有酸素運動と無酸素運動の違いは?ダイエット効果が高いのはどっち?

ダイエットで体重を減らしていくためには、食事制限をしながら運動をすることがポイントになってきます。ですが、運動には有酸素運動と無酸素運動に二種類があります。自分が行っている運動が、どちらか把握することで、ダイエット効果を高めることが期待できます。

運動がダイエットに効果がある理由

ダイエットで体重を減らしていくためには、摂取カロリーよりも消費カロリーを高める必要があります。食事の量を減らせば、大幅に摂取カロリーを少なくすることができます。

そのため、りんごやバナナ、ヨーグルトなど低カロリーの食品を食べ続ける単品ダイエットやプチ断食などが人気を集めていますが、そればかりに頼らずに、運動を組み合わせていくことが大切です。

運動でカロリーを消費するよりも、食事を少なくしたほうがたくさんのカロリーをカットすることができますが、運動をしないと筋肉の量も少なくなってしまいます。その結果、体温の維持や呼吸、消化などに使用させる基礎代謝が低下してしまう恐れがあります。疲れやすくなってしまったり、便秘などの不調があらわれたり、太りやすい体質になる可能性があるので注意が必要です。

有酸素運動と無酸素運動ってどんな運動?

運動には、有酸素運動と無酸素運動の2つがあります。ダイエットをしていくうえでは、この2つの運動の違いを覚えておくことが大切になってきます。有酸素運動は、比較的弱い力が筋肉に加わるもので、ウォーキングやランニング、水泳やエアロビクスのように長い時間行うことができる運動を指しています。

有酸素運動を行うと、体の中の脂肪を燃やすことが期待できます。まずは血液中の脂肪が燃焼され、20分以上運動を続けると内臓脂肪や皮下脂肪を落としていくことが期待できます。

一方の無酸素運動は、強い力が筋肉に加わります。短距離走やダンベル運動など、短期間に一気に行う運動がこれにあたります。無酸素運動を行えば、基礎代謝を向上させることが期待できます。

ダイエットには脂肪の燃焼が必須!その方法とは

ダイエットで痩せるためには、体についている脂肪を燃焼させる必要があります。そのためには、運動を行って落としていくのが1番効果的です。運動には無酸素運動と有酸素運動の二種類がありますが、脂肪を落とすことを目的とするなら、有酸素運動をするのがおすすめです。

有酸素運動は、継続して行うことができるので、無酸素運動よりも脂肪の燃焼効果を高めることができるからです。有酸素運動を行うと、まずは血液中の脂肪から燃焼されていきます。

その後、20分以上運動を続けていくことで、内臓脂肪や皮下脂肪を落としていくことが期待できます。有酸素運動を行う時は、ゆっくりと深い呼吸をしながら体を動かすことを意識してみましょう。酸素を体に取り込むことで、脂肪を燃焼させることができます。

無酸素運動のほうが痩せそうだけれど真相は?

短距離走やダンベル運動などハードな運動を行えば、短い時間で多くのカロリーを消費て痩せやすいような気がします。ですが、これらの無酸素運動は長く続けることが難しいので、結果として、有酸素運動よりも消費されるカロリーが少なくなってしまいます。

さらに、内臓脂肪や皮下脂肪を燃やすためには、酸素が必要になってきます。無酸素運動は、その名前の通り、酸素を使用する量が少ない運動のため、消費カロリーが少なくなるのが特徴です。

ダイエットのため、運動でカロリーを消費させようと思ったら、有酸素運動を行ったほうが効果的です。ただし、無酸素運動を行えば、筋肉を鍛えることができます。筋肉量が高くなれば、消費されるカロリー量を高めることもできるので、ダイエットに上手に組み込んでみましょう。

脂肪を燃やすメカニズムとは

ダイエットで痩せるためには、体についている脂肪を燃やすことが必要です。この脂肪は白色脂肪細胞で、食事で得たものの消費しきれなかったエネルギーを中性脂肪として蓄積したものになります。

この中性脂肪は内臓や皮下に多く、燃焼させていくためには、遊離脂肪酸に分解する必要があります。そのために、運動が必要になってきます。ダイエットで脂肪を燃やすためには、20分以上運動をする必要があると言われていました。

ですが、最近の研究では、1日に30分以上運動を1回するのと、1日に10分の運動を3回するのとでは、効果に差がないことが分かってきました。長時間の運動が苦手でダイエットの失敗を繰り返しているという人は、体を動かす回数を多くするよう意識してみましょう。

脂肪の燃焼には有酸素運動が有効?

