継続して続けることが大切!習慣付けでお腹痩せを成功させよう

ダイエットは一日にして成らず、続けることが大切です。特に中高年以降は身体機能が落ち込み、お腹がポッコリしてきたなど悩みは多く、痩せたいと思う人は多くいます。大切なのは一時的ではなく、続けられる内容を知り実行することです。

お腹に脂肪がついている人の特徴とは

若い頃から太っている人はいますが、特に中高年になるとお腹がポッコリとしてきたという人が多くなります。理由としては身体機能の衰えがあり、特に代謝の低下は重要な問題です。代謝が高ければ摂取したエネルギーを消費できますが、下がると体内に溜まって脂肪になってしまいます。

その他にも筋力の低下が考えられて、お腹は筋肉が衰えやすいので積極的に鍛えなければいけません。筋肉がなくなると内臓を支えられなくなり、重力に従って落ちてきてしまい、他は痩せているのにお腹だけがポッコリしている状態になってしまいます。

お腹に脂肪がついている人の特徴は若い頃と変わらず食欲旺盛である、運動をしなくなった、これらに当てはまると注意が必要です。毎日の生活を見直して、改めることが健康のために求められます。

お腹だけ痩せたい!部分痩せは可能?

中高年になると代謝が落ちて脂肪を溜め込みやすい体質になり、気が付くとお腹がポッコリとしていたという人が多くいます。ただ健康や美容に悪く、ダイエットしようと考えた時に気になるのはポッコリしたお腹だけ痩せることができるのかということです。

足や腕に比べてお腹まわりは痩せやすく、部分痩せも可能になりますが、今後の効率を考えると全身を鍛えた方が良く、あえてお腹だけに拘らなくともいいかもしれません。

お腹の脂肪は運動をはじめて最初い落ちていくので、それほど神経質にならなくとも大丈夫です。大切なのは毎日続けていくことで、しっかりと筋肉を付けると太りにくい体質になっていくので、将来を考えた時に役立ってくれます。

お腹を温めると痩せるって本当?

ポッコリお腹の痩せ方として、とても簡単なのがお腹を温めることです。脂肪というのは熱によって溶けていくので、温めるのは基本となります。内臓温めダイエットとも呼ばれていて、女性に多い低体温、冷え性の方には痩せるだけではなく、全身の不調を取り除く効果もあるのでおすすめです。

やり方としては体を温める食べ物や飲み物をとる、腹巻などをしてお腹を冷やさないようにするのが良く、内側と外側の両方から行うと効果が高まります。

冬場はもちろん、夏場もできる限り冷たいものを飲食しないようにすると良く、水を飲むときも常温がおすすめになります。また飲食物には体を冷やす、温める食べ物に分かれているので、調べて傾向を知っておくと役立ちます。

お腹を揉むだけでも効果はあるの?

お腹痩せに役立つ簡単な方法として、揉むという方法があります。これならテレビを見ながらでも出来るので、運動が苦手、面倒くさいという人に向いています。脂肪は熱に溶ける性質があるので、揉み解すというのは科学的に効果があり、毎日20~30分ほど揉むことが大切です。

またより効果を得るためにお風呂上りなど体が温まっている時がよく、表面だけではなく内部の脂肪を分解するように行ってください。ただ脂肪燃焼と分解の効果はありますが、内臓が下がってしまっている場合は意味がありません。自分のポッコリお腹の原因を知ることも大事で、正しい対応が重要になります。暇な時は行うと、地味ですがじわじわと効果が出てくるのでおすすめです。

お腹痩せのための習慣まとめ

お腹痩せは一朝一夕で出来るものではなく、長期的に続けて行かなければいけません。そのためには毎日の習慣にしてしまうのが良く、お腹を温めるようにする、風呂上りにマッサージの時間を作るなど決めて行っていくと、つづけやすくなります。

やろうと思うと嫌になってしまいますが、食事をする、歯磨きをするといった日常の行動にしてしまうと、自然と続けることができるようになるはずです。また慣れてきたらエクササイズを取り入れるとより効果的にお腹痩せができますし、将来に向けて太りにくい体を作り出すことができます。

