正しいやり方で十分な効果を引き出そう!プロテインダイエットのやり方と始める前に読んでおきたい注意点

痩せたくていろいろ試しているけれど、成果が出ないそこのあなたにとてもオススメです。プロテインを使った簡単な方法で、しっかりダイエットの効果が期待できるのです。

しかし、このプロテインダイエットには、注意しなければならないことがたくさんあります。正しいやり方で行わないと、逆効果になってしまうこともあるのです。そこで、今回はプロテインダイエットの正しいやり方や、効果的だと言われている理由、プロテインダイエットを行う上での注意点について徹底解説していきます。

プロテインダイエットを始めるつもりのみなさんにぜひとも読んでいただきたい記事です。あなたもこれを読んで最大限の効果を引き出し、効率的に痩せましょう。

スリムになりたい人に必要な栄養素

ダイエットを考えている女性に、必ず摂ってほしい栄養素がたんぱく質です。たんぱく質は私たちの体を構成していて、肌や髪だけでなく内臓や筋肉も構成しています。私たちがカロリーを気にして体を動かしますが、寝ている間にもじっとしていてもカロリーは消費します。

じっとしていても消費されるカロリーを、基礎代謝と言います。たんぱく質は筋肉を増やしたり質をよくする働きがあり、基礎代謝をアップさせるのです。筋肉の量が大きい人は、少ない人と比べて同じものを食べてもカロリーを消費しやすくなります。

なので、たんぱく質はダイエットしたい人の食事で、重要な役割があります。たんぱく質を増やしたいと思っても、高カロリーの食品ばかり食べていると太りやすいです。

お肉なら、できるだけ脂肪分が少ない鶏肉のささみや胸肉、魚の場合は白身魚が適しています。大豆食品も低カロリーで、女性ホルモンのバランスを整えてくれる作用があると有名です。

プロティンは、低カロリーで注目されているドリンクです。カロリーを抑えてたんぱく質を増やしてくれるので、トレーニングジムに通っている人に人気になっています。たんぱく質は重要ですが、栄養のバランスが大切なので野菜も、しっかりと食べることも忘れないようにしましょう。

プロテインダイエットはたんぱく質の摂取がポイント

タンパク質を粉末状にして摂取しやすくしたものがプロテイン(protein)であり、私たちの体にとって欠かせない成分であるたんぱく質をプロテインで補給しながら行うダイエットがプロティンダイエットです。

タンパク質は私たちの体を作る材料となる成分であり、内臓や筋肉、皮膚や爪や髪の毛などはいずれもタンパク質により構成されています。たんぱく質は炭水化物や脂質と共に三大栄養素とされており、私たちが生きていくために必要不可欠な成分なのです。

ダイエットでは摂取するカロリーを抑えることが原則となりますが、一方でたんぱく質を積極的に摂取することが必要になります。カロリーの制限にばかり気をとられてタンパク質が不足しがちになると、カロリーを消費する筋肉の量が減少して基礎代謝が低下し、むしろ痩せにくい体質になってしまうのです。

プロテインダイエットでたんぱく質をしっかりと補給しながらダイエットに取り組めば、筋肉の量をしっかりと維持したまま余分な脂肪だけを減らすことができます。さらに有酸素運動や筋力トレーニングを併用するのもおすすめです。筋肉質な引き締まった体型へと変化し、脂肪を燃やしやすく痩せやすい体質が実現します。

プロテインで太るは嘘?

プロテインをとってのダイエットは大きな効果が期待されています。中には、プロテインを筋肉強化のためのものだと思っている人も多いようです。確かに、スポーツをやっている人とか何らかのトレーニングをやっている人が摂取していることが多いです。

ですから、飲むと太ると思い込んでいる人がいてもおかしくはありません。しかし、実際には太らないのです。むしろ、自分が理想に考えている体型を作り出すボディメイクに大変に役立つものなのです。もちろん、プロテインを飲んだだけで痩せるわけではありません。

正確な知識を持った上で、ダイエットや筋トレなどに活用していける可能性があるということにほかなりません。プロテインのメリットは幾つもあります。その最たるものが、1日に必要なタンパク質を簡単に摂取できるという点です。

