本物はどれ?ピーリングジェルの正しい知識まとめ

ピーリングジェルとは、肌の古くなった角質や日頃の洗顔できちんと落せなかった毛穴汚れを取り除く効果のある薬剤が配合されたスキンケア用品のことです。古い角質が皮膚にどんどん溜まっていくと肌の新陳代謝が滞るために、肌荒れやくすみやニキビ、化粧ノリが悪くなるなどの原因となってしまいます。

その点、ピーリングジェルで定期的にケアする事で角質を落すことができるので、きれいな肌をキープできるというわけです。ただドラッグストアではたくさんの種類のピーリングジェルが販売されているのですが、実は効果のない偽物も稀に販売されています。そこで、ここでは本物のピーリングジェルの選び方のポイントについて詳しく説明していきます。

ピーリングジェルでターンオーバー

年齢肌のサインは様々なものがあります。特にシミ、しわ、たるみが気になるという方は多いです。その多くはコラーゲンの減少で、後はターンオーバーの乱れもあります。新陳代謝の働きが落ちる事で、お肌が新しい皮膚に生まれ変わるターンオーバーという機能も低下します。

紫外線を浴びる事でお肌のメラノサイトが刺激されて、シミの元となるメラニン色素が出来ますが、新陳代謝が良ければどんどん排出されるのですが、年齢とともにその機能が悪くなるのでシミができやすくなるのです。

そこでターンオーバーが乱れたお肌に効果があるのがピーリングジェルです。ピーリングジェルを使う事で、古い角質をからめ取っていくことができますので、ゆで卵の皮をむいたようなつるつるすべすべ肌になることが出来ます。ターンオーバーが正常に行われていないお肌は、ガサガサで角質もたまっているので化粧水もしんとうしづらくなっています。

ピーリングジェルを使った後は化粧水も浸透しやすくなりますし、シミも出来づらい肌になります。もちろん使う化粧品で保湿系なのか美白系なのかでもその後のお手入れの効果も違ってきますので、肌タイプや求める効果によって化粧品を選んでいきましょう。

セルフケアしたいならピーリングジェル

年齢とともにお肌には様々な変化が出てきます。特に新陳代謝がおちてしまい、ターンオーバーの働きも衰えてきてしまう事で、古い角質がたまりやすくなり、シミができたり化粧水の浸透が悪くなるという事が起こります。エイジングサインが出てきてしまう事で見た目年齢にも変化が起こってきますので、早い段階でケアを行う事をお勧めします。

自宅でも手軽にできるケアとして、ピーリングがあります。お肌にたまっている古い角質をおとしていくにいはピーリングジェルが効果的です。ピーリングジェルは洗顔後に使いますが、くるくるとお肌の上でマッサージするように優しくまわしていくと、消しゴムのかすのようになり、それが古い角質をからめ取ってくれます。

エステサロンや美容皮膚科などでもピーリングのコースがありますし、定期的なメンテナンスとして受けている方も多いですが、市販されているピーリングジェルでも効果は得られますので、1週間に1~2回程度の頻度で行っていきましょう。強くこすりすぎたり、頻度が高いとお肌へのダメージも出てきてしまいますので要注意です。

様々なメーカーから出ていますので、お肌に合った物を使っていく事をお勧めします。口コミ等も参考にしてみましょう。

ピーリングジェルでターンオーバー正常化

肌のくすみやゴワつきの原因は、加齢やホルモンバランスの崩れによって起こる肌のターンオーバーが崩れにあります。通常は正しい周期で肌の古い角質や皮脂汚れは排出されて、新しい素肌に再生していきますが、ターンオーバーが崩れると肌表面に古い角質と皮脂汚れがどんどん蓄積してしまい、透明感の無い乾燥しやすい肌になってしまいます。

