暑いからといって痩せるとは限らない!夏に行うダイエットの注意点

夏のダイエットは成功率が高いと言われており、これは痩せやすい時期だからです。食欲が減退しやすいですし、代謝が促進されることで脂肪燃焼がスムーズになります。夏は大幅減量をするのに適した季節なので、この時期からダイエットを始めるのが効果的です。

夏はダイエットの効果が出やすい?

夏バテという言葉があるように、夏は食欲が低下して体重も落ちやすいです。夏はダイエットの効果が出やすいのは間違いないので、大幅減量を目指すなら夏をおすすめします。食欲が落ちすぎるのは困りものですが、適度に落ちるのは痩せる上で好都合と言えるでしょう。

ただし疲労を感じてしまうレベルまで、食事の量を減らすのはよくありません。人間のスタミナを生み出してくれるのは食べ物なので、必要カロリーはしっかりと摂取していきましょう。カロリーは抑えればいいものではなく、適正量に調整していくことが大切となります。

夏バテをしない程度に食べながら、適度な運動もしていきましょう。日中は熱中症になりやすいので、朝方や夕方に運動をするのが好ましいです。

暑いからといって痩せるわけではない

暑いと一般的に痩せやすくなりますが、これだけで痩せるわけではないです。確かに食欲は低下するので、摂取カロリーは減少する傾向がありますが、食欲が現状維持ならば痩せることはありません。夏バテまで行かなくても、ある程度スタミナが減退すると疲れやすくなり、それによって体重が減少していくことはありますが、体調がまったく変わらなければ、体重にも変化はないでしょう。

暑いといってもダイエットが簡単だと安易に考えることなく、食生活のバランスは維持してください。夏は身体が熱くなりやすいので、野菜や果物を多めに食べるとよいでしょう。これらの食材には抗酸化成分が含まれているので、活性酸素を撃退して疲労やストレスを予防してくれます。

むしろ夏は太りやすい?

夏は一般的に痩せやすいですが、むしろ太りやすいと感じる方も少なくありません。夏になると食欲減退を防ぐために、香辛料やスパイスをたっぷりと使用した料理が食卓に並ぶことが多いでしょう。食欲を誘ってくれる料理というのは、夏料理に多いのは間違いありません。そのためついつい食べすぎてしまい、肥満を招いてしまうことはあるのです。

夏バテすることなく食欲も落ちなければ、むしろ食べすぎによって太ってしまう可能性もあります。夏は一般的に痩せやすいですが、すべての人に当てはまるわけではありません。逆に太りやすくなる人もいるので、そこに甘えるのは得策ではないでしょう。自分の生活リズムや体質を見極めた上で、最適なダイエットを実践してください。

過酷な運動は夏のダイエットに不向き

夏はバテやすい時期ですし、ちょっと運動をすると大量の発汗があります。水分が失われやすい季節なので、過酷な運動は夏のダイエットとして不向きと考えてよいでしょう。熱中症のリスクもありますから、無理をしないで痩せるようにしてください。軽くウォーキングをする程度でも代謝は上げることができますし、室内でウォーキングマシンを活用する方法もあります。

無理なダイエットをすると熱中症や夏バテの原因となるので、他の季節よりは運動レベルを抑えるのが好ましいです。限界まで身体をいじめるのではなく、適度に抑えることが大切なのです。運動中はスポーツドリンクで水分補給をしますが、塩分も適度に摂ってください。塩分補給の方法としては、ナトリウム含有のスポーツドリンクや飴がおすすめです。

夏の食事制限によるダイエット

夏は食事制限によるダイエットが成功しやすい時期と言われており、これは食欲が減退しやすいからです。ただし、稀に夏は食欲が上がるという人もいるので、すべての人に該当するわけではありません。夏の食事制限のポイントは、野菜とタンパク質を多く摂ることです。野菜は抗酸化力のあるカロチンやビタミンを含有しており、タンパク質は筋肉の原料を作ってくれます。