タンパク質は必須栄養素ですから生存のためには必要欠くべからざるものと言うべきです。タンパク質を摂取するには、肉や魚、卵などのからも摂ることができます。ただ、そういった高タンパク質の食品というのは、脂肪や脂質もかなり含まれているという側面があるのです。

そうなると相当な量のものをとらないといけないことになり、結果的には摂取カロリー量が劇的に多くなってしまうことは避けられません。プロテインはタンパク質そのものですので、糖質もカロリーも抑えられています。それでダイエットにも役立つのです。

プロテインダイエットの長所と短所

プロテインダイエットは実践が簡単なことが、長所の1つです。3回の食事のうち1回を専用のドリンクに置き換える方法が一番ポピュラーですが、調理をする必要はなくパウダーとシェイカー、パウダーを割るための飲み物を用意して、シェイクすれば完了なので気軽に始めることができます。

タンパク質不足に陥らずにすむことも、このダイエット法のメリットです。カロリー摂取を控えるために、野菜などヘルシーな食品ばかりを食べるダイエットをした場合には、タンパク質が不足しがちです。

タンパク質は肌や髪の毛などの材料ですから、不足すると美容にとってマイナスになります。またタンパク質は筋肉の材料でもありますから、摂取量が減ると筋肉が落ちて基礎代謝が落ちてしまいます。

しかし、プロテインダイエットにするとタンパク質の摂取量が減らないので、基礎代謝が落ちにくく、きれいに痩せることが可能になります。プロテインダイエットのデメリットは、タンパク質の過剰摂取による健康リスクです。

タンパク質の摂取量が一般的に体重1kgあたり2gを超えると、内臓に悪影響があるといわれています。例えば、昼食をプロテインドリンクに置き換えて、夕食は焼肉を好きなだけ食べる食事スタイルにしてしまうと、腎臓などに過剰な負担がかかり体調を崩す恐れがあります。

またプロテインが体に合わない場合には、アレルギー反応や便秘を引き起こしてしまうので注意が必要です。

プロテインと適度な運動を組み合わせ効果を高まる

プロテインを飲めばそれで終わりというものではありませんので注意が必要です。仕組みとしては余計なお肉を燃焼させて筋肉に変えていくという事ですが、これを燃焼させるためには運動が必要でプロテインはその燃焼を補助するものです。

そのためいくら燃焼させやすくしたところで運動を何もしなければダイエットにはつながりません。このように言うと結局運動をしないとダメなんだと思うかもしれませんが、激しい運動をしなくても余計なお肉を筋肉に変えやすいという事ですので小さな運動からコツコツとやってみる事をおすすめします。

プロテインとおすすめの運動の組合せはウォーキングとホットヨガです。ホットヨガ呼吸を整え血の巡りを良くし体全体を使用しますので贅肉を筋肉に変えやすい運動です。特にウォーキングは散歩にもなりますし体が温まりますのでその後にホットヨガをやるのがおすすめです。

しかもランニングなどと違って呼吸が苦しくなる事がありませんので辛い思いをする事もありません。そうすれば長い期間、続けやすくなります。

この長い期間というのがポイントでダイエットをいざやろうとして苦しい運動と食事制限をしたのでは途中で断念しやすくリバウンドの原因になり、こういった長い期間できる運動と余計なお肉を燃焼させやすくする効果のあるプロテインなどと組み合わせる事が効果的なのです。

プロテインは筋肉強化でダイエットに導く

ダイエットによい栄養素といえばプロテインを思い浮かべる人が多いでしょう。プロテインはたんぱく質のことで、身体を構成する主要成分の一つです。人間の身体はほとんどが水とたんぱく質からできており、たんぱく質は筋肉を構成するために欠かせません。

筋肉質体型の人は脂肪が溜まりにくく、肥満から最も遠ざかった位置にいます。筋肉は基礎代謝を活発にするので、筋肉を強化するためにたんぱく質が欠かせないのです。たぷたぷのぜい肉が解消せずに悩んでいる方は、プロテインダイエットで筋肉を強化していきましょう。

