様々な使い方ができて便利!スキンケアにも最適な美容オイル

近年美容オイルと言う言葉を良く耳にしますが、具体的にはどんなものなのでしょうか?美容オイルとは植物や動物から抽出された天然油のことで、塗って良し、食べて良しと色々な使い方が出来る便利なオイルです。これを肌に使った場合は肌に潤いを与えることやエイジングケアになったり、マッサージに使ったり出来ます。特に乾燥しがちな人にはお勧めです。

美容オイルを選ぶときは純度が100パーセントであること等の、高品質なものを選ぶようにしましょう。いくら高品質であっても自分の肌に合わないのでは、困ってしまうので肌に合うものを買い求めることが大前提です。美容オイルは使い続けるものなので、自分が無理なく買うことができる値段のものを選ぶようにしてください。

美容オイルの美容効果

普段スキンケアを行う際に、多くの方は化粧水や乳液、クリームなどに合わせて美容液を利用する事が一般的になっています。ただ最近では最後の仕上げとしてクリームの代わりに美容オイルを導入する方が増えています。

美容オイルの特徴は、植物性や動物性など天然由来の成分で作られていることから肌に使用しても負担が少なく、肌の潤いを担っている皮脂の成分と限りなく近いことから、肌に乗せてなじませるだけで皮膚内部に潤い成分が浸透していくので、クリームよりもしっかり肌に潤いを与えることができる魅力があります。

美容オイルは少量を手のひらになじませて、顔全体になじませるだけで十分保湿を行えるので、市販されているクリームや美容液を利用するよりもコストパフォーマンスが高い特徴があります。

製品によっては導入オイルとして利用することが可能なので、洗顔を行った後に適量のオイルを肌になじませて少しおいてから、化粧水を利用すると通常よりも化粧水の保湿成分や美容成分が肌の角質層まで浸透しやすくなるメリットになっています。そのため肌の乾燥が気になってきたという方や、肌を柔らかくふっくらさせたいと思っている方に美容オイルを取り入れることをおすすめします。

美容オイルは持っていると便利です

美容オイルは肌にとってプラスとなる成分が豊富に含まれているスキンケア用オイルです。加齢に伴い乾燥肌やハリがなくなったなど様々な肌トラブルに悩む人にとっては1本あると便利です。美容オイルは毎日しっかりと継続して使用し続けることで、ハリとツヤを取り戻すことができ潤いを保ちやすくなります。

また美容オイルは非常に人間の肌になじみやすい性質があるため、水分を含んだ状態で長時間保湿効果を維持することができるのです。また通常のスキンケア用品は刺激が強すぎて使用できないといった場合でも安心安全に使用できるため便利です。

美容オイルは炎症を抑えてくれる役割もあるため大人にきびや吹き出物に悩んでいる場合にも有効ですし、血行を促進してくれる作用もあります。さらには肌のバリア機能が高まる為紫外線など外部からの刺激から肌を守ることができますし、肌の水分の蒸発を防いでくれます。

オイルに秘められた成分は肌の奥にある細胞を活性化してくれるため潤い豊かな素肌を実感することができます。美容オイルは肌のタンパク質を分解して柔らかくする作用があるため、使用時は洗顔後あるいは化粧水のあとに使用するとより効果を実感することができます。

美容オイルはどんなことに使える?

美容オイルは保湿することが一般的ですが、使えるのは顔だけではなく、頭や体・食用でも使うことができます。ヘッドスパや頭皮マッサージの際に使用したり、乾燥による髪の毛のパサつきにも潤いを与え、洗い流さないトリートメントとしても効果があります。顔に使う時はクレンジングとして使えます。

クレンジング方法は、クレンジングクリームなどで拭き取る方法と同じで、蒸しタオルを使って優しく落としましょう。クレンジングとして使うものでは、馬油やオリーブオイル・アーモンドオイルがおすすめです。

