昔ながらの固形石鹸の魅力とは?洗顔石鹸のおすすめポイント

みなさんは洗顔するときどのタイプの洗顔料を使っていますか?フォームタイプやクリーム、リキッドタイプを使っている方が多いのではないでしょうか。使いやすいから、場所をとらないから、など理由は様々だと思います。でも一度洗顔石鹸の魅力について考えてみてください。今お使いのフォームやクリーム、リキッドタイプより優れている点がたくさんあるんです。

まず第一にお肌に優しく、どのタイプのお肌にも合います。余分な皮脂のみを取り除きさっぱりとした洗い上がりになります。そして洗顔後のお手入れがしやすいのも魅力です。洗顔料はどれでも使えばいいというわけではありません。ご自分に合った洗顔石鹸を見つけて本来のお肌のいい状態を保ちましょう。

洗顔石鹸と洗顔料はどこが違うか

何を使って洗顔しているでしょうか。チューブに入っている洗顔料はとても使いやすいですし、多くの人が使っています。しかし、できることなら洗顔石鹸を使うことをお勧めします。形状が違うだけではなく、中身に大きな違いがあるからです。

洗顔石鹸と洗顔料の大きな違いは、合成界面活性剤が入っているかいないかです。洗顔料には合成界面活性剤が入っており、これはあまり肌に良い成分ではありません。

そもそも界面活性剤には汗や皮脂などの汚れを落とす役割があります。ただ、合成界面活性剤の場合は洗浄力がとても高いので、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまう恐れがあります。洗顔料を使った後に肌がつっぱったことはありませんか。肌を保護している皮脂の量がかなり少なくなったために肌が乾燥したからです。また、洗顔料を使った後は肌に残ることもあるのであまりお勧めできません。

形が違うだけではなく、中身が大きく違います。洗顔石鹸であれば洗浄力が強すぎないのでとても肌に優しいです。固形でなくても構いません。一見、洗顔料のような形状をしているけれど合成界面活性剤を使っていない洗顔石鹸もあります。自分にとって使いやすい形状の洗顔石鹸を使ってみませんか。

洗顔石鹸の良さは「天然成分」

洗顔には多くの方が「洗顔フォーム」を利用し、石鹸を使う人はあまり見かけないかもしれません。ですが洗顔石鹸には洗顔フォームにはないメリットもあります。

洗顔石鹸は天然成分を中心に作られているため、より自然で肌にやさしいというメリットがあります。洗顔フォームではアレルギーが出てしまう人でも、天然成分の石鹸であればアレルギーが生じないこともあるようです。

また「合成界面活性剤」が含まれていないのも大きなメリットです。多くの洗顔フォームでは、泡立ちをよくするため、より肌の油分を落とすために合成界面活性剤が使われています。ですがその効果は人によっては強すぎるため、肌荒れの原因となります。洗顔石鹸には合成界面活性剤が含まれないため、肌に大きな負担をかけることがありません。

一方で洗顔石鹸にはデメリットもあります。洗顔フォームと比較すると「泡立ちにくく」、洗顔時に指などで肌を傷つける原因となりやすい。

また洗顔石鹸は「弱アルカリ性」ですが、人の肌は弱酸性のため肌があまり強くない人にとっては刺激が強すぎてしまい、肌荒れの原因になることがあります。さらに自然成分ゆえに「保湿成分などは含まれていない」ため、洗顔後は別に保湿対策が必要になります。

洗顔石鹸の添加物には要注意です

洗顔石鹸の選び方には幾つかのポイントがあります。まずは添加物を使っていないシンプルな天然成分のものを選ぶことが優先です。とりわけ敏感肌やアトピー肌の人には、必須のことと言っても過言ではありません。界面活性剤や香料、着色料、防腐剤などは肌の刺激になります。使用前に、自分の肌に合わない成分が含まれていないことをしっかりと確認しておかなければなりません。

いまや肌の丈夫さに自信を持っている人でも添加物を不安に思っている時代となりました。肌が荒れやすい人の中には、無添加との表示に異様に関心を寄せていることが少なくありませんが、たとえば香料や着色料などの一部の成分が配合されていないことをもって、無添加と表示している洗顔石鹸もあります。

どんな成分であるかは、十分に行う必要があります。洗顔石鹸での洗い上がりの肌が快適であるかという使用感も見逃してはならないポイントです。ほかの人の肌に合っていても、それが自分の肌にも合っているとは限りません。

