗顔料を使って優しく洗い保湿効果の高いローションで肌を乾燥から守ってあげることが大切です。

紫外線も毛穴トラブルの原因になります。紫外線を浴びると活性酸素が発生します。活性酸素が増えると細胞がダメージを受けてコラーゲンの生成にも影響が出ます。紫外線によって肌の弾力が失われると、毛穴の周りの皮膚もたるみ開いてしまいます。

紫外線から肌を守るには日焼け止めや帽子などによる対策も大切ですが、強い抗酸化力を持つビタミンCやビタミンEを積極的に摂取することも大事です。合わない化粧品を使うことも肌トラブルの原因になります。

口コミサイトで人気が高い化粧品でも、自分の肌に合わない場合はすぐに使用を中止したほうが安心です。合わない化粧品を使っていると毛穴の開きや赤み、炎症などの原因になることもあるので注意が必要です。

セルフケア

毛穴が開いている人は、どのようなセルフケアをすればいいのでしょうか。自分でケアをするのが難しいと感じる人は少なくないでしょう。毛穴トラブルの種類を見極めて、適切な対策を取るようにするのがセルフケアの第一歩です。毛穴の中に詰まっているものがある場合には、角栓が詰まっています。

皮脂でできているのではなく、角質が古くなって毛穴を塞いでしまっているのです。こうなってしまうと、クレンジングオイルで洗い流すことができません。乾燥肌や角質層にダメージがあることが、角栓の原因だということを知ってください。つまり、角質が詰まっているときには、ごしごしと力を入れて洗ってはいけません。

洗えば洗うほどに新しい角質が生まれ、さらに詰まってしまうという悪循環が生まれます。そうならないためには、吸着力が強い洗顔石鹸で洗うことをおすすめします。また、肌が乾燥してしまわないように洗顔後は、すぐに化粧水で保湿するようにしましょう。

水で濡れたままにしておくとさらに乾燥してしまうので、化粧水をすぐに使うことが大切です。ホットタオルで肌を温め、毛穴が開くするようにするのも有効です。毛穴が綺麗になるには時間がかかりますので、根気強く対策をしてください。

毛穴の黒ずみに対してのセルフケア

洗顔は毎日しっかりやったつもりでも、どうしても肌に黒ずみなどができてしまうものだと思います。黒ずみが肌にできるメカニズムはいくつかあり、セルフケアをする上でとても重要になります。まずは汚れや皮脂が毛穴に詰まって黒く見えるケースです。

このケースでは皮脂腺から分泌された皮脂や角質が毛穴に詰まり、酸化したために黒く見えてしまっています。ですから、このケースでのセルフケアでは洗顔料を念入りに選んでしっかり角栓が流れ落ちるようにするのが重要です。

次に毛穴が広がった結果、黒ずみが目立ってしまっているケースで、この場合は毛穴パックの強い粘着成分によって必要以上の角栓が毛穴から落とされた時などに起こるのですがセルフケアのポイントは洗顔料の成分の中でも肌を引き締める成分を重視して洗顔料を選ぶことです。

最後は紫外線によって肌のメラニンが蓄積して、肌が色素沈着を起こしているケースです。この場合は紫外線が元凶だとわかっているので、紫外線のダメージをできるだけ抑えられる成分を含んだ洗顔料を使うことが求められます。以上のように、肌の黒ずみの原因はいくつもあり、毛穴のセルフケアではそれぞれにあった洗顔料をチョイスする必要があります。

毛穴のセルフケア

毛穴に角栓が詰まっていると、気になってしまいます。特にはなに黒いポツポツが出来てしまう事もあり、何とか除去したいと考えている人もいるでしょう。ピンセットや剥がすタイプのシートパックを使ったり、吸引器を使用したりと様々な方法を試している人もいるかもしれません。ピンセットは、肌を傷つけてしまいますのでやめた方が良いでしょう。