そこで一週間に一度のペースでピーリングジェルを利用して古い角質を除去してあげることで、肌のコンディションが正しい状態に戻り、肌のターンオーバーを正常化させることができるメリットがあります。ピーリングジェルは薬剤を利用して、古い角質に含まれるタンパク質を溶かして除去しているので、高い頻度で肌に使用してしまうと健康的な皮膚にもダメージを与える原因となります。そのためヒリつきや肌の赤みにつながる恐れがあるのでケアを行う場合は肌の状態を見て使用することをおすすめします。

一般的にピーリングを行う頻度は、1~2週間に一度で行ったり、肌にくすみやゴワつきが目立つ時にケアを行うようにしましょう。定期的にケアを行うことで毛穴に古い角質や皮脂汚れが蓄積しにくくなるので、ニキビなどの毛穴トラブルも防ぐことが出来ます。

ピーリングジェルには種類がいくつかある

ピーリングジェルにはいくつかの種類があります。市販されているものにはピーリングでもスクラブが入っているものやゴマージュと書かれていてもジェルのみなど、名前だけだと種類を見分けていくのは難しいです。中には酵素を使った角質をケアを行なうアイテムもあります。使いたい商品がピーリングか、またはゴマージュスクラブや酵素かは成分を確認するとわかります。

ゴマージスクラブタイプは、フランス語で専用のクリームを使って皮膚の古い角質を取り除く美容法のことです。本来はハーブや植物の種、殻などの植物由来の原料を細かく砕いたものを配合したクリームなどを使い、肌を優しく擦って古い角質を除去していきます。

スクラブはクリームや洗顔剤などに配合されているポリマー粒子などの柔らかい小さい粒で肌を擦って、古い角質や汚れを取り除きます。小さいざらざらした粒で肌を擦ってケアをするところは同じといえます。元はゴマージュとスクラブという商品でしたが、スクラブを使った商品がゴマージュという名前で販売されていることもあるため、明確な区別はなく同様の物として取り扱うことが多いです。

ピーリングジェルの名前でも、ゴマージュスクラブ入りの商品はよくあって、効果が高まる感じもしますが肌への刺激が強すぎることもあるため使うときは注意が必要です。

ホームピーリング

古い角質をはぎ取ってお肌をスベスベにするのがピーリングで、本来は化学薬品を用いて医師の下で行うケミカルピーリングが一般的ですが、ご家庭で簡単にピーリングを行う為に使用するのが、ピーリングジェルです。これはドラックストアなどで簡単に購入する事ができますが、内容成分やお肌の状態により効果に違いがあるので自分の肌に合った製品を選ぶ事が重要になります。

よく目にするピーリングジェルにはグリコール酸などを配合飼料したAHAタイプと植物由来の原料を配合したゴマージュスクラブタイプと酵素タイプがありますが、AHAタイプは酸をしようしていて酵素タイプはも時間通り酵素を使用したピーリングジェルです。古い角質をケアするという事では大きな違いはありませんが、酸に弱い肌質の方や刺激に敏感な方には酵素タイプがお勧めです。

酵素タイプの多くは天然植物のたんぱく質分解酵素の力で古い角質を分解除去する効果のある物が多く、酵素が水と反応して働きが活性化するという性質があります。これらを使用する事で簡単にスベスベ肌になる事が出来ますが、古い角質を除去する為に使用後はお肌が敏感になるので使いすぎに注意して、3日に1度位の割合で使用して使用後のお肌のケアが必要です。

天然由来のAHAのピーリングジェルって?

AHAとは、グリコール酸やリンゴさん、ミルク、クエン酸などの酸のことでフルーツ酸ともいわれる天然由来のことです。人の肌にやさしい成分であるため、肌に負担をかけることなく古い角質をとることが可能です。ピーリングの効果としては、グリコール酸>ミルク>リンゴ酸>クエン酸の順に弱く、高い効果が期待できるのはグリコール酸が5%以上配合されているタイプです。

AHAピーリングジェルは古い角質を除去して肌のターンオーバーを活性化させるという効果があります。他にも、肌のコラーゲンを増加させる働きがあり、ニキビ跡やしみといった炎症性色素沈着にも効果が見られます。つまり、AHAピーリングジェルを使うことで肌を傷つけることなく古い角質を取り除き、毛穴をきれいになるためしみやくすみの改善、ニキビの予防が期待されるのです。