ボディケアやハンド・ネイルケアにも美容オイルは効果的です。乾燥の気になる部位に使用することができます。お風呂上がりのリンパマッサージなどに使うとリラックスもできて保湿効果も高くなります。オリーブオイルやココナッツオイルのように食べる美容オイルもあります。体の外側だけではなく内側からも取り入れることが可能です。

太りにくいものもあれば、ビタミンなどの栄養素が配合されているものもあります。料理に加えるだけで美容効果が高まるので、調理の際に取り入れてみましょう。注意してほしいのが保存方法と使用期限です。オイルは種類によっては、保存方法を間違えると酸化しやすいものもあります。

美容オイルに表記されている使用期限は守るようにしましょう。食用オイルと化粧品用オイルは精製方法が異なるため、きちんと使い分けることも大切です。

美肌のためには無添加を

お肌の保湿に効果がある美容オイルを取り入れていきたいと考えている方も多いのではないでしょうか。その時に多くのアイテムから何を選んでいけばよいか迷ってしまいがちなものです。その際には自分の肌に優しく悪影響を及ぼさないものを探していきましょう。

そこで重要なポイントとなるのが無添加であるという事です。化粧品として販売されるときには様々な添加物が入ってしまう事も多いです。長持ちさせるように保存料などが入っていることもありますし、香り付けの香料や色を付けるための色素など様々なものがあります。そういった物を直接肌につけるということになるので、影響も大きくなりやすいのです。

肌の上に載せる化粧品ならまだよいですが、浸透させる効果がある美容オイルだからこそ肌に大きな影響がある可能性が高いので、できるだけ添加物の少ないものや無添加のものを選んでいくようにしましょう。

添加物の少ないものは保存できる期間が短いなどという事もあります。短期間で使いきれるような漁での購入がおすすめです。そうすることでいつも新鮮なものを使うことができるので肌にも良い影響があるでしょう。ぜひこうしたことを考えて美容オイル選びをしていきましょう。

美容オイルの選び方と使い方のポイント

美容オイルは肌荒れを防ぎバリア機能も高めますが、天然のオイルを選んでも、自分の肌質に合わなければ役割を実感することができません。敏感肌の方は美容オイルを使うときには肌の負担となることがあるため、低刺激・高保湿のオイルを意識して選ぶことが大切です。乾燥肌の人は保湿力が特に高いオイルを選ぶようにします。

肌によい美容オイルの選び方は上質なものを選ぶようにします。同じ種類のオイルでも粗悪品があります。オーガニック栽培や製造過程などをチェックすることが大切なポイントです。防腐剤や添加物が含まれていないものを選ぶようにします。原材料の表示をチェックすると確認することができます。効果を感じるには使い続けることが大切です。

テクスチャーや香りなど自分にとって心地よいものを納得がいくまで吟味することが大切です。使い方として、美容目的があるオイルは肌馴染みを重視しています。天然成分100%でも食用オイルはスキンケアには使わないようにします。

保管は直射日光や高温多湿な場所を避けます。使用時は空気に触れる時間を短くし、すぐにフタで密封するようにします。できるだけ早めに使い切るためにも、使用頻度を考慮したサイズ感のものを選ぶようにします。

美容オイルの選び方

美容オイルの選び方を知れば、あなたの肌の状態に合ったものを選択できるようになります。まず、品質を重視するようにしましょう。いくら価格が高くても、肝心の品質が低ければ意味がありません。そういった意味では、ブランドが有名かどうかよりも中身がしっかりとしているかどうかで選ぶべきです。それでは、どのようにして品質を見極めるのでしょうか。

まず、純度100パーセントのオイルであることが必要です。余分なものが入っていると100パーセントにはなりません。純度は品質を語るうえで最も重要ですから、大切な要素として覚えておいてください。そして、防腐剤や添加物が含まれていないものを選びましょう。添加されていると、不要な刺激を受ける可能性があります。

美容オイルは肌にやさしいものを選ぶべきです。さらに、コールドプレズで作られているものをおすすめします。コールドプレスであれば、オイルに入っている栄養素を崩さずに作られているからです。乾燥しがちな肌の人は、特に保湿力の高いものがいいでしょう。

