抗酸化物質であるスーパーオキサイド・ディスムターゼのススメ

体をさび付かせる活性酸素を減らして、若々しい肌を維持したり健康的でいたいと考えている人は多くいるでしょう。

重要となってくるのは体で作られている酵素であり、スーパーオキサイド・ディスムターゼについて知ることで活性酸素の除去を効率的に行うことが可能です。

活性酸素って一体ナニ?

老化の原因ともいわれてしまう活性酸素は、体に悪影響を与えるイメージが強く悪者にされていますが、適切な量であれば体に必要な存在です。人は呼吸を行って酸素を取り込んでいて、その酸素を使って代謝が行われています。

その時に生まれる酸素毒が活性酸素であり、通常であれば体内に取り込んだ酸素のうち2%ほどしか活性酸素にはなりません。その活性酸素も人体のために働く存在で、強い酸化力を持っているため体内に入ってきた細菌などを殺菌してくれる存在です。

ほかにも酵素の働きを促すなどして、体を守る存在でもあります。体内で活性酸素の量が適量であれば、人は意識的に活性酸素を毛嫌いして除去に取り組む必要性はなく、少なくなりすぎても問題が起きてしまいます。

活性酸素が病気の原因にもなる

体内で悪さをするとして、活性酸素が問題として取り上げられるようになったのは、昔と違ってきた人が暮らす場所の環境の変化が大きくなり、体内の活性酸素量のバランスが崩れて2%よりも多く存在するようになってしまったためです。

必要のない細菌を殺菌するだけでなく、体にとって必要な細胞などまでも酸化させてダメージを与えるようになってしまいました。これが老化を促進させたり、病気を発症させる原因となってしまっています。

活性酸素量が増加してしまうことで起きやすくなった病気は、がんや脳卒中、心筋梗塞などであり、ほかにも白内障や関節リュウマチなど多くの病気の原因と考えられています。

体内の活性酸素量が体内で増えるようになってしまったのは、大気汚染や食品添加物の影響を受けたり、ストレスや過度の運動、喫煙、紫外線などにより、体が刺激を受けてしまうためです。

スーパーオキサイド・ディスムターゼとは何なのか?

スーパーオキサイド・ディスムターゼというのは活性酸素を取り除く役割をしている酵素のことで、活性酸素の意味を持っているのがスーパーオキサイド、取り除く酵素の意味を持っているのがディスムターゼです。

体内に過剰に活性酸素が増えて害を与えそうな状態になっているときでも、体内にあるスーパーオキサイド・ディスムターゼが役割を果たしてくれることで、あまり害をうけずに健康的な状態を維持していくことができます。

健康が維持できている人は、酵素が正常に働いていることを示しており、活性酸素について特に意識する必要性もありませんが、注意が必要となってくるのは年齢を重ね、うまく酵素が作れなくなってきたときです。

体調を崩しやすくなって来たら、酵素が不足して活性酸素量が増えている可能性を考えたほうが良いでしょう。

スーパーオキサイド・ディスムターゼにはいろいろ種類がある

強力な抗酸化力を持っている酵素、スーパーオキサイド・ディスムターゼには種類があって、それぞれが違った金属イオンを持っています。人の体内にあるのは3種類で、銅と亜鉛を持つものと鉄とマンガンを持つもの、ニッケルを持つものです。

哺乳動物であればこの3種類を持っていて、脊椎動物もほとんどの種類が持っているといわれており、脂肪などが多く体が重くても長生きできる理由の一つとして、これらのスーパーオキサイド・ディスムターゼが活動して活性酸素を除去していることがかかわっているとする研究者もいます。

それぞれ存在している場所が微妙に違っていて、細胞質基質、ミトコンドリア、細胞外にあって、それぞれが役割を担って細胞を守っています。

スーパーオキサイド・ディスムターゼってどんな効果があるの?

