毎日の生活でのコエンザイムの重要性について

コエンザイムは広く健康サプリに使用されています。体内でも生成される物質ですが、加齢に伴い生成量が減少する傾向があります。

その役割は、補酵素として体内に消化された物質からエネルギーを円滑に取り出すことと、高い抗酸化作用を発揮することにあります。

コエンザイムの学名について

コエンザイムにはQ1-Q12まで、12種類のファミリーを持つことが知られていますが、人間の生命活動に関与するのは主にコエンザイムQ10とされています。コエンザイムQ10(学名ではユビキタス、もしくはユビキノン)とは、脂溶性の物質で、ヒトの体内で生成される「ビタミン様物質」の一種です。

ビタミンに類似していますが、食物などから摂取するわけでなく、体内で生成される点でビタミンとは区別されています。

ところでコエンザイムQ10の体内での機能的側面に焦点をあててみると、酸化還元システムの一部である「補酵素の一種」としてエネルギー生成に関与する側面と、体内での抗酸化物質として免疫機能の一翼を担っている側面があるといえます。生命活動のうえで重要な役割を負っていることがわかります。

コエンザイムの体内への摂取に関して

元来、コエンザイムQ10は体内においても生成されていますが、加齢に伴い生成量は減少していくことが明らかになっています。目安としては40歳を過ぎたあたりが一つの目安となり、40代以降には生成力が減少の一途をたどり、時を同じくして血中濃度も減少していきます。

ところで生命活動にはエネルギーを獲得する必要がありますが、そのエネルギーの元になるATPの生成に関与しています。加齢によるコエンザイムQ10の減少は、ATPの生成能力の衰退も招くため、必要量のエネルギーも生成できない結果、臓器を始めとしてあらゆる期間の働きの衰退を招きます。

そこで加齢により十分量のコエンザイムQ10が生成できない不可避の現実を前にして減少分は、外部からコエンザイムQ10を補給すればよいという発想が生まれます。

しかし食料から取り入れるのに比べて効率的なコエンザイムQ10吸収の上ではサプリが優位であり、各種のサプリに配合されるに至っています。

コエンザイムのサプリメントの効果的な摂り方について

コエンザイムQ10を効率的に取り入れるためには、いつ飲むのか、目安となる摂取量はどの程度の量か、といった視点で考えるのは重要な視点と言えます。いつ飲むのが吸収性が高いのかを考えると、コエンザイムQ10の摂取時期はおのずと明らかになります。

コエンザイムQ10の分解や吸収には肝臓から分泌される消化液である胆汁が深く関与しています。そのため胆汁が分泌される食後にコエンザイムQ10を飲むと、吸収率が高まります。胆汁は脂肪の消化に関係していますが、食事には脂肪分が多少なりとも含まれているので、食後にコエンザイムQ10を飲むのが理にかなっていると言えます。

空腹時には胆汁はあまり分泌されないので、空腹時に服用することは効率的な摂取法とはいえないようです。

コエンザイムのサプリメントの種類とは

コエンザイムQ10には大きく分けて2種類に分類され、酸化型と還元型があります。酸化型コエンザイムQ10は、体内で利用される形態になるには、消化吸収により改めて還元型コエンザイムに変化する必要があります。

そのため酸化型コエンザイムQ10を摂取しても還元型コエンザイムQ10に変換されるという意味で二度手間になります。そこで還元型コエンザイムQ10を成分にしたサプリが主流になりつつあります。

還元型コエンザイムの特徴としては、身体への吸収が早くのが特徴です。特に代謝能力が低下する中年以降の方は、還元型コエンザイムQ10が配合されたサプリを服用することが重要です。還元型コエンザイムQ10は、体内のエネルギーを生成に関与し、抗酸化物質として活性酸素の除去などの効果があります。

特に中高年以降の体力の衰えや、血管壁などの柔軟性を喪失させる活性酸素を除去するので、若返りにおあつらえ向きの成分といえます。

コエンザイムの有効成分とは

コエンザイムQ10の働きは大きく2つあることは既述のとおりです。体内のエネルギー生成に不可欠なATPの補酵素としての働き、もう一つは抗酸化作用により体内で日々生成される活性酸素”を除去する働きの2点です。

コエンザイムQ10は体内の全ての細胞膜に存在し、とりわけ心臓や肝臓,に多く含まれています。特に心臓ではでは重要な働きを担っています。心臓の1日に行う10万回もの収縮活動のためには非常に多くのエネルギーを必要とします。

