小鼻の黒ずみはムダ毛が原因かも?取り除く方法と予防法

顔の肌トラブルにはシミやニキビ、シワなどがありますが、小鼻の黒ずみで悩んでいるという人も少なくありません。小鼻の黒ずみは顔の中心にあらわれる肌トラブルのため、人目につきやすいという特徴があります。さらにファンデーションで隠そうとすると厚塗りになったり、逆にデコボコが強調されてしまうので厄介です。

小鼻の黒ずみをケアするためには、スキンケアアイテムを正しい方法で使うことが大切ですが、それと同時にムダ毛を意識することも重要です。何故なら、間違った方法で顔のムダ毛を処理すると、肌に大きなダメージが加わるからです。その結果、肌に黒ずみができやすくなるだけではなく、乾燥肌や赤みにも繋がってしまうので気を付けましょう。

小鼻に角栓と共に詰まった産毛

小鼻には皮脂汚れや汗、落としきれなかったメイクなどから酸化して黒い汚れが詰まりやすいです。黒ずみのケア用品を色々試してみても、すっきり小鼻がクリアな状態にならないことがあります。そんな時は黒ずみの原因が汚れだけではない可能性があります。毛穴が目立つと気になっていた原因が、汚れではなく小鼻に生えている黒い産毛かも知れないのです。

小鼻は皮脂や角質のせいで元々角栓ができやすい部位なのですが、この角栓のせいで生えてきた産毛が抜け落ちずにどんどん埋もれたまま溜まってしまうことがあるのです。それも1本だけではなく数本生えてくるようなことがあれば、それは黒く目立つ汚れに見えてしまいます。外へ出てきた分はお手入れすることが出来ても、皮膚の下の分は自分でお手入れするのは難しいです。

ただなんでもいいからお手入れをすれば良いというわけではなく、正しくお手入れしないことには毛穴に詰まったままで黒い汚れのように見えてしまう原因になります。

また顔を普段からお手入れしている人でも、凹凸があってお手入れしにくいため小鼻はケアを忘れがちなポイントです。そのため汚れだと思っていたものの、よく確認してみたらお手入れ出来ていない産毛だったということもよくあることなのです。

毛が目立つ理由

日本人は色が白く毛が黒いため、産毛でも目につきやすいと言われています。そのため、脱毛などのサロンに定期的に通う方が増えています。特に産毛を自分で剃り続けていくと、毛が濃くなりどんどん生えやすくなってしまうので、剃る頻度が高まります。それだけではなく、黒ずんでしまうと自分での処理も難しくなり、お手入れにも時間がかかります。

黒ずみを阻止するためにエステを選択する方が多いです。なお、白人にも生えますが黒いという事ではないためそのままにしておく方も多いと言われています。また、黒人の方も目立たない限りは剃るという選択をする方は少ないとも言われています。

日本では美容に気を使う方が増えてきており、若い年代の方からご高齢の方まで手を抜かずにいろいろな知識などをうまく取り入れてケアする方が多いです。小鼻に関しては間違った方法でケアすることで、黒ずみが目立ってしまう場所の一つですので、注意が必要になります。

正しい方法で綺麗にする方法をしっかりと見極める事が重要です。日本人だからこそ合うケアがたくさんあるため、紹介していきます。また、家でもスキンケアなどで改善する事ができるため、忙しい方でも手入れができます。

産毛は目立つ

化粧品でケアをしているのに、なかなか処理が難しいのが小鼻にある産毛です。なんとかしたいと考えている女性は多いのですが、どのように処理をしたらいいかわからないケースもあります。見た目としては最悪ですから、できる限りの対策を行っていきましょう。それではなぜ、あまり太くない産毛が目立つのでしょうか。

ひとつめの理由は、日本人は黄色人種なので黒い毛があると目立ってしまうということがあります。肌の色が黄色なので、そこに黒いものがあると目立ってしまいます。束になっていればなおさら目立つのは明白でしょう。つまり、毛の色が産毛が目立つ理由となっているのです。男性のヒゲのように生えている人は速やかに処理をしたほうが綺麗に見えます。

