毎日飲むお茶で健康的なダイエットができる!選び方や種類について

お茶は日本人は慣れ親しんでいる飲み物ですが、健康的なダイエットに活用することも可能です。お茶じたいにカロリーはほとんどないので、たくさん飲んでもカロリーを摂取しすぎてしまうということはありませんのでおすすめです。

お茶ダイエットって何?

お茶ダイエットとはお茶に含まれるカテキンがダイエット効果があるということで、お茶を飲むことによって健康的に痩せるダイエット方法のひとつです。ほかの効果としては便秘解消効果、むくみ対策効果などを得ることもできます。

飲むお茶の種類によっては、食事をする際の吸収を抑えることも可能です。基本的にはお茶を飲むだけの簡単なダイエット方法なので、誰でもすぐに始めることができ、長続きしやすいという利点もあります。基本的には一日2リットル以上のお茶を飲むこと、毎食前のお茶を飲むことなどの様々なやり方があります。

一日2リットル以上のお茶を飲むことで便秘解消に繋がります。食前にお茶を飲むことで食べすぎを抑える効果を期待することが出来ます。

お茶ダイエットの効果について

お茶ダイエットの効果ですが、効果の現れ方には個人差があるので一概には言えませんが、体重が徐々に減っていったという人も多い中、肌の調子が良くなったという人も多いのが特徴です。肌の調子が良くなることでお化粧のノリもよくなります。風邪を引きにくくなったという人も多いです。

お茶の中に含まれているカテキンは、脂肪燃焼効果があります。なのでお茶を飲むタイミングとしては運動前や運動中に飲むことも効果的であると言えます。飲むお茶の種類によっても得られるダイエット効果がかわってきます。

むくみによって太ってしまっている場合は、デトックス効果の高いお茶を飲むことによって解消されていく可能性が高いです。お茶の種類によって様々なダイエット効果を期待することが出来ます。

お茶にはどんな種類がある?

日本で生産されるお茶はほとんど緑茶ですが、緑茶といっても摘み取る時期や製法や加工方法によって様々な種類があります。煎茶、深蒸し煎茶、玉露、かぶせ茶、抹茶、玄米茶、ほうじ茶、番茶、一番茶、二番茶、三番茶などたくさん種類があります。種類が変わってくるとカテキンの含有量も変わってきます。

緑茶の中で一番カテキンの含有量が多いのは三番茶になります。急須でお茶を入れるとどんどん味が渋くなっていくのですが、その渋みがカテキンなのです。

カテキンによるダイエット効果を強く期待したい場合は、なるべくカテキンの含有量が多いお茶を飲むことをおすすめします。緑茶の他には烏龍茶、紅茶など発酵の段階によって種類がわけられています。

ダイエット目的のお茶の選び方

ダイエット目的のお茶の選び方ですが、お通じを改善させたいという人は、プーアール茶やごぼう茶がおすすめです。プーアール茶はポリフェノール成分、カテキン、カフェインが入っています。ごぼう茶はサポニンが配合されています。身体の代謝をアップさせたいという人は、ルイボスティー、明日葉茶などがおすすめです。

ルイボスティーは腸の中の毒素を吸収して、腸が活発に動けるようにしてくれます。明日葉茶は血液をさらさらにして血行をよくしてくれます。

セルライトの解消にもつながっていくのでおすすめです。お茶にはそれぞれ味があり、中にはクセの強いお茶もあります。自分の味覚にあうお茶を上手にダイエットに取り入れるようにしましょう。

やっぱり飲むのは緑茶が1番良い?

緑茶にはカテキンとカフェインが多く含まれています。これらの成分は脂質を身体の外に排出すると共に、脂肪を燃焼しやすくさせる効果があります。さらに摂取した脂肪を分解させやすくする効果もあります。食事をする際に緑茶を一緒の飲むと、食事で摂取した脂肪を少なくする効果を期待することが出来るのです。

冷たい緑茶よりも温かい緑茶を飲むほうがおすすめです。運動をする前に温かい緑茶を飲むと、新陳代謝が良くなり脂肪燃焼効果が高まります。食事の後に温かい緑茶を飲むと、食事で摂取した脂肪や糖質の吸収を抑制することが可能です。食前に温かい緑茶を飲むと、満腹感を得ることが出来るので、食欲を抑える効果を期待することも可能です。

麦茶にダイエット効果はある?

