森のバターのアボカドはダイエット向き!期待できる効果や保存方法

高カロリーで太るイメージが強いアボカドは、森のバターと言われるほどの高栄養な食材です。濃厚な味わいからダイエットには向かないと思われがちですが、実際にはその栄養素が体に良い影響を与える事から積極的に摂りたい存在でもあります。

アボカドでダイエットができるって本当?

最近では、スーパーなどに当たり前のように置かれているアボカドを知らない人はいないでしょう。アボカド自体の栄養については、健康番組でも取り上げられるほどであり、まるでバターのようなまったりとしたコクが高栄養を物語っています。

そんな栄養価の高いアボカドは単体ではカロリーは高めですが、カロリーよりも体に与える効果がダイエット向きと言われています。特に食事制限などでカロリー制限をしている場合、カロリーばかりに目を向けてしましいがちです。

実際に必要なのは適切な栄養素のバランスなため、不足している栄養を補ってくれるアボカドは、ダイエット中こそ積極的に摂取すべきものです。つまりダイエットはカロリーだけでなく適切な栄養バランスによって代謝機能が活性化し、健康をもたらすものだという事を誰もが知っておく必要があります。

簡単!アボカドダイエットの方法

そこでアボカドを利用したダイエットの方法はどのように行うべきでしょうか。ここで勘違いをしてはいけないのが、アボカドだけを食べ続ける単品ダイエットでは無いという事です。アボカドはあくまでも食事に取り入れる一品であり、ひたすらアボカドだけを食べ続けるという意味ではありません。

提案したい方法は、毎日一個のアボカドを取り入れるだけです。その代わり、今までと同じ食事量ではなく、糖質を少しだけ減らす事も必要です。例えば夕食のご飯の代わりにアボカドを食べるなどの工夫をすると良いでしょう。

アボカドは脂質が多めではありますが、その他にもビタミンやミネラルが含まれており、特に脂肪燃焼効果が高いビタミンBの作用が期待出来ます。

森のバターアボカドの気になるカロリー

アボカドは高栄養である事からカロリーが気になるのは当然ですが、森のバターと名付けられるほどその脂質は高いものと言えます。実際に食べてみるとその意味は理解出来ます。一口食べてみただけでも口の中に広がるコクとまったりとした味わいは、脂質の特徴だからです。

このように脂質の塊と言えるべきアボカドですが、その脂質の正体は体に不可欠なオレイン酸です。健康を意識している人ならそのオレイン酸の効果は理解出来ると思いますが、特に悪玉コレステロールなどを抑制する働きがあります。

オレイン酸は健康的な体に必要な脂質であるため、敢えてサプリなどで摂取する人もいるくらいです。このように体に必要な脂質を持つアボカドのカロリーは、およそ一個で220カロリーです。茶碗一杯と同じカロリーと言えるでしょう。この事から、夕食でご飯の代わりにアボカドでオレイン酸を取り入れる事をお勧めする理由です。

アボカドっていくらくらいで売っているの?

ダイエットや健康効果の高いアボカドは、お手頃価格で購入しやすいところもポイントです。マーケットやスーパー、青果店などで簡単に手に入れる事が出来ますし、何より一個100円から150円くらいの価格です。

高価なダイエット食品などと比べると比較的手頃に購入しやすいと言えます。少し前までアボカドは一般的ではなく、食べ方などがあまり知られていなかった事から、積極的に買って食べるという人は多くはありませんでした。

それが今では、アボカドの健康効果やネットなどのレシピサイトが充実したことでアボカドの魅力が知れ渡り、一般的に取り入れられるようになりました。今では数ある輸入品の中でも欠かすことの出来ないほどの存在感があります。

そのまま食べるだけじゃない!アボカドのレシピ

アボカドはそのまま生で食べる場合が多いです。半分に割ってレモン汁をかけて食べたり、サラダの具にしたりというのが一般的かもしれません。アボカドの濃厚さは、そのまま食べるだけでも感じる事は出来ますが、少しアレンジを加えてみるのもお勧めです。

アボカドを角切りにしてマグロのブツとわさび醤油で和えると、和風の一品になります。そこにすりおろした山芋と刻みノリを加えても美味しいです。またアボカドを潰して、レモン汁とマヨネーズを入れてソースにします。

グラタン皿にボイルしたエビやホタテなどの魚介類を敷き詰め、アボカドソースをかけます。さらにと溶けるチーズを加えてオーブンで焦げ目をつけると、香ばしさと酸味とコクが一体化したグラタンになります。このように和風でも洋風でも応用可能なアボカドのレシピは、まだまだ数え切れないほどあります。

