寝る前に青汁を飲めば快適な睡眠を得られる

青汁にたくさんの栄養が含まれていることは広く認識されていますが、実は快眠効果を秘めていることはあまり知られていません。

青汁を寝る前に飲むだけでぐっすり眠れるという評判もあり、徐々に注目され始めています。

青汁は飲む時間によって効果が変化する

人間の体は時間帯によって状態が違っているので、青汁を飲むタイミング次第で効果が変わります。例えば野菜不足を補いたい場合は朝に飲むことをお勧めします。人間の体は朝から徐々に動き出すようになっており、それは胃腸も同じです。

朝に飲めば昼ごろまでの間に消化や吸収が進められます。野菜不足を解消するために青汁を飲む場合は消化と吸収が活発に行われる時間帯を選択すればOKです。もし、ダイエットを目的として飲むのであれば食前がお勧めです。

食前に青汁を飲むことで食物繊維が満腹感を生み、食べ過ぎを事前に防ぐことが出来ます。また、青汁に含まれるミネラルによって血圧がコントロールされるので、血糖値の急激な上昇を抑制できることもあります。

朝に飲めば腸内環境の改善に効果的

人間の腸は消化や吸収など様々な役割を果たしています。実は免疫にまで影響しています。しかし、日々の食生活の乱れや寝不足などにより、腸内環境が悪くなっている方も珍しくありません。そこで食物繊維をたくさん含んだ青汁を飲むことが有効です。

人間の内臓は脳と同じく、日中活発に働いています。寝る前に食べ物を口にすると上手く消化されずに太る原因となると言われるのはこのためです。いつ飲んでも一定の効果は期待できる青汁ではありますが、飲む時間を工夫することは非常に重要です。

逆に寝る間際などに青汁を飲んでも上手く腸が働かず、効果が減ってしまったり、逆効果となってしまったりする恐れもあるのでその点には注意が必要です。

夜に飲むことで安眠効果が得られる

寝る間際に飲むのは消化の観点から好ましくないものの、夜に青汁を飲むこと自体は有効です。夜に青汁を飲むと晩御飯の消化に良い影響を及ぼすことはもちろん、安眠効果も発揮すると言われています。

既に安眠や快眠を目的として青汁を飲んでいる方もいて、口コミなどでもその効果を実感する声が散見されます。青汁と眠りは一見するとあまり関係がないように思われがちですが、実は大いに影響しています。

といっても青汁に含まれる全ての野菜が睡眠に影響を与えるわけではありません。青汁に含まれている野菜の中で快眠をもたらしてくれるのはケールです。ケールは青汁における基本的な野菜であり、相当な割合の青汁に入っていると言って良いほどお馴染みです。

安眠の理由はメラトニンにあった

何故ケールが睡眠に良い影響を与えるのかというとそれはメラトニンに秘密があります。メラトニンは睡眠を促すホルモンであり、外部環境を感知して分泌されます。

ところが、寝る前に明るいライトを強く浴びていたり、目の刺激が強い映像を見ていたりするとメラトニンが上手く生成されません。パソコンなどが発するブルーライトも同様です。メラトニンの分泌量が減ることによる不眠症は社会問題にもなっています。

ケールにはメラトニンがたくさん含まれており、ケールを主として使用している青汁を飲めば快眠が期待できます。ケールが含むメラトニンの量は他の食材と比べても明らかに多く、お米の43倍、バナナの100倍近い量を含有しています。

就寝直前に飲むとトイレに行きたくなってしまうことも

いくら快眠を期待したいからと言って寝る直前に青汁を飲むことは好ましくありません。寝る直前に飲んでしまうと消化が上手くしかなかったり、デトックス効果でトイレに行きたくなってしまったりすることがあります。

健康という観点から見ても寝る直前に水やお茶以外の物を口にするのはお勧めできません。そもそも目的である快眠効果が現れるまでに時間がある程度かかるので、布団に入ってから快眠効果が現れるまでに眠れなくて苦しむという状態も生まれてしまいます。