麦茶はカテキンが含まれていません。カテキンによるダイエット効果は期待できませんが、麦茶は胃の粘膜を保護したり、炎症を抑える効果を期待することが出来るので、健康面では効果の高い飲み物です。麦茶に含まれているピラジンという成分は、血流を促進する効果があります。

血液の流れがよくなることによって、栄養や酸素が身体の隅々にまでしっかりと運ばれるので、新陳代謝がよくなって痩せやすい身体作りへとつながっていきます。

GABAという天然アミノ酸も含まれているのですが、GABAには血圧を下げる効果、腎臓の機能を高める効果があるので、身体の中にたまった老廃物や塩分の排出が促進されるので、むくみ防止効果を期待することも出来ます。

ほうじ茶にダイエット効果はある?

ほうじ茶にもカテキンが含まれていますが、カテキンの含有量は100グラムあたり3グラム程度なので、お茶の種類の中ではカテキンは少なめであると言えます。しかしカテキンが含まれていることから、体脂肪を蓄積させない働きを期待することが出来ます。

身体の中の消化酵素の働きを高めて、脂肪を燃焼しやすくしてくれます。ダイエットに効果的な飲み方としては、温めて飲むこと、食前または食事中に飲むこと、運動の前の飲むことがおすすめです。カテキンの量が少ないということで、ごくごく飲んでも問題が少ないともいえます。

食物繊維が豊富なので、便秘解消効果を期待することが出来ます。デトックス効果を漢字ながらダイエットにつなげていくことが可能です。

ダイエットに向いているプーアール茶とは

ダイエット目的でお茶を選ぶのであれば、おすすめはプーアル茶です。プーアル茶は茶葉を発酵させるときに、没食子酸を生成し、脂肪の吸収を抑えるはたらきがあるのでダイエット効果が高いのです。
プーアル茶は身体への刺激の少ない黒茶に含まれています。

お茶は発酵度が高くなれば高くなるほど身体への刺激が少なくなるのですが、黒茶は他のお茶と違って発酵を2回させる後発酵をいう方法で作られているので、身体に刺激の少ないお茶であると言えます。

プーアル茶には中性脂肪を燃えやすくしてくれるリパーゼという酵素を増やす働きをもっています。プーアル茶に含まれるカテキンと没食子酸は脂肪を乳化させる胆汁に結びついて、胆汁の働きを阻害するので脂肪が吸収・消化されるのを防いでくれます。

むくみに効くお茶の種類は?

むくみに効くお茶の種類はトウモロコシのヒゲ茶です。トウモロコシのヒゲ茶は利尿作用が高く、泌尿器系のトラブルにも効果を期待することが出来ます。黒豆茶もおすすめです。黒豆茶はアントシアニンやイソフラボンを多く含んでいるので、月経前のむくみなどにも効果があります。

ルイボスティーもおすすめです。ルイボスティーはカフェインフリーなので妊婦や授乳中の女性でも飲むことが可能なお茶で、腸内環境を整えたり、善玉菌が増えて便秘の解消にも繋がります。ゴボウ茶もおすすめです。

ゴボウ茶はカリウムや食物繊維を含んでいるので、腸の中からむくみを改善することを期待できます。むくみと便秘に悩んでいる人はごぼう茶がおすすめです。

お茶の効果的な飲み方

ダイエットによりよい効果のある、お茶の効果的な飲み方ですが、カテキンが多く含まれているお茶を飲む場合は、カテキンには脂肪燃焼を促す効果があるので運動をする前や、運動中に飲むことをおすすめします。

また脂っこいものを食べる際は、食事と一緒にお茶を飲むことで脂肪分の吸収を阻害させることも可能です。食事中に大量にお茶を飲んでしまうと、胃液が薄まってしまうこともあるので飲む量には注意するようにしましょう。

食事の前に温かいお茶を1杯飲むことによって、食欲を抑える効果があるので食べすぎを防止することにもつながります。お腹が空いたときに、自然な甘味を感じるようなお茶を飲めば、間食を防ぐことも可能なのでおすすめです。