本当におすすめ!コスパの良い人気洗顔料ランキング

洗顔とは、顔に付着した汚れや皮脂などをきれいに洗い流していくという行為です。汚れを落とす事で皮膚がきれいな状態になるので、女性にとって美肌の基本といえます。昨今では、ドラッグストアやネットなどでたくさんの種類の洗顔料が販売されていますが、ただ汚れを洗い流すものなのでそれほどこだわっていない人が多いのではないでしょうか。

しかし、成分や効果などに違いがあるので、自分の肌質に合わないものを選ぶと肌荒れやニキビなどの原因となります。そこで、ここからは自分の肌に合った洗顔料を使いたいという方のために、肌質や肌の悩み別でおすすめの洗顔料を紹介していきます。さらに、正しいケア方法についても丁寧に説明していきます。

洗顔をしない美容法には注意が必要です

洗顔をしないで角質をためる美容法が一部で話題となっていますが、この美容法には注意が必要です。肌は自分で洗浄することが出来ないため、洗顔をしないと皮脂や角質がたまり、ニキビや肌トラブルの原因になることがあります。肌のトラブルを防ぐためには適切な洗顔を行う必要がありますし、清潔な肌に塗ってこそスキンケア用品の効果を得ることができます。

顔を洗わない美容法は、角質をためることで敏感肌を改善したり、乾燥が気になる肌を改善させる目的で行われていますが、肌を清潔にしないことにはデメリットも発生しますので必ずしも万人に合う美容法ではないことを心得ておく必要があります。

肌には皮脂や汗が分泌されますので、そのままにしておくと脂漏性皮膚炎やあせもの原因にもなりますし、化粧水や美容液を塗っても肌が不潔な状態では美容効果は半減してしまいます。

特に肌が敏感な場合、顔を洗わないほうが良いという説がありますがそれを妄信して顔を洗わないでいると思わぬ肌トラブルのもととなりかねませんので、肌はいつも清潔にしておくことがポイントです。最近では敏感肌にも刺激のないマイルドな洗顔料が多くのメーカーから販売されていますし、洗顔のコツをおさえればバリア機能を低下させることなく行えます。

洗顔は泡立つものがおすすめなのか

洗顔と言えばネットなどを使ってしっかりを泡立ててから顔に付けた方が良いと言われていて、実際に実践している人も多いかと思いますが、本当に泡立つものの方が良いのでしょうか。

確かに先ほどもお伝えした通り泡立ちが良い洗顔料の方が良いと言われているが、このメリットはきめが細かい泡ができる方が毛穴の奥深くにまで泡が入り込むので汚れや皮脂を落としやすいというものです。ところが中には毛穴の奥深くに泡が入り込むのは不可能であるとの見解もあって、意味がないとの意見もあります。

毛穴の奥深くに泡が入り込むかどうかは肌質や毛穴の詰まりによっても異なるので、万人に適しているとは言えませんが、それでも人によっては泡立ちが良いものを使った方が毛穴の汚れが落とせるという人もいるでしょう。

ここで勘違いをしてほしくないことは確かに泡が多ければ良いものは毛穴の奥深くまで汚れが落とせる可能性があるが、決して泡立ちが良いものが良い洗顔料という訳ではないということです。

そもそも、泡の量が多くても泡にきめ細かさがなければ意味がありません。また、泡立ちが良くても洗浄力が高い訳ではないので、あくまでも選ぶ際のポイントの一つとして考えて、その他の成分や洗浄力なども同時に確認するようにしてください。

洗顔料のタイプと特徴

洗顔料はおおまかに分けると「フォームタイプ」や「ジェルタイプ」、「泡タイプ」、「固形タイプ」があります。フォームタイプはチューブに入っているものがほとんどで、最もよく選ばれているスタンダードなタイプだと言えます。肌への摩擦を防ぐため、洗顔フォームを手のひらで十分に泡立てる必要があります。

スクラブ入りのものは肌の汚れをしっかり落とせるイメージがありますが、やり過ぎると肌を傷める危険がありますので注意しましょう。ジェルタイプは水分が多く、泡立ちも良いです。洗浄力が高く洗い上がりもさっぱりしているので、オイリー肌におすすめです。

