安心して食べたいアレルゲン除去食品とは

アレルギー体質や、アレルギーが心配な場合は、特にアレルゲンを含む食品は避けて通りたいものです。

少しずつ体を慣らすなどの方法もありますが、不用意に摂取してしまうのはリスキーでしょう。そういう時に、アレルゲン除去食品は安心できます。

知らなきゃこわいアレルギーについて

アレルギーと言えば、例えば、漆にかぶれて患部が赤くなったり、痒みが出るのも、その一つです。この場合は漆がアレルゲンになり、体の免疫異常を引き起こした結果、つらい症状がおきます。

食物アレルギーも、メカニズムは似たような感じですが、特徴と言えば、アレルゲンをまるごと、体内に取り込んでしまうという点で、口腔内から食道、消化器官に至るまで、アレルギー物質に直に触れてしまうことになります。

強めのアレルギーでは、食べ物が肌に触れただけも症状が現れますが、それがある程度の量、体内に入り吸収されてしまうわけですから、食物アレルギーは油断できない症状を引き起こすことも少なくは有りません。

呼吸困難や死に至る危険性もあり、特にアレルギーを持っているかどうかわからない、小さなお子さんの場合には注意が欠かせないものとなっています。

アレルギーの原因はこれ

元々体内には、病原体や異物に対して働きかける免疫細胞というものが存在します。アレルギーでは、卵や牛乳など、本来では働く必要がない存在に、過剰に免疫細胞が反応することで引き起こすのです。

過剰に作用した結果、細胞がヒスタミンなどの物質を異常に放出したりして、色々な症状が現れてきます。つまり、有る原因物質に対して、免疫能力が暴走し、体の秩序が乱れてしまうのが、アレルギーと言えるでしょう。

アレルギーを引き起こす物質はアレルゲンと呼ばれ、食べ物であったり、ある種の植物であったり、医薬品も含まれます。ただ、これらのアレルゲンを摂取したり、これらに接触しても、誰もがアレルギーを発症するというわけではありません。

何らかの遺伝子が多数関与して、アレルギーが起こりやすい体質の方が存在すると考えられています。

知っておきたいアレルギー症状

アレルギー症状は極めて多岐にわたり、発赤からかゆみ、蕁麻疹などなど、かなり幅広いものが現れます。発赤やかゆみは軽度と言えますが、蕁麻疹や発熱となってくると、やや重い症状と言えるでしょう。

アレルギーの症状で最も危険視されているのが、近年、話題となることが多いアナフィラキシーショックです。アナフィラキシーショックは、ヒスタミンなどの物質が短時間で異様に放出される現象で、これらが体内の色々な臓器に異常をもたらすことになります。

例えば、呼吸器に到達すれば呼吸困難、消化器などでは嘔吐や下痢を引き起こし、最悪ではショック状態に陥り、命取りとなることもしばしばです。また、表面的には現れにくいものの、慢性的な疲労感やだるさなどが、アレルギーによる場合もあります。

詳しく知りたい「食物アレルギー」

色々な原因で引き起こるアレルギー疾患がありますが、食べ物がアレルゲンとなる場合は、食物アレルギーとなります。食べ物は基本的には全く無害ですが、これが元で重篤なアレルギー症状やアナフィラキシーに至る可能性もあり、油断は禁物です。

また、食物アレルギーが怖いのは、例えば『桃』が駄目ならば、リンゴやいちごと言った、他の『バラ科』の果物でも、アレルギーが引き起こる可能性があります。このため、気をつけていたとしても、同じ系統やグループに属する食べ物の為に、発症に至るケースもしばしばありあます。

原因となる食べ物は人によって様々ですが、最初は大丈夫でもある日を境にだめになったり、逆に、自然と治まることもあり、色々な経過をたどる疾患でもあります。

食物アレルギーの原因になる食べ物

食物アレルギーの原因となる食べ物は、かなり多岐にわたります。人によっては一種類だけ駄目だったり、逆に、検査項目の殆どに該当するようなケースもあり、まさに十人十色の様相です。

ただ、ある程度、アレルゲンとなるリスクと、悪化する可能性が高いグループは特定されつつあり、幼少期のおお子さんでは、気をつけて与えるよう注意喚起がなされています。特にリスクが高いのは卵と牛乳で、これらに含まれるタンパク質は、アレルギー反応を誘発しやすく、アナフィラキシーに至る割合も高い率でしめています。

