毎日の習慣に!ダイエットに適したおすすめの飲み物をご紹介

ダイエットを効率よく行うためには飲み物にもこだわりましょう。飲み物は毎日必要になるものであり、飲み忘れる心配が少ないのがメリットです。サプリは飲み忘れが多いという方に適したダイエットであり、継続しやすいので成功率も高いのです。

飲み物で痩せることは出来る?

飲み物で痩せることは可能であり、痩せない原因にマッチした飲み物をチョイスすることで効率よく減量ができます。生活習慣に変化がないのに太りやすい体質に変わってしまった場合は、代謝が低下していると考えてよいでしょう。代謝不良は30代から実感することが多いため、代謝促進によい成分を補給するのがおすすめです。

水分をあまり摂らない人は、むくみが発生しやすいので注意してください。むくみを解消するためには、1日2リットルの飲み物が必要だと言われています。

例えば水だけで補給するなら2リットルでOKですが、お茶も飲むという人は水・お茶それぞれ1リットルなどと調整してください。カフェインを含有する飲み物は、過剰に摂ると利尿作用を促進するので注意しましょう。

起床後がオススメ!白湯

起床後に白湯を飲む健康法は昔から知られていますが、ダイエットのためにもオススメです。白湯はカルキが飛ばされているので健康によいですし、何より血流をサラサラにする作用があります。

起床後に白湯を飲むのがよい理由は、粘度が高くなった血液をサラサラにできるからです。睡眠中は発汗によって血液がドロドロになりやすく、起床後は特にその傾向が強くなっています。

白湯をコップに1杯飲むことで全身の血液をサラサラにして、細胞を活性化させることができます。痩せるためにはリンパや血液がスムーズに循環する必要があり、そのために役立つのが白湯なのです。リンパや血液はサラサラの状態でこそ本来の機能を発揮できるため、ドロドロ体質の人は毎朝の白湯を欠かさないようにしてください。

食前に飲むだけの炭酸水

ダイエットは簡単な方法ほど成功しやすいことがわかっています。食前に炭酸水を飲むだけのダイエット法は、かなり昔から実践されてきました。炭酸水は水よりも満腹感を覚えやすく、さらに炭酸の影響で代謝を高めてくれるのです。食前に炭酸水を飲んでおくことで、確実に痩せやすい身体に変えることができます。

食事制限は痩せるための基本ですが、成功させるには工夫が必要となります。無理に食べたいものを我慢するのではなく、満腹感を促進して食べられないようにするのが理想です。

そうすることでストレスを感じることなくカロリー制限ができるので、ダイエットの成功率は飛躍的に高まるでしょう。炭酸水には副作用がありませんし、胃腸を刺激して消化機能を上げてくれるメリットもあります。

ポリフェノールが豊富なココア

痩せるためには脂肪燃焼を意識するでしょうが、健康を維持することが大前提となります。人間の身体というのは、不健康になると太りやすくなる特徴があるのです。抗酸化力のある成分を摂取すれば、肥満を含む生活習慣病を防ぐことができます。そのために役立つのがポリフェノールが豊富なココアであり、活性酸素を撃退して健康体に導いてくれます。

ポリフェノールは抗酸化力が高いので、老化防止に最適な栄養素なのです。老化速度は人によって異なるものであり、特に30代くらいから顕著な開きが出てきます。何歳になっても若々しい人、体型がスリムな人などは、抗酸化力が高いと考えられます。健康的にダイエットするためにも、ココアを飲んでボリフェノールを補給してください。

美容効果もある!豆乳

美しく痩せるためにおすすめの豆乳は、美容効果もある健康飲料なのです。豆乳には成分調整タイプと成分無調整タイプがあり、飲みやすいのは前者です。ただし、健康的に痩せるためには後者が最適であり、より大豆成分をくまなく摂ることができます。大豆にはイソフラボン、サポニン、カリウムなどが豊富に含まれており、畑の肉とまで言われています。

とは言っても大豆を毎日意識して食べるのは大変ですから、豆乳を飲んで大豆成分を補ってしまいましょう。1日の目安は200mlであり、毎日飲むことが大切です。シリアルやパンとの相性もよいので、朝食に取り入れるとよいでしょう。美肌効果もあるので毎日飲むことで肌がサラサラになり、ニキビや吹き出物も予防してくれるはずです。