ただしジェルが十分泡立っていない状態では、フォームタイプ同様、肌に負荷をかけてしまうことになりますので気を付けましょう。泡タイプは肌に最も負荷をかけない洗顔料と言えます。ほとんどの製品はポンプから直接泡が出るようになっていますので、泡立てる手間がかからず、しかも質の良い泡で洗うことができます。

豊かな泡が肌との間のクッションになってくれますので、とても肌に優しい洗顔料です。よりキメの細かい泡が出る製品を選びましょう。固形タイプは石鹸ですが、石鹸は天然成分を使ったオーガニックのものや、美容成分がたっぷり配合されたものが多いです。成分がシンプルなものが多いので、肌が過敏に反応してしまう成分を避けることができるというメリットがあります。

肌質で変化するおすすめの洗顔料

化粧水や美容液などは肌の悩みにあわせて選んでいるのに、洗顔料は適当に選んでいるという人はいませんか。洗顔料も肌質にあわせて選ぶことで、乾燥肌やオイリー肌などを落ち着かせることが期待できます。乾燥肌の人は、使い心地がしっとりとしたタイプがおすすめです。ヒアルロン酸やコラーゲンなど、肌に潤いをプラスする成分が配合されているものも最適です。

さらに洗顔料には石鹸タイプとフォームタイプなどがありますが、泡立ちやすいフォームタイプを選ぶようにしてみましょう。皮脂の分泌が多いオイリー肌の人は、弱アルカリ性でさっぱりとした使い心地のものがおすすめです。皮脂は水やぬるま湯だけでは落としきれないので、洗浄力が高いものを選んで、きちんと洗い流すようにしましょう。

さらに保湿系のものよりも、ジェルタイプのもののほうが適しています。敏感肌の人は成分表を十分にチェックして、肌を刺激する成分が配合されていないものを選ぶようにしましょう。香料やアルコール、保存料などは肌を刺激して痛みや赤みを引き起こす可能性があるので注意が必要です。

これに加えて、乾燥肌の人同様に、保湿効果のあるものが効果的です。混合肌の人は油っぽくなるTゾーンと、乾燥しやすい目元や頬などで洗顔料を使い分けるのが1番おすすめです。

使用する洗顔料は慎重に考えてから決める

肌は絶えず綺麗にする必要がありそのためにも洗顔は欠かせませんが、どのような洗顔料を使うのが良いかについては個人差があるので一概に言うことは出来ないのが実情です。

ただなるべくなら避けたい添加物や取り入れたい美容成分に関しては個人差はあまり関係なく共通する点も多くあるので、この点については色々と調べて出来るだけ効果のある物を使うように努力することが大切です。肌トラブルの元としてよく言われているのが石油由来の添加物で合成界面活性剤や合成ポリマー、合成着色料は肌トラブルの元になることがよくあります。

合成界面活性剤は肌が本来持っているバリア機能を壊してしまう可能性があるので、敏感肌だけではなくシミやくすみの元になってしまうこともあるので注意する必要があります。

合成ポリマーは肌への着色料が高いために普通にクレンジングしただけでは落ちにくく毛穴が塞がってしまう可能性もありますし、合成着色料は皮膚炎や色素沈着を起こす可能性があるのでこの点についてはよく調べることが重要です。

このように避けたい添加物は色々ありますが、取り入れたい美容成分についてもヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタなど色々あるのでその点をよく考えてどの洗顔料を使うのが良いかよく考えるようにした方が良いです。

成分と使い方

洗顔料を選ぶときには、自分の肌質にあったものを選んでください。洗顔料は目的や肌質によって成分が異なっているからです。オイリー肌の場合は皮脂を取ったほうがいいと考えがちですが、そうではありません。皮脂を取り過ぎてしまうと逆に皮脂が分泌されやすくなってしまいます。洗浄力の強いものはなるべく避けたほうがいいでしょう。

むしろ、保湿がしっかりとされるものを選ぶのがポイントです。そのほうが、肌の状態が正常に近づくからです。もちろん、ニキビや肌荒れが気になる場合にはニキビ対策の洗顔料を使いましょう。また、乾燥肌の場合には皮脂はなるべく残してあげます。洗浄力が強い場合には、さらに皮脂が取られてしまいます。