剥がすタイプのシートパックは、キレイに取れますが剥がす時に肌への負担が大きすぎます。肌を守っている大切なバリア機能を破壊してしまいますのでやめておきましょう。吸引器を使用している人も、思ったより角栓が取れないと感じているのではないでしょうか。家庭用の吸引器は、吸う力が弱い為それ程角栓を取る事が出来ない場合が多いのです。

自宅で出来る一番良いセルフケアは、クレンジングを使用して長期戦で角栓を取る事です。毛穴は温めると開きますので、入浴中にクレンジングを使用すると効果が高まります。

はななど気になる部分は、力を入れない様に優しく丁寧にクレンジングをしましょう。即効性はないですが、少しずつ角栓が取れていきます。毎日継続して行う事で効果を発揮しますので、毎日頑張って続けていきましょう。

危険な毛穴ケア

気になる毛穴の詰まりや、角栓を除去する方法として、昔から定番のアイテムと呼ばれているのがコメドプッシャーです。コメドプッシャーはワイヤーが丸く曲げられた部位がスティックの先に付いており、汚れの詰まった毛穴に押し当てることで、中の皮脂汚れや角栓を押し出すことができる特徴があります。

直接毛穴に押し当てて使用するので、毛穴の汚れをしっかり除去できることから、多くの利用者がいる人気のアイテムです。ただコメドプッシャーは固いワイヤーを柔らかい皮膚に強く押し当てる必要があるので、肌を傷めてしまったり毛穴周りの皮膚が内出血を起こしてしまう恐れがあるので、デリケートな顔に使用するのはできるだけ避ける必要があります。

通常コメドプッシャーは炎症を起こした毛穴の膿を取り除く医療器具として利用されているため、殺菌をして正しく利用しないとプッシャーに雑菌が付着して、毛穴に雑菌が入り込む原因となる可能性があります。

このような肌への負担を少しでも減らすためにも、コメドプッシャーを利用した毛穴ケアはできるだけやめて、綿棒と美容オイルを利用して優しく毛穴の汚れを落とすようにしましょう。定期的にお手入れを行うことでだんだん毛穴の汚れは目立ちにくくなります。

毛穴ケアを自分で行うには注意が必要です

自分で綿棒とオリーブオイルを使っての毛穴ケアをやっている人がいますが、注意しながら行うことが大事です。これは角栓をマッサージしながら摂っていくという方法ですが、間違えると一層症状が悪くなってしまう恐れがありますので注意をしなければなりません。

具体的な手順としては、綿棒にオリーブオイルを染み込ませ、洗顔後に保湿して綿棒でマッサージし、綿棒を横にして角栓をゆっくりと押す、というものです。使うのは綿棒とオリーブオイルだけという簡単さですので、自宅にあるものでケアできるのが魅力だと言われています。

ただし気をつけなければならないことが幾つかあります。角栓が取れない、あるいは取りづらい場合は無理に取らないこと、オリーブオイルを確実にしっかりと洗い流すこと、そして洗顔後は毛穴を引き締めるために専用の美容液でケアすることです。特に無理に角栓を取らないという点は厳守すべきです。

力任せに角栓を取ってしまうと、肌にダメージを与えてしまいます。最悪の場合は感染症に見舞われることもあるほどです。そもそも論を言えば、角栓を除去するということは肌を傷める事態を招きますので、本来はほめられたものではありません。綿棒一本で軽く押すだけで取れる角栓だけを取るのが賢明なやり方です。

毛穴ケアは正しいものを

毛穴ケアは身近なドラッグストアで販売されているシート、美容用品を使ってもできるものですが、それでもすべての製品が自分の肌に合うとは限りませんし、いくらテストされて販売されているものでもアレルギーやちょっとした合わない成分によって荒れてしまうことというのもあるものです。