ふたつめの理由としては、角栓の中に閉じ込められていることがあります。1本ならまだしも、2本以上が束になって生えているととても厄介です。黒いものが束になるとさらに目立ってしまうからです。

普通は肌のターンオーバーとともに抜け落ちるのですが、ターンオーバーがうまく働いていないとどんどん角栓がつまっていきます。いつまでも肌に残ってしまうため、さらに黒くなってしまうという悪循環があります。

小鼻の毛 効果的なのはイソフラボン

小鼻の毛穴の悩みの原因には色々なものがあり、それぞれの原因によって対応策も異なってきます。女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあるとされているイソフラボンは、毛が生えてくるのを抑制する働きがあるとされています。

大豆製品にたくさん含まれている成分で、化粧水にもよく有効成分として配合されることも多ですが、含んでいる化粧水に抑える効果があるかの学術的な根拠はありません。

有名な商品に鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳ローションがあります。抑毛効果が期待出来るイソフラボンと毛の主な成分のたんぱく質を分解する酵素を持っているパイナップルの成分が含まれていて、発毛を抑える効果があるといわれています。

使用した人は1本目で伸びるスピードが遅くなって、毎日こつこつ継続して塗ることが大切だといっています。肌が荒れることもなくおすすめで使い続けると効果も上がるようです。

このローションのよいところは子供でも使えることで、中には小学生の娘さんに塗ってみたところ、薄くなったという人もいます。注文が初めてだとお得な定期コースなどもあります。パイナップルローションはあくまで処理をした後の肌を整えてお手入れを楽にするものです。

小鼻の黒ずみには保湿ケア

小鼻の黒ずみで悩んでいる人は多いとされています。スキンケア用品を使ってもなかなか改善できないという場合、産毛が原因になっているのかもしれません。鼻の角栓の黒ずみは産毛が原因ということですが、1本ではなく束になって生えていることもあります。その束が毛穴に詰まることで黒ずんで見えてしまうということです。

健康な状態ならターンオーバーとともに角栓も排出されますが、ターンオーバーが乱れていると古くなった角栓がずっと残り続けることになります。そして、詰まった角栓が産毛を巻き込むことにより、余計に黒ずんで目立ってしまうとされています。角栓を無理に取ろうとするのは良くありません。

健康な肌にダメージを与えるリスクがあるので避けた方が良いでしょう。正しい方法で角栓を除去することにより、小鼻の黒ずみを改善することができるのです。基本的に小鼻の黒ずみを改善するためには保湿ケアを行うことが重要です。

肌のターンオーバーが乱れてしまうのは乾燥が原因とされており、肌の乾燥が進んで水分が不足した場合、皮脂の分泌量が増えてしまいます。それによって角栓が溜まってしまいますし、毛穴の出口が塞がってしまうということです。そのため普段から保湿ケアを心がけましょう。

小鼻の毛は取り除くのが一番

男性だけでなく女性でも小鼻の周辺に毛が生えているという人は少なくありません。そのような人の場合メイクをしても隠し来ることが出来ず、くすんだ雰囲気になってしまったり、化粧ののりが悪くなるので毎日メイクをしてもなかなか満足の行かない仕上がりになることもあります。そうならないためには小鼻の毛を取り除いてしまうことが必要です。

方法としては美容室に行った時に処理してもらう方法や、自分で剃毛という形で処理を行うことですっきりとしたイメージになります。化粧で隠す事は出来ても、メイクをとってしまうとがっかりとした印象にならない為にも、小鼻の周辺のお手入れは念入りにやらなくてはなりません。

処理することにはかなり大きなメリットが存在し、化粧ののりが良くなることで一度に沢山の化粧品を使う必要がなくなり、薄く伸ばすだけでメイクがのった状態になります。この状態になってしまえば、厚化粧になることもなく美しい状態をキープし続けられるのです。