そうなってしまうと、粉をふくぐらいに感想してしまう可能性があります。肌を守ってくれるものがおすすめです。年齢を重ねてくると、徐々にターンオーバーが遅れてしまいます。感想もしやすくなってしまうので、年齢に負けない洗顔料を使う必要があります。

角質のケアをして毛穴が目立たなくなるものがいいでしょう。年齢に合わせた商品が発売されていますので、あなたの年齢に応じて適切なものを選ぶようにしてください。テストしてみることも大切です。

10代から20代におすすめの洗顔フォーム

10代から20代におすすめの洗顔フォームTOP3を紹介します。10代から20代というと思春期ニキビに悩まされる時期ですよね。そんな気になる思春期ニキビからあなたを守るための、とっておきのおすすめ洗顔フォームを三つ紹介させていただきます。

まず一つ目は、オルビスクリアウォッシュです。有名なメーカーであるオルビスが提供しているのでとても安心できます。オルビスクリアウォッシュは、周期ニキビに着目し肌荒れを防ぎながらバリア機能を整え、ニキビのできにくい肌を作っていきます。

肌荒れを防ぐ「グリチルリチン酸ジカリウム」、肌を整える「紫根エキス」の二つの成分がとても重要な役割を果たしています。この二つの成分によって、ニキビの悪化や肌荒れを防ぎつつ、バリア機能を高めるという環境に負けない肌を育てます。

二つ目は、ロゼット洗顔パスタ海泥スムースです。こちらも有名メーカーであるロゼットが提供しているので安心安全です。海泥パウダーを配合していてさっぱりとした洗顔料です。海泥が皮脂や角質をすみずみまで吸着し、ニキビのできにくい肌に育てていきます。三つめは、ファーストクラッシュです。洗顔+保湿+トリートメントがセットになっているのが特徴的です。

おすすめの洗顔料

年齢を重ねてくると、若いころに使っていた洗顔フォームが合わないと感じることもあります。その変化は当然のことで、肌から出る皮脂やうるおいが変わってくるからなのです。保湿成分や美容成分が入っている洗顔フォームを使えば、肌の機能を補ってくれます。洗浄力があまり強くないものがおすすめです。

ポーラのDソープは、手のひらの上で転がすだけでコシのあるたっぷりな泡をつくることができます。肌について汚れを吸着してくれるため、優しく洗い上げてくれるのが特徴です。簡単に泡ができることに加えて、キイチゴエキスやアンズエキスが入っています。洗顔しながら水分の補給になることも嬉しいポイント。

よかせっけんは、美容成分をたっぷりt配合しています。毛穴よりも小さくなっている火山灰であるシリカパウダーが入っていて汚れや角質を吸着してくれます。肌のターンオーバーが整っていくので、年齢肌の人にはもってこいの石鹸です。洗ったあとはさっぱりとしますが、肌がつっぱることはありません。

VCOマイルドソープは、母乳と同じ天然成分が配合されています。その成分は、ラウリン酸と呼ばれています。赤ちゃんの肌を守ってくれる成分なのでとても優しく洗い上がります。

敏感肌と乾燥肌に最適の洗顔フォーム

敏感肌や乾燥肌などに悩んでいる方は、特に普段使う洗顔フォームに気をつける必要があります。というのも、肌のバリア機能が弱くなっているので、刺激が強い洗顔料を使うとトラブルを招く恐れがあるからです。なので、洗浄力が強すぎず、保湿成分がしっかり配合されているものを吟味して選ぶ必要があります。

ここからは、どのような商品を選べばいいか分からない人のために敏感肌・乾燥肌におすすめの商品を厳選して紹介します。まずは、POLAの洗顔料です。こちらは、素早く濃密な泡を作る事ができ、肌表面から毛穴の奥に潜む汚れまできれいに落とすことができます。

また、角層の乱れを整える働きがあるサクラエキスが配合されているので、角層を正常に整えて潤いを閉じ込めてくれる効果を期待できます。次におすすめなのが、どろあわわという商品です。これは、弾力のある泡で洗えるので、皮膚への摩擦が全くなく肌に優しいです。さらに、潤いを与える豆乳発酵エキスが配合されているので洗い上がりがしっとりするのも魅力です。

