時短にもなる!しっかり保湿できるオールインワンジェルのメリット

スキンケアは継続することや保湿することが大切です。オールインワンジェルはワンアイテムを塗るだけでスキンケアを済ませることが出来ますので、時短も出来ますし、予算を集中して使ったり、保管場所も小さくて済むといったメリットがあります。時短でも、しっかり保湿するという大事な部分を押さえている化粧品ですから効果についても期待することが出来ます。

様々なメリットがありますが、ワンアイテムしか使わないスキンケアに不安を持たれる方もいらっしゃいます。確かにオールインワンジェルは、向いている方と、そうでない方がいらっしゃいますので、まずはオールインワンジェルのメリットをチェックして、自分にとってはどうなのかを検討してみると良いです。

オールインワンジェルに期待できる機能

オールインワンジェルに期待できる機能は製品により異なりますが、化粧水や美容液、乳液やクリーム、パックといった役割を期待することができます。なかには化粧下地や日焼け止めといった機能までカバーしている製品もありますし、化粧水を塗った後に使って化粧下地や日焼け止めまで済ませられるような製品もあります。

日焼け止め効果や化粧下地の効果まであるような製品の場合、夜のスキンケアには向かないことも考えられます。様々な機能を果たしてくれるだけに、必要に応じたものを選ぶということが大切になります。

化粧水、美容液、乳液、クリーム、パック、化粧下地、日焼け止め、ファンデーション、といった機能を複数備えたオールインワンジェルはありますので希望する役割が期待出来るものを探してみましょう。製品によっては、アンチエイジングや美白、ニキビ対策などの機能も果たしてくれるオールインワンジェルもあります。

悩みをお持ちの方は悩みを解消してくれる機能を備えた製品を探してみると良いです。お悩みに関しても、美白とアンチエイジング、美白とニキビ対策、美白とシミ対策など複数の機能を果たしてくれる製品はあります。期待している機能があるのなら、それら全てを叶えられるオールインワンジェルがないか、まずは探してみることをお勧めします。

オールインワンジェルの魅力をチェック

オールインワンジェルはメリットの多い、基礎化粧品として爆発的に人気を集めました。化粧水・入籍・美容液・クリームといった基礎化粧品の効果が、1つにギュッと凝縮されているので洗顔後、ジェルを適量塗り広げるだけで全てのスキンケアが完了します。

通常、お肌のお手入れでは3ステップから5ステップかかってしまいますが、1つで全てのスキンケアをカバーできる点が大きなメリットです。お肌のお手入れにかかる時間を短縮できるだけでなく、お肌にかかる負担が少ないという点も魅力として挙げられます。

化粧水に美容液、乳液やクリームと基礎化粧品を重ね塗りするスキンケア方法だと、どうしてもお肌を擦る回数が増えてしまい、肌質によってはお手入れが原因で肌トラブルを起こす場合があるようです。オールインワンジェルであれば、1ステップでスキンケアが終わるので、余計な摩擦などがなくお肌への負担を軽減できます。

化粧水や美容液と1つずつ基礎化粧品を購入していくと、どうしても美容代はかさんでしまいがちです。オールインワンジェルは1つずつ基礎化粧品を揃えて行くよりも、リーズナブルでコストパフォーマンスが高いのもメリットと言われています。お泊まりや旅行の時でも荷物が嵩張らないのも、オールインワンジェルが便利と言われている理由の1つです。

こんな人にお勧めしたいオールインワンジェル

オールインワンジェルは一つの化粧品で多くのアイテムの機能を持った便利な化粧品です。いくつもの化粧品を重ね付けしていくことで丁寧なケアをすることも大切ですが、そういったことが難しい場合があります。特に時間が無い方はスキンケアになかなか時間をかけられませんから、オールインワンジェルで手軽にケアを済ませることができるという事はメリットが大きくなります。

