栄養満点!野菜スープで健康的にダイエットをしましょう

栄養満点な野菜スープでダイエットをすることで、体にもメンタル的にも、無理のない痩せ方をすることができます。すべての食事をスープに置き換える必要もなく、スケジュールも柔軟性があるので、お腹を満たしながらダイエットができます。

野菜スープダイエットって何?

野菜スープダイエットとは、野菜スープをたっぷりと食べて、ダイエットを目指す方法です。1週間だけ野菜スープを集中して食べることもできますが、無理のない方法でランチだけ野菜スープに置き換えるとか、食事の最初に野菜スープを食べるなど、割と柔軟なスケジュールでダイエットに取り組むことができます。

何か一つの食べ物を食べ続けるダイエットは違い、野菜スープに入れる具材は、様々な野菜を使うことができるので、栄養が偏ることがないです。おなかを満たすのも必要な要素なので、キノコを入れても良いですし、海藻をプラスしても構わないです。

野菜スープを1日1食だけ置き換えにしてダイエットをしても良いですが、食事の最初のスープとすると、ストレスのないダイエットができます。

野菜スープは低カロリー

野菜スープは低カロリーなのは、具材が野菜で構成をされているためです。世の中には様々なスープがありますが、具材や調味料によっては、油や糖質などが過剰で、スープだけでも高カロリーになることがあります。

塩分の多い一般的なラーメンなどは、スープだけでも高カロリーですし、塩分が多すぎて太るもとにもなります。麺類などは炭水化物ですから、炭水化物と塩分の多い組み合わせは、たとえスープと名前がついても、食べたら太りやすいメニューです。

野菜スープに使うのは野菜であり、味付けも割とさっぱりとしたものです。塩分量は控えめにして、野菜や薬味やハーブなどを使い、天然のおいしさを引き出すスープであれば、過剰な塩分摂取にはならないです。

野菜スープは体温を上げてくれる

野菜スープは体温を上げてくれるので、ダイエットをしやすくなります。体は体温が低いと、代謝の良くない状態なので、ダイエットをしても簡単には脂肪燃焼ができないです。逆に人間の体というのはk体温がたったの1度だけ上がっただけでも、その分余分なカロリーを効率的に消費することができます。

体温の低いままダイエットに取り組んでも、ダイエットの効果がなかなか出ないのは、体が冷えているのが原因です。健康を維持しながら痩せるのであれば、体を温める食事をして、内側から痩せる体にしていくことは大事なことです。

それができるのが野菜スープであり、毎日の野菜スープを食べることが、ダイエットの基礎である体温アップにもなりますので、健康的な食事でもあります。

野菜スープにはビタミン・ミネラルがたっぷり

野菜スープにはビタミンやミネラルがたっぷりなのは、野菜にそれらの栄養が多く含まれるからです。野菜にはミネラルやビタミンが豊富に含まれていますが、人間の肉体を維持するために必須で和えい、代謝機能に直結をしているからです。

その証拠に体内にビタミンやミネラルが減ってしまうと、入ってきた糖質や脂肪を燃焼しにくくなるので、脂肪として蓄積をして痩せにくくなります。太りやすくて痩せないという場合は、食事からのビタミンやミネラルが足りていない証拠でもあります。

たんぱく質の順調な代謝には、必ずビタミンB6が必要ですし、糖質である炭水化物の代謝のためには、ビタミンB1の栄養が必要です。ビタミンとミネラルは、野菜スープを食べると、たっぷりと補給ができます。

野菜スープダイエットのやり方

野菜スープダイエットのやり方は、食事を食べるときに、最初に温かい野菜スープを食べることです。食事の初めは意識をしないと、好きなものから食べ始めたり、揚げ物や白米から食べるなど、高カロリーなものでおなかを満たすことがあります。

でも野菜スープダイエットは、初めに野菜スープを食べるので、お腹歯は野菜とスープで満腹感を、最初から得やすくなります。野菜が最初に胃の中へ入り込むと、脂肪がたまりにくくなるのも利点です。

食事の順番としては、初めに野菜を食べて、それからたんぱく質をよく噛んで食べて、最後に炭水化物を少しだけ食べる流れです。でもう浅いスープを食べるので、自然に最後の炭水化物の主食は、食べなくても平気な時も出てきます。