オイルの機能の中でも、保湿に優れているものを選ぶようにします。まずは自分の肌のタイプを把握し、そのタイプにあった美容オイルを使ってください。

美容オイルは髪にもいい

美容オイルは肌だけでなく髪や頭皮にもいいということか言われ始めていますが、どのようなものがいいのか分からず手が出せないという方は多いのではないでしょうか。また、使い方についてよく分からないという方もいらっしゃるでしょう。

ヘア用の美容オイルの選び方は、基本的には肌につけるものと同じです。100%天然オイルなどの高品質のものを選べば髪にも肌にも馴染みが良く保湿効果も高いです。では、使い方についてはどうでしょうか。毎日のケアとしては、お風呂上がりにタオルドライをした髪に2,3滴の美容オイルを毛先を中心に馴染ませてからドライヤーをかけることで髪全体が潤ってさらさらとした手触りになります。

お風呂上がりだけでなく、朝のお手入れにも有効です。朝、髪を整える際にオイルをつけるだけで髪のまとまりも良くなるのでヘアスタイルも決まりやすくなりますし、臭いやほこりから髪を守ってくれるので1日中きれいな髪で過ごせます。

また、週に1度のスペシャルケアとして、お風呂に入る前に美容オイルを頭皮につけてマッサージをするというものもあります。頭皮の汚れが浮き出るので、その後普段通りシャンプーで洗うだけで頭皮がさっぱりとします。

美容オイルは手や爪にも使える

美容オイルは顔や髪だけでなく手や爪にも使うことができます。ネイルケアというとそれ専用のオイルを用意しなければならないと思いがちですが、実は肌につけるものと同じもので構いません。

ハンドケアについても同様ですが、ベタつくのが苦手という方はホホバオイルなどのさらさらとした肌触りのものであれば肌なじみもよくベタベタしないのでおすすめです。どのオイルを選ぶにしても、100%天然オイルなどの高品質のものがいいでしょう。使い方としては、まず爪の根元に数滴つけます。

というのも、新しい爪が生えてくる部分にアプローチすることで効果を最大限に発揮するからです。爪の根元につけたら、根元に馴染ませるようにくるくると塗り込んでいき、最後に親指と人差し指で爪を挟むようにして引っ張ります。これをすべての爪に行うことで潤いが守られ、二枚爪にもなりにくくなりますし、割れにくい爪を作ることができます。

ハンドケアについては、夜寝る前に手全体に馴染ませ上から綿の手袋をして寝るのが効果的です。特に乾燥しやすい指先には念入りに重ね塗りをするといいでしょう。朝起きて手袋をはずすと、潤ってもちもちとした肌触りになっていることと思います。

ボディマッサージ用美容オイルの活用方法

ボディマッサージ用美容オイルの効率的な活用方法については、まずボディマッサージ用美容オイルを選ぶときにもポイントがありますので把握するようにしましょう。選び方は人それぞれの好みにもよりますが保湿効果が欲しい場合はホホバやオリーブを選ぶことで満足のいく結果になりやすくなります。

そして、美白効果も実感したいときにはアルガンやアーモンドを選んでいくと良いでしょう。妊娠線を消したい場合はキャロットシードが有効といわれています。テクスチャで考えるときには洗顔後のブースターとして使用する際にはその後のメイクがしやすくするために軽めのサラッとしたテクスチャのものを使うと良いでしょう。

やや重めのテクスチャは全身をマッサージしたいときに使うと効果的とされます。アロマオイルタイプのものは、香りを楽しむとともにリラックスしたい方におすすめです。活用するときのポイントは、これらのオイルには使用期限があります。ですので使用期限切れには気を付けて使用しましょう。

使用期限が切れるとオイルが酸化してしまい肌トラブルの原因になってしまいますので気を付けましょう。オイルの容量についても、使いきれるサイズのものを選んで使用するようにします。