仕事で忙しく帰宅が深夜になりがちという方には特におすすめです。帰りが遅いと入浴なども億劫になり、簡単にシャワーを浴びたりしてそのまま寝てしまうという事も多いのではないでしょうか。当然スキンケアにゆっくり時間をかけるということが難しくなります。

また、小さなお子さんがいるお母さんも子供の世話で忙しく、日々のスキンケアは難しくなっていきます。こうした忙しくてケアの時間が取れないという方にとってはオールインワンジェルで時短ケアができると大いに役立つことになります。

また、旅行をたくさんされる方にもおすすめです。旅行の時は荷物をできるだけ少なくしたいものですから、多くのアイテムを持ち歩くのではなく一つだけでスキンケアが完了するオールインワンジェルが向いています。

オールインワンジェルが不向きな人のタイプ

オールインワンジェルはほとんどの肌質の人に最適な材料で作られているため、たいていの人は快適に使える処方となっていますが、オールインワンジェルを使うのに向かない人としては、ジェル状の化粧品が苦手な人です。オールインワンジェルは、ジェル状のテクスチャーですので、ジェルのひんやりした感触が苦手な人には不向きです。

又、メイク下地の機能も兼ね備えていますので、自分の気に入った下地を使いたい人にもあまり向いていません。しかし、気に入った化粧品と併用することも可能ですので、オールインワンジェルを使っているからと言って他の化粧品をつかってはいけないわけではありません。

ジェル状の化粧品を使うと肌がかゆくなったり、過去にトラブルを経験したことがあるという方は合わない成分が入っている可能性がありますので、パッチテストをしてから使うなどの工夫で使える可能性があります。オールインワンジェルと言っても色々な肌質に向けて作られているため自分にあったタイプのものを選ぶことで苦手意識が克服されるかもしれません。

色々なアイテムを重ね付けするのが好きという方や、じっくりと時間をかけてスキンケアをしたいという方にもオールインワンタイプのジェルは不向きです。

乾燥で悩む方におすすめの選び方

乾燥が気になるという方がオールインワンジェルを購入する場合、できるだけ保湿成分の含有量が多い商品を選びましょう。オールインワンジェルは基礎化粧品の中でも人気という事もあり、多くの化粧品メーカーが製造・販売を行っています。

商品によって特徴が違い、さっぱりとした使い心地のものもあれば、保湿成分を多く配合して乾燥肌対策に効果的なものもあります。保湿成分を多く含んでいる商品であれば、簡単なスキンケアでも十分にお肌へ潤いを与える事が可能です。

スクワランやヒアルロン酸、セラミドに水溶性コラーゲンといった成分は、特に保湿効果に優れています。オールインワンジェルを選ぶ時には、このような保湿成分が入っているかどうかをチェックしましょう。どのような成分が使われているかは、パッケージなどに記載されているので自分で確認できます。

この時、配合されている成分のみに注目するのではなく、成分表示欄の記載順もチェックする事が大切です。化粧品の成分表示欄は、配合量の高いものから順に記載してあります。最初の方に記載されている成分は、それだけ含有量が多いという事です。成分表示欄の初めの方に保湿成分が記載されている商品であれば、かなり潤い効果が高いと言えるでしょう。

敏感肌という方の選び方

敏感肌という方がオールインワンジェルを選ぶ場合、どのようなポイントに注意する必要があるのでしょうか。まずは保湿成分が配合されているかをチェックします。肌が敏感になっている場合、乾燥によって肌のバリア機能が低下しているケースが多いようです。

まずは肌を潤してバリア機能をアップさせる必要があります。スクワランやセラミド、ヒアルロン酸といった保湿成分が多い商品がおすすめです。肌荒れを予防するグリチルリチン酸ジカリウムも、敏感肌という方が使用するオールインワンジェルに入っていると、より刺激なくケアできます。

またできるだけ肌に刺激を与えないよう、低刺激な処方で作られているかどうかも確認します。特に敏感肌で悩んでいる方は、エタノールに注意が必要です。エタノールは肌への刺激性が強く、また乾燥しやすくなる成分と言われています。