もしお試し品がある製品であるならば、購入前にそれで試してみるのが賢明です。お試し品がないのであれば、ネットで口コミを検索して、自分とよく似た肌を持っている人の感想を参考にすると役に立ちます。

肌質の把握が、洗顔石鹸選びには大切

洗顔石鹸は、肌との相性を見極めたうえで選ぶことが大事です。肌質はそれぞれ人によって違うため、まずは自分の肌質をしっかりと把握し、その肌に合う洗顔石鹸はどのようなものかを知っておくことが大切です。肌質は「普通肌」「乾燥肌」「オイル肌」に大きく分けることが出来ます。

「普通肌」の方は、現状とくに問題がない肌質です。その状態を維持することが大事になります。「合成界面活性剤、着色料、保存料」などの添加物ができるだけ含まれていないものを選び、今の肌をキープできるように心がけましょう。

「乾燥肌」は、肌の水分が少なすぎる、または皮脂が少なすぎることが主な原因です。石鹸を選ぶ際は「保湿成分」が含まれているものを選ぶ必要があります。「セラミド」など、肌に潤いを与えてくる成分を配合しているものを選びましょう。また洗顔のし過ぎは、必要以上に皮脂を流してしまい乾燥肌の原因となります。そのため洗顔回数を少なくすること、洗顔時間を短くすることも大事になります。

「オイル肌」は、皮脂の分泌が過剰となってしまっている状態です。このタイプの方にもおすすめの石鹸は「保湿成分」が入ったものになります。「肌の乾燥」は皮脂の分泌を過剰にするためオイル肌の原因となります。そのため保湿をしっかり行うことで、オイル肌を改善できる可能性があります。

石鹸の製法には色々あり成分も変わります

石鹸と言えば、その歴史は古く紀元前3000年頃(今から5000年程前)まで遡れると言われています。その頃の風習から偶然に汚れを落とすものが発見されました。それは、動物の油脂と木灰から作られるものだったそうです。

そしてしばらく年月が経ち、原料がオリーブ油と海藻の灰を使ったものになり、今のような固形の石鹸が誕生しました。その後も原料を変えたり、技術を向上させる等で大量生産が出来るようになったりと、色々な改良が加えられて現在に至ります。日本に入って来たのは400年程前で、製造が始まったのは200年程前です。

現代における製法は、油脂とアルカリ剤を釜などで炊き作る古来から行われている油脂鹸化法や油脂から脂肪酸を得てアルカリで中和させ作る脂肪酸中和法等があります。脂肪酸中和法は、工場等での大量生産に向いている方法です。

家庭でも時間はかかりますが、好みの油脂とアルカリ剤となる苛性ソーダを混ぜ合わせるだけで作ることが出来ます。これは加熱せずに作れるのでコールドプロセス石鹸とも言われ、油脂鹸化法の一種の低温油脂鹸化法となります。

製法の違いにより、また添加物の違い等により、香りや成分が異なるため使用感が変わってきます。例えば、油脂鹸化法で作られる石鹸は、グリセリンという保湿作用のある成分が石鹸内に残るため、使用後の肌がつっぱらず、乾燥肌の人向けとなります。脂肪酸中和法ではその成分は入っていません。そういった製法も石鹸を選ぶポイントとなります。

必要な成分が含まれた洗顔石鹸を選ぼう

洗顔石鹸には、美容成分や保湿成分などが含まれているものがあります。その種類は多種多様で、それぞれで効果が異なりますし使用感も変わってきます。自分の肌にはどんなスキンケアが向いているのかを踏まえた上で、必要な成分が含まれている洗顔石鹸を選びましょう。

肌の保湿を求めるのならグリセリンやプラセンタ、椿油、米ぬか油などの、オレイン酸が多く含まれている洗顔石鹸がお勧めです。皮脂の主成分であるスクワレンを洗う力が弱めなので、乾燥を防ぎ潤いを保ちます。余分な皮脂や汚れをスッキリ洗い流したい方は、パーム油や牛油が主体となっている洗顔石鹸がいいでしょう。

スクワレンを洗うことに向いている、ステアリン酸やパルミチン酸という脂肪酸が多く含まれています。皮脂分泌が活発な肌に向いています。美白効果を期待するのなら、メラニンの生成を抑えてくれるビタミンC誘導体やハイドロキノン、プラセンタなどが含まれているものを。天然成分の酵母や火山灰、クチャ(泥)、米ぬかなども美白効果があります。

