栄養不足やストレス!ダイエット中は様々な原因で肌荒れに注意

ダイエットを成功させるためには食事の量を減らす必要があります。そのため、いつもの食事と比較して栄養のバランスが乱れやすくなってしまい、肌荒れを起こす可能性があります。けれど、ダイエット中の肌荒れは、それ以外にも要因があるので注意しましょう。

栄養不足で肌荒れに?ダイエット中の肌荒れ

ダイエットにチャレンジしてみたいものの、肌荒れが気になって本格的に挑めないという人が少なくありません。ダイエット中の肌荒れは、急激な食事制限による栄養バランスの乱れが深く関わってきます。ビタミンやタンパク質、炭水化物が極端に少なくなると、肌のターンオーバーが乱れやすくなってしまいます。

その結果、ゴワゴワとした古い角質が肌に長く留まることで、肌の透明感が低下してしまいます。さらに、古い角質は毛穴を詰まらせる要因にもなり、毛穴の黒ずみやニキビへと悪化することもあるので気を付けましょう。肌のターンオーバーが乱れるということは、綺麗で新しい肌が作られにくくなるということです。そのため、メイクのノリが悪くなることも考えられます。

ビタミン不足やストレスがニキビの原因にも

ダイエットの定番として、バナナやリンゴ、こんにゃくなど1つの食品にこだわって食べ続ける単品ダイエットがあげられます。これらのダイエットは摂取カロリーを大幅に減らすことができるので、短期間で効果を得られるというメリットがあります。

ですが、長いこと続けていくことで栄養バランスが偏りやすくなるので注意が必要です。特にビタミンが不足すると、肌荒れの原因となるので気を付けましょう。ビタミンは、ほかの栄養素と比較して皮膚に作用するものが多いのが特徴です。

特にビタミンCは、ニキビの原因となる皮脂の生成を抑制する働きがあるから重要です。さらに肌の再生を促す働きもあるので、ダイエット中も意識して摂取するように心がけましょう。

脂質が足りな過ぎてもダメ!

ダイエットの大敵と言えば、から揚げやトンカツ、マヨネーズなどの脂ものがあげられます。これらは非常にカロリーが高いため、意識してカットすることでダイエット効果を高めることができます。ですが、完全にカットしてしまうと、体に不調があらわれることがあるので注意が必要です。

脂質には、炭水化物とタンパク質と並び、体のエネルギー源となる三大栄養素の1つです。細胞膜や脳神経組織を作ったり、ホルモン生成の材料にもなっています。

この脂質が不足すると疲労を感じやすくなったり、体の成長を妨げる恐れがあります。また、コレステロールが低くなると、うつ病の危険も増してきます。ダイエットだからといって、すべての資質を取り除くのは控えるようにしましょう。

炭水化物ダイエットで肌が荒れる?

最近話題のダイエットの1つに炭水化物ダイエットがあげられます。このダイエットは、ご飯やパン、パスタなどの炭水化物を食べないようにするダイエット方法になります。

炭水化物は、過剰に摂取すると脂肪を溜めやすくなるという性質があります。さらに炭水化物をカットすれば、体についている脂肪が燃焼しやすくなるのもポイントです。ですが、一気に炭水化物を抜いてしまうと、肌荒れを起こす場合もあるので気を付けましょう。

炭水化物の摂取量が大幅に減ると、肉などで得たタンパク質がエネルギー源として使われてしまいます。タンパク質は肌を作り出す需要な成分ですが、これが使われてしまうので、肌のターンオーバーが乱れやすくなってしまいます。

老廃物を貯めこまないようにしよう

ダイエットに励んでいると、お通じのリズムが乱れることがよくあります。これには2つの原因が考えられます。

1つめは、食べる量が減ることです。摂取する食べ物の量が少なくなれば、それだけ排出する量も少なくなるので、必然的にお通じの回数も少なくなっていきます。2つめは、体の代謝が鈍ってしまったことが原因です。ダイエットを進めていくと、体に必要な栄養素が不足してしまい、腸内環境が乱れることがよくあります。

この状態が長く続くと、お通じのリズムが乱れてしまい、体重は減っているにも関わらず、ウエストまわりが太くなることがあるので注意しましょう。これを防ぐためには、食物繊維を食べることも大切ですが、低カロリーのものをたくさん食べるようにすることも重要です。