エタノールが、成分表の上の方に表示されているものは避けた方が無難です。防腐剤や鉱物油に香料や着色料といった成分も無配合だと、さらに肌への刺激が抑えられます。

基礎化粧品を選ぶ際、何が含まれているかだけを気にしてしまいがちです。ですが敏感肌という方の場合には、「何が含まれていないか」もチェックするようにしましょう。

エイジングケアが気になる時に選びたい成分

エイジングケアが気になるという場合、どのような成分を配合しているオールインワンジェルを選ぶのがベストなのか、知りたいという方も多いのではないでしょうか。

エイジングケアと一言でいっても肌の悩みに合わせて、適切なケアをしなければいけません。ほうれい線や目尻のシワといった、シワ・たるみが気になるという方もいれば、シミにくすみが目立つようになってきたという方もいるでしょう。

それぞれのエイジングサインに効く、適切な成分を配合してあるオールインワンジェルでスキンケアを行えば、効率的にアンチエイジングケアが行えます。例えば肌のハリ感がなくなりシワやたるみが気になるという場合には、レチノール、ヒトオリゴペプチド、コラーゲンといった美容成分を配合したオールインワンジェルがおすすめです。

シミやくすみが目立つようになってきた肌であれば、アルブチン、ビタミンC誘導体配合のオールインワンジェルが良いでしょう。これらの成分はシミやくすみを引き起こすメラニン色素の生成を、抑制するなどの働きがあります。美白成分は肌が乾燥してしまう事もあるので、このような成分を配合した商品でケアする場合は保湿成分も入っているかを確認してみましょう。

天然の保湿成分で安心なスクワラン

スクワランはあまりメジャーではなく聞きなれない成分ですがサメの肝油やオリーブなどの植物から採る事ができる美容成分です。これを使用した事がある人は保湿について効果が高いと評判になっている成分で口コミでも良いコメントがずらりと並んでいてスクワランオイルは化粧水の代用品として使用している女優やモデルもいるほどです。

軽い付け心地が特徴で肌への浸透力が良好のため天然の保湿成分と呼ばれています。似たようなものにココナッツオイルやアルガンオイルがありますがスクワランオイルは人間の体内で作られる成分なのでアレルギー反応がでにくく敏感肌や乾燥肌、あるいはインナードライ肌など皮膚にトラブルがあって弱い方でも比較的安心安全の成分です。

そして粒子が細かいのも特徴で毛穴に詰まりにくく、奥へと浸透しますので肌へのなじみがとても良く、さらに固まりにくい性質を持っているため化粧品にはかなり適した成分なのです。酸化や質が変わりにくいですし、それはイコール新鮮さが長時間継続するという事ですのでスクワラン入りの化粧品を開栓しても高品質を保ちやすくなっています。

そして肌への潤い感は抜群で乾燥や紫外線といった刺激から肌をしっかりとガードします。また水分を取り込みやすい、肌の新陳代謝を活発にし、健康な肌へ改善するといった機能もありますので出来る事なら積極的に取り入れたい成分です。

オールインワンジェルでヒアルロン酸を補う

スキンケアが楽になるとは言え、オールインワンジェルを使う時にはヒアルロン酸が入っていたほうが良いです。どのような役割を担っている成分かを知るとその大切さがわかります。

ヒアルロン酸は、細胞と細胞の間に存在して水分をため込みます。もともと体にある成分で、加齢によって減少してしまいます。若いころの肌はみずみずしかったけれど年とともに肌が乾燥してしまうのはヒアルロン酸が減少していることが関係しています。

体内のヒアルロン酸が減少したら、不足した分を補わないと肌の乾燥が進んでしまいます。だから、オールインワンジェルを選ぶ時はヒアルロン酸が入っているかどうかを確かめましょう。いろいろな美容成分がたっぷり入っていますが、中でも保湿効果が高いヒアルロン酸は重要です。肌が乾燥すればしわやたるみなどの肌トラブルが起こりやすくなります。