プロテインを摂取した上で筋トレを行えば、筋肉が少しずつ強化されていきます。一時的に体重が増えることもありますが、増えるのが体脂肪でなければ問題はありません。ダイエットで失敗する理由の多くは筋肉減退にあり、脂肪をうまく燃やせないためにリバウンドするわけです。

燃焼力のある体質を維持するためには、バランスよくたんぱく質を摂取することが大切です。市販のプロテインドリンクやサプリを利用すれば、効率よく筋肉を強化できるでしょう。筋力が上がることで基礎代謝も高くなり、エネルギー産生を高めることができます。

カロリーをムダなくエネルギーに変えることで、疲労物質の乳酸の蓄積を防ぐこともできます。

プロテインの選び方

運動をした後の筋肉のダメージをケアするために、プロテインを飲みながらダイエットを続けようと考えている時には、商品ごとの味の違いを確認する事も重要です。甘い味は苦手だという人のために、甘味を抑えた商品も数多く販売されていますから、口に合わないプロテインを無理に飲み続ける必要はありません。

飽きにくい味を選ぶのが一番重要で、もし単純な風味の商品ばかりを選んでいると、同じ味ばかりが続いて飽きてしまう場合もあります。フルーツの風味を加えているプロテインであれば、いくつかのフルーツが配合されている事も多いために、風味を単純だとは感じにくいです。

それでも風味に飽きてしまうと感じる人は、自分でフルーツをいくつか足してみる事をおすすめします。低カロリーなフルーツであれば、ダイエット中でも気軽にプロテインに加えやすいです。

同じ味が続くと飽きてしまうという人でも、筋肉増強効果を実感しやすい製品であれば、更なる筋力の増加を目指せるという理由だけで、同じ製品を飲み続けられます。風味の良さにこだわりを持つ前に、プロテインの筋力増強効果の高さを重視しているという人も多いです。

自分の性格に合わせて購入する製品を選ぶのが、ダイエットを長続きさせるコツだと言えます。

ダイエットに使えるプロテイン

プロテインは筋肉をつけるために飲むものという風に考えている人も少なく葉ないと思います。ですが、実際にはダイエットをサポートする際にも役立ち、ダイエットに適した商品も多数販売されています。まずは、ウィダーウェイトダウンプロテインについてです。

ウィダーインゼリーは筋トレやダイエットをしている人たちに限らずとても有名ですが、この商品は動物性のたんぱく質と大豆の植物性タンパク質の両方を含んだプロテインとなっていて、サプリメントのようにビタミンAやB群、C、D、Eなどのビタミンも同時に摂取することができるので、ダイエットを健康的に行うのに最適です。

次にサバスのウェイトダウンですがこのプロテインは女性らしい体つきをつくるイソフラボンが含まれている大豆のたんぱく質と、11種類のビタミンや3種類のミネラルが配合されており、女性の美容面において大きな味方となりうる存在となっています。

以上のように、これらのプロテインには健康面であったり、美容面であったりと女性を大きくサポートしてくれる要素が多々あり、ダイエットだけでなくより美しくなるために効果的な商品たちなので、美意識の高い女性には十分おすすめできます。

運動も一緒にすれば相乗効果

プロテインを食生活に取り入れて行うダイエットですが、そのまま3食の中で置き換えるというだけでも体重を減らすという意味では効果は少しずつ出てきます。食事の量が減るのでやや空腹になりがちですから、食事の前に飲むやり方など自分のやりやすい方法で取り入れていきましょう。

その時に気になるのが運動が必要かどうかです。プロテインを摂取しているとは言え、運動をしないと筋肉が鍛えられるわけではないので、代謝が上がるということはありません。

体作りも考えてダイエットをしたい、リバウンドを少しでもなくしたいというのであれば、軽い運動も組み合わせていくようにすればさらに効果もアップしていきます。

ジムで行うような激しい運動をする必要はありません。ジョギングなどの有酸素運動を軽く行うのもいいですし、筋トレやストレッチなどを丹念に行っていくのもよいでしょう。よく運動をすると筋肉がつきすぎてしまうのではないかと気にしてしまう方もいますが、軽い運動程度であれば筋肉がつきすぎることはありません。

程よく体を動かして代謝も向上させていくことで、摂取したプロテインが筋肉を作ってくれますので、より健康的なダイエットが出来ると言えるでしょう。

プロテインを過剰摂取するとどうなる?