そのため、寝る直前になって青汁を飲むのではなく、自分の寝る時間から逆算して飲むタイミングを決めることが大切です。早すぎても遅すぎても快眠効果が得られにくくなることを覚えておきましょう。

青汁を飲むなら寝る2時間前

実際に快眠効果を得たい場合はおおよそ寝る2時間前くらいに飲むのがお勧めです。これならば健康上のリスクは低く、ちょうど寝る頃に快眠効果が現れ始めます。晩御飯の時間に青汁を飲んでいても寝る頃には快眠効果が切れてしまいます。

そのため、晩御飯の時間からは少し空ける必要があります。ただし、晩御飯と同時に青汁を摂取して満腹感を得るという方もいます。この方法では満腹感を得ることでダイエットなどに繋げることはできますが、快眠効果はあまり得られません。

つまり、快眠効果とダイエット効果は必ずしも両立できるとは限らず、自分がどちらを目的にしているかはっきりさせておく必要があります。飲む時間帯によって効果が変わることはこの点に影響しています。

栄養補給のためには夜はおすすめできない

もし、栄養補給のために青汁を用いるという場合には夜はあまり適していません。胃腸の働きは日中の方が良いため、夜に青汁を飲んでも効率的に吸収できないという問題があるからです。

もちろん、青汁自体には非常に豊富な栄養が含まれているので、夜であってもそれなりに吸収することは可能です。しかし、朝や昼に飲んだ場合に比べると吸収効率が悪く、せっかくの栄養を確保できていないケースが多いです。

青汁は飲む時間次第で効果が大きく変わってしまうので注意しておきましょう。自分が青汁を飲む目的は何なのかを冷静に考えることが大切です。栄養補給と快眠を両立させたい場合は朝と夜に飲む方法もありますが、摂取量のオーバーには注意が必要です。

便秘の人は就寝前でも朝食時でも青汁が効果的

便秘を解消するために青汁を飲んでいる方は珍しくありません。青汁にはたくさんの食物繊維が含まれているので、便秘などへの対策としてはうってつけと言えます。便秘を効率的に解消した場合は就寝前か朝食時に青汁を飲むことをお勧めします。

青汁に含まれる食物繊維が実際に体へと影響をもたらすまでには一定の時間がかかります。そのため、就寝前に飲んだり、朝食時に飲んだりすることで腸にゆとりを持たせることが重要となっています。

ただし、日中は仕事などでトイレに行ける回数が限られているという場合は朝に飲むことは避けた方が良いかもしれません。休日などで家でゆっくり過ごすのであれば朝から飲んだ方が便秘解消を効率的に行うことができます。

どの時間帯でも継続的に飲むことが前提

青汁は飲む時間帯によって効果が大きく変わりますが、いずれの効果も飲み続けることが前提となっています。いかに良いタイミングで青汁を飲んだとしても、1日しか飲まなければかなり効果は限定的になってしまいます。

特に腸内環境は数週間から数カ月をかけて改善していく必要があります。また、せっかく青汁の効果が出ていても、飲むのをやめてしまうことで元の状態に戻ってしまう恐れもあります。初めに飲む段階から継続的に飲めるようにしておくのがお勧めです。

そのため、各種メーカーが用意している定期サービスなどは非常に便利です。毎月届けてもらえば買いに行く手間がなくなり、また意識せずとも飲み続ける習慣がだんだんできていきます。

飲みすぎると逆に寝苦しくなってしまうことも

青汁が健康に良いことは事実ですが、たくさん飲めば飲むほど効果が増すというわけではありません。例えばケールに含まれるメラトニンは使用される量には限度があります。

それ以上の量のメラトニンをいくら摂取しても有効に使われません。また、たくさんの青汁を飲むということはそれだけ胃腸の働きが忙しくなるので逆に目が冴えてしまうという恐れもあります。そのため、青汁を飲むときはその目的を問わず用法や用量を守ることが大切です。

1日目に快眠できなかったとしても急に量を増やしたり、やめてしまったりせず、続けて行く必要があります。青汁は薬ではないので一度飲めば劇的に体質が変わるということもありません。一定量を持続的に飲んでいきましょう。