チョコレートで美味しくダイエット!カロリーや食べても良い量とは

意外な効果と感じるかもしれないですが、チョコレートで美味しくダイエットにチャレンジができます。ほとんどの人がこよなく愛する甘みであり、ダイエットにつきものの甘いものが万からもチョコレートが食べられるならば、救い出してくれる方法です。

チョコレートダイエットに効果はある?

チョコレートダイエットに効果はあるというのは真実であり、そこには上手にチョコレートと付き合うというのも大前提です。チョコレートを食べると砂糖も多いので、血糖値が食べた後に上がります。通常では太りやすくなるととらえますが、実はこれにより満腹を感じやすくなるのが、チョコレートのダイエット作用の一つです。

チョコレートには砂糖と脂質が確かに多いですが、食物繊維が豊富に含まれている特徴があり、チョコレートでの便秘解消作用も期待ができます。原料はカカオであり、豊富なカカオポリフェノールを含みますが、抗酸化作用があるので、アンチエイジングにも最適です。カカオポリフェノールは、血管にも働きかけるので、新陳代謝をよくしてくれます。

チョコレートの主成分について

チョコレートの主成分について、スイートなおやつの代表格という認識ですが、メイン成分はカカオ豆です。カカオ豆をすりつぶすことで、カカオマスを取り出します。カカオ豆より搾り取られたのが、カカオバターの存在であり、カカオ豆の脂質は絞ることで得ることができます。

これを加えてから、ミルクや砂糖をたくさん加えて出来上がるのが、世界の多くの人から愛される、スイートなチョコレートの存在です。カカオバターに糖分を加えると、大人のおいしさのビターチョコレートができます。

ミルクに糖分をカカオバターに加えると、ソフトな甘さのミルクチョコレートが出来上がります。さらに香料や、様々な材料が加わり、いくつものチョコレート商品が生まれます。

カカオにはどんな効果があるの?

カカオにはどんな効果があるのかですが、カカオ豆に含まれる、豊富なカカオポリフェノールは、実は健康にも良い絵用です。ポリフェノール自体が、動脈硬化予防や、活性酸素の退治にも役立つ栄養ですから、自然の恵みで健康にもハッピーな作用をもたらします。

カカオプロテインも、カカオポリフェノールと同様に、健康に良い働きがあります。難消化性の性質をカカオプロテインは持つので、大腸にそのまま届いて、便を増すので便通をよくします。腸内細菌にとっての良いエサにもなるので、腸内フローラを整えて、腸内を健康な状態とします。

カカオポリフェノールや、カカオプロテインにより、血圧低下作用や動脈硬化予防、抗ストレス効果まで期待ができます。

気になるチョコレートのカロリー

気になるのはチョコレートのカロリーであり、チョコレートはイコールで、高カロリーだから太るという、昔からの方程式が一般的な認識です。チョコレートには種類があり、最もカロリーが高いのは、意外性がありますがビターチョコレートです。

甘さが控えられている分、低カロリーと受け止めがちですが、原料の関係で高カロリーになります。カカオマスの部分を多く含むのが、ビターチョコレートであるため、油脂がその分多くて高カロリーです。次にカロリーが高いのは、ホワイトチョコレートです。

最もカロリーが低いのは、甘くて大人気のミルクチョコレートです。脂質が高いのがチョコレートなので、ミルクでも100gあたり、558kcalという高カロリーになります。

ビターはミルクよりカロリーが高いって本当?

ビターはミルクよりカロリーが高いのは本当であり、ビターの苦みがあることで、カロリーが低い印象を持ちがちです。ミルクチョコレートとブラックチョコレートの比較をした時、ミルクという乳製品が含まれるかどうか、配合量の多さなどもカロリーに直結をします。

含まれるカカオマスの分量の違いも、カロリーをアップさせる要素となり、これを併せ持つのが、ビターチョコレートのほうです。パッケージの原材料名をチェックすると、チョコレートには最初に砂糖記載があります。

最も多いのは砂糖ですが、その次にカカオマスや全粉乳の記載があるかでも差が出てきます。ビターチョコレートは高カロリーですが、ポリフェノール含有量もその分多めです。

チョコレートを食べるとニキビができる?