最後におすすめなのが、資生堂のdプログラムコンディショニングウォッシュです。洗顔ネットで泡立てるとキメ細やかなフワフワの泡が出来ます。その泡で毛穴の中の汚れまできれいにできるので、肌に優しいです。

毛穴ケアにおすすめの洗顔料

毛穴はケアを怠ったり間違えると開いた状態になったり、そこから皮脂や角質が詰まることがあります。さらに詰まった皮脂や角質が酸化すると黒ずみの原因にも繋がるので正しいケアが大切になりますので、洗顔料選びも綺麗な肌にするには非常に大切です。

そこで毛穴ケアにおすすめの商品ですが、第1位は「どろあわわ」です。これはクレイと火山灰のダブルの効果を持っていて、毛穴の汚れを強力に吸着してくれる泥洗顔料です。また、コラーゲンや豆乳発酵液などの保湿成分をたっぷりと配合されているので、酸化した皮脂や古くなったメラニンを含む角質を綺麗に取り除くことも可能です。

続いて第2位は「泥洗顔クリーミュー」です。これはベントナイトやガスール・モンモリロナイトなどの汚れを吸着する性質を持つ泥を6種類も配合していて、肌の汚れをスッキリと落としてくれます。

また、汚れを落とす以外にもブドウ種子油やザクロ種子油などの保湿成分、さらには「とっくりイチゴ」や「白イチゴ」といった美容成分も豊富に配合されているので肌を美しくしてくれます。

最後第3位は「ビーグレンクレイウォッシュ」です。これはミクロサイズの粒子が毛穴の奥にまで入り込んでマイナスイオンのパワーを使って黒ずみや皮脂の汚れをしっかりと吸着します。また、ニキビの原因となる汚れも吸着するので、ニキビ肌でお悩みの方には最適な洗顔料です。

ニキビ肌におすすめの洗顔フォーム

ニキビが肌にひとつでも出来るとテンションが落ちてしまう、ということは女性なら誰もが経験したことがあるはずです。そんなニキビ肌に悩んでいる人におすすめなのが、肌にニキビが出来るのを予防出来る洗顔フォームを使うことです。まずひとつ目のおすすめが、ロゼッタ洗顔パスタアクネクリアです。

ドラッグストアなどで販売されていることで有名なロゼッタですが、ニキビ肌におすすめなのがアクネクリアタイプです。毛穴ケアも一緒にしてくれるので、清々しくスッキリとしたお肌になることが出来ます。次におすすめなのが、ビオレスキンケア洗顔料アクネケアです。低刺激でお馴染みのビオレですがアクネケアもしっかり出来るタイプがあります。

赤ちゃんと同じ弱酸性ながらもニキビは防いでくれるので、敏感肌の人でも安心して使うことが出来ます。値段も500円ととてもリーズナブルで、毎日使いやすいです。最後におすすめなのが、オルビス薬用クリアウォッシュです。

これはオイルフリー処方でつくられており、毛穴の詰まりなどを解消することでニキビのない美肌に近づけることが出来ます。オルビスといえばクレンジングのイメージもありますが、洗顔料もプチプラなのに優秀です。

リーズナブルで人気のおすすめ洗顔料

洗顔料は、女性にとって顔に付着した汚れ、脂質などをきれいに洗い流すために欠かせないスキンケアアイテムと言えます。ドラッグストアで販売されている洗顔料の価格は色々ですが、昨今ではプチプラでも品質が優れている商品が多くあると話題になっています。

そこで、ここからはお金がない人でも安心して購入できる洗顔料を厳選して3つ紹介していきます。まずは、1404円という低価格で売られているオルビスのクリアウォッシュです。これはニキビ肌向けの商品で、顔を洗いながら肌のバリア機能を整える効果があります。つまり、使い続けるほどにニキビができにくい状態に導いてくれるというわけです。

次におすすめなのが、1080円で販売されているクレンジングリサーチウォッシュです。これは、メイクを落とせるクレンジング効果があると同時に泡立てれば洗顔フォームとしても使えます。毎日、使い続ける事で、皮膚の古い角質を取り除き、くすみのない透明感のある肌へと導く事が可能です。