また、AHAが含まれた洗顔石鹸はピーリング効果があると評判ですが、商品によってAHAの濃度が異なります。使用方法や頻度も違うので注意が必要です。

泡立てることの重要性

洗顔フォームは始めから柔らかい状態なので泡立ちやすいですが、洗顔石鹸をしっかりと泡立てるのには少し手間がかかるものです。しかし、この一手間を惜しんで適当な泡だてをしてしまうと、肌にとって負担となってしまう場合が多いのです。美肌を作るための洗顔方法の第一歩として、まずはしっかりと濃厚な石鹸の泡を作り出すことが重要です。

泡立ちが甘い泡は手のひらと顔の肌の境目が密着しやすく、どうしても外的な刺激が多く皮膚に伝わってしまいます。また、石鹸カスが目に見えないほどの単位で顔の皮膚に残留してしまいやすいので、ニキビや肌荒れなどのトラブルの原因になりやすい傾向があるのです。こんな事態を避けるために、洗顔石鹸は洗顔前にしっかりと泡立てるのが正解です。

泡だてネットや洗顔スポンジを使うと、簡単に濃厚な泡を作り出すことが出来ます。優しく丁寧に、時間をかけて泡立てていきましょう。そうして出来た泡を洗顔に使うと、使い心地がいいばかりでなく優れた汚れ落ち効果を遺憾なく発揮することが可能になりますし、洗顔時の肌の摩擦も減るので負担を減らすことが出来ます。

逆に言えばしっかりと泡だてていない場合、洗顔石鹸としての本領を発揮できていないということになりますので、あまり洗顔の意味をなさない結果になってしまいます。少し手間はかかりますが、美肌のためにはきちんと泡だてて使用することが大切なのです。

洗顔の正しい方法って?

どんなに良質な洗顔フォームや洗顔石鹸を使用していたとしても、洗顔方法が間違って入れば肌にとっては大きな負担となってしまいます。では、正しい洗顔はどのように行えば良いのでしょうか。
まず、メイクを落とした顔を水分で軽く洗い流します。

この時、熱いなと感じるほどのお湯は使わないようにしましょう。熱めのお湯は皮膚から必要な皮脂までも洗い流してしまう傾向があるので、乾燥肌や肌トラブルの原因となり得るためです。理想的なのは、体温よりも少し温度が高い程度のぬるま湯を使用することです。ぬるま湯でさっと顔を洗うと、ある程度の皮脂や汚れは落ち、これから洗顔石鹸を使うのに適した肌の状態になります。

そして、手のひらの上でよく泡だてた洗顔石鹸を、顔にのせていきます。この時に気をつけたいポイントは、決して手のひらでごしごしとこするように洗わないようにすることです。勢いよく顔を洗うのはすっきりとして気持ちがいいものですが、肌のためを思うのであれば避けた方が良いでしょう。

ぬるま湯でふやかされた肌はとても敏感なので、泡を顔の上で滑らせるような気持ちで洗顔していくのが良い方法です。手のひらが顔に触れないほど優しく洗えるとベストです。そして、石鹸の洗い残しも肌トラブルの大きな原因となりますので、再びぬるま湯を使ってしっかりと洗い流していきましょう。最後に冷水を少し使うと、肌が引き締まりキメが整うのでおすすめです。

スキンケアの注意点

洗顔石鹸で正しい洗顔を施した後は、適切な方法で肌に基礎化粧品を塗布していきましょう。この場合の『適切な方法』とは、洗顔時と同じようになるべく外的刺激を減らし、優しく化粧水などを塗り重ねていくことを指します。

朝の洗顔後にしろ夜の入浴後にしろ、顔の水分をタオルでこすらないように注意しながら押さえた後、できる限り早急にスキンケアへと移るのが最善の方法です。洗顔石鹸で適度に汚れや皮脂を落とした肌は、基礎化粧品でケアをされるまで非常に無防備な状態です。そんな状況が短ければ短いほど肌本来の潤いがキープされるので、他の用事はせずまずスキンケアに取り掛かりましょう。

化粧水や乳液・美容液、オールインワンジェルなど、洗顔後に顔に塗布するものは個人差があるかと思いますが、いずれの場合にも肌をこすらないように気をつけながら、皮膚に押し込むような感じでスキンケア製品を塗っていきましょう。