運動前が効果的!コーヒー

ダイエットのためにコーヒーを飲むなら運動前が効果的でしょう。水分をしっかりと補給しておくことで、運動時の水分不足を防ぐことができます。コーヒーにはカフェインが含まれているので、眠気を吹き飛ばしたい方に適しています。朝のジョギング前に飲んでいる方もおり、体脂肪の燃焼を促進することもできます。

運動というのは食後より食前に行うのが好ましく、これは蓄積している脂肪を燃焼できるためです。食後に運動をしてしまうと、食べた食事から優先的に燃焼されていきます。

そのため蓄積した体脂肪はほとんど燃えることがありません。脂肪燃焼を促進するためにも、食前にブラックコーヒーを飲むとよいでしょう。ミルクや砂糖を入れすぎるとカロリーオーバーになりやすいので注意してください。

野菜たっぷり脂肪燃焼スープ

脂肪燃焼を促進するために、野菜たっぷり脂肪燃焼スープを毎日飲みましょう。野菜というのはそれ自体がダイエット食材であり、たくさん食べるほど痩せるのです。

野菜はカサに対してカロリーが圧倒的に少ないので、大量に食べてもカロリー摂取量としては非常に少ないです。ご飯や肉類でお腹を膨らませるよりも、野菜で満腹になったほうが太りにくいのは間違いありません。

野菜はビタミンやミネラル、カロチン、食物繊維も豊富に含まれており、毎日食べていると燃焼体質に変えることができます。生野菜だと身体を冷やしやすいので、スープとして摂取するのがベストなのです。スープは身体を温めてくれるので、冷え性体質の人にもおすすめです。冷え性は脂肪燃焼力を低下させるので、早めに解消させましょう。

1食置き換え!グリーンスムージー

置き換えダイエットは短期間で痩せたい人に最適であり、特におすすめしたいのはグリーンスムージーを活用した1食置き換えダイエットです。2食以上の置き換えになると継続するのが難しくなるため、毎日実践するなら1食置き換えにしましょう。効率よく体重を落とすためには、夕食との置き換えをおすすめします。

朝食や昼食と置き換えると、カロリー不足になって仕事に影響する可能性があります。夕食後は眠るだけという人が多いですし、就寝中は多くのカロリーは必要としません。

日本人は夕食のカロリーが一番高くなることが多いので、グリーンスムージーダイエットを実践するなら夕食と置き換えましょう。1~2週間も継続すれば、体重は減り始めるはずです。

!グリーンスムージー

油物と一緒に飲む黒烏龍茶

中国人はスリムな体型の人が多いですが、この理由は中国茶を飲んでいるためと言われています。中国茶の中でも黒烏龍茶は、油物と一緒に飲むとよいとされており、油っぽい食事を多く食べている方におすすめです。

現代人は脂肪分の摂取量が多く、カロリー過多を招いている傾向があります。昔の日本人は脂肪の摂取が少なく、カロリーの供給源と言えば糖質とタンパク質でした。

黒烏龍茶は油物と一緒に飲むことで、油分の吸収を抑えてくれるのです。油というのは栄養素の中で最も高カロリーなので、これを抑えるだけで確実にダイエット効果が期待できます。1gで9キロカロリーは糖質やタンパク質の4キロカロリーの2倍以上となっています。揚げ物を好んで食べる人は、黒烏龍茶を一緒に飲みましょう。

避けた方が良い飲み物とは

ダイエットを成功させるためには、避けた方が良い飲み物があります。それはカロリーの高い飲み物であり、一番は炭酸飲料です。普通のジュースより糖分が多いですが、炭酸にごまかされて感じにくくなっています。夏場は炭酸飲料を大量に飲みがちなので、1日コップ2杯などと上限を設けておくといいでしょう。

豆乳はダイエットに適した飲料ですが、大量に飲みすぎるとイソフラボンを過剰摂取してしまうので避けてください。1日の適量は200mlであり、コツコツと毎日飲むことが大切です。

牛乳もカロリーが高めなので、飲みすぎは避けてください。ただし、タンパク質は豊富に含まれていますから、主食のカロリーを減らせば牛乳を多めに飲んでも問題ありません。