また、ちょっとピリピリとした刺激を感じるとそれが肌に効いているのだと勘違いしてしまうようなことも多いので注意が必要です。ピリピリとした感じがして、次にかゆみや腫れがくるようであれば危険なサインでもあるので使用をやめたほうが良いです。毛穴ケアのセルフケアというのは正しいと思うものを間違って覚えてしまっていることもあるので大変です。

通販などで販売されている毛穴パックは安全なものがほとんどですが、外国製品は日本人の肌に合わないこともありますし、オロナインパックなども避けたほうが無難です。

そして野菜やフルーツなどを輪切りに切って顔に貼ったりする毛穴パックも、肌を荒れさせてしまうことがありますし、毛穴の引き締めなどにはつながらないこともあるので注意です。漫画や雑誌などで登場するような手軽な毛穴ケア方法も安易にしないほうが良いものです。

毛穴ケアに最適な洗顔料

毛穴は皮脂や買う質が詰まったり、それが酸化すると黒ずみの原因にも繋がるのでしっかりとケアをする必要があります。それには化粧水や美容液の存在も重要ですが、やはり汚れを落とす洗顔料の存在は欠かせないので、おすすめの商品トップ5を見ていきましょう。

おすすめの商品第1位は「クレイウォッシュ」です。天然のクレイである「モンモリロナイト」の効果によって古くなった角質や毛穴の汚れをしっかりと吸着して取り除きます。また、肌に必要な皮脂や潤いは残しつつ不要な汚れだけを取り除くので保湿力は保たれます。ヒアルロン酸などの潤い成分も配合されているので、肌を整えた上で潤いのある肌にすることができます。

続いて第2位は「どろ豆乳石鹸・どろあわわ」です。沖縄酸マリンシルトと国産ベントナイトの2種類の泥を配合していて、付属のネットで泡立てるだけでもモチモチの泡を作ることが可能です。さらに豆乳発酵液やコラーゲン・ヒアルロン酸と言った潤い成分も贅沢に配合されているので、乱れがちな肌のバランスを整えて綺麗な毛穴へと導きます。

続いて第3位は「Non.A」です。通常の石鹸の約4倍の弾力ある泡を作り出すことができるので、毛穴の汚れをしっかりと落とすことができます。

第4位は「クリーミュー」で世界から厳選された6種類の天然クレイを使用、通常の14.5倍の汚れ吸着力を誇ります。最後第5位は「然よかせっけん」で天然ミネラルをたっぷりと含んだ超微細シリカパウダーと天然成分を配合していて、肌に負担をかけずに汚れを落とすことが可能です。

洗顔で毛穴ケアをしよう

肌ケアの中で意外と見落とされがちな洗顔ですが、しっかり気をつけることで毛穴ケアをすることが可能です。どのタイプの洗顔料でもそうですが、一番大切なのはきちんとあわ立てて優しく洗顔することです。洗顔フォームをそのまま顔につけてもあまり泡立たないですし、毛穴に洗顔料が入らないので汚れを落としきれません。

そのため、泡だてネットなどを使って細かな毛穴の汚れも落とせるように洗顔をしましょう。また、洗顔をする時ですが皮膚をゴシゴシ擦るのではなく、泡をふんわり動かすようにすることで汚れが浮いてきます。ゴシゴシ擦ると摩擦が起こって肌を傷つけるだけで、キメの整いも悪くなってしまいます。

優しく肌を労わるように動かすことがポイントです。物足りなく感じても、実際はそれで十分ケア出来ているので力を入れないようにしましょう。洗い終わった後にはしつこいぐらいに洗い流すことも重要です。

38度ぐらいのぬるま湯で10回以上洗い流すことで洗顔料が肌に残りません。シャンプーなどもそうですが、ケアアイテムの流し残しによる肌荒れは意外と多いものです。それまでしっかり洗えていても、最後に流し残しがあるととても勿体無いので意識しましょう。