食事制限を成功させるためには、毎日体重を計測していくのがおすすめです。同時刻に毎日測定することによって、体重の変化が手に取るようにわかります。体重の増減を見ながら食事内容や生活習慣を変えていくことでダイエットを成功させましょう。体重は嘘をつかないので、体重増加につながる習慣があればすぐにやめてください。

ポイントはむくみを解消すること

効率よくダイエットするポイントは、過剰な水分を排出していくことです。むくみを解消することで代謝が促進されて、脂肪燃焼も効率化するでしょう。水分を控えれば痩せると考える方は多いでしょうが、必ずしもそうではありません。むしろ適度の水分を摂ったほうが、むくみ解消のために役立ちます。

むくみとはリンパが停滞している状態ですから、リンパを促進していく必要があります。そのためには水分をしっかりと補給して、停滞しているリンパを流してあげることが大切です。水分は一度に大量に摂らず、1回あたり200ml程度に抑えておきましょう。体内への浸透力を意識するならスポーツドリンクがおすすめですが、糖分を含んでいるので飲みすぎには注意してください。

夏にオススメのダイエットとは

ダイエットというのは時期によって方法を変えていくのが好ましいです。例えば夏にオススメのダイエットは食事制限であり、その上でサプリを取り入れる方法がおすすめです。運動や入浴によって痩せる方法もありますが、夏は暑いので難しいところでしょう。夏バテをしては意味がないので、食事制限とサプリの併用で痩せていきましょう。

食事制限のポイントは野菜をたくさん食べて、満腹を促進しながら食べすぎを防ぐことです。タンパク質が不足すると太りやすくなるので、豆乳や牛乳は多めに飲みましょう。タンパク質が筋肉を構成していますから、欠乏しないように注意してください。豆乳と牛乳をそれぞれ200mlずつ飲むことで、筋肉を増やして燃焼体質に変えることができます。

夏のウォーキングダイエット

夏の定番ダイエットと言えるのがウォーキングダイエットであり、1日20分程度歩くだけです。夏は気温・湿度の上昇によって熱中症にかかりやすいので、ウォーキングをするなら涼しい時間帯を選びましょう。朝方や夕方がおすすめであり、最初は10分から始めても問題ありません。慣れてきたら15分、20分と時間を延ばしていきます。

20分のウォーキングをすれば代謝はかなり上がりますから、代謝を維持させるために週に5日程度は行ってください。毎日だと疲れてしまうので、土日は休んでも問題ありませんが、休み癖はつけないようにしましょう。ジョギングやランニングだと大量発汗によって水分不足に陥りやすいですし、熱中症のリスクもあるので無難にウォーキングでいきましょう。

夏の水泳ダイエット

夏のダイエット運動として最適と言われるのが水泳であり、この理由は身体への負荷が少ない、夏バテや熱中症のリスクが小さいなどです。水泳というのは浮力によって、足腰への負担を最小限に抑えられる運動なのです。ウォーキングだと体重が重たくなりすぎると、歩くときに足腰に負担がかかって痛みを感じることがあるでしょう。

水泳は水中での運動となるので、熱中症になるリスクは非常に低いと言えます。定期的にプールで泳いでいる人は、基礎代謝も上がるので夏バテもしにくいと言われています。夏バテする理由としてスタミナや代謝の低下があるので、これらを強化するためにも水泳ダイエットを実践してみましょう。気持ちよく泳いで脂肪を燃焼させれば、成人病のリスクも下がるはずです。

夏のサイクリングダイエット

痩せるためには運動をして代謝を上げていくのが好ましいです。夏のサイクリングダイエットのメリットは、下半身を強化できることにあります。

下半身のむくみが気になる方は、サイクリングをして巡りを解消していきましょう。リンパが停滞していると脂肪が付着しやすく、将来的にセルライトの原因となる可能性もあります。午前と午後で脚の太さが変わってしまう人は、むくみ体質だと考えてよいでしょう。

サイクリングダイエットをする時間帯は、なるべく涼しい時間を選んでください。想像以上の発汗がありますし、暑さは体力を奪ってしまいます。夏バテを防ぐためにも、運動をする時間帯に注意すること、長時間の運動を避けること、休息をしっかり確保することなどを徹底しましょう。