硬いアボカドは美味しくない?熟していないアボカドの食べ方

高栄養で調理の応用も可能なアボカドは、熟れ具合と食べ時が重要です。野菜売り場で陳列している状態では、熟れ具合の判断は難しいです。まだ熟れていない硬い状態のアボカドをその日に食べるのは、美味しさの面から避けた方が良いでしょう。

硬いものを購入してしまったら、日数をかけて熟させます。およそ気温にもよりますが、2日くらいで、程よい硬さとなり食べやすくなります。それでも、硬くても今日食べたい場合は、アボカドを電子レンジで軽く熱するという手もあります。

自然に熟したものと比べると、その差はありますが、それでも緊急に使う場合に使える方法です。またフライパンなどで炒め物にしたり、スープとして煮込む方法もあります。つまり人工的に加熱をする事で食べやすくする訳です。ただ無理やり加熱して熟させるよりも、出来れば自然に熟されたものを食べるのが一番です。

やわらかいアボカドが食べたい!上手な熟させ方って?

どうしても硬いアボカドしか手に入らなかった場合は、自宅で丁度良い状態に熟させてみましょう。穴が空いていない紙袋にアボカドを入れ、直射日光を避けて保存します。このように袋に入れる事でエチレンガスが中で充満し、アボカドの熟成を進ませます。

アボカドだけで熟成させるならば、一つだけではなく何個か合わせて熟成させます。それによってガスの発生度が上がります。他の果物と一緒に熟成させる事も良い方法です。

特にバナナやリンゴなどを一緒に袋に入れる事でエチレンガスが充満し、それだけ熟成が早まります。ただしバナナはガスの発生度が高いため、時々アボカドの様子をチェックしてください。逆に熟れ過ぎで色が変色してしまう場合もあるからです。

半分とっておきたい!アボカドの保存方法

調理方法や熟成方法を学んだら、アボカドの保存方法もチェックしておきたいところです。熟成前は袋に入れる方法で熟成させ、切っていないアボカドは冷蔵庫などに入れず常温で保存します。そして切った状態で残りを保存する場合は、まず切り口にレモン汁などの酸をかけます。

これをする事で変色を防ぐ事が出来ます。そしてラップなどできっちりと包み冷蔵庫で保存します。この場合、冷蔵庫の機能でパーシャルがある場合は、それを利用するのが良いでしょう。

冷凍まではいかず丁度良い状態をキープする事が可能であるため、通常の冷蔵保存よりも長く保存可能となります。このようにアボカドは熟成前、熟成後、切った後と、状況に応じての保存方法があります。

かわいい種は育ててみよう!アボカドの育て方

アボカドを食べた後、種の存在が気になる事はありませんか。アボカドを切った時にお目見えする可愛いコロンとした種は、そのままゴミとして捨てるには勿体ない気がします。それならば、ダメで元々という感覚でその種を育ててみましょう。

水栽培と土栽培の方法があり、ちょっと試してみるのも楽しいです。水を張った容器にアボカドの種を入れますが、この時種の三分の一が浸かるようにします。少し明るめの場所に置き、水の管理をする事で根が出てきます。

ある程度育ってきたら、土に植え替えてあげましょう。土栽培の場合は、洗った種を赤玉土を入れた鉢に尖った方を上にして半分程埋めてあげます。その後は水やりなどを行ないながら発芽するまで管理していきます。室内温度で十分発芽するため、水やりだけを気をつければあまり面倒ではないでしょう。何よりも育っていく過程が見られるのは楽しいはずです。

女性にうれしい栄養素!アボカドダイエットのメリット

良質の脂質によって健康的な栄養素となるアボカドは、ダイエット中の食材としては最適です。悪玉コレステロールの抑制だけでなく高血圧予防や、血液がサラサラになる事によって動脈硬化の予防にもなります。

そして肝機能を助けるグルタチオンによって有害物質を排出し、がん予防にもなると言われています。さらにアボカドに含まれる各種ビタミン、ミネラル成分は体の機能をスムーズに促す働きもあります。特に女性にとって嬉しいのは、アボカドに含まれるカリウムの働きによって余計な水分を排出し、むくみを予防します。

また女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を高めるビタミンEや、抗酸化作用でお馴染みのコエンザイムQ10も含まれています。脂肪燃焼効果だけでなく、肌の修復力を高めるビタミンB群の力は大きく、これらの事からアボカドは食べる美容液とも言われています。