朝バナナで手軽にダイエット!便秘やむくみ解消など効果が沢山

バナナは体に不可欠な栄養素をバランス良く含んでいる食品の一つで、その中の食物繊維やフラクトオリゴ糖は消化されにくい栄養素で生きたまま腸に届いて善玉菌のエサとなるので、朝バナナでダイエットを行うことによって腸内環境が改善され、便秘やむくみなどの解消に繋げることができます。

朝バナナは忙しい朝でも素早く食べられる手軽さに加え、満腹感が得られたり消化が良くなるといったメリットもあるので、従来の朝食よりもカロリーを抑えることができる長続きさせやすいダイエット方法の一つといえます。人間の体質や細胞は通常1ヶ月から3ヶ月のサイクルで変わるといわれているので、2ヶ月から3ヶ月続けていくと高い効果を期待することができます。

ダイエット効果がある朝バナナ

朝バナナダイエットとは、朝バナナを食べることで腸内環境を整え脂肪燃焼がしやすく脂肪を貯めこみにくい腸内環境に整えることが期待できるダイエット方法です。やり方はとても簡単で、朝1本から2本のバナナと一緒に常温の水を飲むだけで、いつもの食事をバナナと水に置き換えるのが一般的な方法です。

朝バナナダイエットには、腸内環境を整えたり胃腸を休める働きが期待できます。通常の食事をするよりもバナナのほうがカロリーは少ないですし、炭水化物や食物繊維、ペクチンなど様々な栄養素が含まれておりこれらの成分がダイエット効果を促します。

炭水化物はダイエットに不向きというイメージがありますが、バナナに含まれている炭水化物の大半は食物繊維ですし、ペクチンにはコレステロール値を下げる働き、カリウムにはむくみを防止する効果が期待できるため、腸内の状態を良好にしながらむくみを防いですっきりとしたボディラインになるのに役立ちます。

朝バナナダイエットはバナナと常温の水があればどこでもできますし、朝食に置き換えるだけでダイエット効果が期待できます。冷たい水やコーヒーなどを一緒に飲むと効果が半減してしまいますので、胃腸に負担をかけない常温の水を飲むのがポイントです。

手軽にできるダイエット

継続して続ける事が出来るダイエット方法が見つからないと感じている方が多く、特に仕事が忙しい方や子育てで大変な方はダイエットを継続できないと答える方が多いです。そこで、朝バナナダイエットが忙しい方にこそおすすめのダイエットとして人気があります。朝食にバナナを一本だけ食べるダイエットとなるため、簡単です。

この手軽さが継続できる利点と忙しい朝にぴったりの食事であるメリットを生み出す事から、有名人なども行っているダイエット方法となります。食事制限が辛いと感じる方も多いですが、甘い物を食べないと決めている方にもこちらは最適です。甘みのあるバナナを食べる事で、ストレスが緩和されたと感じる方が多いからです。

バナナのカロリーは1本で100キロカロリー未満である事から、カロリーを知っておく事で罪悪感を感じる事もなく食べる事ができます。また、初心者が始めやすいダイエットであるため、初めてダイエットをしようと試みる方にもおすすめできる方法です。

たくさんのメリットがあるため、ある程度自分でダイエットに満足する結果がでるまで続ける事ができたと答える方も多いです。多忙だけれどもダイエットしたいと思う方に朝バナナはおすすめです。

朝バナナダイエットが向いている人

朝食のバナナと水だけとし、朝にひたすらバナナを食べ続けるダイエット方法である朝バナナダイエットは独特のダイエット方法であるため、この方法が向いている人もいればそうでない人もいます。

具体的にはどのような人に朝バナナダイエットが向いているのかということについて確認していきましょう。朝バナナダイエットが向いている人の特徴として真っ先に挙げられるのがバナナが好きだという事になります。

毎朝連続してバナナを食べるダイエット方法であるため、バナナがあまり好きではない場合には長続きしないリスクがある一方でバナナが好きだという人にとってはこれ以上無い最高のダイエット方法であると考えられるのです。また甘いものが好きだという人にも適したダイエット方法と考えられます。

一般的には痩せたい場合には糖質の摂取を抑えたほうが良いとされているためダイエット中に甘いものを食べるのはタブーとされているのですが、朝バナナダイエットではフルーツの中でも屈指の甘さを誇るバナナを毎日食べることができるので、甘い食べ物が大好きな人でもあまりストレスを感じずにダイエットを続けることができるのです。

さらにバナナはりんごなどと比べて皮をむく手間がほとんどかからないため、仕事などで忙しい人にも向いていると考えられます。

朝バナナの効果を発揮させるためのルール

基本的なことは朝バナナというダイエットの名前の通り、朝にバナナを食べるだけのダイエット方法で誰でも手軽に始められて簡単です。食べる量はバナナの本数の決まりはないものの1本もしくは2本程度に抑えて、水分を補給する際には必ず常温の水を飲みましょう。