最後におすすめなのが、無印良品から販売されているマイルド洗顔フォームです。これは、420円という驚くほどリーズナブルな価格です。天然のオレンジ果汁やオリーブオイル配合が配合されているので、肌の潤いを守りながら汚れを落とせます。このように低価格の商品が多くあるので、興味があれば試してみるといいです。

メンズ用洗顔フォームのおすすめは

メンズ用洗顔フォームのおすすめ第1位は、ダヴクリーンコンフォートです。男性の場合には女性よりも皮脂の分泌量が多く、洗顔フォームにはより高い洗浄力が求められます。

ダヴクリーンコンフォートは泡で出てくるタイプの洗顔フォームであり、毛穴の汚れを100ミクロンのマイクロ泡でしっかりと吸着し洗い流すことができます。更にうるおい成分の配合により、カサつきやゴワつきが気になる脂性の人も安心して使用することができます。

メンズ用洗顔フォームのおすすめ第2位は、大塚製薬UL・OS薬用スキンウォッシュです。体臭を防ぐ成分と肌を剃刀負けやニキビから守る成分とが配合された薬用のスキンウォッシュであり、ヌルつきが残らないさっぱりとした泡切れが特徴です。顔も体もこれ1本で洗うことができますし、殺菌成分の配合により加齢臭や汗臭さや皮脂臭いの解消にも効果を発揮します。

メンズ用洗顔フォームのおすすめ第3位は、Oxyディープウォッシュです。超極小の炭粒が皮脂を吸着し、スクラブが毛穴の汚れをゴッソリと落とします。毛穴の角質や黒ずみをしっかりと落とし、ツルツルの磨き上げた素肌へと洗い上げます。爽快感を求める人や脂性肌が気になる人にも最適です。

プチプラ洗顔せっけんのおすすめは

プチプラ洗顔せっけんのおすすめ第1位は、カウブランド赤箱です。乳牛のマークでお馴染みのカウブランドは国内愛用者数1位のロングセラーであり、その実績が高い効果を証明しています。

新鮮な牛乳から作られた良質のスクワラン・ミルクバターをたっぷりと配合し、しっとりとしたスベスベの洗い上がりが特徴です。洗顔はもちろんボディーソープにも最適であり、赤ちゃんからお年寄りまで安心してご利用いただくことができます。

プチプラ洗顔せっけんのおすすめ第2位は、花王ホワイトです。「クリームみたいな石けん」というテレビコマーシャルでおなじみの泡にこだわったせっけんであり、不純物を徹底して取り除くために7回の精製を繰り返し伸びやキメや持ちのよいクリーム泡を実現しました。さらにお値段も1つ50円となっており、プチプラせっけんの中でも特にコストパフォーマンスに優れています。

プチプラ洗顔せっけんのおすすめ第3位は、ミヨシ無添加白いせっけんです。油脂のうるおい成分たっぷりの本物の純せっけんであり、添加物なしのせっけん素地100%で作られています。余計な成分は一切含まれていませんので、化学成分が気になる人も安心して使用することができます。

肌に合った洗顔料を選ぼう

メイクで綺麗にしたり、基礎化粧品で保湿や栄養を与えるという事を考えることはきれいな自分を作るために重要なポイントではありますが、それだけでは十分ではありません。一日メイクや空気中の汚れなどがついている肌をきれいに洗い流し、スキンケア成分がきちんと浸透するようにするためには洗顔が重要です。

化粧品にこだわりを持つのと同様に、洗顔料についてもこだわっていくことをおすすめします。洗顔料も洗浄力が強すぎると肌を傷める原因になりますし、弱すぎると汚れが落ちにくく効果を発揮することができなくなってしまいます。状況は人それぞれですから合うか合わないかも人によって異なってきます。

メイクの仕方や肌質によっても必要な洗浄力は異なってきますので、自分にとって使い心地の良いものを選んでいきましょう。また、アレルギーがある方などは特定の成分でかぶれなどが生じることがあります。以前に化粧品や洗顔料などでかぶれたことがあるという方は注意しましょう。

使い始める前に肌の目立たないところで試してみるという事も大切です。洗顔はメイクやスキンケアの土台となる重要なステップです。ぜひきれいな自分を実現していくために、こだわりを持って選ぶことが大切です。