活性酸素を除去できるスーパーオキサイド・ディスムターゼがあれば、体が酸化してさび付いてしまうのを防ぐ効果が期待できます。

体内で活性酸素が増えやすい環境で過ごすことが増えていますから、スーパーオキサイド・ディスムターゼが減少してしまうと病気になったり、急に老けてきたりする可能性が増えてくるのは当然です。

運動や食事に気を付けたり肌のケアを十分に行っても、抗酸化作用を持っている酵素の数が少なければ目に見えた変化が現れにくいため、スーパーオキサイド・ディスムターゼの量を体内で増やすことを意識する必要があります。

体内に備わっている防御システムであるスーパーオキサイド・ディスムターゼがあってこそ、ほかの抗酸化力がある栄養成分を摂取して、より酸化を防ぐことが可能です。

なんと動脈硬化を予防できる

動脈硬化は悪玉コレステロールが原因で起きやすくなり、血管の壁に付着すると壁が肥厚してきて硬くなってしまいます。悪玉コレステロールも適量であれば体に存在していなければならない物質で、細胞やホルモン、胆汁酸が作られるときに欠かせない材料です。

増えすぎてしまうと問題が起きて、血管の老化ともいわれる動脈硬化に至ってしまいます。

悪玉コレステロールが増えるのは、脂質の取りすぎによるイメージがありますが、活性酸素が中性脂肪やコレステロールと結びつくことで起きるため、スーパーオキサイド・ディスムターゼにより活性酸素量がコントロールされれば、この結びつきを減らして悪玉コレステロールを余分に増加させなくできるため、動脈硬化の予防につながります。

高血圧症が改善される

血圧が高い状態が続くのは不摂生によるものが多く、食べすぎや飲みすぎが深くかかわっていると考えられています。また、血管に影響を与える喫煙本数が多い人も患いやすい病気です。

血管内で高い圧力が続いてしまう高血圧症は、血管を傷つけて破れやすくしたり、血栓ができやすくなってしまうので、とても注意が必要になります。直接的な原因がはっきりとわからず、血圧が上がる人が多いのもこの病気の特徴ですが、安定的にさせることが期待できるのが抗酸化酵素です。

スーパーオキサイド・ディスムターゼは動脈硬化も予防する点でも、血管の健康に対して必要な存在であり、この酵素の摂取を続けていると血圧の上昇を防ぐことが可能になるため、高血圧症の人が状態を緩和させることができます。

糖尿病の予防と改善に良い

糖尿病はインスリンの働きが十分に行われなくなったり、分泌量が減ってしまうなどして起きるものですが、スーパーオキサイド・ディスムターゼの量も減っていることが分かっています。

ラットによる実験が行われ、減ってしまっているスーパーオキサイド・ディスムターゼの量を増やすことで血糖値の上昇が抑制される働きがあることがわかり、人に対しても同様の効果が期待できます。

血糖値が高い状態が続かなければ、インスリンによるコントロールが行いやすくなるため、これまで血糖値が高い状態が続くことで尿に糖分が出てしまっていた人も、きちんと糖分の処理が行われるようになって糖尿病の予防や改善ができれば、合併症などのリスクも回避が可能です。

スーパーオキサイド・ディスムターゼってどんな反応をしてるの?

体内に発生した活性酸素は脂質と結びついて過酸化脂質になってしまうと、いろんな悪さを行うようになります。

体内で作られてしまう活性酸素には4種類程度あって、スーパーオキサイド・ディスムターゼを摂取するとそれらの活性酸素がほかの物質と結びついて悪さをする前に、悪さをしない過酸化水素と水に分解してくれる酵素です。

過酸化水素も不安定で、そのままになっていると悪さをする物質に代わってしまうことがあるため、また別の酵素がさらに水と酸素に分解する仕組みになっています。

活性酸素が増えやすい状況の中、加齢などが原因でスーパーオキサイド・ディスムターゼが作られにくくなってしまうとこうした反応が少なくなって、体に害をなす物質が増えて細胞が傷つけられることになっています。

スーパーオキサイド・ディスムターゼを効率よく補給する方法は?

35歳を過ぎたころから、スーパーオキサイド・ディスムターゼの量が減ってきてしまいます。しかし、外から補うことで十分な量を確保し、体の健康維持や病気予防などを目指すことは可能です。

食べ物の中にはスーパーオキサイド・ディスムターゼのように抗酸化作用を持つ物質があって、スーパーオキサイド・ディスムターゼ様成分を取り入れることで有効性が期待できます。明日葉やルイボスに含まれていることが分かっていますが、どちらも食事でとるのは難しく、吸収率も効果的ではありません。

研究により吸収しやすくした食品が考え出されており、酵素サプリメントに配合された製品も作られています。サプリメントであれば、定期的に摂取しやすく保管もできて便利です。