他には、小麦、甲殻類、ピーナッツも危険ですので、これらを与えるときにも注意が欠かせません。万が一、食べた後のお子さんが急激に発赤したり呼吸困難で苦しそうにし始めたら、アナフィラキシーの兆候が考えられます。

アレルギー物質の表示の見方

アレルギーを引き起こしやすい物質については、外食での食事の提供の際や、スーパーで販売される食品には、表示することが義務付けられています。卵や乳、落花生は義務の対象となっていますし、他に、桃やアワビ、イカなどは推奨される表示対象に指定されています。

これらは明確に卵なら卵、と表記されていることもありますが、異なる表現も許可されている場合があるので、それは気をつけましょう。イクラでは『すじこ』という表記も認められていますし、やや、わかりづらい代替表記もあるかも知れません。

表示方法には、卵や乳、落花生などの項目が並べられ、マークがついているというタイプや、入っているアレルゲンを表記するタイプもあります。詳しく探せば見つかるかと思いますので、包装や値札、商品POPをじっくり確認してみると良いでしょう。

アレルギー除去食品の効果とは

アレルギー除去食品は、アレルゲンとなる食べ物を含まないように調理された食品で、不注意で避けておきたいアレルゲンを与えてしまうのを予防するのに効果的です。卵、 乳、小麦、蕎麦、落花生、カニ、えびと言った危険性の高い7品目に加え、大豆を使わない食品や、近年話題となっているグルテンフリーの食品も登場しています。

調味料や惣菜には、良く表示を見るとエキスなどの形で色々な食べ物が加えられたりしており、アレルゲンを避けて料理をつくったり、食事を用意するのは骨が折れるものです。

アレルギー除去食品では、大豆で作ったチーズや、米で作った醤油など、避けたいアレルゲンを明確に避けることが可能ですし、代替食としても利用できるので、上手に取り入れていくのも選択肢でしょう。

おすすめのアレルギー除去食品

国内大手の食品加工メーカーであるS&Bから、27品目を含まないカレーとシチューが登場しています。カレーやシチューは色々な食材を使って深みを出しているので、そのルゥの表示を見ますと、やはり、アレルゲンとなる食品が含まれているケースが多く、諦めてしまっていたケースもあるかも知れません。

しかし、S&Bのカレーとシチューでは、しっかりと危険性の高いアレルゲンがカットされているので、安心で、気軽に利用できるでしょう。

特にシチューの方は、乳製品を使わないで作るのは難しいはずですが、キチンと乳製品不使用となっており、牛乳アレルギーの場合でも、ホワイトシチューを楽しむことが可能となっています。味わいの方もしっかりと工夫されており、アレルギーではないお子さんも、楽しめる内容になっているとのことです。

毎日の食事を楽しむためにも家族の協力が鍵

アレルギーはアレルゲンを避けている間は症状も現れず、大きな問題に見えないかもしれませんが、これと戦うことは、そんなに簡単なことでもありません。アレルギーは本人もつらいですが、除去食や代替食を用意する方にとっても一苦労です。

色々な悩みやストレスを抱え込みやすくなるので、これは、家族全員で協力していきたいものと言えます。お互いにきちんと問題を理解し、出来る範囲で役割分担したり、意思疎通をはかっていくことで、誰かが重荷を抱え込むリスクを避けられるでしょう。

毎日の食事を用意したり、レシピを考えるだけでも大変なものですから、そこに、アレルギー対策も加われば、かなり大変な作業になってきますから、誰かに任せっきりにせず、支え合いの気持ちを持ちたいものです。

もしもの時にできるアレルギー対処法

アレルゲンとなる食べ物を口にしても、まだ、口に残っている場合や、飲み込んですぐの時は背中を叩き、吐き出させることも可能でしょう。ただし、吐き出させることが出来ない場合には、出来ることは限られてきます。

まず、アレルギー反応が見られたら、薬を処方されている場合は、適切な範囲で、それを与えましょう。これで、症状が軽度のまま進行しなかった場合には、一先ず安心ですが、油断せず、受診を考えたほうが良いでしょう。

問題は、重篤な症状が現れた場合で、アナフィラキシーによる呼吸困難やショックは、かなり危険です。エピペンを持っていたら利用し、救急車を呼びましょう。救急隊員にはエピペンを使ったことや、何を食べたか、経過について伝えます。

エピペンは症状の進行を抑えるので、使っておけば治療が間に合う可能性が高くなり、救急車を呼ぶ場合にも利用しておくことも問題はありません。アナフィラキシーは短時間での適切な処置が大切なので、日頃から備えておいたほうが良いでしょう。