野菜スープダイエットに向いている野菜

野菜スープダイエットに向いている野菜は、食物繊維がたっぷりであり、炭水化物を多く含まない、低カロリーな野菜です。パンプキンスープや、じゃがいもがゴロゴロと入ったスープ、コーンスープなどは、こってりしていておいしいですが、糖質がやや多めです。

キャベツやセロリにニンジン、玉ねぎ、トマトにほうれん草など、できるだけ低カロリーで糖分の少なめの野菜が好ましいです。また野菜スープとは言いますが、キノコや海藻を入れても良いですから、キノコや海藻を入れて、ボリュームをアップすることです。

じゃがいもやサツマイモは、甘みがあって糖質も多く、たくさん食べるには不向きなので、食べるとしてもほどほどに控えるようにします。

野菜スープダイエットに必要な期間は?

野菜スープダイエットに必要な期間は、短期決戦でトライするならば、1週間の集中型野菜スープでのトライです。いつもの食事といえば、白米や麺類のパンが主食で、たくさんの炭水化物を食べるメニューが多いです。

肉や魚料理に揚げ物、砂糖も脂もたっぷりと使う料理も多いので、味付けが濃くておいしいものの、気が付くと野菜は少しという献立もよくあります。だからこそ野菜スープでのダイエットは、1週間と期間を決めて、スープをメインに3回の食事を食べるようにしても良いです。

ロングランでの、健康維持も兼ねての野菜スープであれば、1日に1回をずっと続けても構わないです。ダイエットとして目標を決めて実行するならば、1週間と決めてスタートをします。

野菜スープダイエットで気をつけるべきこと

野菜スープダイエットで気をつけるべきこととして、健康的に痩せるためにも、必要なたんぱく質は抜かないようにします。野菜スープはメインで食べるメニューですが、全くたんぱく質を食べないと、筋肉が痩せてしまうことがあります。

おなかいっぱい食べられるのはハッピーですが、野菜だけだと痩せる体にするには、もう一つ足りないです。栄養はバランスが大事であり、筋肉があってこそ代謝も良くなります。

筋肉がないと、必要な部分の脂肪が落ちてしまうので、バストなどがダウンしやすいです。味付けは塩分など過剰に入れすぎないこと、化学調味料をたくさん使うよりも、自然の味わいを大切にします。短期的にするにしても長期戦でも、厳しすぎるルールで挫折をしないようにすることも大切です。

野菜スープダイエットを助けてくれるアイテム

野菜スープダイエットを助けてくれるアイテムとして、ダイエットを助けるお茶を飲むのも良い方法です。プーアール茶などはダイエットにも適しているお茶の種類であり、野菜メインの食事以外の、楽しいお茶のひと時を演出してくれます。

プーアール茶の良いところは、脂肪燃焼を促す効果があることです。食事をして脂肪が吸収されるのを、プーアール茶は防いでくれる効果もあります。野菜スープにも栄養はたっぷりですが、酵素のサプリメントもプラスしても、ダイエットの後押しになります。

野菜スープダイエットで、たっぷりの野菜を食べているときに、酵素をたくさん取り入れることで、より代謝をアップさせることができます。野菜スープと酵素のダブルのコンビで、リバウンドをするリスクも低下です。

料理が苦手な人も作れる!簡単野菜スープとは

料理が苦手な人も作れるのが、簡単野菜スープのレシピであり、ダイエットと美容にもぴったりです。トマトをポイントにするスープであれば、玉ねぎにトマト、シイタケにニンジンを食べやすい大きさにカッとして水で煮込みます。

味付けには昆布出汁を使い、塩と胡椒と醤油で味をと問えます。リコピン豊富な共とは、コレステロール値を下げて、中性脂肪を減らしてくれます。コンソメ野菜スープは定番であり、キャベツに玉ねぎにニンジン、シメジにベーコン、カロリーとの相談でじゃがいもを入れます。

ブイヨンと塩コショウで味をつけたら、あっという間に出来上がりです。じゃがいもは炭水化物も多いですが、カリウムも多いので、塩分と水分調整をするにも良い食材です。