ただし、ピーリングを毎日行う、肌が敏感な朝に行うのは肌への刺激となってしまいます。また、ピーリングは角質除去のみならず、肌のバリア機能も一緒に取り除くため肌の保湿を怠ると肌の状態を悪化させかねません。乾燥肌や敏感肌の場合も肌を傷つけることもあるため注意が必要です。ピーリングは週1~2回、夜に行うのがおすすめです。

ピーリングジェルの正しい使い方

スキンケアを丁寧に行っているのに毛穴の開きが目立ってしまうという人や、肌がくすんで不健康に見えてしまうという悩みを抱えている人にはピーリングジェルがおすすめです。ピーリングジェルは洗顔では取り除けない古い角質を落として肌のターンオーバーを正常に戻す働きがあるので、お肌をつるつるにしてくれる効果が期待できます。

ターンオーバーは加齢によって乱れてきますが、肌の表面に古い角質が残ったままだとニキビやしみなどの肌トラブルの原因にもなるので定期的にピーリングジェルで角質をオフすることが大切です。ピーリングジェルの使い方ですが、初めに適量のジェルを手に取って頬やおでこ、鼻の頭、顎の上にのせます。それを馴染ませながら顔全体に浸透させていくだけなのですが、あまり強くこすりすぎると肌への負担が大きくなるので指先で優しくマッサージをするようにします。

しばらくマッサージを続けているとポロポロと角質が剥がれていきます。ただしピーリングジェルは古い角質を落とすためのものなので、ピーリング後は乾燥しやすい状態になっています。角質を落としたあとに保湿を行わなければ肌トラブルの原因になるので、必ず十分な保湿を行うように心掛けましょう。

ピーリングの使用頻度や正しいケア方法

肌の角質を落とすことができるピーリングは、基本的な使用頻度を守ったり、正しいケア方法で行うと綺麗な肌をキープすることができます。まず使用頻度としては、使用するピーリングジェルによってそれぞれ異なりますが、古い角質が溜まってきたタイミングで行うことが望ましく、基本的には週1~2回が目安とされています。人によっても使用頻度や必要性は異なりますが、メイクのりが悪くなってきた時や、肌のくすみやごわつきを感じた時に行うことが理想的です。

ただし、初めてピーリングを行う時は、肌の調子を見ながら月に1回ほどの使用から始めてみることが望ましく、角質を落とすことは肌への刺激になるので、頻繁に行わないように注意する必要があります。それから、ピーリングの正しいケア方法としては、まず皮脂の分泌が多いTゾーンから始めて、Uゾーンは特に優しく行うことが大切です。

各商品の使用方法を守って、こすり過ぎたり長時間放置しないように注意し、マッサージをする力加減で優しく行い、ピーリングが終わったらぬるま湯でしっかりと洗い流します。もし、使用中に肌がひりひりする場合は、水で薄めたり短時間で洗い流すことで刺激を少なくすることは可能ですが、肌に合わない場合は使用を中止する方が良いです。

そして、ピーリング後の肌は普段より肌が薄い状態になっているため、タオルで優しく拭き取ってから、セラミドなどが配合されている化粧品を使用してしっかりと保湿することが必要です。

ピーリングジェルが不向きな人

丁寧にスキンケアをしているのに肌のごわつきが気になるという人や、しみやくすみが目立って実年齢よりも老けて見られるという悩みを持っている人はピーリングジェルがおすすめです。年齢を重ねるうちに肌のターンオーバーは乱れやすくなり、ニキビや肌のくすみなどの肌トラブルが起こりやすくなりますが、ピーリングジェルは洗顔では落とせなかった古い角質を取り除くことができるので明るいつるつるの肌になることができます。