ヒアルロン酸がたっぷり入っているオールインワンジェルを使い続けていれば、スキンケア自体は簡単だけど肌の調子はどんどん良くなるかもしれません。それくらい肌には保湿が重要ですし、ヒアルロン酸はなくてはならない存在です。ヒアルロン酸は1gで6リットルもの水分を抱え込めますから不足しないようにしましょう。

コラーゲン入りのオールインワンジェルを選ぼう

オールインワンジェルを選ぶならコラーゲンがたっぷり入っているかどうかで選びましょう。肌にとってコラーゲンはとても重要です。もともと私たちの肌にはコラーゲンがありますが、加齢とともにコラーゲンは減ってしまいます。だから、外から補わなくてはなりません。

コラーゲンには、水分を抱え込む働きがあります。不足してしまうと肌が乾燥してしまいます。オールインワンジェルを使う場合は化粧水や美容液、乳液などの働きが一つにまとまっていますので、特にコラーゲンがたっぷり入っていることに着目して選んでください。

コラーゲンと言っても種類は一つではありません。低分子、高分子、加水分解などいろいろな種類があります。低分子ならば浸透しやすいですし、肌の外側からケアするために分子が大きいコラーゲンを使っていることもあります。

できれば複数種類のコラーゲンが入っているオールインワンジェルを選んだほうが良いです。そうすれば、肌の内側と外側からコラーゲン補給できます。

潤いのある肌を目指すためにも、何が入っているのかを考えなくてはなりません。オールインワンジェルしかつけていなくても十分潤いのある肌になれるのでどんなコラーゲンがどれくらい入っているかを比べてみましょう。

肌の水分量をアップさせるセラミド

オールインワンジェルを選ぶときに外せない成分として、セラミドも挙げられます。肌は何層かにわかれており、外側に向かって成長していきます。角質層には肌の細胞が積み重なっており、一番外側の角質層は一定の期間とどまった後に垢となって剥がれ落ちるのですが、角質層の水分が低下すると外の刺激から肌を守るバリア機能がうまく働かなくなります。

角質層の水分のほとんどはセラミドで、細胞同士をつなげる接着剤の働きをしてくれているため、セラミドをつくる力が弱くなると外からの刺激に弱くなり肌荒れしやすくなるのです。角質層にある水分を構成するセラミドを外から補うことで、肌の水分量がアップするため、肌のハリや柔らかさをキープすることができるというメリットがあります。

また、セラミドは体の中にある成分なので低刺激といえます。敏感肌の人はもともとセラミドも少なく、バリア機能も少ないため、化粧品に配合されている成分が刺激になることがあるのですが、セラミドの場合は体の中で作られている保湿成分ということで、敏感肌の人にも安心して使用できる成分となっています。

オールインワンジェルにセラミドが配合されているものをおすすめするのは、そのような理由があるからです。

実際にオールインワンを使うときには

オールインワンジェルの使い方は、すべての基礎化粧品の中で最もシンプルだと言っても過言ではないでしょう。洗顔料や石鹸などで皮膚の汚れや余分な皮脂などを取り除いた後、清潔になった皮膚の上に適量塗布すれば完了です。この時、さっぱりとしたお肌に仕上げたい時は少し少なめの量を手に取り、たっぷり潤いを与えたい場合には多めの量を塗布すると良いでしょう。

オールインワンジェルを厚めに塗るとパック効果も得られるので、紫外線などの刺激を多く受けた日や特に乾燥している日などには、そういった使い方をしてみるのが効果的です。

朝の洗顔後でもお風呂上がりに塗布する場合でも、化粧水と同じように顔の水分を拭き取ったすぐ後に塗り広げるのが良い方法とされています。そうすることで、皮膚から水分が逃げてしまうことを防ぐことが出来ます。