最初から無理をするのではなく、できる範囲で少しずつ難易度を上げていくのが良く、日常の習慣にしてしまうことがおすすめです。

お腹痩せに効くエクササイズのご紹介

お腹痩せに効果的なエクササイズとしておすすめなのが一時人気となったドローインで、息を吸ってお腹をへこませるとインナーマッスルである腹横筋を使用します。腹横筋はウエストのくびれに関連する筋肉なので、鍛えることによって引き締め効果が得られます。

筋トレとして代表的な腹筋とスクワット、さらに背筋もお腹痩せには効果的です。筋力を使うので慣れるまでは大変かもしれませんが、1回10~20回で良く、自宅で簡単に行えるので時間を見つけて行うことができます。

筋肉に刺激を与えることで成長させて、脂肪を消費してお腹だけではなく全身が引き締まっていくのが魅力です。その他にもダンベルもおすすめで、筋トレを取り入れるのがおすすめになります。

エクササイズには便秘解消効果も!

またお腹痩せ、ダイエットのために食事制限を行っている人も多くいます。この時に気になるのが普段は快便な人でも便秘がちになってしまうことで、日常的に便秘の人はもっとひどくなる場合が多いです。

こういった時にもエクササイズは役立ち、お腹の筋肉に刺激を与えることによって、腸にも影響が出て動きが活発になります。また便秘の人は押し出す筋力が足りない場合もあるので、筋トレによってお腹の筋肉が鍛えられると、排出がスムーズにできるようになるのです。

ポッコリお腹の解消だけではなく、便秘対策にも役立ってくれるのでエクササイズを取り入れるのは重要な意味を持ちます。まずは淡々なものから取り入れて、実際に自分の体で効果を感じてください。

お腹痩せを目指す際のポイント

ポッコリお腹を何とかしたい、そのためには食事や飲み物に気を遣う、マッサージや筋トレをするのが効果的です。ただ大切なポイントは続けられるかということで、三日坊主では意味がなく、へっこんだと目に見えて分かるようになるのは半月から人によっては一カ月くらいはかかります。

その間に続けられる内容を見つけ出すことが重要になってきて、効果があるからと無理なトレーニングをしても体が参ってしまうだけです。自分に適した方法を見つけ出して、日常生活の中で習慣にしてしまうと続けやすくなります。

お腹痩せにはさまざまな方法があるので、自分のライフサイクルや性格を考えて、取り入れやすいエクササイズを選んで続けることが重要です。

有酸素運動もやれば効果アップ

ポッコリお腹の解消に役立つのは無酸素運動ですが、さらに効果アップを望むためには有酸素運動も加えると良いです。筋肉をしっかりと鍛えるだけではなく、ウォーキングやサイクリング、軽めのジョギングなど気楽にできる運動を加えることによって、エネルギーの消費が活発になり、筋肉を育てるのにも役立ってくれます。

有酸素運動によって消費エネルギーをアップさせることにより、脂肪の燃焼が高まるので、お腹だけではなく全身から無駄な脂肪がなくなっていきます。そしてここに筋トレを加えることによって、エネルギー消費のサイクルが完成するので、無理のない範囲で積極的に取り入れてください。やれば確かな効果が出るので、まずは行動することが大切です。

意思が弱い人にはエステやジムがオススメ

マッサージをはじめ、無酸素運動や有酸素運動をしっかりと行えばお腹の脂肪は落ちていき、ポッコリが解消できますが、セルフトレーニングを続けるには意志の強さが必要となります。健康や美容のために運動が大切と分かっていても三日坊主になってしまう、そういった人にはエステやジムがおすすめです。

エステは専門のエスティシャンによる全身のマッサージや痩身といった施術を受けられるので、横たわっているだけで余分な脂肪が落とされていきます。

またジムはパーソナルトレーナーを付けることで、自分に相応しいメニューを組み立ててくれて、運動のサポートを行ってくれるので、遣り甲斐になり続けやすくなるはずです。意志が弱い場合は役立つサービスを利用してください。