しかし、人によってはピーリングジェルが体質に合わないという人もいます。せっかく美肌になるためにピーリングをしているのにピーリングをしたせいで逆に肌トラブルを起こしてしまっては元も子もありません。ピーリングジェルが合わない人の特徴は、乾燥肌や敏感肌の人です。いくら保湿などのアフターケアを行っても乾燥したり赤くなってしまう場合は使用を中止することです。

最近のピーリングジェルは天然由来の優しい成分でできているものばかりですが、古い角質を剥がすほどの力があるので敏感肌や乾燥肌の人は負けてしまいます。またオイリー肌や普通肌の人でも生理前は肌が敏感になっているので、ピーリングは避けた方がよいといえるでしょう。

NGなピーリング方法は肌トラブルの原因になる

ピーリングは定期的に行うことで剥きたてのようなつるつるの玉子肌になることができますが、間違った方法で行っていると肌が敏感になって肌トラブルを招きやすくなってしまいます。ピーリングは古い角質を剥がして肌のターンオーバーを正常に戻す効果がありますが、角質を剥がすほどの力があるので少なからずとも肌に刺激を与えているのです。

せっかく美肌を目指すためにピーリングを行っているのに逆に肌トラブルを招いてしまっては元も子もありません。正しいピーリングジェルの使い方をマスターして剥きたて玉子肌を目指しましょう。まずピーリングは皮脂の分泌が盛んな額や鼻、顎から行っていくことが基本です。これらのパーツは皮脂が多く出るパーツなので比較的強い部分でもありますし、古い角質が溜まりやすい場所でもあります。

額や鼻、顎などにピーリングジェルを乗せたら顔全体に馴染ませるようにマッサージをしますが、ゴシゴシとこすってしまうと肌が赤くなったり乾燥しやすくなります。指先で優しくマッサージをしてぬるま湯でしっかりピーリングジェルを落としましょう。またピーリングジェルを使ったあとは肌が乾燥しやすくなるので、十分に保湿ケアを行うことも大切です。

市販で買える人気のピーリングジェル

市販で購入できるピーリングジェルの1つとしてナチュラルアクアジェルcureがあります。このピーリングジェルはその成分の91%が水で出来ているという肌への優しさが大きな特徴です。無香料、無着色、無防腐剤となっているため、肌への刺激を抑えたいという方にもお勧めできます。また、タンパク質を溶かすことではなく、反応させることで浮かび上がらせる効果を持っています。これにより、無理矢理こすって落とす必要がありません。

使用されている保湿成分はグリセリンです。グリセリンは非常に古くから使用されている保湿成分であり、安全性も高いとされています。ナチュラルアクアジェルcureを代表する成分の1つにクロスポリマーがあります。この成分はお医者さんが目の手術をする際に瞳に使用する液体です。眼球を傷つけないという観点から非常に重要性が高く、増粘成分としての役割を果たしています。

使用方法は至って簡単であり、洗顔をした後に肌の水分を拭き取ってから使用します。ジェルを気になる部分に馴染ませて力を入れずに優しくマッサージしていきます。フェイシャル、ボディのどちらでも使用できるピーリングジェルです。よく伸びるので使い勝手も優秀と言えます。

ピーリングの代謝ケアですっぴん美肌

タカミスキンピールは、肌に浸透させて使う化粧水タイプのピーリング剤です。植物の力をたっぷり配合したピーリング効果をもたらす有効成分がしっかり働き、素肌を蘇らせていきます。タカミスキンピールは、透明感やキメ、ごわつきなど、肌の悩みの多くが肌の代謝が乱れて起こる事に注目して作られています。肌の生まれ変わりのサイクルをきちんと整える事で、美しい肌を作るサポートをしてくれます。

ゴマージュやピーリングジェルでは、マッサージなどが肌への刺激になってしまったり、角質を取りすぎてしまう事があります。皮膚が薄くなる事で、バリア機能が弱まり肌トラブルを招きやすくなってしまいますが、タカミスキンピールは、化粧水タイプなので、とても肌に優しく穏やかな働きで角質ケアができます。