チョコレートを食べるとニキビができるというのは、昔からよく言われることです。チョコレートとニキビがセットで言われるのは、多くの脂質と糖質が含有するためであり、脂質と糖質が毛穴からの、皮脂分泌を促すことになります。

すべてのチョコレートにNGが出るわけではなく、食べても良いタイプや食べる量など、上手な付き合い方で、チョコレートによるニキビを心配する必要はなくなります。体質的にニキビがとてもできやすい人は、ニキビをたくさん食べるような行為は控えます。

でも過剰に食べすぎないこと、種類を選ぶことでも、ニキビはほとんど気にしなくてよいケースがあります。脂質と糖質でできているのがチョコレートですから、できるだけそれらを多く含まない種類を選ぶことです。

チョコレートダイエットのやり方とは?

チョコレートダイエットのやり方は、カカオ含有量が70%以上であるビターチョコレートを選び、食べるという方法です。食べ方としては1日に50g、1回に食べきるのではなく、1日の中で3回に分けて食べるようにします。ビターの板チョコ半分くらいを、朝と昼と晩との時間に、3回に分けてチョコレートを食べるのが、ダイエットとしても理想的です。

商品によってはチョコレートのカロリーと、含まれる脂肪が多すぎることがあるので、配合成分と量はチェックをして購入をします。食事を食べる前の20分ほど前、ちょうどお腹がすいているときに、ゆっくりと食べます。チョコレートをいただいたら、いつもの食事も栄養を考えて食べることで、ダイエット効果につなげていきます。

チョコレートダイエットの注意点

チョコレートダイエットの注意点は、食べ過ぎてしまわないように量を決めておくこと、何でも好きなチョコレートを選ぶのではなく、あくまでも選ぶのはカカオ含有量70%以上であるビターチョコレートです。普段からあまり間食をする習慣のない人には、あまり向いていないのもチョコレートダイエットです。

無理にチョコレートを食べると、その分の摂取カロリーが増えるので、いつもチョコレートを食べていて、止められない人には最適な方法です。相手はチョコレートですから、あくまでも食べすぎy手カロリーオーバーとならないように、自分でセーブをする必要があります。何かをしながら食べると、あっという間に食べすぎますので、食べる分だけ用意をします。

食べてもいいチョコレートの量

食べてもいいチョコレートの量は、ダイエットを目的とした時、1日あたりのトータル量は50gまでです。チョコレートは砂糖がかなり多く使われていますので、量を計算しないで口にしてしまうと、砂糖の甘みが脳を刺激して、チョコレートを食べる手が止まらなくなるので要注意です。

あくまでも目的はダイエットですから、無防備に好きなだけ食べてしまっては、体重減少どころか、体重増加の一途をたどりますので気を付けます。食べる量とともに、食べるタイミングにも意識をして、ストレスのないチョコレートを取り入れた、ハッピーなダイエットをすることです。

カカオを含む割合など、選ぶべきチョコレートのパターンもありますので、食べてよい量とともに確認です。

ダイエットに向いているチョコレートとは?

ダイエットに向いているチョコレートとは、高カカオチョコレートであること、カカオ含有量70%以上のチョコレートを選ぶのが鉄則です。

チョコレートの商品には、数カスの魅惑的な賞品が多数市販されています。アーモンド入りやマカダミアナッツ入りのチョコ、ブランデー入りやクッキーサンドなど、チョコレート以外に、何か他のお菓子や素材が加わっているものは、ダイエットには不向きです。

チョコクッキーやポッキー、チョコレートのかかったドリンクやケーキなどは、単なるスイーツのおやつなので、うっかり得選ばないようにします。ホワイトチョコレートや、ミルクチョコレートではなく、砂糖を控えた、カカオ70%以上のビターチョコレートを選ぶようにします。