朝バナナに常温の水が欠かせない理由としては、胃腸に負担を与えないためや代謝を良くする働きがあります。ただし朝バナナダイエットを行った後、30分が経過した後にはジュースや珈琲などの飲みたい物を摂取することが可能です。

朝バナナダイエット中の昼や夜の食事は、インスタントや外食中心など偏った食生活でなければ普段通りの食事で大丈夫ですが、可能な限り夕食は20時までに済ませておくと早めに食べた物が消化されるためダイエットに最適です。小腹が空いた際の間食は、1日1個1種類までと限定されています。

オススメはドライフルーツやナッツ類で、咀嚼回数を増やして食べることで満腹感が出てきます。消化のしづらい乳製品や、胃を冷やしてしまうアイス類はどうしても食べたい場合は週に1度と自分でルールを決めて食べると良いでしょう。朝バナナダイエットでは日中の食事、間食面でも食事制限がなく、朝のバナナと常温の水を守るだけで続けられるでしょう。

朝バナナで健康的な体を目指す

朝バナナダイエットを行う時には、便通が良くなることが期待できるようになります。ダイエットをしている時に食べる量を減らしてしまうと、便秘になってしまったという人も少なくないのではないでしょうか。便秘になってしまうと、体内に不要なものが溜まっているのにも関わらず、それらを外に出すことが難しくなってしまいます。

不要なものが体内に溜まったままであると、毒素が体の中に増えていくことになるのです。毒素が体内に潜んでいることは、あまり良いことであるとは言えません。体内に溜まったものを便として出していくためにも、しっかりと栄養を補給していくことは非常に大事なことであるのです。

特に、栄養素の中でも食物繊維を摂取することは欠かすことができません。というのも、食物繊維には便通を良くすることができる力があるためです。朝バナナを食べていると、きちんと食物繊維を摂取することができるようになります。

その結果、便秘の問題を解消することができるようになることが期待できるのです。朝バナナの効果の一つとして、便秘が解消されることを忘れてはなりません。朝バナナを食べることは、常に便秘がちである人にも向いていると言えるのです。

朝バナナと栄養を取り入れること

朝バナナを取り入れてダイエットをする時には、様々な効果を感じられるようになります。体に良い効果があるのであれば知りたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

朝バナナを取り入れることにより、むくみを改善できることが期待できます。というのも、バナナに含まれている栄養素の一つに、カリウムというものがあるからです。カリウムは、体内のむくみを解消させることができる働きをしています。朝バナナを食べた時にしっかりとカリウムを体内に取り入れることができれば、むくみの解消を目指すことができるのです。

しかし、決められた量以上のものを消費すると効果を得られないこともあるために、きちんと量を守っておくことが欠かせません。むくみが気になった時には、朝バナナを食べてみると良いと言えるのです。

また、朝バナナを使ってむくみを解消しようとしている時には、他に消費する食品のバランスにも気をつけておくことが非常に大事です。例えば、むくみを解消したいと思っている時に、塩分のたくさん含まれた食品を食べることは向いていると言えません。塩分のバランスに気をつけながら、賢く食品を選ぶことが求められるのです。そうすることによって、体のむくみの解消を目指せます。

朝バナナはなぜ良いと言われるのか

朝バナナとはその名前の通り、朝にバナナを食べるということです。ダイエット効果が期待され、代謝がアップするといわれておりメディアなどでもよく取り上げられています。バナナは食物繊維を非常に多く含んでおり、栄養分も豊富です。なので体にいい食物としてよく挙げられます。

そんな朝バナナダイエットですが、重要なのは代謝がアップするので朝食べているだけで痩せていくというわけではないということです。代謝がアップするということは、発汗作用が活発になるということです。つまり、汗をかく必要があるのです。朝バナナを食べたらしっかりと運動をすることが大切です。そうすることで代謝機能が有効に働き、大量のカロリーを消費することができます。

朝バナナダイエットは、バナナだけを食べるものではありません。しっかりと他の栄養分も摂って、バランスの良い食事を心がける必要があります。そうすることでバナナの食物繊維や栄養分をうまく利用し、ダイエット効果を生むのです。

他にも代謝が良くなると、むくみや便秘などの解消にもつながります。食物繊維を大量に摂るのは以外と難しいものです。なので、バナナを食べ簡単に一日の基準摂取量を摂ることが大切です。

朝バナナでダイエットの効果

バナナの栄養素は豊富でスポーツ選手も積極的に取り入れています。手軽に食べることができて、カロリーも低いので普通にご飯を食べるよりもカロリーを抑えることができます。バナナには100グラム当たり22gから25gの炭水化物が含まれているので、エネルギーに変わりやすい果物です。