プロテインは水以外にも牛乳やスポーツドリンクに溶かして飲むことができます。ダイエットの目的によって合わせる摂取方法や飲むタイミングを変えることによって高い効果が期待できます。

運動後や就寝前に飲む場合は吸収率やカロリーを考えて水やスポーツドリンクにするほうが良いですし、朝の置き換えや食間に飲む場合は腹持ちが良くなる牛乳を選んだほうが良いです。牛乳が腹持ちするのは、水やスポーツドリンクに比べて体内に吸収されるスピードが遅くなるためです。

運動後に飲むときは運動後30分以内に飲むのが望ましく、30分以内にたんぱく質を体内に吸収させることで筋肉への吸収が高まるといわれています。食間に飲むときは量を少なくしたりしなければ、1日の摂取カロリーが増えてしまうため食事内容も意識しなければ反対に太ってしまう可能性があります。

置き換えダイエットにプロテインを使用する場合は、朝に置き換えるのがベストです。昼は会社勤めなどであれば外出先で食べることもあるでしょうし、夜は飲み会や付き合いなどで継続することが難しくなります。そのため、朝の食事を置き換えることで1日の摂取カロリーを抑えることができます。

ダイエットを短期間で行うために、プロテインを継続的に大量に摂取するのは体に悪影響を及ぼすため危険です。たんぱく質の過剰摂取は肝臓や腎臓に負担をかけてしまいます。1日のたんぱく質の摂取目安量は体重1kgに対して1gといわれているので、目安量以上の継続摂取は控えたほうが良いでしょう。

プロテインを飲むタイミング

これは自分の体型をどの様に変化をさせたいかで、飲み方は変わってきます。筋力アップを目的としている場合は筋トレを行った後のゴールデンタイムと呼ばれる30分以内にプロテインを飲むようにしましょう。

筋トレ後は筋肉が傷ついた状態になるので、早急にタンパク質を補給する必要があるので、筋トレ後に飲むのは非常に効果的です。その他にも寝る前に、プロテインダイエットを行うのも有効になります。寝ている間は新陳代謝が活発になり、筋肉の修復を行ってくれる時間にもなります。

この時に修復のもとになるタンパク質を補給する事で、修復を早めてくれるようになるので、お勧めです。牛乳と混ぜてプロテインダイエットを行うと、安眠できるので更に良いでしょう。

また冷たい水の場合はなかなかプロテインが溶けないこともあり、プロテインが残ってしまうので、効果が半減してしまいます。きちんと溶かすことが出来る様にぬるま湯を利用すると良いでしょう。

寒い季節には温かい牛乳と混ぜるのも効果的です。牛乳と混ぜることにより腹持ちも良くなりますので、空腹感を感じることがなく、ダイエットを行う事ができるようになりますので、効果的な飲み方の一つといえます。

プロテイン置き換えダイエット

一番効果的なのは夜ご飯と置き換えを行う事です。人間の体は朝は活動的になり、夜にかけて活動が少なくなっていくので、夜ご飯を多く食べてしまうとその分太ってしまいます。夜ご飯を置き換えてプロテインダイエットにする事でダイエット効果に期待をもつ事ができます。

また通常の食事をしている場合でも一番多くカロリーを摂取しているのが夜ご飯になるので、そのカロリーを丸々とらなくなる為、簡単にカロリーをセーブする事が可能です。プロテインダイエットならお腹も膨れるので、お腹が空いて眠れなくなる心配もないので、安心です。

夜にプロテインダイエットを行う時が難しい場合にはお昼に置き換えるのが第二候補になります。朝は食べる量が多くても活動が多いので、消費する事ができますが、お昼以降は活動が減ってきます。