また、特に乾燥が気になる時やスペシャルケアを施したい時には、オールインワンジェルを塗った上から美容液や保湿クリームを重ねて塗るのも良いでしょう。オールインワンジェルが持っている美容成分に蓋をし、閉じ込めるようなつもりで、手のひらを肌に密着させるように塗り広げていきましょう。この時、こすらずに『塗り重ねる』ように意識すると効果的です。

簡単だから塗り方に気を付けよう

スキンケアを劇的に楽にしてくれるオールインワンジェルですが、簡単だからこそ塗り方には気を付けてください。洗顔後にワンステップだけでスキンケアが終わりますが、ゴシゴシと力を入れて塗るのはNGです。皮膚はとてもデリケートなので力を入れると摩擦によって炎症が起こるかもしれません。

化粧水や乳液などを使わないので、肌に浸透させるためにゴシゴシと塗りこみたくなるかもしれませんが、浸透させる方法は他にあります。オールインワンジェルを適量手に取って、人肌に温めてから顔全体に塗ります。

しっかりとなじませるために両手のひらを使って皮膚をこすらないようにプッシュします。こすっているわけではないので摩擦が生じませんし、より肌に美容成分を浸透させられます。

プッシュする時は皮膚に対して垂直方向の力をかけます。横方向の力が生じると皮膚をこするために炎症が起こるかもしれないので、力の入れ方には気を付けてください。もともとオールインワンジェルは肌に美容成分が浸透しやすいように考えて作られています。

だから、あまりワンステップスキンケアだからと言って不安になることはありません。肌になじませる時はゴシゴシしないで以上のやり方を行いましょう。

クリームをプラスしてケアもOK

オールインワンジェルでスキンケアしても、お肌のつっぱり感が気になるという場合、どのような対処を行えば良いのでしょうか。オールインワンジェルは1つに化粧水や乳液、美容液にクリームなどの基礎化粧品の働きが詰まっています。

洗顔後、サッと塗り広げるだけ簡単にスキンケアを終わらせる事ができるというメリットがありますが、どうしても化粧水・乳液・美容液・クリームと1つずつ使いケアした時と比較すると、どうしても「しっとり感」が低いケースがあるようです。

特に冬場の乾燥しやすい時期や、目元や口元など元々お肌が乾燥しやすい部位は、オールインワンジェルだけのスキンケアだと、保湿感が足りないと感じてしまう方もいるでしょう。

もし乾燥が気になるという場合は、オールインワンジェルでお肌のお手入れを行った後に、クリームをプラスする事をおすすめします。クリームには油分が多く含まれているので、オールインワンジェルで与えた水分の蒸発を、抑えるという効果が期待できます。

目元や口元など乾燥している部分だけでも、クリームを重ね塗りすればかなり、しっとり感を感じる事ができるでしょう。上手く基礎化粧品を組み合わせて、お肌の状態にあったスキンケアを行う事が美肌に繋がります。

旅行用にもっておくと便利

オールインワンジェルは普段のスキンケアに使用すると、保湿効果が足りずに物足りないと思っている方は少なくありません。しかし一つでスキンケアに必要な美容成分が全て補給出来てしまうメリットがあるので、旅行に行く時に出先のスキンケアアイテムとしてオールインワンジェルを利用する方は少なくありません。

このジェル一つで洗顔後の化粧水、乳液、美容液、クリームなどの美容成分を肌に与えて短時間でスキンケアを完了させることが出来ますし、ポーチの中に一つ入れておくだけで良いので荷物を最小限に減らすことができるメリットがあります。

どうしても保湿が足りないと感じる方は、肌の乾燥が気になる部位にオールインワンジェルの重ね塗りを行ったり、化粧水を事前に肌に使用して導入液として利用し、その後にオールインワンジェルで潤いに蓋をするようにケアを行えば、十分に肌に潤いを与えることができるので、乾燥が気になる場合もしっかりカバーすることが可能です。

ジェルのボトルが大きいという場合は、携帯用の小さめのケースに入れ替えておくことで、短期間の旅行なら十分にジェルの量は足りるので荷物を減らしてスキンケア化粧品を持ち歩くことが出来ます。