毎日使う事で少しずつ変化をもたらせてくれる優しい角質ケアは、2週間から3週間ほどで肌の生まれ変わりを実感できるようになります。洗顔後のいつものスキンケア前に、ひと手間入れるだけで簡単角質ケアができます。肌の角質層までタカミスキンピールが浸透した肌は、その後のスキンケアの美容成分がしっかりと浸透できるように準備されています。美肌効果もアップするので、肌が生き生きと生まれ変わっていきます。

おすすめピーリングジェル商品

ピーリングジェルといわれる分類の商品が人気になっていて、特に若い女性の間で広く利用されています。たくさんのピーリングジェルの商品が販売されていますが、その中でもおすすめできる商品の一つに、毛穴撫子という化粧品メーカーが製造販売している重曹スクラブ洗顔という商品があります。

これは、台所の清掃で活躍する重曹の成分が豊富に含有されていて、お肌のごわつきや角質でボロボロになっている肌をきれいにしてくれます。これで洗った後の肌は、ツルツルでピカピカになると利用者からは大変大きな好評を博している商品です。洗浄効果が高い商品は、お肌を傷める原因になるといわれていて、敬遠されることも多いですが、この重曹スクラブ洗顔の商品は、洗浄効果の高さとともに、お肌のうるおい保湿の効果もたいへん高く、お肌に与えるダメージがたいへん少ないことも特徴として挙げられます。

毎日洗顔の際に利用することで、その効果が定着してきて、ニキビ跡などの見た目が悪い状態もかなり改善させることができるため、多くの方が利用しています。この商品は、通販で購入することができます。インターネット画面から購入依頼及び配達手配、決済まで完結することができます。

100円均一ピーリングジェルを手軽にお試し

ピーリングジェルを試してみたいけれど高い商品を購入して失敗したくない人に、手軽に試せるのがダイソーのピーリングジェルです。このピーリングジェルは、洗顔後の水分をしっかりふき取った肌に使うことができます。顔に水分が残っているとうまくピーリングができなくなってしまいますので、入浴中の使用はあまり向いていません。

顔全体に塗り広げて優しくマッサージしていくと、少しずつポロポロと白いカスが出てきます。最後にその白いカスを洗い流すだけです。香りはレモンとアーモンドの2種類がありますので、好みで選んで下さい。ピーリングジェルですので使う頻度は週1回程度で、優しくケアをします。使い方自体も他のピーリングジェルと同様ですので、つい効果を期待しすぎてゴシゴシ擦るとやはりお肌にもダメージが大きいものです。力が入りすぎてしまうという人は少し多めに取り出して使ってみてください。

100円均一のジェルですから配合されているのは安価な成分が多いのですが、それ以外にもチャ葉エキス、クロレラミヌチシマエキス、ツボクサエキス、スベリヒユエキスのような天然成分も配合しています。上手に使っていけば、安価な製品でもピーリング効果に期待できるのではないでしょうか。

ピーリングジェルのニセモノに注意

ピーリングジェルの中には、効果があるように演出することで、印象よりもピーリング効果が弱いことをカモフラージュしているものもあります。そうしたピーリングジェルは配合されている成分から判別することが可能です。ピーリングジェルを使用すると、古い角質がかたまりとなってポロポロ取れます。これは、中に配合されているゲル化剤の働きによるものです。

ゲル化剤の配合量が多いと、このこすった後のカスの量も増えることになり、あたかも古い角質が大量に落ちたかのように錯覚してしまう可能性があります。使用感だけでなく、きちんとピーリング効果のある成分が含まれているか確認しましょう。ピーリングジェルの使用後は、肌のなめらかさが向上したかのような感覚になることがあります。

こちらも、やはりカチオン界面活性剤を使い、肌がなめらかになったと実際のピーリングの効果以上に思わせているものがあります。成分表示を見て、プロミド、クロリドという名称が使われている成分があった場合、このカチオン界面活性剤が使われていると考えておきましょう。

全く効果が無いわけではないのかもしれませんが、綺麗になったと必要以上に思っては、実際にはケアが行き届いていないことも考えられます。成分表示をきちんと確認しましょう。