毎日剃ってしまうのは面倒な場合には、サロンやクリニックなどで脱毛をしてしまうのも良いでしょう。黄色人種は毛が黒いのでどうしても目立ちやすく、定期的な小鼻周辺のお手入れが必要です。

衝動をおさえる事が大事

鼻の毛穴が目立つのは産毛のせいである可能性も高い事から、毛抜きなどで抜くと答える方がいますが、絶対にしてはいけないことなので衝動を抑えるようにしましょう。自分で抜いてしまうと、止められなくなりどんどん毛が濃くなりますます黒ずみなどが目立つようになってしまいます。毛抜きで抜く前にまずはプロの方に見てもらう事をおすすめします。

理容室では顔そりもしてくれるところが多いため、剃り残しや肌を傷めないように剃ってくれます。次に時間も費やしますが、エステサロンで行う事もできます。自分で抜くのは簡単で抜いた後は一時的に良く見える事も多いですが、後々の事を考えるとおすすめはできないやり方です。

専用のシェーバーは自分で正確にできるのであれば、費用はシェーバー代のみであることが多いため、シェーバー代のみです。また、メイクも以前よりも薄くなったと感じるメリットもあるため、抜くよりはおすすめです。口コミや体験談でも自分自身で抜いていた事でマイナス面が多いと答える方もいます。

衝動的にどうにかしたいと思った時には、体験談を読んで気持ちを落ち着かせることが大事です。大きな角栓を作りたくない方は自分で抜く事だけはしないようにしましょう。

小鼻のムダ毛の処理方法

小鼻のムダ毛は放置しておくと目立ってしまうため、きちんと処理しておくのがおすすめです。さまざまな処理方法がありますが、最も値段が安くなるのはカミソリで自己処理をするという方法です。カミソリならいつでも使うことができますし、お金もあまりかかりません。

多くの人がこの方法でムダ毛を剃っているということですが、カミソリは肌への負担が大きくなってしまうので注意しましょう。肌荒れに繋がってしまうこともありますし、赤みや痒みなどが発生してしまうこともあります。また、カミソリでは綺麗に処理することが難しいというデメリットもあります。小鼻は凸凹しているので上手くカミソリを当てられないこともあるでしょう。

当てる回数が増えるほど肌への負担が大きくなってしまいますし、怪我をしてしまうこともあるかもしれません。小鼻のムダ毛は鼻の皮膚を引っ張りながら行うことがポイントです。しかし、それでも綺麗に処理することは難しく、剃り残しが発生しやすい部分と言えるでしょう。

また、自己処理をした後は肌が乾燥しやすくなるため、乳液やクリームなどでしっかり保湿ケアを行う必要があります。専門のサロンではアフターケアまで行ってくれるので安心です。

小鼻の毛穴パックは効果アリ?

薬局やコンビニ、100円均一でも簡単に手に入れられる小鼻用毛穴パック。小鼻の角栓だけでなく、気になる細かいうぶ毛もびっしりと目に見えて取れるため、病みつきになる人も多いのではないでしょうか。しかし、この方法は効果がすぐに得られる分、デメリットもたくさんあるので注意が必要です。

毛穴パックの粘着力はとても強力で、肌に必要な角質や皮脂まで一緒に剥がしてしまいます。肌の表面にある角質は、外部の刺激から肌を守り、肌の水分の蒸発を防ぐ役割を担っているため、これが剥がされてしまうと荒れた肌になり乾燥しやすくなってしまいます。

更に、必要な皮脂を失った肌は、潤いを補おうとして新たな皮脂を過剰に分泌してしまい、皮脂の過剰分泌はテカリやニキビの原因にもなります。そして、一気に角栓や皮脂を取るため、毛穴がぽっかりと開きっぱなしになり、汚れや古い角質、雑菌が入り込みやすい危険な状態になります。きちんとケアをしないと、炎症や化膿など、深刻な症状が発生することも。

また、広がったままの毛穴には以前よりもたくさんの汚れが溜まりやすくなり、大きな黒ずみの原因にもなります。一見小鼻がスッキリしたような気がしても、実は肌への負担のほうが大きいと言えます。