朝は活動する時間帯なので朝食にとることでエネルギーになります。炭水化物は分解されると糖に変わるので力もついてダイエットをしていても、体力をキープすることができます。朝バナナのメリットは栄養価も高く、手軽にとれることです。バナナに含まれる淡水化武具は3分の2は食物繊維なので便秘の予防にも効果的です。

ブドウ糖も含まれているのでエネルギーにすぐ変わるので時間のない朝にもおすすめです。果物の中でカリウムを一番多く含んでいるのもバナナです。カリウムはむくみの予防になるので、朝にむくみやすい人にもおすすめです。

脂肪を燃焼させる効果もあるので、むくみを解消しながらダイエットにも効果的です。食物繊維も豊富に含まれているので、便秘がちな人も朝にバナナを食べることで、腸内環境を整える働きがあります。朝バナナはカリウムのむくみ予防と、食物繊維で便秘の予防のメリットもあります。

朝バナナと買い物

朝バナナを摂取してダイエットを取り組む時には、メリットだけを享受できるという訳ではありません。というのも、ダイエットをしている間には、困難に感じることでメリットを感じてしまうことも考えられるためです。ダイエットをした時に、全てが順調にうまくいかずに困難なことを感じたことがある人も少なくないのではないでしょうか。

朝バナナのダイエットに取り組む時に考えられるデメリットとして、買い物の煩わしさが挙げられます。ダイエットをする時には、新鮮なバナナを購入して手元においておく必要があります。

新鮮さにこだわるのであれば、こまめに買い物に行って新しいものを買い揃えておく必要があるのです。買いだめをすることも可能ではあるのですが、全てを消費することができずに腐らせてしまう可能性すらあります。無駄に腐らせないようにするためにも、こまめに買い物に出かけることが欠かせません。

また、朝バナナのために買い物をする時には、値段に変動があることも心得ておかなければならないのです。バナナの価格については、季節や物価によって値段が変わってしまうこともあります。毎日の買い物の際に、値段に注意を払い続ける必要があることを煩わしく感じる人も少なくありません。

バナナをアレンジして食べると飽きない

毎日普通にバナナを食べるだけでは食感や味に飽きてしまいます。飽きてきた頃にアレンジを加えると再び美味しさを感じて無理なく朝バナナダイエットができます。バナナはすり潰すとバターやジャムのような濃厚な風味を楽しめるので、食パンに塗ったり砂糖の代わりにしたりすると良いです。

またミキサーで細かく砕いて牛乳や豆乳と混ぜればドリンクになります。豆乳や牛乳の栄養素も吸収でき、レンジで温めてホットにして飲むと体も冷えません。特に冷えが気になる人はシナモンも入れて血行を促進すると良いです。バナナにも牛乳にもトリプトファンというアミノ酸が含まれており、寝る前に飲むと寝付きが良くなります。

バナナを凍らせてアイスにする食べ方もありますが、カチカチに凍るので食べにくいです。ただ凍らせては硬いだけのバナナも、冷凍する前にラップで包んで両手のひらでギュッと潰しフリーザーバッグに入れてから冷凍庫で寝かせると柔らかくなって食べやすいです。

脂肪分の多いアイスと比べるとバナナは低カロリーなのでおやつが食べたい時におすすめです。牛乳やヨーグルトをかけて食べると、中はシャリシャリで外は周りに溶かされて半生になった状態を楽しめます。

朝バナナは朝忙しい人向けのダイエット

朝バナナダイエットは、朝忙しい人にお勧めのダイエット方法です。朝食をバナナと常温の水にするということは、朝食を作ったりコーヒーをいれる時間が不要になり朝のタスクが減り時短になりますし、食べる時間もほんの数分で済むからです。

また、ギリギリまで寝ていて朝ごはんを食べずに出かけるという方でもチャレンジしやすいため、結果的に朝食を食べる習慣が身につき、ふんだんに含まれた糖質が血糖値を上げ満腹感も与えてくれるため、昼食のドカ食い防止にもつながります。それにより1日のトータル摂取カロリーや栄養バランスが理想に近づくことにもなります。

バナナはコンビニやカフェなど外出先でも容易に入手できますし、皮をむくナイフや食べるためのお皿やカトラリーは不要です。片手でほおばれるバナナなら会社のデスクなどでも比較的食べやすいなど、どんなに忙しい人で、たとえ自宅で朝食が取れなくても毎日続けることは難しくありません。

常温の水も同じように入手できる、毎朝バナナと常温の水を朝食にするだけという朝バナナダイエットは忙しい人にも続けやすいダイエット法と言えるでしょう。むしろ、時間をかけてゆっくりとこだわりの朝食を食べたいという人よりも向いているとすら言えます。