特に、入浴後の皮膚は温まって毛穴も開いており、通常よりもずっと繊細な状態になっています。タオルや手のひらでこすってしまうと、皮膚表面の小さな傷や肌荒れの元となってしまいますので、あまり刺激を与えないように気をつけながらケアをしていきましょう。

毛穴やニキビに適した洗顔石鹸

洗顔フォームは肌への刺激が強いものも多く、使うのを避ける人も意外と多くいますが、そのような人は普通の石鹸を使うのではなく洗顔石鹸を使うと良いでしょう。中には毛穴ケアやニキビケアに効果のあるものもあるので、おすすめの商品トップ3を見ていきましょう。

まず第1位の洗顔石鹸は「然よかせっけん」です。長寿の里の泥タイプの洗顔石鹸で、もこもことした濃密な泡で包み込むように顔を洗うことができます。この石鹸を使えば火山灰シラスの働きで、強く擦らなくても綺麗に汚れを取り除くことができますし、さらにはアロエやロイヤルゼリーなどの天然由来の保湿成分も配合されているので、石鹸独特のツッパリ感もありません。

続いて第2位は「VCOマイルドソープ」です。インドネシア産の高級美容オイルであるヴァージンココナッツオイルを配合することで肌に高い美容効果をもたらしながら洗顔が可能です。さらにヒアルロン酸の配合もあるので肌にしっかりと保湿力を与えてくれます。

最後第3位は「エトヴォス・クリアソープバー」です。しっかりと泡立てることによってきめ細かい泡を作ることができるので、毛穴の奥深くの汚れまで綺麗に取り除くことができます。また、保湿成分として人型セラミドを配合してるので、セラミドが不足している人には最適な洗顔石鹸です。

敏感肌に適した洗顔石鹸

洗顔石鹸は基本的に洗顔フォームよりも低刺激なものが多いですが、それでも敏感肌の人には痒みが現れたりヒリヒリとした痛みが出る場合もあります。では、敏感肌の人でも安心して使える洗顔石鹸トップ3は何なのでしょうか、見ていきましょう。

敏感肌にも優しい商品第1位は「コンディショニングソープ(dプログラム)」です。低刺激な設計のフェイス&ボディ用石鹸でデリケートな肌をいたわりながらメイクや毛穴の汚れ、さらには不要な皮脂をしっかりと取り除いてくれます。また、洗顔後特有のツッパリ感もないので敏感肌の方はもちろんのこと乾燥肌の方でも使うことが可能です。

続いて第2位の商品は「クリアソープ(ETVOS)」です。熟練した技術を持つ職人が手間暇をかけて丁寧に作り上げられた透明枠ねり石鹸で、保湿成分を壊すことなく濃縮しているので高い保湿力を誇ります。保湿成分にはヒト型セラミドやヒアルロン酸などの約2倍の保湿力を持つとされるリピジュアを配合、皮脂を落とし過ぎる心配もないのでしっかりと肌を保湿してくれます。

最後第3位は「ピュアモイストクリアソープ(Sinn Purete’)」です。アルガンオイルやマカデミアナッツ油などの上質なオイルや美容成分を配合した石鹸で、熱を加えずに熟成させるコールドプロセス製法を採用しているので美容成分が損なわれることなく濃縮しています。厳しい基準をクリアしたオーガニック製品なので肌への負担も少ないのが特徴です。

洗顔石鹸に美白効果を期待するなら

美白効果が期待できる洗顔石鹸としてはビーグレンクレイウォッシュがあります。価格は3千円とお手頃な上にトライアルキットも1800円で入手できます。クレイウォッシュの魅力は毛穴黒ずみ汚れ落としの洗顔力と保湿力です。しっかり汚れが落としをして仕上がりはもっちりとします。

毛穴をどうにかしたいけれども他の市販品だと肌が乾燥してしまうという人には評判の良い洗顔石鹸です。アテニアフレッシュクリアソープホワイトも人気があります。古くなった角質をしっかりと落とし、くすみを取り除いて透明感をアップさせます。

この洗顔石鹸はパパイヤレモン等の酵素が入っているため洗顔力が強く、また、ゴールデンパームが配合されていて血行不良にも働き掛ける美白効果があります。さらに配合されているユキノシタエキスが紫外線ダメージケアを行い、メラニン色素生成を防ぎます。