食事を減らすと便秘に…便秘も肌荒れの原因のひとつ

ダイエットで食事の量を減らすと、便秘になりやすくなるので女性は特に注意しましょう。便秘が悪化すると、ウエストまわりが目立ちやすくなるだけではなく、肌荒れに繋がってくるからです。便秘と肌荒れは、基礎代謝の低下が深く関わってきます。

基礎代謝が低下すると、胃腸の働きも低下してしまい、老廃物が長く体内に溜まることになります。さらに、基礎代謝の低下は、新しい肌の生成にも影響を及ぼします。

通常、肌は28日周期で新しく皮膚を作り出していきますが、この働きが鈍ってしまうと、古い角質が長く肌に留まり続けることになります。その結果、肌触りがゴワゴワと固くなってしまったり、毛穴の詰まりやニキビへと繋がるので気を付けましょう。

代謝が下がると肌荒れに?適度に運動をしよう

ダイエットで無理な食事制限をしてしまうと、体を動かすために必要になってくるエネルギーが足りなくなることがあります。さらに、栄養もバランスも崩れやすくなってしまいます。そのため、皮膚を生成する働きが鈍ることがあるので注意が必要です。

健康的な肌は、28日周期を目安に作り出されていきますが、栄養が足りなくなると、その周期が長くなることがあります。その結果、肌に含まれている水分が低下したり、くすみ、毛穴の黒ずみ、ニキビへと繋がるから注意が必要です。

これを防ぐためには、食事制限に頼ったダイエットを止め、適度に運動を組み合わせることがおすすめです。体を動かせばカロリーの消費量が増すだけではなく、ダイエットのストレスを緩和させることもできます。

肌荒れをしないようにダイエットするための注意点

肌荒れをせずにダイエット進めていくためには、食事内容に注目することが大切になってきます。ビタミンは肌を作り出すために必要な栄養素なので、これを意識して食べていくことで美肌をキープすることができます。

さらに、食物繊維を食べることで便秘になりにくくすることができるので、美肌効果を期待することもできます。食事内容と同様に、ダイエット中に感じるストレスを上手に解消することも、重要なポイントになってきます。

私達の体はストレスを強く感じると、食欲を増すホルモンを分泌させるからです。これにより急激にカロリーを摂取してしまうと、リバウンドを起こすうえに肌荒れになる可能性があります。ですので、ダイエット中は上手にストレスを解消していくことも大切になってきます。

お肌が荒れないダイエット方法にはどんなものがあるの?

肌荒れを予防しつつダイエットをするなら、バランスの良い食事を心がけることが大切になってきます。同じ食品を毎日食べ続ける単品ダイエットは、減量効果が高いことが魅力ですが、長期間続けていくと肌荒れを起こしやすくなるので、短期集中で行うようにしましょう。

長い期間をかけて行うダイエットでは、食事で偏ってしまった栄養をおやつで補うようにするのがおすすめです。そうすることで、栄養を補えるだけではなく、空腹をまぎらわすことができるからです。

ニキビなどの肌荒れが気になる場合は、ビタミンやミネラル、ポリフェノールを多く含んだナッツがおすすめです。カカオ含有量が高いチョコレートも、ダイエットには最適のおやつです。

肌荒れを防ぐためには食べ物はなにがいい?

ダイエット中の肌荒れは、美肌効果の高い食べ物を選ぶことで予防することができます。さらに低カロリーのものを選ぶようにすれば、満腹感も得られやすくなるのでおすすめです。まず最初に活用したいのが、野菜ジュースです。

食事の前に野菜ジュースを飲めば、不足しがちな栄養素を補えるうえに、満腹を感じやすくなります。就寝前にお腹が空いてきたときも、野菜ジュースを飲めば寝つきが良くなるのでおすすめです。便秘による肌荒れが気になる時は、ヨーグルトやドライフルーツを食べるようにしてみましょう。

これらは腸内環境を整える働きに優れている上に甘みもあるので、ダイエット中のイライラを緩和する効果も期待できます。さらにドライフルーツは噛み応えもあるので、フェイスラインをシャープにすることもできます。