暑い季節にぴったりマンゴースムージーで痩せる

マンゴーは果物の王様といわれるほど栄養価の高いフルーツです。温暖な気候で育ち、繊維が細かく滑らかで、甘い香りとたっぷりの蜜で美味しく食べられます。

美肌作りや疲労回復にはスムージーで食べるのがおすすめです。

マンゴーにダイエット効果はあるの?

甘くてカロリーが高そうな印象のあるマンゴーですが、実はダイエットに効果があります。便秘解消に必要な食物繊維が豊富で、血糖値が上昇するのを抑制してくれるだけでなく体脂肪の燃焼にも役立ってくれます。

ビタミンB群が豊富に含まれていますので糖質や脂質の分解や代謝を促進してくれます。脂肪の蓄積も防いでくれます。ビタミンCやビタミンAも豊富なので美肌作りをしながら健康的に痩せることができます。

マンゴーは1個あたり125キロカロリー、100グラムあたり64キロカロリーと低カロリーです。水や熱にも強いので調理にも利用可能で、体内にある程度蓄積しておくことができますから腹持ちもよくなります。

必須アミノ酸のリジンが豊富に含まれているため、カルニチンを生成して脂肪やセルライトの燃焼効率を高めてくれます。

マンゴーの栄養は豊富!

マンゴーには整腸作用に効く食物繊維、筋肉の疲労回復に役立つビタミンB1、美肌効果の高いビタミンC、骨を作る主成分のリン、老化予防をしてくれるベータカロテン、皮膚や髪、歯を作るビタミンB6、動脈硬化の予防に役立つ葉酸が豊富です。

青いうちはビタミンCが豊富で、熟していくとベータカロテンの含有量が増加します。ドライマンゴーにすれば栄養と美味しさを凝縮させることができます。

貧血予防に役立つ鉄や細胞間の水溶性部分、脂溶性部分、細胞膜でも抗酸化作用を発揮してくれるポリフェノールも豊富で体内の活性化を助けて、糖の吸収を穏やかにしてくれます。カリウムは体のナトリウムを排出してくれますので高血圧予防に効果的です。

ビタミンCやβカロテンで生活習慣病を予防

ビタミンCには抗酸化作用があり、がんの予防に効果があります。1000ミリグラムから2000ミリグラムほどの量を摂取すると善玉コレステロールを増やす働きがあり、動脈硬化や高脂血症の予防に役立ってくれます。

ベータカロテンは体内でビタミンAに変わります。ビタミンCはビタミンEと一緒に摂取すると抗酸化作用が強まります。ベータカロテンは活性酸素の働きを抑制して抵抗力を高めてくれます。免疫力を高めてくれる上に抗酸化作用を期待できます。

体内で発生する過剰な活性酸素を消去してくれます。食物繊維は糖の吸収を穏やかにしてくれます。ビタミンCは水溶性で水に溶けやすく、ベータカロテンは油を使うと吸収率が高くなります。

美肌に効果的な栄養素も

ベータカロテンは体内で必要な分だけビタミンAに変換されます。皮膚の粘膜を強化し、肌荒れを予防してくれます。ビタミンCはコラーゲンを生成し、しみやしわを予防してくれます。ビタミンAとビタミンC、ビタミンEは抗酸化作用が強いので老化予防にも効果的です。

ビタミンAとCとEをまとめて取れるの便利です。消化酵素も含まれていますのでデザートとして食べると消化吸収をよくしてくれます。カリウムが豊富ですのでむくみ対策にもなります。

カリウムは腸内の筋肉運動を促進する働きもあることから、便秘解消にも役立ってくれます。複雑で濃厚な香りは267種類もの芳香成分の組み合わせでできており、リラックス効果をもたらしてくれます。

マンゴーに含まれるリジンが脂肪燃焼を助ける

マンゴーに含まれるリジンは脂肪やセルライトを燃焼してくれます。リジンにはカルニチンという成分を生成する働きがあります。カルニチンは脂肪酸の分解を促進してくれます。

脂肪を燃焼させてエネルギーとして変換し、ミトコンドリアに運搬する働きをしています。年齢とともに生成や分泌量が減少していく成分ですので積極的に摂取することが大切です。カルニチンはダイエットサポートサプリやトレーニングサプリなどに利用されています。