毛穴ケアを丁寧にすること

毛穴の汚れが気になってしまい、毛穴ケアに力を入れているという人は少なくないのではないでしょうか。毛穴ができてしまう原因が何であっても、毛穴ケアを行うにあたって欠かすことができないポイントがあります。そのポイントとは、丁寧に保湿を行なっておくという点です。

毛穴ケアを行う時に、汚れを取り除くことに必死になっているという人はたくさんいます。しかし、汚れを取るだけが毛穴ケアの全てという訳ではありません。ケアをきちんと行なっていく上で、汚れを取るだけではなくて水分をきちんと与えていくことも欠かすことができないのです。水分をきちんと与えておくことによって、肌の内面からきれいにすることが可能になります。

肌の内面の水分が不足している場合には、肌をきれいに保つことができません。それどころか、汚れが出てしまうのです。例えば、毛穴もその一例です。水分不足は毛穴ができてしまうことにつながるため、常に保湿をすることを心がけておいた方が良いと言えるのです。

丁寧な毛穴ケアを行う時には、コットンを使って化粧水をたっぷりと塗るようにすると良いです。化粧水を浸透させた後には、乳液や美容液を使ってさらに肌をしっとりとさせると良いでしょう。

プラスケアで毛穴ケアをするとより効果的

毛穴の黒ずみなどに悩んでいるけど、思うような毛穴ケアが出来ないという人も多いです。毛穴はしっかりケアしておかないと症状は改善しません。間違った方法でケアをしている人もいますが、余計に毛穴のトラブルが悪化することもあるので、正しい毛穴ケアの方法をマスターすることが大事です。

毛穴ケアをする前に自分の毛穴のトラブルがどのタイプなのかを知っておくことが大事です。症状によってケアの仕方も違ってくるので自分の症状をしっかりチェックしてください。毛穴のトラブルには主に角栓の詰まりや毛穴の黒ずみ、毛穴の開きの3種類があります。全タイプの毛穴ケアに共通するのが洗顔です。洗顔をすることによって汚れや角質を落とすことができます。

保湿も全タイプに共通するケア方法と言えるでしょう。保湿をせずに肌が乾燥してしまうと、皮脂が過剰に分泌し黒ずみやニキビの原因になってしまいます。他にも全タイプ共通の毛穴ケアとして過剰な皮脂が原因の場合は、ビタミンCを配合した美容液をプラスケアとして取り入れるといいです。

色素沈着が原因の場合ですが、太陽を良く浴びるという場合は、プラスケアとして紫外線から肌を守る美容液を使用して下さい。酸化や外部刺激によってできた色素沈着は、プラスケアとして美白効果の高いアイテムでケアするとより効果的です。

毛穴ケアを充実させること

乾燥した肌や年齢を重ねた肌を持っていると、毛穴ができてしまうことがあります。そのような悩みに対抗するために、毎日丁寧に毛穴ケアを行なっている人が多いのではないのでしょうか。乾燥した肌や年齢を重ねた肌には、保湿をきちんと行なっておくことが欠かせません。しかし、保湿をした後にも、一工夫を加えることができます。

工夫ができる具体的な方法として、蒸しタオルを使う方法があります。蒸しタオルを用意した後に、それを鼻の上に置くのです。肌は敏感な部分であるとも言えるので、蒸しタオルを準備した時には熱すぎることがないように気をつけておくことも欠かせません。火傷をすることには、注意をしておいた方が良いです。

蒸しタオルを置いたあとには、そのままタオルが冷えてきたと感じるまでゆっくりと放置しておきます。そうすることによって、毛穴をしっかりと広げることができるのです。その結果、無駄な汚れや老廃物を取り除けることが期待できるようになります。

毛穴ケアのために蒸しタオルを用意することが大変であると感じた時には、電子レンジを活用することも効果的であると言えます。電子レンジを使っていると、気軽にタオルを温めることが可能になるからです。