オイルでアンチエイジング

豊富な美容オイルには様々な効果がありますが、エイジングケアをしたい時にはどんなものを選べばいいのかよく見ていきましょう。

アルガンオイルにはビタミンEやポリフェノールを始めとした抗酸化作用のある成分がふんだんに含まれていますし、リノール酸はお肌に潤いを与えて乾燥から守ってくれます。肌の細胞を活性化させてターンオーバーを促してくれて、カロテンも豊富に含み、紫外線からも守ってくれるなどの効果もあるので、一度は使ってみたい美容オイルではないでしょうか。

ホホバオイルには肌の弾力をアップさせながら保湿をしてくれたり、酸化防止の効果も持っていますから手に入ったら使ってみましょう。皮脂の分泌をバランスよくしてくれる働きもあるので、乾燥して皮脂が出にくい秋冬にはスキンケアに取り入れて肌の皮脂分泌を促していきましょう。アンチエイジングにも活躍してくれますが、日焼け対策にも使うことができます。

いろんなオイルがありますが、ビタミンCやビタミンE、必須脂肪酸などのアンチエイジングに効果のあるオイルを選んでみましょう。価格だけでなく使い心地も人それぞれなので、自分に合うものを探してふっくらとした美しい肌作りに役立てて下さい。

美容オイル「馬油」の万能効果

馬油はその名の通り、馬の皮下脂肪を原料とした動物性油脂です。歴史は深く、元々は中国で使用されていたものが、奈良時代に日本に伝来されました。その用途は民間療法の薬として使われていましたが、その効能が美容の面からも注目を集めています。

馬油の特徴は、肌への浸透率が高く、すぐに皮膚に油膜を張ることです。外部からの雑菌の付着や酸欠状態にさせることで繁殖を防ぐと言われています。さらに、肌荒れ予防や保湿、血行促進も効能として挙げられているため、美肌の条件にも合致しているのです。

抗菌作用はにきび予防になりますし、乾燥肌対策には保湿、血行促進による肌のターンオーバー改善によるシミ消しなど、肌の悩みを解消する万能薬と言えるでしょう。また、洗顔前に使用してケアすると、潤いある肌が手に入ると有名な美容家が紹介したことでも話題になっています。朝のメイク前はもちろん、夜はクレンジング剤代わりに使うことで肌への負担を軽減することが可能です。

馬油は美肌の効果だけにとどまらず、髪や頭皮、身体などあらゆる箇所に使えるのも魅力です。馬油の浸透率の高さは頭皮の乾燥を防ぎ、血行促進は抜け毛予防にも繋がります。油膜はドライヤーの熱からも髪を守りますので、洗い流さないトリートメント代わりにも使えます。このように、あらゆる悩みを解消する馬油。ひとつは持っておきたい一品です。

食べるだけではもったいない

美容に使えるオイルはたくさんありますが、その中でも身近で使いやすいのがオリーブオイルです。例えば、保湿効果もあるのですが、これは人の皮脂に近いとされているオレイン酸の力です。スキンケアにも使ってみると、思わぬしっとりした効果が感じられるでしょう。角栓も取ってくれるので、毛穴詰まりが気になっている方にも嬉しいオイルです。

それに、元々持っているその他の成分も肌に良い効果をもたらしてくれます。ビタミンAで肌荒れを予防してくれますし、アンチエイジングが期待できるビタミンEも豊富です。

スクワランも保湿効果がありますし、ポリフェノールも抗酸化作用があるなど、ふっくらと柔らかな肌作りをサポートしてくれる魅力的な美容オイルとして活躍してくれる事でしょう。使い方もいろいろありますが、クレンジングにも使えますし、洗顔をする時に使うことで角栓を取るのにも効果的です。

また、普段お疲れ気味なときにはマッサージをして癒されたい時も出てくると思いますが、リンパマッサージなどをする時にも美容オイルとして使うことで保湿しながらボディケアもできてしまいます。手軽に手に入れられるので、自分の普段のケアの一環として使ってみてはどうでしょうか。

食用美容オイルで美容・ダイエット効果!

