履くだけでカロリーが消費?ダイエットシューズで簡単ダイエット

楽して痩せたい、そんな声に応えてくれるのがダイエットシューズなるアイテムです。履いているだけでダイエット効果を得ることができますので、辛い方法は苦手という方におすすめです。気になるのが効果のほどですが、どのような働きがありどういった効果に期待ができるのか見てみましょう。

ダイエットシューズって何?

ダイエットシューズはその名の通り、ダイエット効果のある靴のことです。一見すると普通のシューズと変わりないのですが、しかしながら痩せるための要素を組み込んだ作りになっていますので、履くだけで効果を発揮してくれます。

運動の時はもちろんのこと、普段用としても使うことができますから、例えば通学や通勤などをしながらダイエットに繋げることが可能です。近頃ではデザイン性の高い物も増えているため、ファッションとしても取り入れやすいと言えるでしょう。

価格帯に関しても高いものではありません。仕組みだけを導入したものならば100円ショップでも売られていることもありますから、ダイエットの入門用としても取り入れやすいです。

履くだけで痩せる事は可能?

最も気になるのが履くだけでダイエットになるのかどうかという点かと思われますが、劇的なダイエットに役立てることは難しいと言えるでしょう。ダイエットシューズを履くことによって、消費カロリーのアップには期待ができますので、一定のダイエット効果が得られる可能性はあります。

しかしながら強力な効果を発揮する物でもないため、分かりやすいダイエット効果にはなりにくいです。痩せるためにはカロリーコントロールをすることも大切ですが、そのためには食事管理をしっかりと行う必要があり、また、筋肉量も必要ですので運動にも取り組まなければいけません。

ダイエットシューズを履けばそういった作業が不要になるのかと言えばそうでもなく、あくまでもダイエットをサポートするアイテムですから、痩せやすくするための一つの工夫として活用するのが良いでしょう。

ダイエットシューズに期待できる効果

期待ができる効果の一つが姿勢を整えることです。ダイエットシューズの中には靴底が不安定な作りになっている物がありますが、あえて不安定にすることで、バランスを取ろうとする体の自然な反応を刺激することができます。

それによって体の各部位を使うようになり、筋肉が強化されることで姿勢も良くすることができるのです。また、普段使わない筋肉を刺激することで消費カロリーのアップにもなります。

ヒップアップの効果も期待ができることの一つです。ダイエットシューズはお尻への影響もあり、通常では使いにくい筋肉を刺激することができます。たるみがちなお尻を引き締めることでメリハリのアップに繋がりますので、バランスの良いプロポーションづくりにも良いと言えるでしょう。

ダイエットシューズで姿勢を良くする

姿勢を良くしたい人にダイエットシューズは良いと言えます。例えば猫背気味ですと姿勢が悪く見えてしまいますが、背筋をピンと伸ばすと見違えるようにスタイルを良く見せることができます。

ダイエットシューズを履くと正しくバランスを取ろうとする体の動きになりますので、それによって姿勢も良くなりプロポーションの改善に役立てることができるのです。さらにバランスを取る動きは、普段使わない筋肉も鍛えることになります。

深部の筋肉も使いますので体の芯から整えることができ、体幹や体軸が強化されることでダイエット効果も得られる可能性があります。姿勢を良くしつつ効果的に筋肉を強化できますので、一石二鳥のダイエットにもなるのです。

ダイエットシューズの種類

ダイエットシューズには種類がありますが、代表的なのはバランス系のタイプです。靴底に丸みを持たせるなどして不安定なデザインになっており、正しい姿勢を取るために自然に筋肉を使うことができます。ウェイト系のダイエットシューズもあります。

これは普通のシューズよりも少し重めの設計となっているのが特徴で、足に負荷をかけることが可能です。重さがあることによって振り子のような働きが生まれ、一歩ごとの蹴り出しが楽になるという特徴もあります。

カロリー消費系も種類の一つです。ウェイト系のように足に負荷をかけてダイエット効果を狙うというものではなく、歩行時の着地や蹴り出しの衝撃を吸収及び分散させて、スムーズな動きをサポートしてカロリー消費を手助けします。