おすすめ化粧品

毛穴ケアを進めていきたい人は、毛穴ケアに特化した化粧品を使いましょう。一般的な化粧品よりも、毛穴が目立たなくなる成分が配合されているからです。ここでは、おすすめの化粧品をご紹介します。まず最初にご紹介するのが、ビーグレン毛穴ケアセットです。業界からも注目されているビーグレンですが、医学界も認定されていて安心して使用することができます。

ビーグレンが独自で開発した浸透技術があるため、毛穴ケアを真剣に行いたい人におすすめです。自分でパッティングするだけで角質層まで届いてくれます。口コミでも評判が高い化粧品です。次はライスフォーストライアルセットです。ライスバワーという独自の成分が入っているのが特徴。

これは肌が本来持っている水分保持希望を改善してくれる働きが期待されています。もちろん、角質層への浸透力も高くなっています。毛穴だけでなくシミやたるみで悩んでいる人にもおすすめです。次はオルビスユーです。

HSPという成分が入っていて、肌のトラブルを解決してくれます。HSPとは、ヒートショックプロテインの略になっています。特にダメージを受けた酵素をトリートメントしてくれる機能が期待されている成分です。

洗顔による毛穴ケア

毛穴のケアに欠かせないのは洗顔ですが、洗顔と一言にいってもやり方は多種多様で、正しいやり方でやらなければ毛穴のケアにはなりません。正しい毛穴のケアのためには、まず、洗顔材を手でしっかりと泡立てます。次に指と手の平で泡を包んで、それを顔へもっていって、ゆっくりと優しく顔を洗います。

この時、鼻の頭を洗い忘れるケースが多々ありますから、Tゾーンに注意を払って洗顔をする必要があります。とにかく、洗顔においてはゴシゴシ力を込めて顔を洗ってしまうのはNGで、メイクをした日のクレンジングの際も同様に優しく洗わなければ、毛穴の角栓や黒住といった症状が悪化する危険性があるので肝に銘じておくことが必要です。

また、洗顔材も多種多様なものがありますが、使うものを間違えると毛穴のケアには逆効果になることがあります。市販の洗顔材の中には落とす必要のない皮脂や角質層の保湿成分までも落としてしまう商品があり、敏感肌や乾燥肌の人には大敵となります。

ですから、敏感肌や乾燥肌の人は市販の洗顔材を選ぶ際は、極力刺激成分が入っていないものや極力成分がシンプルなもの、潤い成分が配合されているものに着目して商品を選ぶとうまくいきます。

毛穴ケアに大切なこと

顔がくすんで見える一つの要因とも言われる毛穴の黒ずみ。その原因は毛穴につまった皮脂や汚れ、メラニンにより黒ずみだと言われています。目立ちやすいのは皮脂の分泌の盛んな小鼻であるのがほとんどです。よく毛穴の黒ずみをなくそうとしてゴシゴシと強く洗顔してしまいがちですが、毛穴の汚れというのは優しく洗ったほうが落ちやすいと言われています。

強く洗うことによって角質のケラチンが出やすく、これと皮脂の油分が混ざり合ってかえって毛穴のつまりを悪化させてしまいます。毛穴ケアに大切なのはなるべくケラチンを出さないように、優しく丁寧に毎日の洗顔を心がけることです。洗顔前にスチームパックなどで毛穴を開いて、汚れを浮かせておくとさらに効果的です。

何よりも間違ってはいけないことは、黒ずみを隠そうとしてメイクを厚塗りしてしまうことです。さらに毛穴に汚れをためてしまうので注意したいものです。あまりにも手ごわい黒ずみとなるとエステの吸引などによる施術に頼らざるを得ません。

角質軟化剤などを使い芯から吸引するためかなり効果的であると言われていますが、できれば日々のセルフケアで抑えたいものです。毛穴ケアには優しく丁寧な毎日の洗顔を根気よく継続することが大切です。