マンゴーを食べれば自然と摂取することができますので便利です。リジンはたんぱく質の吸収を促進し、ブドウ糖の代謝やカルシウムの吸収といった働きもしています。アルコール摂取などで弱った肝臓を活性化させる役割もあります。

食物繊維とカリウムでデトックスにもお役立ち

食べごたえを感じるのは水分と食物繊維が豊富に含まれている野菜や果物です。特にマンゴーは強い甘みを感じますが、水分量が多いのでカロリーは低めです。食物繊維が豊富ですので腹持ちが良く、お通じも良好にしてくれますので体の中からデトックスしてくれます。

果物の甘さは精神的な落ち着きを感じさせてくれますし、糖アルコールという糖分でカロリーになりにくい性質を持っています。カリウムは余分な塩分を体外に排出してくれるミネラルです。カルシウムが尿に排出されるのを抑制する働きがありますので骨密度が強くなります。

むくみや便秘を解消してくれて疲労回復効果も高めてくれます。ナトリウムとともに働いて体の浸透圧を調整してくれる働きをしており、老廃物を排出してくれますので代謝が高まります。

甘さもしっかりでお菓子より満足感も

濃厚な香りと甘さが特徴のマンゴー。甘みだけでなく酸味とのバランスも楽しめます。果肉と甘さで満足感も高まります。水分量が多いのでお菓子よりもカロリーを気にする必要がありません。完熟したマンゴーは栄養価も高く、香りが強くねっとりとした甘さで上品な味わいと口どけを楽しめます。

ミニマンゴーや冷凍マンゴー、ドライマンゴーなどバラエティ豊かですのでそれぞれの甘さと味を楽しめます。ムースやゼリー、ジュースなどにしても美味しく食べられます。糖質もカロリーもバナナの7割程度ですのでダイエットの時でも安心して食べられます。

アイスクリームやビスケットなどとの相性もよいのでソースやピューレとして利用するのもおすすめです。

スーパーで手に入る!冷凍マンゴー簡単スムージーレシピ

冷凍マンゴーならスーパーでオールシーズン購入できます。豆乳とミキシングするだけで簡単にスムージーが作れます。ゼラチンと混ぜて冷やせばゼリーも簡単です。甘みと香ばしさのあるアーモンドミルクを使うのもおすすめです。

生のマンゴーは種と皮を取り除いてカットしなくてはなりませんが、冷凍マンゴーならそのまま使えるので便利です。パイナップルやベリーを加えて飲むとオリジナルスムージーが簡単作れます。ヨーグルトとはちみつを加えて作ると滑らかなのど越しで飲みやすくなります。

苺を使うとかわいいピンク色になります。必要な分だけ作ることができるので無駄もありません。コンビニでも購入できますし、通販で業務用を購入しておけばいつでもおいしく食べられます。

冷凍マンゴーにヨーグルトを合わせて腸活スムージー

冷凍マンゴーにヨーグルトを加えると酸味が和らぐだけでなく、のど越しもすっきりして飲みやすくなります。ヨーグルトの乳酸菌が腸内環境を整えてくれる働きをしてくれますので便通にもデトックスにも相乗効果が見込めます。

キウイやバナナとあわせてスムージーを作り、グラノーラに乗せれば立派な朝食にもなります。野菜だけでなくたんぱく質も摂取できることになりますので栄養価も高くなります。ココナッツヨーグルトで作るとまろやかな甘みが際立ち、食欲がない時でもごくごく飲めます。

季節の変わり目など体調が敏感になる時には簡単にできてヘルシーでお腹に優しいヨーグルトスムージーがおすすめです。偏食が気になる方にもおすすめです。

おいしくストレスフリーにキレイが手に入る

自分で味付けを考えられるのがスムージー作りのメリットです。生野菜や果物を用意するのが大変なら、冷凍マンゴーを使ったり、ドライマンゴーをヨーグルトに浸して置いてそのままミキサーにかけたりすれば時間もかかりません。

マンゴーは熱に強いので栄養価の面でも問題ありません。どんな食材とも相性が良く、そのまま食べてもジュースにしてもソースにしても美味しく食べられます。チェリモヤやマンゴスチンとともに世界三大フルーツと呼ばれるほどの栄養価の高さと濃密な甘さが魅力です。

アンチエイジングやデトックス、貧血予防や美白と女性に嬉しい美容成分がたっぷりと詰まっています。国産の旬は6月から8月、輸入物の旬は3月、他は冷凍食品などをうまく使って美味しく食べましょう。