朝活ダイエットを習慣に!朝を有意義に過ごして身も心もキレイに

ダイエットをしているときには朝が肝心です。朝活ダイエットで有意義な時間を過ごしてきれいになることができるということでたくさんの人が早起きをしています。いろいろな方法で活動することできれいになるための時間を過ごしています。

どうしても続かない…ダイエットは挫折しやすい

はりきってダイエットをはじめても3日間くらいしか続かない、運動をするために購入した器具も数回しか利用していないという人もたくさんいます。ダイエットをしていても気持ちがたるんでいつも長続きしないという人は多く、せっかく購入した器具なども無駄になってしまうので悩んでいるといいます。

ダイエットをするときははじめに張り切ってしまい、徐々に疲れて続けることができなくなるという場合が多いということです。また、自分に合っていない方法で行ったり、激しい運動をしたりといった続けにくいものを選んでダイエットをしてしまい挫折してしまうという場合もあります。

なので、まずは自分が続けやすい方法はどんなものなのかを生活を見直して考えてみるといいです。

朝の習慣を見直すだけでダイエットになる?

朝の習慣を見直すだけでダイエットになるといわれています。朝活ダイエットは朝の習慣を見直して、朝起きてから仕事へ行くまでに自分の時間を持ってダイエットに励むというものです。

なぜ朝の習慣を見直すだけでダイエットになるのかというと、朝のんびりとしていると朝ご飯を食べずに仕事へ行ったり、寝坊するまでずるずると寝続けてしまうということがダイエットによくない習慣だからです。

たとえば、朝少しでも早く起きるだけで朝ご飯をきちんと食べることができるのでお昼までの間におなかがすくということがなくなって間食を食べなくてもよくなります。早起きすることでストレッチをしたら、ウォーキングをしたりする時間を持つことができるのでダイエットにもよい影響があるということです。

朝活ダイエットのススメ

朝活とは出勤前などの時間を有効に使って勉強や趣味、体力づくりや交流、ダイエットなどに充てることをいいます。朝活ダイエットは起きてから出勤するまでの間を利用して、運動や痩せるためによい行動をするダイエット方法です。

朝活ダイエットをすることでだらだらと過ごすことをやめて、早めに出勤して一駅歩いたり、朝ご飯をしっかりと食べることで余計なものを口にしなくなったりすることができます。無理のある行動をする必要がなく、たとえば少し時間があるときはウォーキングをしてみたり、ストレッチをゆっくりとするなど簡単な行動をするだけでも朝活ダイエットになります。

食事をきちんと食べることで内臓の活動がしっかりとするので便秘解消にもつながっていくので、ダイエットにもなるなどいろいろな面で痩せやすい生活に変わっていきます。

どうして朝はダイエットにむいているのか

朝がなぜダイエットに向いているのかというと、朝早く起きる、朝から行動することで起きている時間が長くなるので消費カロリーが自然と増えて痩せやすくなるということも理由にあります。

また朝食をしっかりと食べることで内臓の動きをよくして便秘をしなくなったり、健康面でも体を整えることができますし、美容面でも食事を3食食べることで肌によい栄養も摂取することができるようになります。便秘解消をすることで快便につながり、体重を増えにくくすることができます。

朝から軽い運動やストレッチなどをすることでリンパの流れをよくしたり、血流をよくすることで消費カロリーのアップにつながっていくという理由もあります。ずるずると寝ているよりも早く起きることでダイエットにつながる行動をいろいろとすることができます。

どうやって朝活を取り入れたらいいの?

