最近よく聞く「酵素」とはなに?

最近美容や健康に役立つとして注目を集めている成分の一つに、酵素が挙げられます。名前は聞いたことがあっても、効能や特徴などはよく知らないという人が多いのではないでしょうか。

正しく効果を得るためにも、酵素とはどんなものなのか基礎情報を知っておきましょう。

酵素とはどんなものかまずは知ろう

酵素とは、身体の中で起きる化学反応に重要な作用を及ぼすタンパク質の総称です。化学反応の種類に応じて特徴の異なる酵素が存在しており、活発に活動する条件なども異なっています。脂肪や炭水化物といった栄養素の消化吸収をサポートする酵素の他、神経組織やホルモン分泌バランスなどを整える代謝酵素などが挙げられます。

私たちが身体の機能を正常に維持したり、より機能を高めるために非常に重要な役割を果たすのですが、酵素は年齢を重ねるごとに徐々に減少していくという特徴があります。

このため十分な量の酵素を体内に維持するためには、食べ物やサプリメントなどで酵素を的確に補給してあげることが重要です。最近では様々な酵素食品が登場しているので、自分の好みや都合に合ったものを活用すると良いでしょう。

酵素には2つの特性がある

a素とひと口に言っても、詳しく見ると体内にもともと存在している内部酵素と、食べ物を通して外部から摂取する外部酵素という2つの種類に分けることができます。内部酵素は潜在酵素、外部酵素は食物酵素とも呼ばれることがあります。

内部酵素は食べ物を消化したり吸収するために必要な消化酵素と、身体の免疫力を上げたり代謝を上げる作用のある代謝酵素の2種類に更に分けることができます。

内部酵素が不足すると食べ物の消化吸収がうまく行えず脂肪が溜まりやすくなりますし、代謝酵素が不足すれば代謝が落ちて痩せにくい体質になってしまったり美容を損なうなど様々なデメリットが生じます。

いかに酵素を効率よく補給してあげるかが重要になるので、それぞれの酵素が持つ特性などの知識を覚えておくと良いでしょう。

体内に存在しているのが内部酵素

内部酵素はもともと私たちの体内に存在しているものですが、年齢を重ねたり乱れた生活習慣を送ることで徐々に減少してしまいます。内部酵素が不足すると、慢性的な疲れが続いたり、肩こりや頭痛、腰痛に肌のくすみ、消化機能の低下や不眠など様々な体の不調が現れると言われています。

このため常に十分な量の内部酵素を維持しておきたいところなのですが、残念ながら年齢を重ねる限り自然な減少を止めることはできません。内部酵素が不足していることに早く気づいて補給してあげることが大切なのですが、最も分かりやすい内部酵素不足のサインとしては白髪が挙げられます。

髪の毛の色は私たちの生命維持に直接関わらないため、最も早く酵素の供給がストップされる場所なのです。

食べ物から取り入れるのが外部酵素

内部酵素と対をなす酵素として、食べ物から摂取する外部酵素というものがあります。こちらは種類も一つだけで、基本的には食物酵素として摂取され、体内の各部分に吸収されることになります。外部酵素の特徴としては、高い消化機能が備えられているという点が挙げられます。

内部酵素が減少してしまった場合でも、食べ物から積極的に酵素を取り入れれば問題はないとされています。外部酵素は食べ物から摂取するのですが、熱に弱いという特徴があります。48度を超えると破壊されてしまうため、加熱調理するとだいたい酵素を摂取できなくなってしまいます。

外部酵素を効果的に摂取するためには、加熱調理を控えて生のまま食べる必要があります。サラダに利用したり、そのまま食べられる果物から摂取するのが最も効果的となります。

内部酵素は消化酵素と代謝酵素のさらに2種類ある

体内に存在している内部酵素には、さらに消化酵素と代謝酵素の2種類が存在しています。消化酵素は名前の通り食べ物の消化や吸収に効果を発揮する酵素であり、代謝酵素は様々な臓器や機能の代謝を高める効果があります。

一見すると無関係なように見えますが、実はこの2種類の酵素は互いに深く影響し合っています。消化酵素を大量に使用した場合は代謝酵素の量が減少し、逆に消化酵素の消費量を節約すれば代謝酵素の量が増えます。