歩きやすいダイエットシューズを履こう

普段使いができるのがダイエットシューズの魅力ですが、日ごろから活用する場合は歩きやすいタイプを選んだ方が良いでしょう。ダイエットシューズの種類によっては、足への負荷を大きくして効果を発揮させる仕組みになっていますが、ただ、歩きにくく感じられてしまうこともあります。

歩きにくい物を無理に履いてしまうと、怪我の原因になってしまうこともありますから注意が必要です。また、合わない物を選ぶと逆効果になる恐れもあります。歩きにくいことで姿勢が悪くなる場合もありますので、選び方には気を付けなければいけません。

種類によって特徴や得意な利用シーンが異なっていますから、できれば複数種類を用意して、その都度シーンに合わせて活用していくのが良いでしょう。

ダイエットシューズは下半身に効く

基本的にダイエットシューズは下半身に対して効くアイテムです。シューズという特性上、大きく関係するのはお尻や太もも、ふくらはぎといった部分ですので、そういった箇所の引き締めを狙いたい時に活用するのが良いと言えます。

単に下半身のダイエットに役立つだけでなく美脚を手に入れるためにも役立ちます。下半身が太くなってしまうのは、普段ではあまり使わない筋肉があるのが一つの理由であり、筋肉が衰えてしまうと代謝も低下しますので脂肪も蓄積しやすくなるのです。

さらには老廃物や水分も溜まりやすくなりますから、女性の悩みになりやすいむくみの原因にもなってしまいます。ダイエットシューズで弱った筋肉を強化すればそうした問題が解消されやすくなり、引き締まった美脚に近づくことができるのです。

ウォーキング用の靴との違い

見た目は殆ど普通のウォーキング用の靴と同じですので、外見による違いが気になることはないはずです。しかしながら中身に関しては相違点があり、例えば重さを感じる、バランスを取りにくい、角度があって歩きにくいなど、ダイエットシューズならではの特徴に気付けることでしょう。

そしてウォーキング用の靴では得られないダイエット効果に期待ができます。普通の靴ですと、靴自体によるダイエット効果は殆どなく、履くだけで痩せるということはありません。

その点、工夫が散りばめられているダイエットシューズは足に負荷をかけられるなどの特徴がありますので、下半身への刺激を感じながら活用することができるのです。履くだけで効果が発揮されるために、手軽なダイエットを実現できることでしょう。

ダイエットシューズを履いたウォーキング

ダイエットシューズは普段用として使うのも良いのですが、ウォーキングとプラスして活用してみるのも良いでしょう。ウォーキングと言えば有酸素運動の代表であり、効果的に痩せるためにも取り入れることが推奨されています。

そんなウォーキングに合わせて、ダイエットシューズによる引き締め効果をプラスすることで、より効果的なダイエットになるのです。ただしウォーキングに使う場合はあまり負荷の大きなダイエットシューズは選ばない方が良いと言えます。

重さがある物や角度がきつい物などですとダイエット効果も大きくなりますが、しかしながら歩行時の負担になってしまう懸念もあります。足首やひざなどを傷めてしまうのも良くないですから、歩きやすいタイプを選ぶのが原則です。

ダイエットシューズのデメリット

デメリットは効果がそれほど大きくないことです。ダイエットに役立つ働きがあるものの、だからといってダイエットシューズのみで全体の体型を引き締めていくのは困難です。補助的な役割に過ぎませんので、他のダイエットと並行して活用していくのが良いと言えます。

活用法を誤ってしまうと逆効果になる恐れがあるのもデメリットの一つです。あえて歩きにくくしたり重さをプラスしたりと工夫がされているダイエットシューズですが、しかし負荷をかける作りということは足への負担も大きくなってしまうということです。

負荷が大きくなれば足の疲労も高まり、筋肉や筋を傷めるなどのリスクもあります。特に慣れていない内から長時間履くのは注意が必要です。