小鼻の黒ずみが気になる

小鼻のムダ毛が気になっているという人もいるでしょう。これを放置しておくと顔色がくすんで見えますし、黒ずみが目立ってしまうこともあります。しっかり美白ケアをしていても、黒いムダ毛が生えていると見た目が悪くなってしまうのです。また、古い角質層が表面に溜まってしまうことも原因と考えられます。

理容院で顔そりをしてもらうことにより、ムダ毛だけでなく古い角質も一緒に除去することができますし、顔色が明るくなるでしょう。理容院に行くとお金や手間がかかると考えている人もいるかもしれません。しかし、自己処理をすると肌を傷つける原因となりますし、肌荒れなどの原因になってしまうこともあります。

そのようなリスクを避けたいならやはり理容院に任せるのがおすすめです。理容院の顔そりなら気になるムダ毛を全て抜くことができますし、綺麗な肌を効率よく手に入れることができるでしょう。肌を傷つけるリスクも少ないですし、1回の施術でも効果を実感できます。

心地よい空間でリラックスしながら過ごせることもポイントです。自己処理よりもお金はかかってしまいますが、効果が長持ちすることも大きなメリットと言えるでしょう。また、処理した後の過ごし方やケア方法などをアドバイスしてもらえることも人気の理由です。

メリットのほうが多いです

鼻脱毛のメリットは何と言っても鼻の無駄毛を完全に除去できるといった点です。鼻だけでなく顔全体にかけるお手入れの時間を圧倒的に短縮できる、朝や夜に鏡の前で鼻のお手入れをする頻度が急激に少なくなる、見栄えがいい状態をずっとキープできるなどといった恩恵が受けられるようになっているのです。

角栓が貯まってしまったとしても黒ずみにまで至らないケースが多いというのも大きなメリットだと言えます。こちらも第三者から見た印象にポジティブな影響を与えてくれる要素となっているためです。逆にデメリットを挙げるなら、脱毛時に痛みが伴うことがあり麻酔をしてもらえない可能性が高いという点には注意が必要だと言えるでしょう。

カミソリで剃るのやパックの吸引力を利用して毛穴の中に詰まっている汚れなどを取り除くのに比べれば仕上がりがキレイであることは確かですが、施術が完了するまでに連続して訪れるチクリとした痛みに耐え続けなければならない場合があるのです。

しかし一昔前に比べればマシーンの機能が向上していますので、痛みに対して敏感でない方なら然程痛みを感じずに済むとも言えます。デメリットは少なくメリットのほうが鼻脱毛の実施時には多いものと認識しておいてください。

小鼻のムダ毛をなくすためスキンケア

小鼻の黒ずみの原因であるムダ毛をなくすために重要となるのは何か、それは乾燥対策です。黒ずみや毛が目立つなどの原因の一つとして肌の乾燥があげられます。肌に潤いが不足すると、肌の弾力が減ってしまい、毛穴が柔軟性を失ってしまいます。

そこに、身体は、乾燥から肌を保護するために天然の保湿クリームの役割を持つ皮脂がどんどん分泌するため、その皮脂がうまく排出できずに毛穴が詰まりやすくなってしまったり、不要な角質と混ざり合って角栓となったりして、毛穴を塞いでしまい、角栓は表面が酸化すると黒くなり、これが黒ずみとなって目立ってしまいます。

これを予防するために保湿クリームを塗ることなどでスキンケアによって肌を潤った状態で維持し、肌の柔軟性を取り戻すとともに皮脂の排出を正常に戻すのです。また化粧水には肌の引き締め効果のあるものがあり、それらを保湿クリームを塗る前に使用しておくと良いです。

これらの乾燥対策を朝晩としっかり行うことで、肌にうるおいを取り戻し、タンパク質やビタミンCといった肌に良い栄養を多く含んだ食事と睡眠を取ることで内側から肌の状態を整えていきます。栄養とスキンケアで鼻の角栓や黒ずみを消すには時間と根気が必要のためじっくり毎日行うことを心がけましょう。