ウォーキングやランニング、エアロビクスや水泳などの有酸素運動は、ダイエット中の運動として最適だと言われています。これは、有酸素運動が無酸素運動に比べ、体にかかる負担が軽いことが理由です。

そのため、長時間続けて運動を行うことができるので、内臓脂肪や皮下脂肪を効率良く減らすことが期待できます。ですが、有酸素運動でも無理に頑張って行い続けていると、呼吸が浅くなり、無酸素運動になる可能性があります。

すると、脂肪を燃焼するために必要になる酸素が少なくなるので、ダイエット効果が低くなってしまいます。そうならないように、自分のペースを守り、余裕を持って楽しみながら行える量の運動をするように心がけてみましょう。

無酸素運動の後に有酸素運動で脂肪の燃焼を助ける

体についている脂肪を燃やすためには、有酸素運動が効果的です。そのため、ダイエット中は有酸素運動だけを行う人が多くなりますが、これだと脂肪だけではなく、筋肉も落ちてしまう可能性があります。

この状態が長く続くと、基礎代謝が低下してしまい、徐々にダイエット効果が落ちることが考えられます。これを防ぐためには、無酸素運動を上手に組み合わせていくことがポイントになります。

まずは無酸素運動である筋肉トレーニングを行い、その後に有酸素運動を行えば、体をあたためた状態で有酸素運動をスタートすることができます。その結果、すぐに脂肪減少効果を得ることができるので、ダイエット効果を高めることができるのでおすすめです。

無酸素運動で筋肉がついてしまわないの?

無酸素運動には、筋肉トレーニングやダンベル運動、短距離走など、一気に体に負荷を加える運動が多くなります。そのため、無酸素運動を行うと筋肉が必要以上につくのではないかと不安になる人が多いようです。

結果から言うと、無酸素運動を行ったからといって、筋肉がムキムキになることはありません。筋肉をムキムキにするには、アスリートのように1日中トレーニングを繰り返したり、トレーナーの指導によるストイックな食生活も重要になってくるからです。

私達がダイエットで無酸素運動を行っても、そこまで強い負荷が加わることはないので、安心してチャレンジするようにしてみましょう。特に女性は、筋肉がつきにくいという特徴があるので、心配は不要です。

筋肉をつけずに無酸素運動をするコツ

無酸素運動を行うと、筋肉を鍛えることができます。筋肉を鍛えれば、体温の維持や消化、呼吸などの基礎代謝を活発にすることができるので、痩せやすい体質の整えていくことが期待できます。けれど、女性の中には筋肉をあまりつけたくないと考える人が少なくありません。

そんな時は、筋肉を鍛えても目立たないような方法で無酸素運動をするのがおすすめです。筋肉には、白筋肉と赤筋肉の二種類があります。白筋肉は、短距離走や柔道などに活躍する筋肉になります。一方の赤筋肉は、ウォーキングや水泳に活躍します。

赤筋肉は白筋肉と比べると太くなりにくいという特徴があるので、ここを鍛えるよう意識してみましょう。赤筋肉を鍛えるためにはハードな筋トレは必要ないので、運動が苦手だという人にもおすすめです。

運動前に摂取しよう!脂肪の燃焼を助ける食べ物とは

ダイエット中の運動は、行うタイミングも考えてチャレンジするようにしましょう。空腹時に運動を行えば、効果的に体の脂肪を燃焼させることができますが、低血糖症になる可能性があるので大変危険です。

これを防ぎつつ、ダイエット効果を高めるためには、運動前に摂取する食べ物にもこだわる必要があります。運動をする前の食事は、消化の良いものを選ぶことがポイントになってきます。油を使用していない炭水化物中心の食事を心がけるようにしましょう。

そうすることで、運動をする時には消化が終了し、糖分をしっかりと補給させることが着たいできます。うどんやそば、具のないおにぎりやバナナやリンゴなどがおすすめです。さらに、運動をする直前に、カフェインを含むお茶などを飲むことで、脂肪燃焼効果を高めることができます。