草花木洗顔石けん緑茶は余分な皮脂を落としてテカリを防止します。商品名の通り、緑茶エキスを配合していてその中に含まれるビタミンCはメラニン色素の生成を抑える、またメラニン還元という直接美白に働きかける効果があります。泡がきめ細かく皮脂の分泌を抑え、この石鹸に含まれている様々なビタミン類が美肌に役立ちます。

理想的な保存方法

洗顔石鹸には様々な美容効果がありますが、注意したいのはその保存方法についてです。固形石鹸は水やお湯で溶けやすいように作られていますので、水分が多い場所に放置しておくと水に触れている箇所から溶けてしまいます。また、雑菌などの繁殖が起こることもあり心配です。

適切な管理を行わないと、肌を清潔にしてくれるはずの洗顔石鹸によって肌トラブルを引き起こしてしまう事態になりかねません。では、どのように保存・管理するのが良いのでしょうか。一番注意したい点は、とにかく水分が接しないよう水はけの良い環境を作り出すことです。

石鹸を置いてもしっかりと水が切れるような仕組みになった石鹸台は様々な種類が市販されていますし、専用のものは抗菌加工などもされているのでより安心して使うことが出来ます。プラスチックのものから金属製、大理石風など色々な趣向を凝らした製品があるので、自分のお気に入りを見つけると良いでしょう。

また、泡だてネットに石鹸を入れてS字フックなどで吊るしておくと、水が切れる上に泡だて易く、使用が快適になるのでおすすめです。開封前の洗顔石鹸については、品質保持の観点から直射日光が当たる場所や高温になる場所は避け、陽が当たらない冷暗所に保管するようにしましょう。

洗顔石鹸選びで注意すべき点

洗顔石鹸を使うとき、肌がすべすべになったり、汚れがすっきりと落とせるものかどうかで選ぶ人というのは多いものです。ですがその他に肌がつっぱらないかどうかで選ぶ人というのもいるものです。つっぱってしまうようなことであれば顔に痛みを感じますし、顔に神経を使うことから老け顔に見えてしまうようなことも出てきてしまうでしょう。

ですからできるだけつっぱらないものを選ぶことが大切ですが、それでも洗顔後、化粧水をつけることで落ち着くのであれば許容範囲の反応だと思っても良いです。せっけんで洗った後に顔がつっぱるのは悪いことではなく、せっけんの持つ性質ともいえるものです。せっけんである以上はそうしたつっぱりにも耐えなければいけないので、一概に悪いとは言えません。

ですが化粧水をつけてもつっぱりが収まらず、メイク後もずっと違和感を感じたり、すぐに顔の渇きを感じるようであれば改善したほうが良いです。無理にせっけんを使わずにクリームや泡で洗うタイプのものにしましょう。泡で洗うものは肌に優しい分洗浄効果も少ないですが、つっぱりが酷い時はそうしたものに切り替えると良いです。肌が安定している時にせっけんを使うようにもしましょう。

自分にあった、適切な洗顔を

固形の洗顔石鹸というと『古臭い』『使いづらい』といったようなイメージを持たれがちですが、そこには数々の優れた効能があります。肌は本来自分で綺麗な状態を保つ能力を持っているのですから、それをそっとサポートしてあげられるような洗顔石鹸を選ぶこと、そして正しい洗顔方法を選択することが、とても重要な要素なのです。

シンプルな洗顔石鹸を使用することで、肌がだんだんと生き生きしてくるのが実感できるでしょう。皮脂を取り過ぎてしまうことや過度な刺激を与えてしまうこと、また逆に肌を労わり過ぎることによっても、肌の自浄作用や本来の力を削ぎ落としてしまうことになりかねないのです。

自分の肌にあった石鹸を選び、適切な洗顔方法でケアを重ねるうちに、本当の白さやきめ細やかさが戻ってきます。肌に変化が生まれる、というと大げさに聞こえるかもしれません。しかし、毎日の積み重ねにより蓄積されたダメージを丁寧に拭い去っていくうちに、確実に肌の状態は良くなっていくのです。

食生活や睡眠の質、ストレスや紫外線等の外的刺激など、肌を美しく整えるものと肌荒れを引き起こす要因には様々なことが考えられますが、洗顔法を少し見直すだけでも、きっと肌が自分本来の力を思い出してくれることでしょう。