コエンザイムQ10はこの膨大なエネルギーを日々供給するための不可欠な役割を果たしています。またコエンザイムQ10は、抗酸化力も強いことで有名で、血管の柔軟性維持や脂質の代謝異常防止に役立ちます。

コエンザイムQ10の体内での生成量は加齢により減少し、魚,肉類には極少量含まれているのみなのでサプリで補給する必要性が高いといえます。

ハリと艶が溢れる毎日へのコエンザイム

コエンザイムQ10の美容上の大きな効果としては、活性酸素の害から細胞や肌組織を守る抗酸化力が高いことが指摘されます。

活性酸素が老化や美容の大敵といわれるのは、細胞に付着した活性酸素を排除するために体内では酸化作用が起こりますが、この過程で細胞が傷つき、シミやしわ、免疫力低下までも招くからです。

コエンザイムQ10には、この活性酸素を排除する機能が備わっています。さらに高い抗酸化力を有することで有名なビタミンEを、体内で再生する力も有しています。これほど重要な機能や役割があるにも関わらず、中年以降ではなんと、ピーク時の 約60% 程度にまで減少してしまうとも言われています。

エンザイムQ10を積極的に取り入れることでイキイキと活力溢れる生活を目指すのが賢明です。

コエンザイムの成分には選ばれる理由がある

コエンザイムQ10は特に美容の問題に敏感な女性から注目を集めています。それはコエンザイムQ10は、シワ、たるみ、くすみといった肌トラブル対策を模索している女性にとって、強い味方になる成分であるためです。

私たちの皮膚では紫外線や乾燥、ストレスのある生活によって、毎日活性酸素は生成されています。適度な活性酸素は外的排除などの積極的な役割を負っていますが、過剰な活性酸素の影響でコラーゲンが作れなくなることでシワやたるみとなったり、肌がくすんできたり、肌の老化を加速させる原因となります。

コエンザイムQ10は、肌トラブルの元になる活性酸素にアプローチする力が強いことが評価され、サプリだけでなく化粧品にも配合されているのです。

アンチエイジングの切り札とも言えるコエンザイムについて

エネルギーの生産には細胞内のコエンザイムQ10が大きな役割を担っています。食物から摂取した栄養素を代謝してATPというエネルギー生成しますが、この作業を活性化させ心臓の心筋を始め、体内のあらゆる細胞にエネルギーを与える機能をコエンザイムQ10になっています。

反対にコエンザイムQ10が不足すると、生命活動を正常に維持するためのエネルギーが十分い供給されないことになります。

これではいくら栄養バランスや適度な運動を心がけても、必要十分なエネルギーが生産されず、細胞のはたらきが低下し、毎日なんとなく身体が重い、やる気が出ないなどの兆候がみられるようになり、引いては心臓をはじめ各種臓器の働きが低下し、老化が促進されてしまいます。

コエンザイムQ10は活発なエネルギー生成能力を復活させる点で、まさにアンチエイジングの切り札とも言える存在です。

コエンザイムの安全性について

健康面の維持だけでなく、美容面でも大きな変化が期待されるコエンザイムQ10ですが、使用する際の安全性は大丈夫なのでしょうか。そもそもコエンザイムQ10は生来ヒトの体内で生成されている物質であるため、過剰摂取による副作用はいまだに報告されているわけではありません。

そのため安全性については非常に高いと評価できます。それでは1日あたりの摂取を考えるにあたって適量が気になります。

この点についてはいくつかの見解があり、健康な人でも100mg程度は必要との見解や、病気による耐力消耗や日常的に過労などがある場合には300mg程度のの摂取が望ましいとの見解まで諸説ありますが、一般的な健康維持や老化防止のためには、30-60mg一応の目安と考えられているようです。

トップアスリートも注目しているコエンザイムとは

コエンザイムQ10とトップスリーとは実は深い関係があります。アスリートであれば誰もが直面し克服に迫れる問題の一つに、スタミナ切れがあります。途中まで素晴らしいパフォーマンスを発揮しても、エネルギーが尽きて失速すれば結果に繋がらないからです。

特にわずかな差が結果を左右するトップアスリートにあってはなおさら、スタミナ切れは切実な問題です。コエンザイムQ10がトップアスリートの注目を集める理由には、エネルギーの生産を促進する機能に優れている点があります。

しかも、コエンザイムQ10には心肺機能を高める働きもあるので、血液を通じて全身の筋肉や組織の末端に至るまで、酸素や栄養、そしてエネルギーを届けてくれるのです。その結果、スタミナ切れが防止されることで、トップアスリートのパフォーマンス向上にも一役買っています。

これがコエンザイムQ10がトップアスリートからも注目を集める理由です。