そのお昼ご飯をプロテインに変える事で、カロリー制限をする事が出来るので、お勧めです。プロテインダイエットはシェイカーと水さえあれば、どこでも作る事が出来るので、職場でも手軽に作る事が可能です。

直ぐに飲み干す事が出来るので、誰かに見られる心配も少ないので、お昼の置き換えには最適な飲み物と言えます。食事をする時間も減らす事が出来るので、休み時間を有効活用できるのも魅力です。

プロテインを上手に活用しよう

ダイエットの成功には体内の脂肪を燃焼させるために全身の筋肉量をアップさせることが必要不可欠ですが、効率よく脂肪を燃焼させるためにプロテインを上手に活用するのがおすすめです。

ジョギングやスイミング、ウェイトトレーニングなどで汗を流した後30分以内にプロテインを摂取することで、疲れた筋肉の疲労回復を早め、成長を促してくれるため効率よく筋肉量を増やすことが出来るでしょう。特にホエイタイプは体内への吸収が早いため、トレーニング後に摂取するのが最適です。

またダイエット中に見逃せないのが就寝中に起こる筋肉の修復や成長です。眠っている間に分泌される成長ホルモンによる働きにより、ダイエットに適した体づくりを促すことが出来るため、就寝前にプロテインを摂取するのも効果的です。

就寝前にプロテインを摂取すると太るのでは?と心配の人もいるでしょう。その場合は比較的カロリーが低く、身体への吸収スピードがゆっくりなソイタイプを選ぶのがおすすめです。糖質や脂質が少なく、植物性のたんぱく質を穏やかに摂取することが可能です。

ダイエットを行う上で筋肉量アップは欠かせないため、日ごろの食生活からでは補いきれない栄養素をプロテインを利用し摂取すると良いでしょう。

プロテイン置き換えダイエットの注意点

プロテインダイエットは低カロリーなので、置き換えをすればする程、効果的に痩せる事ができますが、毎食置き換えてしまう等の方法は控えましょう。カロリー不足になるので、体調不良になってしまいますし、普通の食事を食べる事が出来なくなってしまう可能性も考えられます。

またプロテインダイエットを中断した時に極端な方法をとっているとリバウンドも大きくなりますので、その分体調不良になる事が懸念されます。体調不良にならない為にはハイペースで置き換えするのではなく、自分に無理のないペースでプロテインダイエットを行うようにしましょう。

急いでダイエットをしても身体に悪影響が出るだけなので、外にまでプロテインを持ち運んでダイエットするのは止めましょう。自宅で朝食か晩ごはんを置き換える程度の方法が無難です。これなら通常の食事と合わせて行う事が出来るので、体調不良になる事も考えにくくなります。

極端に制限を続けてしまうと栄養素も摂取する事が出来なくなるので、風邪なども引きやすくなり、最悪の場合は体調不良で倒れてしまう事も考えられます。そうなるとプロテインを飲むのも嫌になってしまうので、元も子もなくなりますので、無理をしない様にしましょう。

まとめ

プロテインダイエットが成功しても継続し続けなければ意味がありません。一時的に痩せたとしてもプロテインダイエットを止めてしまうと元通りの体型になってしまいます。元通りの体型にならなためにもプロテインダイエットは痩せた後も続けていきましょう。

継続期間が長ければ長い間、リバウンドする確率は減ってきますし、身体も慣れてきます。始めた当初は飲み続けるのが困難に感じるかもしれませんが、飲み続けるを味にも慣れてくるので、安心です。

リバウンドをしない為には直ぐに止めないようにする事が大切なので、毎食プロテインダイエットをしている方はいきなり止めるのではなく、効果が出てきたら毎食行うのではなく、本来の食事と交互に摂取するなどの方法をとると継続的に続ける事が可能です。

止めてしまう一番の原因は味に飽きてしまうもしくは痩せたからもう大丈夫と思い込んでしまう事なので、痩せた後のケアが重要になります。

プロテインダイエットならカロリーを抑える事ができますし、タンパク質も多いので、体を引き締まる事も多くなりますが、それは継続して摂取しているからこその結果なので、栄養素をとる事が出来なければ、リバウンドしてしまうので、注意が必要です。