ダイエットに適した種類のバナナ

朝バナナダイエットを継続し、ダイエットを成功させるための重要な要素の一つとして挙げられるのがどの種類のバナナを選択するのかということになります。初心者でも無理なく継続するのにおすすめとなる種類について紹介を行っていきます。

ダイエットに用いるのに特におすすめとなる種類の一つがスウィーティオという種類のバナナです。スウィーティオは有名なバナナ販売会社の一つであるDoleから販売されているものであり、バナナで有名な国であるフィリピンにおいて1年以上の期間をかけて大切に育てられているという特徴があります。

スウィーティオは大切に育てられているだけでなくDoleが日本人の好みに合うように長年研究を重ねて開発されたバナナであるため、年齢性別に関係なく誰もが美味しく食べることができるというメリットも挙げられます。

またスウィーティオは流通量が多い商品であるため日本全国のスーパーで手軽に購入できるというメリットにも注目です。どこのスーパーでも購入できる上に価格についても150円前後と比較的手軽な料金設定となっているため、毎日食べるために購入した場合でも金銭的な負担が少ないという利点もあります。リーズナブルで味にクセが無いため毎日食べ続けやすいのです。

食べ続けやすいおすすめのバナナ

ひとえにバナナと言っても様々な品種があり、ダイエットに適した品種もあればそうでない品種もあります。朝バナナダイエットでは毎朝バナナを食べ続けることとなるため、無理なく食べ続けやすい品種を選ぶことが重要になるわけですが、具体的にはどのような品種がおすすめとなるのでしょうか。

ダイエット中でも食べ物の味にこだわりたいという人や毎日食べるのであればできるだけ美味しいものを食べたいという人に特におすすめとなるのが甘熟王という種類のバナナになります。甘熟王はその名の通り甘さに提供のある種類のバナナで2014年にジャパンフードセレクションにて金賞を受賞した経歴もあるほどで、グルメな人にも自信を持っておすすめできる品種となっています。

また甘熟王は他の種類のものと比較して食感がもっちりとしていて食べごたえがあるという特徴もあります。食べごたえがあるため朝に一本食べるだけでも十分な満足感が得られ、昼食までの間に間食をしてしまうリスクを抑えられるというメリットもあります。

なお、甘熟王は味が美味しい分他のバナナと比較するとやや値段が高めとなっている点に注意が必要です。販売価格はスーパーによって異なりますが、おおよそ1房あたり200円前後となっています。

朝バナナダイエットにおすすめのバナナ

ひとえにバナナと言ってもその種類は多種多様であり、朝バナナダイエットを成功させるためにはダイエットに適したバナナを選択することが大切になります。ダイエットに適したバナナは複数種類あるのですが、中でも節約志向の高い人や自由に使えるお金があまり多くないという学生におすすめとなる種類のバナナがフレスカーナという種類のものとなります。

フレスカーナはANAフーズという企業が取り扱いをしているバナナであり、原産国はバナナ大国と言っても過言ではないフィリピンとなっています。フレスカーナの最も大きな特徴はコストパフォーマンスの高さにあり、一房あたり5本程度のバナナがついていて価格はおよそ100円と他のものと比較して非常に安くなっています。

スーパーで販売されている一般的なバナナの場合、一房あたりの価格が150円から200円前後となっている中、100円程度で購入できるのはとてもお財布に優しいと考えられますし、特に朝バナナダイエットを始めると毎日バナナを食べることとなるため、お財布に優しいものを選ぶことでダイエットが継続しやすくなるのです。

またフレスカーナはやや甘さが控えめのバナナなので糖分が気になるという人にもおすすめです。

朝バナナダイエットで得られる効用は

朝にバナナを食べることでダイエットを図る朝バナナダイエットは、無理なく痩せることができるというメリットに加えて様々な副効用が期待できるため、健康な体を手に入れたいという人にも実践をおすすめできます。

朝にバナナを食べることのメリットとしてまず挙げられるのが便秘の緩和・解消です。便秘の主な原因は水分不足や食物繊維の摂取不足などが挙げられるのですが、バナナはおよそ7割が水分となっているため手軽に水分補給ができますし、食物繊維も多く含まれているため実は便秘解消に最適な食べ物の一つなのです。

また先日の夜にお酒などを飲みすぎてしまった場合などには朝に体がむくんでしまうことはよくあることですが、朝にバナナを食べればむくみ解消の効果も得られます。

むくみの主な原因はナトリウムの取り過ぎでありがナトリウムの排出を促すカリウムを摂取することで速やかに解消できるのですが、バナナには多くのカリウムが含まれているため、朝に食べることで速やかにナトリウムを排出してむくみを治すことができるのです。

この他にもバナナには酵素やビタミンがふんだんに含まれているため、お腹や腸の調子を整える効果も得られます。なんとなくお腹の調子が悪い時に食べるとお腹の不調を緩和してくれるのです。