鼻の黒ずみは専門ケアに任せるのもOK

鼻の黒ずみ対策には様々な方法があり、同じ方法でも人によって合う合わないは出てきてしまいます。それだけデリケートな部分だということです。個人で対策をするのに限界を感じたら、サロンなど、脱毛のプロに任せてケアするのもひとつの方法です。ただ、脱毛サロンのコース説明をよく見ると、鼻は鼻でも、脱毛箇所が鼻の下部分だけという場合もあります。

鼻の複雑な形状が理由で、鼻の頭や小鼻は対応出来ないことも珍しくないからです。ですから、鼻の頭や小鼻まで対応しているかどうか、十分な下調べが必要になります。対応してくれる脱毛サロンもあるので、あきらめずに探してみましょう。

鼻の下に比べてしまうと多少値段は高い傾向にありますが、セルフケアでは得られない安心感にお金を払うと考えると納得出来るかもしれません。鼻の黒ずみを改善するためにはある程度の回数が必要になります。初回だけでなく、通う場合のトータル費用を見積もるとよいでしょう。

ただ、探している途中で相場よりも施術費用が安すぎたり、施術を受けた人の口コミが見つからなかったりと、実態が掴みきれないサロンを見かけることもあるかもしれません。宣伝文句に振り回されず、実績があり信頼できる脱毛サロンを選ぶようにしてください。

小鼻の毛が気になる人へのアドバイス

小鼻の毛が気になると誰しもイライラして来て無理やりケアをしたくなる気持ちはわかります。しかし肌は敏感なのであまり無理をすると思わぬ結果になってしまう事があります。

毛穴パックで角栓を取るというのは結果が目に見えて角栓が取れた事に満足感を持てるので一時期流行した方法ですが、この方法だと健康な肌まで剥がしてしまいます。そうすると乾燥した肌はより多くの皮脂を分泌します。弱くなった肌は外気や紫外線に晒されて肌荒れを起こす事もあります。

また、小鼻や角栓専用の金属の器具を使って無理やり取る事も肌に負担をかけます。かなり肌を優しく扱ったつもりでも肌はボロボロになり、内出血を起こします。表面は小さな傷だらけになり色素沈着やシミの原因にもなるのです。

無理な小鼻へのストレスは逆効果となり毛穴が広がり角栓がさらに詰まりやすいいちご鼻を作ってしまいます。角栓を無理に取り除くとさらに大きいものが出来やすくなり、ターンオーバーに間に合わなくなるほど肌荒れが進んでしまうのです。

オリーブオイルと綿棒を使った小鼻ケアがかなり話題となっていますがこれも程度があり、あまりやり過ぎると肌にダメージを与える原因になってしまいます。週に一度程度のスペシャルケアと考えておきましょう。

小鼻を綺麗にする

ムダ毛を無くして綺麗な小鼻を手に入れたいという人もいるでしょう。この部分は自己処理が難しく、失敗しやすい部分と言われています。そのため効率よく綺麗な肌になりたいという場合、プロによる施術を受けると良いでしょう。理容院やシェービングサロン、エステサロンではプロのスタッフが丁寧に施術を行ってくれます。

理容院の場合は男性用のメニューと女性用のメニューを分けているところも多いため、気になるところに問い合わせてみるのがおすすめです。理容院では国家資格を持ったスタッフが丁寧にムダ毛の処理を行ってくれます。施術中に痛みや刺激を感じることはありませんし、ゆったりとリラックスしながら過ごすことができるでしょう。

中にはシェービングの最中に眠ってしまうという人などもいます。小鼻を綺麗にする方法としてイソフラボンの配合された化粧水を使うというものもあります。イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをすると言われており、ムダ毛が生えてくるのを抑制する働きがあります。

自宅で小鼻のムダ毛を処理する場合、専用のシェーバーを使うようにしましょう。肌への負担を避けたいなら処理の前後にきちんと保湿ケアを行うことが大切です。化粧水や乳液を用意しておけば安心です。