しかも量が増えるだけではなく、その働きや効率も良くなるため様々なメリットを得ることができます。代謝酵素の働きがアップすると、新陳代謝が活性化して美肌になったり、代謝が高まって痩せやすくなるなど女性に嬉しい効果が盛りだくさんです。

免疫力や脂質の代謝には代謝酵素が大事

酵素の中でも、特にダイエットや免疫力のアップなどに関して大切なものが代謝酵素です。代謝酵素は、私たちが身体をスムーズに動かしたり息をする、物事を考えたり行動に移すといった様々な生命活動に関わる新陳代謝を管理している酵素です。

私たちの身体は脳や心臓、消化器官に血液など様々な臓器を備えているのですが、その全てにおいて独自の作用を及ぼすのが代謝酵素なのです。代謝酵素が不足するとこういった臓器などが正常に機能しなくなり、外部から侵入した病原体などを撃退できなくなります。

免疫力が下がって様々な不調を引き起こしてしまうため、代謝酵素をいかに十分備えておくかが非常に重要となります。さらに脂質の代謝もサポートする作用があるため、不足すれば脂質をうまく燃焼させられず、身体に蓄積させやすくなってしまいます。

代謝酵素を増やすと痩せ体質になれる

代謝酵素には、その名の通り主に身体の様々な臓器や組織の代謝を促進させる作用があります。この代謝酵素が体内に十分備わっていなければ、脂質の代謝や筋肉の代謝などが低下してしまいます。

細胞の新陳代謝もスムーズに行われなくなってしまうため、エネルギーを消費したり排便がきちんと行われなくなるなど、様々な問題が生じます。これではダイエットも効率よく進めることはできないため、まずは代謝酵素をしっかり補給して代謝を高めることが重要となります。

代謝酵素が増えればこういった問題を解決することができ、代謝を高めて痩せやすい体質に改善することができます。代謝酵素を増やすには消化酵素との関係が重要となるので、消化酵素についてもしっかり理解しておく必要があります。

代謝酵素を増やすためには消化酵素の節約がカギ

上述したとおり、代謝酵素と消化酵素は同じ内部酵素として互いに影響を与え合いながら存在しています。消化酵素が減れば代謝酵素も減り、消化酵素が十分に残っていれば代謝酵素の量も多くなります。

つまり、美容やダイエットに適した体質にするためには消化酵素をいかに使わないようにするかがポイントなのです。消化酵素を節約するには、やはり食べ物に気を遣うことが最も大切です。

消化が難しく時間のかかる食べ物ばかりを食べていれば、消化酵素の消費量も多くなって代謝酵素も減少してしまいます。このため、代謝酵素の量を増やすにはできるだけ消化の良いものを食べたり、酵素を多く含む生の食べ物を食べるなどして消化酵素の負担を少なくすることがカギとなります。

消化吸収に時間がかかる脂質や糖質の多いものを避ける

消化酵素を節約するためには消化の良い食べ物を食べると述べましたが、そのためには消化や吸収に時間がかかる食べ物を避けることも欠かせません。特に脂質や糖質は消化に非常に時間がかかるため、できるだけ食べない方が良いでしょう。

脂質や糖質の多い食べ物としては、から揚げなどの油ものは言うまでもありませんが、ご飯やパン、パスタなど炭水化物の多い食べ物やインスタント食品、お菓子なども挙げられます。

意外ですが野菜の中にも糖質の高いものは多く、ジャガイモやサツマイモ、カボチャや玉ねぎなどの根菜類が挙げられるので注意しておきましょう。野菜ならカロリーも少なく身体への負担も少ないと考えがちですが、根菜類は繊維質も多く消化が難しいので消化酵素を多く消費してしまいます。

酵素の働きを理解して内側からきれいを目指そう

このように、ブームとなっている酵素には様々な種類や特徴が存在しています。こういった知識のないまま、酵素と名の付く食品を手当たり次第に摂取してもあまり効果は得られません。

中には酵素とは名ばかりで、加熱などによってほとんど効果の無いものが販売されていることもあるので、正確な知識を身に付けておくことが必要です。酵素の働きをしっかりと理解し、適切に摂取していくことで身体を内側から綺麗にしていくことができるのです。

ダイエットにチャレンジしてもなかなか痩せられないと悩んでいる人の場合、酵素不足で痩せにくい体質になっている可能性もあります。まずは酵素で体質改善を目指し、美しい肌や痩せやすい身体作りを行っていきましょう。