ココナッツオイルは美容だけではなく、健康・ダイエットにも効果がある美容オイルです。食用として使う場合、簡単なものでは、コーヒーやミルクなどの飲み物に入れることができます。

ココナッツの香りがついていれば香りも良くなるので、香りを生かしたエキゾチックな料理に取り入れるのが良いでしょう。しかし、毎日毎食をエキゾチック料理にするのは材料の調達やコストを考えると難しいです。ココナッツオイルは一見使いづらそうですが、バターと同じ飽和脂肪酸であるため醤油との相性が抜群です。そのため、醤油を使う和食にも使うことができます。

香りのあるココナッツオイルですが、香りの強さもオイルによって異なります。独特な香りのするオイルは人によっては料理に使うのをためらう人もいます。香りが気になるのであれば、香りの弱い通常のココナッツオイルを使いましょう。

ココナッツの酵素や栄養素をしっかり取りたい人は香りの強いエキストラバージンココナッツオイルなどがおすすめです。美容効果ではなく、健康・ダイエット目的でオイルを取るときは糖質の少ない料理に使うようにしましょう。ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸はエネルギーに変わりやすい脂肪なので、摂りすぎるとカロリー過多になってしまうので注意が必要です。

アンチエイジングと便秘解消効果

マカダミアンナッツオイルは美容に効果的な脂肪酸を多く含んでいます。脂肪酸の20%を占めるパルミトレイン酸は、人間の肌にも含まれる成分ですが年齢とともに減少します。

この成分は肌の修復をサポートし角質層を正常にすることで、敏感肌や乾燥肌を改善します。角質層が弱っている時にたくさんの美容成分を与えても蒸発するだけで意味がありません。肌のコンディションが悪い人はマカダミアンナッツオイルで健康な肌に戻してからその他のケアをするのが良いです。

角質層が潤いを保てるようになれば弾力が出てたるみやシワも改善されます。脂肪酸の10%を占めるパルミチン酸は、皮膚や粘膜を健康を保つビタミンAを安定させるのでニキビや吹き出物の予防に効果があります。飽和脂肪酸なので摂り過ぎたら太りますが、基本的に美容オイルは大量に食べるものではないので普通に料理に取り入れる分には心配ありません。

マカダミアンナッツオイルのオレイン酸は便が腸内をスムーズに移動するのを助け、頑固な便秘を解消します。便秘は老廃物を全身に送り込んでターンオーバーを阻害したり、栄養素の吸収を低くしたりします。女性は便秘で悩む人が多いので、薬に頼る前にマカダミアンナッツオイルで対処してみましょう。

美容オイルのその使い方間違ってない?

美容オイルをスキンケアアイテムとして使っているから乾燥の心配はないと安心しきっていてはいけません。水分蒸発を防ぐ役割に優れた美容オイルですが、100パーセント蒸発を防いでくれる働きを意味するものではないからです。例えば1度オイルで保湿したからと1日中24時間ずっと保湿してくれるという思い込みは間違いです。

美容オイルの各種類が持つ働きから保湿持続時間を考慮し、オイルのこまめな重ね付けが十分な潤いを1日中与えてくれます。使用する美容オイルのテクスチャや効能により、保湿効果や浸透にも大きな差があります。まずはどのようなタイプのオイルに属するのかを十分に把握することも必要なことです。

洗顔後にまず化粧水を馴染ませる前に美容オイルを使用していたりしませんか。ブースターオイルのアイテムがあるように、決して間違いなケア方法とは言えませんが、化粧水前にオイルを塗布するブースターオイルはそれ専用に作られている特徴があります。

ですから必ずしもすべてのオイルがブースターオイルとしての働きを行ってくれるわけではありません。それを知らずに洗顔後すぐにオイルを塗り化粧水を馴染ませてしまっても、油分は水分を弾く性質から浸透は期待できないのは明らかです。スキンケアに取り入れているオイルの特徴と効果効能を知り、正しい使い方をしてください。