朝活をするときは早く寝る、早く起きるということが大切です。朝早く起きることでそれまで出来なかったことやしておくといいことを早くしておくことができます。ダイエットにいいといわれるウォーキングなども早く起きることで朝活として取り入れやすくなります。

朝活は出勤するまでの時間に簡単に続けることができることを行うといいです。たとえば朝15分早く起きるところからはじめるだけで朝ご飯をきちんと食べることができますし、身支度をゆっくりと確認することができます。

朝ご飯をきちんと食べるだけで内臓の働きがよくなるので消費カロリーにもよい影響があります。まずは少しだけ早く起きるようにするだけでも朝活を取り入れる余裕ができます。

朝目が覚めた瞬間からできるコト

朝活として朝目が覚めた瞬間からできることがあります。たとえば朝早く起きたら朝日を浴びることで体が元気になるといわれています。また朝起きて窓を開けたら深呼吸をすると体の内側に新鮮な空気を入れることができるので代謝の活性化につながります。

朝ヨガをするというのもいいです。朝ヨガは軽いストレッチをしてから行うようにします。ヨガは本格的なものでなくても気軽に出来る範囲のものを行うことで体を目覚めさせることができます。

無理をして本格的なものを行うのではなく、ゆっくりと体を起こす気持ちで行うようにするといいです。ほかにも音楽を聴いたり、フルーツを食べるといったことも朝目が覚めたら行うことができる朝活だといえます。

毎朝体重計に乗ろう!

朝活のひとつとして毎朝体重計に乗るというのも取り入れるといいです。朝起きたらトイレをして、その後に体重計に乗るようにするとその日の体重を記録することができますし、昨日何を食べたから増えたのか、どんな行動をしたら減ったのかなどを考えることができます。

また、毎朝体重計に乗ることで、自然と体重を意識するようになって余計な食べ物を食べなくなったり、運動を自然と取り入れていることもあります。なので毎朝体重計の乗ることを習慣にしておくことで自然とダイエットをしていることになるということです。

体重は毎日乗ることで減っても増えてもダイエットにつながります。なので乗るだけという行為を毎日行うだけの朝活ダイエットになります。

朝食に取り入れたい朝活ポイント

朝食も朝活のひとつとして考えることができます。先にも書きましたが、朝ご飯を食べるだけでダイエットによい影響があります。朝ご飯を食べると便秘解消にもつながりますし、おなかがすっきりとするので体重にも変化があります。

朝活ダイエットの朝ご飯に取り入れたいのは和食です。白米に味噌汁、魚、煮物などと納豆を食べるというのが理想ですが、時間がなくて無理というときには白米と味噌汁、納豆だけでも食べておくといいです。便秘解消にもなりますし、健康的に痩せることができるのでおすすめです。

洋食でパンでもいいですが、ダイエット中の朝ご飯ではきちんと炭水化物を摂取することがとても大切です。炭水化物は体のエネルギーになるのでこれがないと朝から体がしっかりと動くことができないといいます。パンはご飯よりもカロリーが高いのでできれば和食で白米がいいです。

朝に向いている運動って?

朝活ダイエットをするときに朝運動をしたいけれど、どんな運動が向いているのかわからないという人もいます。朝は寝起きで激しい運動をするのはあまりよくないので、まずは朝ご飯か軽食でいいので少し体に入れてから運動をするようにします。

朝活ダイエットに向いている運動にはいろいろとありますが、たとえば朝ヨガはとてもリラックスして体の血流も少しずつよくしてくれるのでおすすめです。ゆったりとした動きとポーズ、そして呼吸法が体を目覚めさせてくれます。

ほかにもウォーキングなどもおすすめです。軽く息があがる程度のスピードでテンポよく歩くことで消費カロリーがあがって痩せやすくなります。もちろんジョギングなどもいいですが、普段あまり運動していない人は自分のスピードで歩くことができるウォーキングがおすすめだといえます。

朝活のために寝活!寝る前の時間でできること

朝活のために寝活をするという人も多いです。朝早起きて自分のしたいことやダイエットのために行動するためにも夜は早めに寝ることが大切です。早く寝ることで朝目が覚めるだけではなく、一日の行動する時間が多くなるのでダイエットにも効果的です。

夜寝る前にしておくといいことはいろいろとありますが、翌朝の準備をしてストレッチなどをしてリラックスする時間を設けるといいです。リラックスすることでぐっすりと眠ることができますし、翌朝すっきりと目を覚ますことができます。

また、少し部屋を片付けたり軽く掃除をするなどテレビなどを見ない時間を作ることで眠るときにスムーズに眠りにつくことができるようになります。なので部屋を整えるようにするといいです。